FC2ブログ

595:よく知ってるはずの商店街も


kitieki.jpg


先週、ひっさしぶりに吉祥寺に行ったんだーってな話を書きましたが
今日はその続編と言うか、そんな感じのお話です。

でも吉祥寺の事を掘り下げたりはしないと思うので、なーんの参考やガイドなんかにはならんからご注意くださいΨ(`∀´)Ψ


***


何度かここでも書いたことありますが、吉祥寺は私の地元。

ただ私は賑やかな武蔵野側ではなく、井の頭公園を越えてさらにさらに世田谷杉並方面に30分位歩く、どこの駅からも遠い東京三鷹市の田舎者。

実際に学生の頃使っていた駅は吉祥寺ではあるんだけど
吉祥寺駅から歩くとなると、おそらく大人の足で40分はかかると思う。

井の頭公園も皆さんイメージするは、池の周りかもだけど


inokashirakou.jpg
【この池でボートに乗ると、弁天様が嫉妬して別れると言われてるんだよ】


実は井の頭公園って、もっともっと広くって、玉川上水を越えてさらに歩く私の実家は
本当に吉祥寺が地元って言っていいのか憚られるような場所でもある(笑)

そんな立地なので、私の実家の周りの人間達は大体一人一台(自動車かオートバイ)っていう感覚の人が多い。

ちなみに私が二輪乗りだったって話は書いたことあると思うけど、実にうちの家族は一番下の妹を除いて
父母はもちろん、私と年の近い妹をはじめ
おじいちゃんやおばあちゃんまで、全員二輪乗りだった。


turingu_20170609152101436.jpg
【私にとってオートバイがあるのは、普通のコトだった】


そんな環境なので、私も基本的にはドアドアで移動するから、
駅を通るってことはあっても、駅の施設や駅そのものを利用するってことは、19歳で実家を離れてからほぼ皆無だった。

つまり私の吉祥寺駅の記憶は25年くらい前、ということになるのだ。


あ、たまに吉祥寺の○○に用事があって、ってのはあったけど
それも直接そこへピンポイントで行くことになるから、街がどうこうってのは全然更新されずにいたのだった。


そんな私が先週普段だったら赤坂にある銀行支店で済ませる用事を、思いついたその日が丁度お休みだったので

わざわざ赤坂まで行くのもアレだなー、っておもい吉祥寺の支店に行くことにしたのだった。

普段だったら↑にも書いた様に、ピンポイントそこの施設に行ってすぐ帰っちゃう私なんだけど

季節外れのポカポカ天気が、私を実に20数年ぶりの吉祥寺へいざなったのだった。


***


学生の頃よく通ったチェリーナード、ダイヤ街、サンロード。
お店は変われど道は変わらない。

良く知っているはずの商店街の街並み
でもお店はぜーーーんぜん違う。

肉の佐藤がある。
これは自分が物心ついた時からあるので、勿論知っている。
ここが今大人気だってのも、聞いてはいた。

聞いてはいたけど、この行列には恐れ入った!!


nikunosatou.jpg
      【↑分かりにくいんだけど、すげーー並んでる】


ハッキリ言うぞ。
確かに美味しいけど、そこまで美味しくないぞ!!

並び過ぎだぁぁぁぁ



レンガ街の外観はそのままだったけど
ろくでなしブルースでよく登場していた【6MARU8】は、もうないようだ。


rokumaru.jpg  141023.jpg
【実は先に漫画の方から知り得た、珍しいパターン】


実際のところは知らないけど、当時の経営者が40歳だったとしても
もう引退していてもおかしくないんだろうなぁ。


サラッと書くつもりが、思ったよりボリューム出てきた!

続きは次回!! 


スポンサーサイト

594:百から一ひいて


一日勘違いしてた!!
今日土曜日じゃないかーー てっきり金曜日かと。。。

んなワケで、今週の社長ぶろぐ、一日遅れになりました><スンマセン


***


今週の月曜日、気温がものすっごく高かった日
たまたま休みと重なって、さらにちょっと吉祥寺に行く用事があった。


そうそう(脱線魔界村)
吉祥寺って私の地元ではあるんだけど、私が良く吉祥寺を利用していたのは18歳くらいまでで

その辺から、まったく電車を利用しない生活が始まり
そうなると、基本的に実家へ行くときも駅を経由することが無くなる為、
ほぼまったく、吉祥寺駅を使うことがなくなったのだった。


kitieki.jpg
【なんというか、とても清潔感のある駅になったもんだ】


いやー、ヒッサシぶりに吉祥寺駅周辺をあるきましたが、かわったなーーー
道は一緒なんだけど、街の雰囲気というか店舗というか

やー、ホント随分変わったってのは聞いてはいたけど、想像以上だった。

って、この話書き出すと今日の本編に辿り着けそうにないので
この話はちょっと別の機会に書くことにする!(写メも撮ったし)


話を戻して戻して

その日天気も良く、節分を越えたってのもあったので
せっかく実家方面に行くんだったら、産土神社の牟礼新明神社も行くかーってノリでお参りに行くことに。


shi.jpg
【ほーんと、私にとってのパワースポットだわー】


平日の昼下がり、元々ひっそりとしているんだけど、ポカポカ陽気で気持ちが良い。

そう言えば年初以来だなぁなんて思いながら、お参りを済ます。

石で出来たベンチに座って、ちょこっとだけ深呼吸をしたときに
ほらなんていうのかな、その年の厄年だったりの年号が書いてあるよね。


yakudoshinokami.jpg
          【こんなやつ】


今までその厄年、ってのしか目に入っていなかったんだけど
還暦とか米寿とか、そんな方たちの年号もあるんだね。

そっかー、なんて思って眺めてたんだけど
これは私が知らなかっただけで、色々あるんですね。


還暦(60歳)と米寿(88歳)ってのはもちろん知っていたし、他にもあるってのは分かってはいたんだけど

他の長寿のお祝いについて具体的に知らなくって、古希や傘寿はまーったく知識としてなかった。


kanrekinado.jpg


***


翌日
そんな話をとある今年米寿を迎える年配のお客様にしたところ

『蓮ちゃん、なんでそう書くか知ってる?』と言われ、その理由を教わる事に
皆さんの中では知ってる方も多いかもだけど、私はその理由というか、その意味合いにちょっと感動した!


kanrekiaka_20190209134849528.png


【還暦の歴ひとまわりで六十】ってくらいは、私も分かってはいたんだけど

米寿>>八十八で米(縦で並べてみてくれ!)
傘寿(旧字の傘はsun仐と書く)>>八十(上と同様!)
                             


いやぁ、この発想は凄い!!



そして九十九歳の【白寿】


百から一をひいて、ってのには感動した!!



昔の人は頭良かったって、というか柔軟な思考を持っていた
って事なんだろうなぁ。。


***


obonnnno.jpg


その昔、父方のおじいちゃんが生きていたころ。
少年時代の私は、お盆にはなんで茄子とキュウリなの??


『来たよー( ´ ▽` )ノ 』
kyuuritonasu.jpg
              『(´o`)マタネー』


って聞いたことがあって、その時じいさんは

「そんなんおめぇ、馬でぇ駆けてきて、牛でゆっくりけぇるんだよ」って教えてくれた。


『じゃあホオズキはなんで?』と聞く私に

「そりゃあ時季だからだぁ」
と答えてくれた。


のちにホオズキの正しい意味を知って、これは後に笑い話になるんだけど
こういう知識って、人から人へ伝わるのが正しいのだと思う。


なんだか、とても気分が良い


hoozuki_20190209133042f68.jpg chouchin2_201902091330414f4.jpg
【今年のお盆には、ホオズキ持って迎え行こうかしら(笑)】


593:五十二週


今日から二月ですね。早い早い
ここへ来て、ナント二人目のインフルエンザが発生!

なんともこの短期間に、一気に増えましたなぁ。。。
インフルエンザは他の体調不良やケガと違い、

『様子見て大丈夫そうだったら出勤してねー』って言えない。

期日が過ぎるまで待機してもらわないといけないのが、何とも大変だ!


***


ishiyakiimo.jpg
 【最近見なくなったなぁ。って思ってたらいた!】


さてさて、実に一月は、気が付いたら終わっている感じでした。

ちなみに、2019年は7日㈪から始まった企業も多く
ティアマットのある赤坂という街は、オフィス街でもあるので、その傾向は強く見られた気がする。


今年の一月に強く感じたのは
まず7日からっていう感覚があったのもあり、一週間経つとすでに月半ば

ちなみにティアマットでは、給料支給日が15日で
シャンプーやスタイリング剤の様な材料費の支払いが20日

なので、今月の給料の支払いが15日㈪であり
ついで、材料代の支払い日である20日が日曜日にあたるため、18日の金曜日に支払いを完了させなければならない。

んなワケで


その週、なんかお金がないゾーーー!! 

ってな事が起きたのだった


まぁそりゃそうだ
比較的大きな支払いが二つも同じ週にあって、おまけにお正月休みがあったんだから、入ってくるものも少ないんだもんね。

一瞬焦ったよ(笑)


ただ翌週の週末の入金で、何となく帳尻があって来て
あ、そうかって変になっとくしたのだった。

1月は確かに閑散期で、日数も少ないから
売上自体は低いのは分かってたんだけど、そこまで絶望的に悪いワケではないので、どこかで帳尻はあってくるよね。

ティアマットを18年も経営しているのに、いまだにこんな部分で焦るダメな経営者な私でしたΨ(`∀´)Ψ


よく一月は行く
二月は逃げる
三月は去る。
 っていう


その通りだなーって、毎年毎年想う

そして12月はお師匠さんも走るくらいの速度で過ぎていく。


hashiruoshou.jpg
    【秀逸な画像だなコレ!】


これはおそらくにっぽん人であれば、だれでも感じている事なんじゃないかなー

なので、一年は実は8か月なんじゃないかと、そんな風に考えるのは、きっと私だけじゃないだろう。

8か月って考えると、大事に使わんといかんよね時間。


一月もあっちゅーまでした。
でも、一年間って52週あるって聞いた。

ってことは、まだ52分の4しか消化していないことになる。


なんだ、一年ってまだまだあるじゃないか!!

と、↑に書いた8か月しかないってのと、まったく矛盾している事を言っている私(笑)


どっちに重きを置いて考えるかは、その年が良さそうなら48週もある!!

んで、ちょっと運勢ワルそうだったら
今年は一年は8か月!!

こんな考え方はいかがでしょーー?


592:お正月休みの怪


今年、年始に来たお客様と結構話題になったのが


12月31日と一月一日、って
存在してるけど、存在しないよね。


全員に納得してもらえた(笑)


しかもほとんどの人が、その大晦日と元日は休みの間にあるから
そこで一回切れちゃう感覚なのも頷ける。

んで、家族の場合お互いの実家に行き来するっていうパターンも多いだろうから、近郷に実家のあるおうちでも、2日間そこで取られてしまうケースも多いのだろう。

そうなってくると、お正月休みの4日間がマルっと消化されちゃう
その間移動もあるだろうから、なんとなーく休んだ気にならないってのもあるんだろうなぁ。。


hikawasama.jpg
  【元日に赤坂氷川に行くのが、毎年の恒例】


ティアマットも美容院の割には、お正月休みがそれなりにある会社ではあるんだけど、

それでも12/31から1/4までの5日間がお正月休み。
これは開業してから暦に関わらず、ずーっと変えてない。

前々回の社長ぶろぐにも書きましたが、去年末はそこまでの全力疾走はなかったので、身体的には楽だったけど、大晦日はほぼなーーんもしていない。

実家に帰って、夕飯を食べるのが恒例になってはいるけど
大晦日は結局お昼くらいまで寝てた。

ちなみに私は毎年北海道から蟹を取り寄せて、実家に持っていくんだけど
今年の蟹の野郎は、でっかくてなんか怪獣みたいだったww


84545.jpg
    【最高に美味くてさんきゅーダゼ】


んでお正月は、お昼くらいまで寝て赤坂へ
赤坂氏神様の氷川神社に初詣をして、会社へ寄って年賀状を確認しがてら、『今年もよろしく』と声に出す。

これもまた開業してから毎年続けてる。


去年は行けなかったんだけど、せっかくなのでお正月スキーに2,3日と行った。

なので、私のお正月休みも実質1月4日の一日のみ
その日は、実に一日中パジャマで過ごしたのだった。Ψ(`∀´)Ψ


32639.jpg
【パジャマパーティって絵は、女性じゃないと成り立たない気がする】


***


ちょっとまた脱線するけど(脱線運輸大臣)

実は二年前に、お正月スキーってリスクだなぁって痛感したので(高いし雪があるかも賭け)、ちょっとどうかなぁ、、って思っちゃってる私がいたんだけど


yukigasukunai.jpg
【2017年は雪が少なすぎて、非常に残念だった】


年末に新潟方面大寒波の予報を信じ、予約を取ろうと決意。

ダメ元でお願いしたんだけど、2019年はここでも暦の関係なんだろうね
やはり3日で戻らなければイケナイ!って人は少ないようで1/2~3日で宿が取れた!

ただ、年末寒波は収まる事なく、新潟滞在中も直撃し
ものすっっっごい大雪に見舞われたw


104106.jpg
【まったく同じ時期の同じゲレンデ↑とは思えんw】


うちの社員と現地待ち合わせをしてたんだけど、探すのを途中で断念することに

またそれなりの斜度があるコースでも、滑走が止まるレベル


ただこれは滅多に経験できない事でもあるから、ラッキーだったと思う事にする!

帰宅時にあまりにも車の上に雪が積もってたのには、すげーびっくり


received_2034686983279746.jpeg
【おそらく80cmくらいは積もったんだろうと思う】


笑ってる場合じゃないんだろうけど笑わせてもらったw

帰りもジャンジャン降って来てるので、高速道路かつこれだけ沢山の車両があるのにもかかわらず、徐々に積もっていくのには若干怖さを感じた。


170026.jpg
【雪道には慣れてるけど、下りだとやっぱり怖い】


話を戻して戻して
まー、何が言いたいかって言うと


『お正月休みってあっちゅーまだねぇ』



なーんかこう言っちゃうと、すんごい普通ね(笑)


今年に入って、すでに一月も後半戦。
流石にお正月モードって感じじゃなくなってきますね。

気が付くと春になってるんだろうなー
つか、来週はもう二月だ。 (゜▽゜;)ハエー


589:思い通りに行かせてもらえなかった一年


今日は金曜日。
今年最後の金曜日です。

そして今年最後の社長ぶろぐ。
一年間このまったく身にならない独り言にお付き合い頂きありがとうございます。


Tiamat063.jpg


先週も書きましたが、おそらく世の中の多くの企業が今日までになることでしょう。

そして気を付けなければならないのが、金融も28㈮が最終日だから
振込み関係も今日までに済ませなければイケナイ、ってコト。

これ忘れる人出てくるんだろうなぁ。。。


ちなみに


私経験あり(笑) イヤワラエンw



何年か前の同じ暦の年に、家賃をやらかしてしまったのだった。
大晦日に大家さんに、入金済ませたんですが、4日になってしまう旨との詫びの電話を入れたのを覚えている。


その時、大家さんは寛大に

「まぁ、うちも銀行との取引は来年になるからいいわよ」


と、言ってもらえた。


今年は間違わんようにせんとなーー
って、今やれよ!って話ですね(笑)(笑)


***


入金済ませましたΨ(`∀´)Ψ


これで今年の支払いは、すべて完了☆


毎年毎年年末、特にクリスマスを過ぎてからの一週間がモノすっごい忙しいというのは、もう何度も書いてますが

ただ今のところ先週の社長ぶろぐの予想通り、今年の最終週は例年ほどではないっぽい。

でもこっちのほうがイイよなぁ、って本当にそう思う。

結局12月がそんな調子で忙しくても、1月が暇になっちゃうケースってホント多くて
なめすとの二か月分の売上だったりするのよ。

12月が兎に角忙しくて、一月が閑散っってなるのは、肉体的にも精神的にもあんまり良いとは思えないんよね。

なので、今年みたいに過ぎるといいのかなーって思う。


***


今年は一言で言うと

『思い通りに行かせてもらえなかった一年』
って言える。


自分の望む様にいかないっていう場面は、生きていれば何度もある。
むしろ上手くいってしょうがないゼ!っていうシーンの方が少ない。


shimanokeiiei.jpg
【この人は島の経営が巧くいってるようで、羨ましい】


私の場合
『自分が望むようにならない。』ってそんな時は

自分自身の努力が足りない事での目的達成不可だった。

私の人生において、その場合が大半を占める。


もちろん人生10段飛ばしの大成功!ってのは起こりえないので
何かを達成する時は、徐々に積み重ねていくものだろう。

逆に言えば自分の頑張りで、ある程度運勢も切り開けるのだと思う。

ただ今年の自分を振り返ると、自分自身の努力は相当分注いだと自負できる。

が、結果として

「思うようには行かせてもらえなかった」


自分の頑張りに同調して、引き上げて上げられる仲間もいるけど
自分がいっくら勉強しても、他人の受験を合格させてあげることは出来ない。

今年そういう事例が、たっくさんあったように思える


【勝負運がなかった】
というのも当てはまるし
【誰かに足を引っ張られて】、ってのもあったのかなぁって。


ティアマットという会社においての、2018年も

自分が数字をある程度引っ張っていけるという、一昨年までのジレンマが無くなった代わりに、自分以外の数字を一定以上にするのが難しく

また社員間に大きな不協和音が出てこないのは良いんだけど(だいぶ減ってる)
かつてのメンバーが普通に出来ていたことが出来ていない。

またそれらの多くが現段階では、要求できないこともあり
そこへの不満はあれども、なんとか消化は出来てるんだけど

これいつまで続くんだろう?
っていう迷路みたいな感覚に陥った時季もあった。


***


yuzu.jpg
【柚子の香りは心が切り替わる】


自分の運勢が劇的に変わる瞬間を、自覚できる人はほとんど居ないと思う。

もしかしたら、これからいい方向に行くかもっていう予感も、大体の場合は外れてしまう。

あ、そうだね
イイ方向に行くかもって言う予感がある場合は、それは劇的に好転はしないけど、その予感は悪い方向へは行かない。っていう意味ではあってる。

アクシデントが起きないってのが、幸運だって事も私は知っているから
そういう意味では、良い予感ってのは当たってるのかもしれない。


そんな私ですが
来年はちょっと運勢が動く気がしてて、その予感は多分当たる。

ネガティブなイメージじゃないから、ちょっと期待している。


いつもいつも前向きな時ばかりじゃないから、虚勢を張りつつなポジティブ宣言をする時もあるけど

来年はいい意味で、自分の運勢が少し動く予感。
想像以上の結果を得られるように、自分の出来る努力はするつもり。


2018年一年間ありがとうござました。
来年もどーぞ、ご贔屓にっ☆


ティアマット親方社長 仲野蓮

プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる