FC2ブログ

658:カラーリングの授業


通常授業の内容と言うのは、年間通したシラバスに沿ってやるのが通常なんですが


messageImage_1597404863234.jpg


それに沿って進めるのがベースではあるんだけど
私の受け持っている授業はその辺がフレキシブルで、出席している生徒達の希望聞いたりして、翌週の授業内容を決めたりしている。

特に今年は当初組んでいた授業内容が、コロナの為大幅に変わってしまっているうえに

オンライン授業も多く、生徒自体が学校に来てないケースもあり
少し前に書いた様に、ある学年の授業の出席率が著しく悪かったりする。

なので、その出席率の低いクラスの授業内容は
なるべくその出席している生徒達がやりたい授業、受けた内容を選んであげたいなぁってのが、私の親心というか気持ちだったりするのだ。


とある日、授業のコマの終りに

「先生、カラーリングのレッスンをしたい!」という声が出た。

国家試験が近くなってしまうと、そのレッスンを集中的にやることになるので
今のうちにやってみたいというのもあったようだ。

新一年生の一学期に、美容の授業で受けたい内容をアンケートを取ると、カラーリングって上位に上がってくる項目だ。

ただ、ちょっと悩ましいのが、うちのシャンプー台は二機
午前午後と別クラスの授業があるので、ぶっ通しで丸一日かけてとかは出来ない。

そうなってくると、やれるのがせいぜい二人か三人
そしてうちの生徒達がやりたいような、ブリーチを数回してから原色系を入れるようなカラーリングは絶対に出来ないのだ。


S3399732.jpg  S977920.jpg
【下手をすると4,5時間かかってしまう事もある:ちなみに二人とも生徒】


時間的な問題は、各自美容院に行って
そういったカラーリングをしているので、分かっているとは思うけど

テクニック的な難易度は多分、理解しきれてなくって
これらのブリーチ&カラーは、うちらそれなりのキャリアの美容師だって、手間と時間がかかってしまうモノ多くある。

さらにブリーチを使う施術は、洋服とかも漂白させてしまう力もあり
事故に繋がることもある、そんなに甘い技術ではないのだ

限られた時間内で、施術するのがカラーリングの経験がほぼない生徒たちで、

『どれくらいやれるのか?』って言われれば出来る事はかなり限られてきてしまう。

さらに学校は美容室ではないので、カラーの在庫を抱えているワケではなく
やりたいカラー剤をピンポイントで買ってきてもらわないとイケナイわけだ。

つまりもし足りなかったりしたら、そこまでで終わってしまう事にもなってしまう。


他にも専門的な事もあって、やりたいやらせてあげたい授業内容なんだけど
実際にやるとなると、色々と障害のあるのが悩ましいところなのだ。


ただ↑にも書いた様に、この状況下でも毎週出席している生徒達はやはり応援したい
彼女達の希望を叶えてあげたいってずーっと思っていた。

そんな中、先日カラーリングをやりたいという生徒の指定してきた色と、出席人数がうまく合致しそうだったので、

ブレア史上初のカラーリングのレッスンが決行されたのだった。


24846.jpg  24847.jpg


ブリーチを使う施術だったので、事故(服が脱色されちゃうなど)
最後までハラハラしたけど、無事終了


24843.jpg  22422_202012171350245f2.jpg
【シャンプーなんかも、ブリーチが飛ぶとそれだけで色が抜けたりする】


思ったより上出来で、ホッとまんぞく
施術した生徒達も、「カラーって面白いかも!」って言う子もいたり

国家試験の勉強も大事だと思うけど、美容師の楽しさを教えてあげたいというのは、私がこの学校に来た大きな目的でもある。

少しだけ感じてくれたかなー


24837.jpg
【思ったよりもイイ出来だったと思うぞ】




スポンサーサイト



647:あまり言われてこなかったから困る


前々から言っているように、今年度に入って月曜日と金曜日と週二回講師をしに行っているのですが

二学期に入り、コロナで授業数がごっそり減った一学期とは違い
今は授業数を減らすことなく普通に授業が行われてる。


1205499_20201008134130ba9.jpg  22422_20201008134128e34.jpg


ただ私の授業は技術の授業なので、通常授業だけど
まだまだオンラインの授業も多い

ちなみにそのオンラインの授業は、オンラインでも良いし普通に出席してもいいのだそうだ。

そしてやはり気にする親御さんもいて、学校に来ない生徒もいたりする。
そんなワケで学校自体には人が少ない


それは致し方ない部分でもあるんだろうなぁ、って思うけど
わたし的にちょっと困るのが、午前中がオンラインの授業だったりすると、そのクラスの午後の授業の(私の技術の授業)参加率がかなり低いのだ。

本来なら通常授業があるので午前中に登校をしていて、お昼休みを挟んで自分の午後の授業に出る。

それが、午前中はオンラインで授業を自宅で受けてそれが終わったら、本来ならお昼休みの時間に学校へ移動して、午後に自分の授業に出なければならない。

すると、わざわざ午後行くのもなぁ。。
ってそんな気持ちも分からなくはない


ちなみに同じ日の午前中のクラスの出席率は高い
それは↑にも書いた様に、オンラインの授業でも良いし登校してもいいってのが関係してるんだろうと思う。

午前中に技術の授業で登校した生徒は、そのまま午後の通常授業を受ければいいからね。


そんな二学期の授業のとあるコマでのお話
授業で使うマネキンの頭が足りないとの事で、補充してあげたんだけど

他のと混ざっちゃうとイカンから、その印しに【R】って入れといたのね
全部で5体あったので、R1 R2って書いといたんだ。


22559_0.jpg


んで、この前の授業の時にそのマネキンの頭を使って授業をしたんだけど、授業中に生徒が

「このRってなに?」って聞くから

『蓮のRだよ』って返したら


「なにそれ! キモい!!」



ってwwwwおまえら。。。

お前らの為に補充したのに、感謝こそされそんなこと言われる筋合いないぞ!!


その授業のあった日のお話

もうすぐ体育祭があるので、それに参加して欲しいとの話を受け、他の教員としてた

それを横で聞いていた先ほどのクラスの生徒が


「なんで蓮先生来るの?来る意味ないじゃん!!」



って、もう。。。

学生ってこういう生き物なんでしょうけど、まったく無礼な奴らだ
ただ、彼女たちに悪気が無いのはよーく分かってる

んで、反射的に口走ってしまったのも理解してる。

だけどさ、今まで冗談でもそんな風に言われたことないし、
こういう扱いって今まで生きてきて、ほとんど受けたことないのよ。
そんな風に言われたことないし、まともに受けたら喧嘩になるよね。


特に今の立場になって、自分の事を軽視する様な発言をされたことはない

運動会を例にするなら、ティアマットに来てくれている赤坂小学校の生徒達に、運動会を観に行くって言えば

「やったー、蓮ちゃん来るって!!」って喜んでくれる

まぁ、私の事を蓮ちゃんって呼ぶのは良しとしようw


今回の件その発言をした二人は、出席率も良く真面目で、言うなれば私と親しい生徒でもある(と、私は思ってる)

ので、悪気なく反射的に口走ってしまったのは、分かってるんだけど

こういう扱いされると
どう反応していいか困ってしまう。


今日はこんなお話でした

661:○○新一年生


学校が再開して3週間
今は月金と週2回授業があるので、思ったよりも早くペースを取り戻せてきているかなーってそんな感じ。


20286.jpg
  【美容理論ヘアメイクの授業】


6月1日に学校再開後の初めての授業があったんだけど、久しぶり過ぎて全然ペースがつかめず

ついでに言うと、午前中最初の授業は新一年生で、
つまり入学はしたけれども一度も学校に登校してきたことのない生徒達

その初めての登校日の初めての授業が、私のクラスだったのだ。

当然彼女たちは今までの校風を知るわけもなく、仲野蓮たる講師がどんな立場の人間なのかも知らないワケで

今までの勝手を知らない生徒に、モノを語る難しさをちょっとだけ感じた。
また、本来なら4月からな講師のブランクもあったわけで

そんな初めての授業の彼女らに講義するペースみたいもの、というか
授業を構成するうえでの時間軸というか、その感覚がずれてたみたいで
一コマ目に考えていた内容を話し終えたとき、20分も時間が余っていてちょっと焦った(笑)


そんな講師生活が始まったワケですが、当然マスクは学校の方から指導されてまして、マスクな授業で今期は始まりました。

そして、これは保護者からの要望があったそうです。


フェイスマスク!! ばばーーーん



20277.jpg


これ、、、

しなきゃダメ?。。。><
(↑の写真は笑ってるけどめっちゃ嫌だ)


学校からしてみたら、要望があった以上無視できないのはしょうがないんでしょうね。

私達講師は着用を義務付けられてしまいました。
これ、いつまでつけなきゃいけないんだろう。。

ただでさえ汗かきで眼鏡とマスクでも、けっこう限界だったのになあ。。


でも生徒の為です。
我慢しますわたし!!



***


ところで、今年の新入生で思う事が

というのは、高校一年生だけを指しているのではなく
新一年生と言われる生徒達は、3月までは前の学年だったわけですよね。

つまり新中一は小6、新高校一年生は中学三年生だったわけだ


bokunatu.jpg
   【地元の小学生と、中学生の図】


新一年生の一学期って、物凄く変わる時期だと自分の経験も含めて思う。
たった2か月前の高三だった子と、大学一年生の5月って全然違う。

小5が小6になったのとは、全然ワケが違うよね。

そう新一年生の一学期って、大きく変わるそんな時期なんだと思う。
新しい学校や新しい友達が出来、今までとは違う通学ルートで通学する。

この経験で新一年生は、一つ大人になっていくのだと思う。

今年はどうだ?


今年はながーーーーい春休みがあったので、恐らく多くの生徒は前の学年のままなんじゃないかなぁと、そんな風に思うのだ。

実際先週来た、新中一の女の子
卒業式の前に来た時と(小6)、まーーったく変わってなかった(笑)


goroukunn.jpg  gorokukun2.jpg
【小学生と中学生で利き手の変わる凄い奴もいる】


私達大人になってしまったら、1年で変わるのなんて体重くらいだけど
彼ら彼女らの1年間ってのは、比較にならないくらい大きい。

そしてその成長の期間でも、特に変化が大きいであろう新一年生の一学期を半分マルっと消化してしまった今年の新一年生。

そうは言っても、6月7月で一気に取り戻していくんだろうけど
ホント、今年の新一年生は特別な枠になりそうだ。


今日はこんなお話でした。

638:特に早かった一年


今日で今年最後の社長ぶろぐになるんですね。

全然意識してなかったんですが、もう既にあと一週間切ってます(笑)
気が付くのが遅すぎるだろう?って声があちこちから聞こえてきそうですが、自覚しているので大丈夫です!

今年は、9月に入ってからがもの凄く早く感じていて、少し前にも書きましたが、これは決して経年だから感じる速さではない。

その一つの理由として、今年私の生活、仕事が大きく変わったのは学校の授業にレギュラーで関わった、というのがある。


15854.jpg
【色々考えさせられる事の多い一年だった】


今までも講師というのはやってきましたが、
ここまでキチンを自分のコマを、年間通して持つのは初めての事で、それなりに責任もあった。

そして私の見ている授業なんですが、今の3年生(来年卒業予定)が一期生で
実は今年度の生徒が初めての美容科の卒業生になるんですね

さらに私は美容科の講師としては三代目になるんですが、
二代目よりも前の講師というのがすでに辞めてしまっていて

また私の個人的見解で恐縮なのですが、
現三年生や二年生の【これまで】が決してイイとは私は思えず、それ以上のラインにしたいっての想いもあり

これまでの一年間の授業というのは、全て私が手探りで作り直してきたんです。

特に夏を過ぎてからの、つまり二学期ですね
二学期の授業と言うのは、3年生は国家試験対策を集中でよいのですが

新一年生二年生に関しては、そればかりをやらせてると
【明らかな飽き】が見て取れるようなシーンもあり、自分がこの学校に対して当初の目標


『美容の楽しさを感じてもらう』



ことが、難しく思えたこともあったりして
授業を色々工夫するというのを毎週考えていたのだった。


***


先週今年最後の授業があり、軽く一年を統括して話をしている時に
二学期は大変だったなぁ、っと心底おもったのだった。

それが故に、それもあったから
二学期以降の今年は、加速して感じたんだろうなぁって思います。


私の想いが届いたかどうかは分からないけど、それなりに生徒は懐いてくれているのも感じていて

二学期の後半にやり始めた、シャンプーレッスンは、本当に大変だったけど
それなりに出来るようになったかなぁ、なんて手ごたえもあったりする。


15846.jpg  15848.jpg


やる空気になっている時の授業は、本当にあっという間で
やらない空気になっている時の授業は、あっという間に蔓延し全体を停滞させる。

先週、ティアマットのやらない空気の時代の話も書いたけど
今のティアマットはその停滞期を徐々に払拭しつつあり

このままこの子たちが成長していってくれると、また違うステージに行けるのかなーって漠然と思います。


15980.jpg
【成長していってほしいヤツラ:ポーズはハートらしいおじさんは分からん】



今年も本当に色んな出会いがあって、色んなさよならがあったけど
これを19年繰り返して、来年は20年目

節目の年にはなるけど、やる事は基本的に変わらない


今年もまだ少しだけありますが
一年間ありがとうございました。

来年もティアマットを、

どーぞ



ご贔屓にっ!!

627:やる空気を邪魔する人


さらに続き!!

まさか書き始めた時に、ここまで内容が膨らむことになるとは思わなった。
でも、まぁ私の社長ぶろぐはこういうのよくあるよね(笑)


【やる空気】 



読んで字のごとく、やる空気
やる空気は、皆がやっているから当然レッスンや勉強に実の入る充実した時間になる。

皆がやるから、やる
皆がそういう空気感でやってるなら、普通に出来ちゃうかもしれない


13936_20191008153248b1d.jpg
【まさに夏の彼女たちは、やる空気に包まれた時間だったのだと思う】



問題なのは、もしやる気がある自分がそうじゃない人の輪に居た時それが出来るかで

やろうと思ってたけど
やらない人ばかりだから、自分もやらなーい


になっちゃうことで

そんな時だって、周りがそんな感じだからって流されずに
もっと自分に芯を持ってしっかりしろ!

って本来ならそう言うべきだし、そうしなきゃいけない

そーなんだけど、人間楽な方に流れちゃうからそうばかりも言ってられてない。(もう私の人生なんてそんなんばかりだ)


もっとひどいパターンになってくると、自分はやろうとしているのに周りはやらない空気が優性で

「なにお前ひとりで頑張っちゃってるの??ダセー」
みたいな

まるでやらない事がカッコイイじゃないけど、まさに逆のカッコつけみたいのが出てくる時だってある。


harikittenndayo.jpg


きっとそういうシーンって、経験あるんじゃないかな
私は今までの自分の人生を思い起こすと、そんなシーンはけっこうある。

かく言う私だって、そっちの空気に乗っかっちゃって、やらないを選択してきたことだって多々ありまくる


ちょっと反れるけど、男の子って反権力がカッコイイって思う感覚が少なからずあって

学生から観たら、先生や学校ってのは大きな権力なわけで
そこへ歯向かう、間違ったカッコつけをする子も少数ならずいる場合がある。


seijinnio.jpg


今年、夏のスクーリングの際に忘れ物をしたとある男子生徒が、「忘れ物をした際は、それを再購入してもらうか、○○円でレンタルしてます」という教員に対して

「ぼく、300えんしかもってませーーーん」

みたいな発言を偉そうにして、私はキレかけた。


『んじゃ、その300円をオレがもらってやるから、お前は帰れ』



ってのどまで出かかったのを、私はここでは外部の人間だからとギリギリ堪えた。


その間違ったカッコつけって、そのくらいの年齢の男子生徒にはあるよなぁって、自分を振り返りながら思った。

大人から見ると、ものすっごいかっこ悪いんだけどね
本人は逆らったことで、カッコイイって想ってるんだと思う。

学生の世界でだけあるような、間違ったカッコつけってあるよなー、っておはなし


terusan.jpg
【ツッパルなら輝さんくらいツッパって欲しいものである】


話を戻して戻して


想えば、ティアマットという技術職の会社を19年経営してきて
全員が全員、【やる空気】に包まれて励んできた時の方が少ないと思う。

その状態になるのが理想だけど、そうならない時
むしろやらない空気の方が陥りやすいと思う。

でも記憶を呼び起こすと、それが数は少ないけどやる空気が普通に出来ている時もあった。

ただそれは全員が須らくそうなっている瞬間ってのは限りなく少なく、誰かしらがサボりたい空気を出している時のが多かった。


もう一回だけ続きます!!

プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる