FC2ブログ

612:せんせいって呼ばれるようになって


おっと、下書きにしたままアップした気になってました><
昨日社長ぶろぐをチェックして、あれぇ?って思った人すんません!!

一日遅れのアップです


***

このぶろぐにも以前から書いてる様に、せんせいをやってるワケですが
一年生からしてみると、私が今年からの新任かどうか分からないけど

在校生からしてみたら、なんだこの人??

って、そんな視線はめっちゃ感じてたんだけど、最近では美容科のせんせいと認識されつつあるよう。


教材が遅れて届かなかったってのもあって、授業内容が去年とは大きく変わった美容科の授業なんですが

今のところそれなりに好評の様で、今のところ全員頑張って付いてきてくれてる。


この世代の子達は皆そうだと思うんだけど、授業が退屈だったりすると明らかに態度や顔に出ちゃうんだよね。

なので、その辺は注意しつつ飽きさせない授業を考えてるんだけど
先日初めて鋏を持たせて、カットレッスンをさせてみたんだけど

普段はうるせー彼女たちが、ものすっごい集中力を見せた。
休憩時間に入っても休憩せず、レッスンをしているのはちょっと嬉しかったよ。


1812257941558919168n.jpg


ま、フランクフルト食べてる子いたけど、休憩中だからねー

そんな子が目立つくらいの、珍しい休憩時間でした。


***


ちょっと前の社長ぶろぐに書いたと思うんだけど、4月新学期が始まって間もなくの頃

自分の持っているクラスの生徒さんが、いきなりティアマットへ来ちゃうっていう事があった。

その日は私の公休日で、その生徒たちはすぐ退散したらしいんですが
一応そのことを学苑に報告したところ、ちょっとだけ職員室がザワついたそうだ。

それからそんな事は起きてないんだけど、最近では自分のクラスの生徒さん達が、うちのスタッフのモデルレッスンに来てくれたりしてる。


S3358727.jpg


ちょっと変わったカラーリングをしたい彼女たちと
なかなかモデルレッスンしづらいカラーモデルになってもらえる、うちのスタッフ。

こういうのもウィンウィンって言うんだろうなぁって思う。


S3358723.jpg


まぁ何はともあれ、わざわざ出向いてくれる彼女たちを見ていると、
嫌われてはいないんだろうなぁ、ってそんな風に思います。

まだ新任な私なので、気持ちは熱く
生徒さんたちの為に出来ることをって、今は思っていますが

こっちの気持ちとは関係なく生徒さんたちは、動いているのをよーっく感じる。


例えば、今はまだ一学期なので、毎週新しいことを教えている段階で
国家試験の課題などを全て網羅しているわけでない。

なのでそのその週のコマに出てくれないと、休んだ生徒はまるっと置いて行かれてしますわけだ。

ある課題をやるようにって指示をして、その時間にやらせていると、ある一人の生徒が声をかけてくる。

「せんせい、私先週休んだのでこれ出来ません」

分かります?(笑)この感じ


もちろん、
『ああそうか』と丁寧に教えるんですけどねw


S3399726.jpg


何はともあれ、今の校舎で授業をするのはあと数回。
新校舎になって、夏休が明けてそこからあらためて、本格的にレッスンすることになるんだろうなー


今日も学園の話になってしまった(笑)(笑)

スポンサーサイト

611:イチ講師だもんなぁ


先週の続き!!


『ん? なんかこの流れおかしいぞ。。。??』



ただ、私は個人として現在の美容器具の知識を更新させて、
なるべく予算も抑え良いものを美容科の教室に設置して欲しいから、良いアドバイスが出来るようにショールームに来てるワケなんだけど

先方はそうは思わない。
きっと学園から依頼されて、美容器具を選びに来てる人だと思ってしまう。

ちょっと考えてみれば、そりゃそうだろうと思う。

だって、業界のショールームに来るって事は、普通それを買いに来る人だし、大体においてこれからサロンオーナーになるひとか、すでに開業していてリフォームしたいと思ってくる人がほとんどだから。

基本的に個人事業主もしくは、ティアマットのように零細企業がほとんどを占める業界なのもあり

ショールームや内装業者を訪れる人は、裁量権を持つ人かそれに近い立場の人間が圧倒的に多い。


今回の私の立場はイチ講師であって、経営する側の人間ではない。


S__2818106.jpg
【↑の学苑に雇われているだけである】



なので購入経路や納品ルートを決定する立場ではないわけで、私にはなんの権限もないわけだ。

だけど先方はそうは思わない。かもしれない

これに途中で気が付いて、『イカンぞーー!』って思ったのだった。


今までほとんど誰かに許可を貰ってから、仕事関係で社外へ出向くとかってなかった。

よくよく考えてみれば、これって本来ならお願いされて出向くか、『見てきてもイイですか?』と連絡を一本入れて

なんだったら学園の方から、「本校美容科講師の仲野がいきますので」と、アポイントを取ってもらってから出向くのが正しい。


前回冒頭↑に書いたみたいに、授業の際に勝手にテキストやプリントを作って授業で使うってのも、

良かれと思っての行動ではあるけど、それをやってくれと言われているワケではないので、きっと他の教員がしないことをやっちゃってるんだと認識するべきなんだろうな、って思う。


11889.jpg 11306.jpg
【自作テキストやプリント達】


いやぁホント今まで講師の仕事は少なからずやってきたけど、それはいつもフリーの講師業で、今回みたいにしっかりとどこかに属すというのは初めてのことで。

当り前のことを当たり前に出来ない(気が付いてない)というのに気が付かされるここ最近です。><


いやぁあ
勿論自分としては出しゃばっているワケではまったくなく、むしろ先回りして色々気を使っているんだけど

もしかしたら、どこかで

「蓮先生もうちょっと大人しくしといてくれないかな」とか、言われちゃったら悲しいので

もう少し考えてから動くようにしないといけないと思う、今日この頃です。


まぁ、きっと私はあくまでイチ講師だから、こぅやって出来ちゃうってのもあるんだろうね。

もしキチンと正社員だったら、上司やほかの社員の顔色を窺うってのあるんでしょうし、そう言うのがないから縛られないってのもあるのかなー

って言い訳をしてみるΨ(`∀´)Ψ


おしまい


610:一般的じゃない部分


最近、今年から兼務している学苑の仕事が増えた。

正確には、増えたというのは正しくないかもしれなくって
どうしても余計なことまでやってしまって、結果として仕事が増えているとも言う

きっと他の教員はやらないんだろうなぁっていうようなコト
例えば、ある日のある3コマは○○をやる予定、っていう日があったとして

その○○だけだと、なんだか間延びしちゃって生徒が飽きちゃうかもなあって感じると
勝手にテキストやプリントを作って持って行ったりする私がいて


11889.jpg
【↑はティアマットで使うカットマニュアルの一部】


おそらく他の教員はやらないんだろうなぁっていう、作業が増えてたりするのだ。

今のところ、これらの私の余計なおせっかいは歓迎されているようなのでいいんだけど、もしかしたらこの先「蓮先生余計な事しないでください!」って怒られちゃうかもしれない(笑) イヤワラエン


***


あと最近私の悪い所と言うか、普通の人ならしないような事をやっちゃうというというか、一般的じゃない部分に気が付いた。

私は開業して今年で20周年目のシーズンを迎えます。
独立前は、先輩のお店を二年間手伝ってたって話を以前も書いたことありますが

実はその2年間って、先輩に雇用されていたわけではなく、個人事業主として働いてたんです。

つまり20年以上誰かに雇われることなく、全部自分の裁量で全ての事を決定してきた。

だから、誰かに許可を得てから○○するっていう習慣がない。
まずこれが一般的じゃないよね。


ただ今の私は、ひっさしぶりに企業に属する立場になってるわけで
その立場の人間は、自分の裁量だけで社外の活動をしたりはしない。


具体的に言うと、前回書いた様に新校舎に美容所に近いイメージのブースを設置するにあたって、


ohio2.jpg
   【シャンプーブースのイメージ】


今の学苑の教職員に美容師はほぼおらず
さらに美容室を運営してた経験のある人間が、自分を除くと学長先生しかいないのもあり、他の教員とは別に新校舎の美容科ブース作成に関してアドバイスを求められたりしてる。

勿論私の中では出しゃばって何かをするなんて、全く考えていないんだけど
図面や設置器具なんかを見てると、どうしても色々言いたくなっちゃう私がいて

美容器具なんかは特に、コレの方が使いやすいとか
これは絶対に入れない方が良いとか、私なりのセンサーが働くワケで

そうなってくると、美容器具メーカーに電話をして確認してみたり
ショールームに出向いたりもする日があって


ohio.jpg
  【美容器具のショールームってこんな感じ】


私としては美容科の為に最良な、美容器具はどれか?って言うアドバイスをすべく動いてるんだけど


例えばショールームに行くと、当然先方は

「新しく開業されるんですか?それとも配置換えですか?」と聞いてくる。

そう聞かれれば、私は

『実は学園が新校舎へ引っ越すにあたって、美容所ブースを設置する為に美容器具を選んでるんです。』と答える


すると先方は

「なるほど、学校はどちらの学校でしょうか?」と聞いてくる

まったくもって普通のやり取りだ


この辺で、私はこのやり取りに若干の違和感を覚える。


『ん? なんかこの流れおかしいぞ。。。??』



イカン!
また長くなってきた

続きは次回 まさかの学苑の話三連発!!

609:新校舎引越しに向けて



S__2818106.jpg


すっかり生徒さん達に「せんせい!」って呼ばれるのに慣れてきた今日この頃

私の兼務している学校が、引っ越すことになりました。
今までの校舎は渋谷にあり、ファッション系の学校だけに、内装もそれなりに派手な教室だったのですが


S__2818105.jpg S__2818104.jpg
【最初ピンクの教室には面食らったよ(笑)】


今回引っ越す先のビルは、まだそういう内装も外装もされていないので、いたって普通の一棟貸しの商業ビル

先日の授業で、「新しい校舎ってどんな建物なんですか?」って聞かれたので
こんな感じの外観で


11819.jpg  11818.jpg


中はこんな感じ


11822.jpg  11823.jpg


って見せたところ


「なにこれふつーじゃん!!」
 と、一蹴


ええ“!?



なんでそれなりにお洒落な建物だと思うし、内装も綺麗だったから私は好感度高かったんですが

彼女たちはデコレーションされてないとだめの様だ(笑)


S__2818103.jpg
【こっちの方が普通ではないんだけどね(笑)】


あ、今これを書きながら思った事なんだけど
もしかしたらこの状態のままで、ここに机とかを置くって思っているのかもだね

この後内装とかを入るって思ってないのかもしれない。
前のテナントさんが出てしまって、ほぼほぼスケルトンなので、もしこのままの状態で新校舎デスヨって言われたら

それは確かに物足りないわな。


***


11820.jpg  11816.jpg
【新校舎は一本裏手に入っていて、閑静な場所にある】



この新校舎で私が受け持っている美容科の授業は、将来的にスチューデントサロンみたいのも、取り入れていきたいという目標にしているのもあり、シャンプー台や、セット面なども設置していく予定。

それにあたり、内装業者を紹介したりしている関係もあり、イチ教員であるでしかない私もそれなりに口を出させてもらっちゃってる。

これがなんともお店作りをしているみたいで楽しい、しかも人の予算でww

シャンプー台が2基、セット面も作れて3~4面
規模としては旧ティアマットみたなサイズ

ちょっと楽しみだなー


学校についてもうちょっとだけ話したいので、次回へ続く!

608:これはウッカリ!!


本日は金曜日、そう社長ぶろぐアップの日

そして、今週の私の予定

月曜日が授業で
火曜日、サロンワーク
水曜日、公休日
木曜日、公休日
金曜日、サロンワーク以外の仕事をまとめて行う日

つまり、平日は火曜日のみサロンでの仕事の予定でした。
自宅にもpcがあり、普段は在宅でも仕事ができるので、そこまで困ってはいなかったんですが

今週書こうかなーって思っていた内容があって、その準備をしていたのですが

画像が会社のpcにしかない!!!

このミスは初めて
こいつぁーウッカリだ!


gurokki.jpg
  【イメージ図】


す、すんません

今週の社長ぶろぐは、こんなのでお茶をにごさせて下さーーーい><


社長ぶろぐを楽しみしているという、貴重な方々


ひじょーに申し訳ないいいいい



***


あ、まったく関係ない話なんですが
こんなレースがあるらしいですね。


pizabaiku_2019051612373911f.jpg pizabaiku2_2019051612374029e.jpg
【宅配ピザライダーの経験のある私は、やってみたい気もする】


何キロくらいで、走ってるんですかね?

ちょっと興味あるわぁー

プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる