FC2ブログ

673:コロナ対策の副作用


緊急事態宣言解除

これが今の日本にどれくらい響くのか分からない。
今回の一月から発令されたやつは、明らかに去年の4月の時とは違いましたよね。


senngennkaijo.jpg


私達の様な商売はやはり人の流れがある方がありがたい。

ただ同時に解除のお墨付きは出たけど、結局は何も変わってないってのが皆わかっている状態では、
逆に人が集まるかもしれないから、って敬遠しちゃう人もいるんだろうなぁ、っていう部分も否めない。。。


そうなんですよね。
ワクチン接種がはじまったけど、基本はまだなーーーんにも変わってないのが現状なんよね。

ただ、ワクチン接種がせっかく始まったんだから
もうちょっと解除は先に延ばしても良かったんじゃないのかなぁって、どうしても思っちゃう。


chuuashaitai.jpg
【屈強な人が針を痛がるのは、なぜに面白いのだろう】



勿論そこにはオリンピックの開催を何とかせんとイカン、っていう意図も透けては見えるけど

今年の一月の頭をピークに徐々に数字自体は下がっていったから、今回の解除に至ったわけで

発動しただけの緊急事態宣言で、前回よりは皆意識は低いかもしれないけど
それだって数字が下がった事は事実なワケで。

なんだかんだで、やっぱり自粛が効果を生んだってことなんだろうなぁ、って思ったりもする。

でもまーた上がって来てるんだよなぁ。。


seikari2.jpg
【本来ならきっと感動するんだろうけど、素直に喜べない】



***


想えば去年は一回も飲みに行かなかった。(歓送迎会が一回あっただけ)

結局、野球も一回も観戦に行かなかった。
今年もそれは継続中である。


自分の生活が大きく変わったっていう意識はないけど
飲みにも行かない、野球にも行かないっていう一年は今までは無かったワケで

そう考えると、この少しの変化が(少しかどうかは人それぞれだが)
積み重なっての、数字の変化なんじゃないのかなぁってそんな風に思う。


ただ、今年に入ってからの宣言後、街から人が消えたか?って聞かれれば
ぜんぜん人の出はあったように思うし、誰に聞いても町や電車は混んでるっていう風に聞いた。

実際に2年前と比べたら、それでも人は少なかったんだろうけど
去年4月の1回目の緊急事態宣言の時と経験しちゃってるから、今年の宣言は意味のない宣言に見えたかもしれない。


ginzatoori.jpg
【去年の今頃よね、こんときゃマジ凄いと思った】


***


すでに第4波が来てる、ってテレビでは報道されてるね。
このタイミングでの解除が正しいのかどうかは、これから証明されるんだと思うけど

1個だけ間違いのない事実は、
【インフルエンザは各々努力で防げる】って言う事だろう。

コロナを予防するために、世界中の人が行ったことは結果的にインフルエンザの蔓延を防いだ。

これは紛れもない事実で、今まである程度の人数が毎年感染してたって事は
やっぱりやってない人も多かったって事なんだろうなぁ、ってことでしょう。


inhuruenazani.jpg
【今見ると尚更、ごくごく当たり前の事を言ってるよね】


今まで予防接種しててもかかる時はかかっちゃうよね、ってイイワケにもなってた

「予防接種なんて意味ないよ」なんてそんな風に言う人も居た。

それらをぜーんぶひっくるめて、インフルエンザを抑えられたのは
コロナ対策の副作用、とも言えるんじゃないだろうか?


と、何話か前の話に少しだけ絡めてみる。


今日はこんなお話でした。

スポンサーサイト



670:なんでなんだ副反応


先々週ワクチンの話を書きましたが、
このコロナのワクチンの話題をするときに気になってる事があって

いつの間にか【副反応】って言う言い方をメディアはしてますよね?

いつのまに『副作用って言わなくなったんだ??』

きっと皆さんも気になってるよね!?


huukhannnou.jpg


でもインタビューを聞いてると、やはり多くの人が「副作用が怖い」って言ってる。

つまり一般人的には、副反応という言葉は会話内などの言葉として浸透してないって事なんだと思う。


てっきりまた副作用って言葉が【差別的である】だとか
ワケの分からない言葉狩りが起きたのかとも思ったんだが

知り合いの医師に聞いてみたところ

薬の作用っていうものには『主作用と副作用』というものがあって
『一番狙った効果が主作用、それとは別の効果が出てきたモノを副作用と言う。』

なるほど、それは読んで字のごとくだ。

で、その副作用は必ずしも悪いモノばかりはささないのだそうだ。


例えば有名な話だと、前立腺ガンの抗がん剤を投与したら、
男性の頭毛の発毛効果が、副作用としてあらわれたのだという

これは勿論ガンを抑制する作用が主作用、たまたま現れた副作用が発毛の効果だったということ

この発毛の副作用を研究し、こんどはその発毛の副作用が主作用に代わる薬を開発して

【プロペシア】という有名な発毛薬が生まれたのだと言う。


puropeshia.jpg
【私の様なハゲのサラブレッドには有り難い限りである】


本来医学の世界で使われる副作用という言葉は、こういう使われ方をしていたらしいんだけど、
なぜか今の日本では【悪い効果がでる事にだけ副作用】というワードを使う傾向があるらしく

医学的な意味合いと、一般人の持つイメージが乖離しているから
【副反応】っていう言葉を用いているんじゃないか?とのコト

なるほどなーー、
って目から鱗が5百枚ほど落ちた


確かに副作用っていう言葉は、確かに悪いイメージしかないもんなぁ。

もしかしたら新型コロナワクチンを打ったら、ハゲが治る副作用があるかもしれんもんね。

そうだったらその副作用は、私的には歓迎だもんね。


***


今ワクチン接種がはじまって、日本でも40万人以上の人が接種完了しているらしい。


saugawakutin.jpg
【菅さんも先日受けてたっていうニュースありましたね】


その中で副反応と呼ばれる人は、400人位出ているとのコト(情報古かったらスマン)

その400人を無視するわけにはいかないけど、どーしてもそっちを慮る様な報道になってしまうのが凄い気になる。


確かにその症状が出たことは事実で、ほっといて良いモノではないと思うけど、
それ以外の多くの人が無事ワクチン接種が終わっているという事実の方が、本来なら重きを置くべきなんだと思うんだよなー。

その400人だけを慮る様な言い方をするなとは言わないけど、それをすると

「ほら、やっぱりワクチン怖いじゃん」って、変な捉え方をする人が出てくるから。


hakuhouchusa.jpg
【横綱だって怖いものは怖いのだろう(笑)】


前々回にも書いたけど、ワクチン接種をする事で
確実に感染の輪を狭めることが出来るのは事実なのだから、私は早く順番が回ってこないかなーって思うのだ。

ただワクチン接種が行き渡る事は勿論ありがたいけど
【インフルエンザで言うタミフル】みたいな薬が出来なければ、新型コロナは解決しないのだと思う。


『コロナですね、では○○を処方しますね』みたいな

もっと大衆的になってくれば
『頭痛にバファリン』みたいな

そうなってくれれば、以前も書いた様にコレラやペストみたいな、致命的なダメージのある感染症ではないので

ホント恐れるに足らない病気になるんだと思う。


ほーんと早くそうなってくれないかなぁ
もう一年だもんね、ちょーっと疲れてきちゃったよ

669:忘れない事


3月11日、今年は木曜日だ

各局その話題を多く出してますが、10年経ってしまいましたね。


nikkeisi.jpg


↓当時私が衝動で書いた文章達です。

地震のお話1つ目【地震が一番嫌い】
地震のお話2つ目【東京の食糧事情】
地震のお話3つ目【まだ余裕のある怒り】
地震のお話4つ目【北への救援物資】
地震のお話5つ目【動かなかった電車】
地震のお話6つ目【災害時の報道】
地震のお話7つ目【義援金の意味】
地震のお話8つ目【少し離れて考えてみる】



当り前だけど、10年って言う月日は口で言うほど簡単な時間ではなく
一日が重なって一週間になって、一ヵ月になって、そんな毎秒毎分の積み重ねである。


本当に超回復をしたんだと思う
でもまだ全然な所もあるんだろうと思う


2011年から10年、人類の歴史からみて10年なんて瞬きでしかないし
人生において10年は数分の1かも知れないけど、

未来の想像がつくような10年間なんて絶対に存在しないんだなぁって、そんな風に思う。

個々の努力の上に、この10年間の成果があったのだろう
そう考えると、東北の回復と成長は見事であったと私は思う。


imatoanokoro.jpg
【一見すると同じ場所に見えないけど、道路で分かるね】


***


よくティアマットでも話題に出すことで


『記憶に残っている大きな事故事件ってなに?』



てのがあるんだけど
私は最古のもので日航機墜落事故になる。


nikouki.jpg


イランイラク戦争はもしかしたら日航機より前かも知れないけど、
日航機墜落のインパクトは甚大で、助かった4人のうち一人が、同い年くらいの女の子が居たのも超印象に残ってる。

そこから今日までざっと考えると
湾岸戦争、東日本地震、オウムサリン、同時多発テロなどなど(まだ沢山あるけど省略)

色んな大きな災害や事故事件があった。
その中でダイレクトに肌で感じれたのが、東日本大震災だった。


私が自分の人生で最も印象深い事件のオウムサリンも、もちろん肌で感じた事件の一つだけど


sarinnjiken.jpg


オウムサリン事件は、その日その瞬間というよりは
その後の自分の人生において、っていう意味になってくる
体感したというか、体験したって言う意味ではちょっと違ってきていて

そのうちこの話も詳しく書きたいなぁって思ってるけど、今日は割愛する。


想えば自分が生まれてから、多くの事件事故災害があって
上に書いた日航機墜落から、思いかえすと当時の自分と重ねることが出来

またその後自分の考え方や生活へ、それぞれ多くの影響を受けたのは間違いない。

ただその場に居た、体感したなんて言うと、現地の人には申し訳ないくらいの体験体感でしかないけど

間違えなく、私のあの地震を感じたのだった。
そしてそれが起こした現実を見続けて10年経った。


東京はコロナ過ではあるけど、あの地震の影響はもうほぼないと言っていい

今東京に住む私が出来る事で、し続ける義務がある事は


忘れない事



これは最低限ずっとやっていかないとイケナイのだと思う。


↓ こちらは5年後に書いたモノ達
446:3月11日の金曜日
447:地震のお話【番外編】
448:地震のお話【番外編その2】



***


ちなみにその日数時間かけて帰宅した時、
駐車場に繋がれていた犬(大型犬)が、私を見つけて怖かったんだろうね「ピーピー」言いながら飛びついてきたのを覚えてる。


rauruoi.jpg
【まだ若いころだな:可愛いヤツだったぜ】


んで、さぞヒドイ有様であろうのを想像して家に入ったら
思ったより被害が少なく、2階の本棚のこち亀が数冊落ちていただけだった。

『流石新築2年目の家だけあるなー』って
ホッとして一階に戻って来て、あらためて部屋見渡したんだけど


『うち、って散らかってるな、、、、』


って思ったのを今でも忘れない(笑)(笑)


668:打たんでか!!


いよいよ日本でもワクチン接種がはじまりましたね。

打つ打たないってのは、色んなアンケートがありますが
自分はどうかと聞かれれば


打ちます


chuushawoiyagarurikishi.jpg


副反応が怖くないですか?とか言う意見も分からなくはない

分からなくはないんだけど、これはインフルエンザの予防接種も同じで
日本の厳しい基準を越えて認証されたワクチンは必ず効果のあるもの。

それを大前提に言う事にはなるんだけど
私もインフルエンザの予防接種を受けると、若干具合が悪くなってその日の後半は元気がなくなってしまう。

なのでいつも後ろに仕事が無い日を選んで接種しているし、本音を言うなら出来れば打ちたくないんだけど

接種して一日調子悪いのと、しないで感染してしまって5日間休まなければイケナイってのを考えたら、比べるべくもない。


「新型コロナのワクチンを接種しますか?」

っていうアンケートを、最近よく報道番組で目にするけど
しないと答える理由のほとんどが

「副反応が怖いから」と「まだどうなるか分からないから」


ですよね。

副反応が怖いからってのは、分からなくもない
↑に書いた様に、具合が悪くなるってのもあるだろうからね。

ちなみにちょっと熱が出るとか、だるくなるとか、頭痛がするってのは副反応とは言わないからね。これをソレと勘違いしてる人も多い


chuushawoiyagaruonnnanoko.jpg
【ここまでイヤならしょうがないのかもしれない(笑)】


んで、
「まだどうなるか分からないから」っていう理由は、なーんか無責任におもっちゃう。

予防の効果は認められるから、日本の厳しい審査を通ったのであって、

それを接種しとくっていうのは、コロナ被害を縮小させるために、自分達が出来る事の一つだと私は思うのだ


身体に異物(異物じゃないんだけどね)を注入するってのに、日本人は抵抗がある。

「効くかどうか分からないのに打ちたくない。」

これも、打たなかったらそもそも効くモノも効くワケないし
そもそもインフルエンザ予防接種も、5、60%の精度だという。

それでも毎年推奨するのは、少しでも効果を見込むからだろう。
なぜ90%以上と言われている、いま日本が輸入しようとしているワクチンを信用できないのだろうか?


ちょっと違った角度からモノを言ってみる。
今情報ってネットを中心に、簡単にそしてかなりの量を得ることが出来る。

だけど、基本的にその情報は自分から取に行くもので
逆に言うと、欲しい情報しか見に行かなかったりもする。

反○○の情報が欲しい人は、その反○○のサイトばかり行脚してしまう。

なので、ネガティブな意見を拾う人はそっちに寄りガチなんじゃないかなぁ、って思ったりもするのだ。


chuushawoiyagaruchuugokjujin.jpg
【注射を嫌がる人の顔は、なぜにこんなに面白いのだろう】


政府は情報を隠している。
本当はこういう陰謀があるんだ。


そうかもしれない


でももし陰謀説があったとしても、それを私達一般人は知る事はまぁ出来ない。

なので、私は開示されている情報で考える
にっぽんという国を信じているから、その開示されてる情報をまずは信じて考えようと思ってる。

そう考えると、私はワクチンを打たないっていう選択肢には行きつかないのだ。


早く順番回ってこないかなー

667:凄い損失だよなー


Barcelona.jpg
     【今日は画像はありませぬ】


そう言えば少し前にオリンピックの話を書いてた時に、思い出したんだけど
去年某水泳選手の不倫報道がありましたよね。


あれって本来なら某週刊誌は、オリンピックが終わったタイミングで出す策略だったんだと思う。

きっとその水泳選手の実力を考えると、金メダルを取ったことでしょう。
そうすると【メダリストのスキャンダル】を取ることが出来たワケで

去年はオリンピックが延期になっちゃったから、【メダル候補者のスキャンダル】になったワケで

不倫のネタってのは、昨日今日見つけることが出来るネタじゃないと思うので、

きっとある程度の期間を費やして尻尾を掴み、イイ分けや言い逃れの出来ない証拠を突き止めて「どうだ!」って発表するんだろうから

○○選手はある程度前からマークされてたんでしょう。

で、某週刊誌としては【このネタ】を一番効果的なタイミングで使いたかったハズ。


もしオリンピックが開催されていたら、
オリンピック開催後、どの競技であってもスポーツ界の勢力図は少なからずの変化をしていたはず。

見事金メダルを取った○○選手は、水泳界でまた一つポジションを上げてただろう。


そのタイミングを狙ってた。
が、そのタイミングはやってこなかった。



延期された来年の東京オリンピックまで待つのも手ではあるけど、男女の事だから別れてしまうかもしれない。

なので、せっかく【ゲットしたスキャンダル】だから
「しょうがない、一番効果的な時期じゃないけど発表するか!」ってなったんじゃないかなーって思うのだ。

そういう意味では、この水泳選手はラッキーだったのかなって思ったり
いや、これがキッカケで次の代表には選ばれないかもしれない、アンラッキーだったのだろうか??

いずれにせよ、スキャンダルって怖いなぁって思った。


これは超個人的な考えなんだけど、
私芸能人のスキャンダルって全く興味なくって、それを面白がる人やすっぱ抜く事に使命感を持つ人が理解できない。


どーでもよくないか??



って、いっつも思っちゃうんだよなー

芸能人や著名人が麻薬やってたとか、飲酒運転で人をはねちゃったとか
そういうのは、もうバンバン報道や糾弾していいと思う。

でも不倫って、もちろん褒められたもんじゃないけど
そこは本人同士というか、犯罪を犯したわけではないので、立場や仕事を奪う勢いの報道は違うと思うんだよな。


昔は黙認されてた、っていう言い方が正しくないのは分かってるけど
今みたいに、こーんなに騒がなかったと思うんだ。

SNSとかあるから、一気に炎上するのもあるんだろうけどさ。

邦楽のポジションを一気に押し上げた音楽家や芸人、
素晴らしい才能らがスキャンダルの為に活動できなくなる。


これって、凄い損失だよなーって思ったりする。



なんて言うんだろう
褒めれたもんじゃないスキャンダル、起こす方が悪いんでしょうけど

スッパ抜いて得する人もいるんでしょうけど
私はその為にその才能が生きなくなるコトの損の方が大きい気がする。


あくまでも超個人的な考えだけど、そう思う。




プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる