第三回ティアマット手巻きパーティ




私のお店ティアマットではみんなでほんのちょっとずつ積立をしております。
これはみんなでバーベキューや何かイベントをやる時に足しにしようと
去年から初めたものなのですが、
これがまったくもって全然たまんないのだ ( ´Д⊂ヽ

理由は簡単。

それはやたらと店内イベントが多いって事なのよねー Ahahahaha


と、そんな訳で『第三回ティアマット手巻きパーテー』 開催です。


秋田で買ってきた最高にうまい「あきたこまち」を使ってやりましょうと
楽しみにしていたイベントでもありました。

3回目ってのもあって、道具やメニューなどもぬかりがない。
今回から新兵器の電気鍋を使って、あったかいメニューもやるぞと

nabeP1000933.jpg ←新兵器

うちの太田(仮名)がやたらと張り切ってました。


そんな中、アシスタントの野木(仮名)が


野木 「蓮さん一緒に買い物いきますか?」 

     蓮 ←買い出し好き(余計な物を買うとも言う)

私  『お、イイネ! でも雨降ってるからイカネー (゚Д゚ )』

野木 ∑(゜.゜)

 
そこは怯まない野木が、今降ってないので行きましょうよと言うので
結局一緒に買い物へ行くことにした。

なるほどいつの間にか雨は止んでた。


サクサクっと買い物を済まして、(もちろん私用のツマミも忘れない)
羊(ニックネーム)に持って帰らせ、先に調理部隊に始めててもらう。
この辺はいつもどーり。

数件のお店をまわり、さー帰ろうかとその瞬間。
南国を思わせるようなスコールが降りハジメヤガッタ! ヽ(`Д´)ノ

まぁ帰らないわけには行かないので、その中を野木と二人で歩く。
まぁこれもいつもの事なのだが、当然雨は野木のセイだと500回くらい文句を言う。
さらにお前が私を連れ出さなければ濡れずに済んだのにとも責める。

でも全然やっぱり怯まないのが野木クォリティー 


 パーティー開始

もう何度も言っているのにもカカワラズ今川(仮名)と羊は
酢飯をとにかく沢山入れるので、

P1000940gohan.jpg

手巻きというよりはおにぎりになってる。
しかも今川に至っては巻き型が逆なので、なんとなくでかいちまきのようだ。

P1000942chimaki.jpg ←巻けてない

羊のは一見きれいに見えるんだが、大きくなりすぎて海苔を二倍使ったらしい。

P1000947wada.jpg ←学ばない男


(  ̄0 ̄)Ψオォーーイ!! おめーらちょっとは学べー!! 



みんながそんな騒ぎながら食べている中、太田は鍋(水餃子)と格闘中。
そこへG田がウナギ巻きを食べながら味見をする。

IMGP2056ajimi.jpg kao.gifが味見をする



G田 「なんだコノ深みのまったくない透きとおった味は!!?」

太田 ヽ(;´Д`)ノ

G田 「味噌だ味噌 酢もたらーーん」 


そこでスタッフが持っているインスタントの味噌汁を足したりして完成。
なぜか油揚げの浮いている水餃子が出来上がりました。


全員 ≪おー これはウマい!!≫


こんな調子で第三回手巻きパーティ次回へのさらなる課題を残しつつも
無事満腹で終了しました。


来月はまたバーベキュー行ってくる予定。
あまりにもショッチュウ行ってるので、とうとう大型コンロを買ってしまったΨ(`∀´)Ψ



余談
また例によってファミコン大会で後半盛り上がったのですが、
ファミスタでは私と本条(仮名)と対戦し、彼のメンタルの弱さをついて
前回からの連勝記録をのばす私の快勝!

G田は対戦ゲームでやり方を教えず羊をフルボッコにするのが
大好きだということが分かりましたとさ。

IMGP2074famisuta.jpgIMGP2071gendatowda.jpg


おしまい。
スポンサーサイト

不思議に思う。 パラリンピック

前々から思っていたことなのですが今年は特に感じる事。

オリンピックはあれだけ盛り上がる(盛り上げようとする) のに
なんでパラリンピックはこれほど注目されないのだろう??


ハンデがあっても頑張っている姿が美しいなどと、私はきれい事など言うつもりもないし
少なくとも私はほとんど興味がない。
スポーツ全般は大好きだけれどもオリンピックというイベントにもそれほど興味もない。

こんなことを言うと、

「参加している選手たちに失礼だろう!」

という声が聞こえてくるような気もしますが
私はこれに取り組む姿勢を否定しているのでは当然ない。


しかしこれほど注目も報道もされないのは
興味うんぬんの他に何か理由があるのだろうか?

バッティングしてみた。



昨日ちょっと待ち時間があったのでバッティングセンターへ行ってきました。


普段から運動するのが好きな私ですし
なにより野球が好き。

投げるのも好きですし、もちろん打つのも好きです。
元々は右投げ左打ちだったのですが、利き手を意識してから最近では
左投げ左打ちの外野かピッチャーしかできない不便な身体になりつつあります。
また右投げにもどすかなー


と、まぁ
そんな思いも載せながら約6か月振りの本気のバッティングです。


昼前の時間ってのもあってか私しかお客はおらず
完璧に貸し切り状態で最高に気分が良い。

が、ゴルフもそうだけど左打ちの場所って隅っこのほうにちょっとしかない。


 こんなに空いてるのにぃぃ (゜.゜) むおー


隅っこの方の2つのうちに一つを陣取り頭には森野タオルを巻いて
装備品を全部はずして準備おっけい

さー どっからでもキヤガレ! Ψ(`∀´)Ψ
(もちろん正面以外からこられたら困るのは言うまでもない)


ズバン! ズバン!! コシュ! 

 空振り! 空振り!! ファールチップ ★ 当たらんのー


クヮッキーーーーン!!たまにミートしてホームラン☆ 
                  
               だけどすげー右手が痺れる 


おかしい。。  久々だからなのか?


私ってやつはミートうんぬんよりもホームランだけを狙う
典型的大味な左バッター。
もちろんセーフティバントなど絶対にしない。(そもそもできない)

それにしても当たらなささ過ぎる。 しかも打つと手が痛い
そんなこんなで25打数7安打くらいで一回目終了。


2回目に入る頃他にもぼちぼちお客さんが入ってきた。
みんないい音ダシテヤガル (ちょっと焦ってくる;)

2回目も一度目よりはそこそこミートはできるものの私のイメージからは遠い

img10053585988.jpeg
 イメージ図  (´▽`*)


ちょっと自分を曲げてミート狙いでいくも思うようにはいかない。


うーん と唸って他のバッター達をちょこっと見てみる。


?(゚ー゚*?)オヨ?


明らかに飛んでくるボールの速度が違う。


そう、私はなんも考えず最高速度(140km?)でやってたようだ!

ドッヒャーww そりゃ当たらんわけだ!痺れるわけだww


その後球速を110kmまで下げて再開して
なんとかいつもの打率くらいには持っていけました。


しっかしここで改めてプロ野球選手の凄さを感じた。

「昌さんのストレート135kmは遅いよ!」とか言ってるそこの素人!!

はえーんだよ! すげーはえー 普通は打てんぞ


と、ちょこっとやるって言ったわりには250球くらいガッツリやって
着てきた服をズボン以外全て着替えるほど張り切ってしまった。
でもそこで着替えを用意しているところが、遊びも本気になる私ってところでGJ!


打率230 本塁打20 その日はだいたいこんな成績。
こんな私は7番バッターにはぴったりな感じですなw ヽ( ´ ▽ ` )ノ 足は速いんだけどねー




ええもちろん今日は筋肉痛ですよ! ><

尊敬する人




「あなたにとって恩師は?」

と言う問いがあったとします。

私は5歳から高校生まで習っていたエレクトーンの先生
小池先生(仮名)の名前を迷わずあげます。

今ではたまーに挨拶に行く程度の関係ですが、私に音楽の楽しさと
継続し続ける事の意味を教えてくれた先生です。

先生と私の付合いは一週間のうちほんのちょっとの時間です。
私は先生のほんのちょっとの一面しか知りませんが
私にとっての先生はそれだけで十分過ぎるほど尊敬にあたりました。

とは言えまだまだ子供の頃の私視点なので、
今もしきちんとしたおつき合いがあれば
また思いも変わるのかもですが、
尊敬する人ってのはそれで良いのだと思います。


それと似たような感覚で
私には目標にしている人がいます。

親友の父親でもあるその人は、2000年に起業し
叩き上げで自らの力で運命を切り開いている人。


小池先生同様その人の事もきっと一面だけしか
私は知らないのだと思いますが、色んな面で私の目指す人です。


ちなみに私は彼の事をキングと呼んでます。


私とキングはもしかしたら似たタイプなのかもしれませんが
年齢も離れているのもあり、張り合うどうこうじゃなく
(そもそも張り合うレベルに私がなってない)
単純な気持ちで追い掛けているグレイトな人です。


ありがたい話で、そんなキングは私の事も気にかけてくれてるらしく
ホームパーティなどにもたまに呼んでもらえたりして
今年の4月は新築の別荘にお呼ばれされて行きました。

そりゃあまたスーパーなお家で圧倒されると共に
ここへ到達せねば!と心を決めキングに誓います


私   『30年後(歳が30違う)には
         絶対に私が招待しますので必ず来て下さい!』

キング 「30年なんて待てねーよ7年でやれ」

私     Σ(゜∀゜)


グおーー 頑張るぞーー  Ψ(`∇´)Ψ モエテキタ!!




と、まぁそんなキングの別荘にまたお呼ばれされたので行ってきました。


何故か家の中にバーカウンターがあるので

P1000532.jpg


そこに置くべく色々酒を買ってきて、カクテルのネタになりそうな
シロップやらジュースやら用意して到着。

今回は色んな家族が来るそうで、翌日はバーベキュウを予定。


その日の夜は親友とキングとそのバーカウンターで飲み語る
最高に楽しい夜だった。



翌日、物凄い怪しい空模様のなかスーパー晴男(私)の力で晴れにする。
もし雨が降ったらもちろん親友のせいにするのは言うまでもない。


久しぶりに会う高校時代の友人やらその家族
東海大の友人の友人やらその家族やら
そんな大所帯もモノともせず、庭でバーベキューだ。

 ティアマットバーベキュー部の実力をみせてやるー おりゃー


マジでグレイとな別荘だぜキング!! (´▽`*) すげー


P1000888.jpg



キング 「蓮くんジントニック作ってくれないか?」

私   『ハイ!分かりました キングさん』 
       (@゚∀゚)σ >> バーカウンターへ走る私


火起こしからバーテンまで積極的に動く動く
ティアマットバーベキュー部ではなんにもしない私も今日は違う
 
まったくもって人って面白い


その日の夜は前日と違って物凄い賑やかな席となり
私は完璧にバーテンになってカウンターに入り次々に作り
私の持っているカクテル知識を出し切ってみた。
もちろん作りながら私もすげー飲んだ。


早めのお開きにも関わらず、床で寝る人が続出
全員ヤヴァイくらい酔っぱらっていた。(当然私も)



翌日は仕事の為、一人早く起きて仕事へ向いましたが
17時くらいまで、二日酔いだったw (;´д⊂)


みんなが楽しめた昼間のバーベキューと夜の宴会。

それをサラッとやってのけるキング。
本気で追い付きたいと心から思う。


今日はそんなお話でした。



おまけ:親友とのツーショットを見ると、背は同じくらいなのに
     体型が違いまくるのが最高に面白い
          ┐(´∀`)┌ まさに現代人と旧人類




初めての一人暮らし




私は実家を出てから早いもので10数年たちます。
実家(吉祥寺)~練馬~王子~高円寺と引っ越しを繰り返し
現在は高井戸に住んでいます。

今ではすっかり杉並区のはじっこがお気に入りになってます
やっぱり生まれて初めての一人暮らしをした場所ってのは色々思い入れもあって
一番印象深かかったりするものです。

引っ越して初めて買い物に行った近所の雑貨屋の事を今でもしっかりと思い出せる。
きっとみんなそうなんだと思う。私だけがそうってわけじゃないと思う。


今日はそんなお話。



当時は駆け出しの美容師。
毎朝の朝練と終電ぎりぎりまでの修行の毎日。
そして月給11万で過ごすちょー貧乏暮らし。

そりゃあもう
金はネーわ 時間はネーわ
親元に住んでいる人からは想像もできないような生活でした
その辺の貧乏話を話し始めるとそりゃまたスーパーな大作になっちまうので
その話はまた別の機会にしましょうw

まぁ当時の一人暮らしの美容師ってのは
みんな似たり寄ったりの生活だったとは思いますが
とにかく走る事の意味も分からずに夢中に生きていた。

そんな私のアシスタント時代のとある日
アパートの近所に洋風居酒屋がオープンした。

お金も無かったのでなかなかいけなかったんだけれども
友人が泊まりに来た時に初めて行ってみたら、値段もそれほど高くなく
ご主人(マスター)とママさんが二人できりもりする
まさにアットホームを絵に書いたような飲み屋さん(建物はモダン)でした。

それからちょこちょこ通うようになり、一応金額はあまり落とさないけれども常連となり

例えばから揚げとか注文すると、私の生活を分かってくれているのでしょう、
ご飯とお味噌汁もだしてくれたりとかして
そんな感じの気遣いがなりより嬉しかった。
そんなお店がありました。

その後、店舗が変わると共に次の土地へ私は引っ越しをしていきましたが
それでもたまーにではありますが、そのお店に顔を出してはいました。

が、だんだん場所が遠くなると足も遠のくもので
独立をしたときに一回挨拶に行ったっきり、もう10年近く行っていない。


先週、ちょっと用があったのでその初めての一人暮らしの場所の傍を通りかかった。

なつかしーなぁ
(そこに住む人たちは毎日を暮らしているのに勝手に懐かしがる私)

そこで偶然外で水撒きをしている私がお世話になったお店のママさんを見つけた!

車を降りて向かう私、
あ、誰だっけかー。。。ってちょっと考えてる顔のママさん

『あ! 蓮ちゃん??』

『あれぇ~ なんだか立派になっちゃってー』

その日は時間があまり無かったので、長居はできませんでしたが
奥にいるマスターと当時は小学生くらいだったのにもう立派に大人になっている
そこの夫婦のお子さんに簡単に今の自分の近況報告だけして別れた。


心の奥から鼻にかけてちょっとツンと来るよーな、なんとも言えない
ちょっと色々こみ上げてくるような口で説明のすることの難しい感情。


また来よう。今度はもうちょっと時間のある時に。

theme : ヘアスタイル・ヘアアレンジ
genre : ファッション・ブランド

プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる