FC2ブログ

60:社員旅行の下見





今年八月にティアマットは9年目にして初めての社員旅行に行きました

     ※ティアマット社員旅行だ!はこちら


旅行自体はたった一泊二日の内容で、世の中の社員旅行と比べたら
とてもささやかなモノでしたが、
私にとってはそれはそれは大きな意味のあるものでした。


あれから4か月。
すでに次の旅行に行きたくなっている私がいます ( ̄▽ ̄)v


そんな訳で社員旅行の下見と題して、行ってきました長野県野尻湖!


縁あって知り合った方が野尻湖に旅館をかまえているとの事で
紅葉を見に行くにはもってこいの季節に、
  にゅー相棒(車の事よ)とでかけた。


もちろん社員旅行の下見だから遊びぢゃない。
 だから仕事を休むのも正当なはず!

イイワケなんかしてなんだからね (´<_`  )  ネ!



行きの道中は、若干の曇り空で少し先行きが不安な感じ。
でも関越自動車道は空いていて快適。


途中のサービスエリアで『くるまやらーめん』を発見!!

まだあったんだココ。。。


まだ児童だった少年時代。
外食などほとんどしないうちの父親が唯一連れて行ってくれたのが
ここ『くるまやらーめん』でした。

少し話が反れますが、うちの父親は趣味と呼べるものがほとんどなく
(あるのかもしれないが少なくとも私は聞いたことがない)
食べ物の好き嫌いもかなり激しい為、外に出て食事って事がほとんどなかった。

だからと言って決してインドアって訳じゃないんだけど、今の私のように
あっちこっち飛んで回って食べて飲んで遊んでってタイプじゃなく
どちらかというと遊び下手なタイプなのだ。

明るい性格ってところは、私と父親とは似ているのかも知れませんが
生き方そのものは全然違う。 というか真反対かもしれん。。

ま、その話はまた別の機械にw(脱線大魔王)


少年の私はたまに連れて行ってくれる、このラーメン屋が大好きで
歩いてもようーで行ける距離なのに、父親は面倒がって自動車で行きたがるものだから
くるまやらーめんは車じゃないと行っちゃいけないだ、とさらなる勘違いも生んで
一層敷居の高いらーめんやだと思ってたw


kurumayara-men.jpg  懐かしい味がした



あの頃は一人前を食べれるんだって見せたくて、頑張って食べた一人前のみそラーメン。
今では朝ごはんもしっかり食べて、お腹などビタ一減ってないのに
かるーく食べれちゃう大人胃袋の私。(単に大食いとも言う)
大人になったなー ┐(´∀`)┌ ゴチソウサマー



天気はちょっと悪そうな感じだったのだが、
長野が近づくにつれ徐々に晴れてきた
流石は晴れ男! と自分を誉める事も忘れない。


250kmの道程を越え、思ったよりも早く着いた『野尻湖レイクハウス』

reikuhause.jpg reikuhause2.jpg


イイヂャナーイ すてきじゃなーい ヽ(°▽、°)ノ



何と本日の宿泊は仲野様(私の事よ)のみとの事。


んぁ なにーー そんな事ってあんのかー!


一応は社員旅行の下見ですからネ。(あ、一応じゃないや)
食道からお部屋の並び、お風呂や本館周りをグルリとちぇえーっく 


reikuhause3.jpg

 うーん 素敵。


広めのロビーに食堂
地下にはお風呂とカラオケなんかがある。



  
heya.jpg 




お、鳩時計だ


___


夕食後部屋に帰った女子社員達が、血相を変えて戻ってきた
「部屋にもどったらこんなものが!!」、と手にした紙を見せる     




”こんや、12じ、だれかがしぬ”






そこにはそう書かれていた。。。

ってネタは古すぎるのでやめとこうw



でもここにみんなで泊まったら絶対にやってみようと心に誓う。
私のブログなんかに興味のないスタッフならきっとヒッかかるはずだ ( ̄― ̄)


荷物を置いて、旅館の人に挨拶もそこそこに
野尻湖の周りの施設をチェックしに再び外へ


野尻湖といえばやっぱりナウマンゾウ
歴史の教科書にはちょこっとしか載ってなかったけど、
記念館で見ると。なるほどこの世界観にはロマンがあるわ。
研究にハマる人の気持ちもよぉく分かるぜ(´~`)

群馬ではあんまり感じれなかった紅葉も、ここではかなり進んでていい感じ。

kouyou3.jpg 時期的に丁度良かった感じ^^



童話博物館とかがあったので立ち寄ってみた。
懐かしー 本を発見!
私このカエルになんだかハマっちゃうのよねー

本数冊とタオルなんかも購入。

hutariha.jpg



野尻湖の夜は早い。 4時も過ぎるともう真っ暗だ。
湖をぐるっと回って宿へ。

猫が車に轢かれて死んでるなーって思って、踏まないよう避けつつよく見たら


タヌキ ぢゃねーか!こいつ おそるべし野尻湖!




宿に戻った私は早めの夕食をいただく事に。
貸し切りの為静かな食堂に置くの方から

「チーン☆」って音が聞こえてきたww


何をチンしたのかは知らないけど、これが聞こえちゃうのは
ちょっとアレだなーって 思ったけど言わなかった ><
一体なんだったのかな。 

おいしい夕食でした (つ´∀`)つ ゴチソウサマー

ワインを一本購入して、寝るまでそれを飲みつつ夜が更けた。




翌日はあいにくの雨だったので、野尻湖の探索はそこそこに帰宅。
今度は逆に野尻湖から離れると共に雨が止んでいきやがる。
 
 まーこればっかりはショウガナイネ。


実に楽しい2日間で、
来年の社員旅行はここに決めた。


夏の旅行は川でのバーベキューに変更して秋口に野尻湖だな。 うん

ソバ打ち体験とかみんなで来たら楽しそーだ。 (゚―゚*)
スポンサーサイト

59:第二回お好み焼きパーティ

kannnpai2.jpg

相変わらず積立が貯まらない我らティアマット一家。
11月のイベントは

『第2回お好み焼きパーティ!in店』

前回から大活躍の電気鍋を使用して、鍋ものも予定。
第一回の時は私の自宅からホットプレートを持ってきたのですが、
社員の羊(ニックネーム)の実家から一つホットプレートを寄付してもらった為
また一つティアマットに電化製品が増えたのでした。

nabe.jpg
<準備の図>

しっかし、ホットプレート、電気鍋、大型バーベキューコンロ。
そしてファミコン
そして今、野田(仮名)の希望でチーズフォンデュの機械?を取り寄せているらしい。

一体この店はどこへ向かうのかが謎でなりませんw (・ω・ )ハテ?


いつものように手の空いた人間から準備を始めるわけなんだけど、
その日は思ったより忙しく、なかなかみんなの手が空かなさそうな予感。

開始が遅くなるとそれだけ食べるのが遅くなるわけで、
お腹が減ると不機嫌になる私は、そうならないように
営業の合間を見て買い物へ行け!と朝礼で釘をさしておいた。

そのカイあってか、アシスタントの大恵が比較的時間の余裕のある昼間の時間帯に
小さな身体一杯に荷物をもって買い出しに行って来てくれた!

エライゾ! オオメグ Ψ(`∀´)Ψ


夕方になってお店は結構混雑している中、一番最初に手が空いたのが私だった。
そこでチーズフォンデュ野本に何から始めたら良いのかを聞いたら
野菜を切ってくれとのこと。

鍋のメニューを聞いてみたらトン汁との事。



おーっしゃ 大得意!! マカセロ ( ´∀` )b 



そう、私は数年前自炊に目覚め料理を毎日作っていた頃があります。
スーパー料理音痴の私も、具たっぷりのトン汁と
大好物のから揚げだけは回数を多く作ったせいか、それなりに得意だったりするんです。

ま、その数年続いた私の健康的経済的自炊生活もKujataのおかげで
まったく料理をしなくなるんですけれどもねwww
(分かる人にしか分からない話で失礼。)


お肉切ってー ねぎ切ってー 大根も沢山入れちゃおー♪
久々に中心になって調理ができるのがちょっと楽しい。
(普段は乾杯を待つ男)


IMGP2532tonojiu.jpgtonjiru.jpg



新技術者の松田(仮名)は何をしていいか分からないようで。
とりあえずファミリートレーナーを持たせて立たせといた。



famiri-tore-na-.jpg ←やる事のない男


ってファミリートレーナーってどれくらいの人が覚えてるんだろうか。。

そしてそれをお店に持ってくるこの男。入るべくしてティアマット一家に入ったとも言える。
ある意味恐ろしい男でもある。


ご存じのとおりティアマットはお店が2つに区切られているので
お客様の人数が少なくなってくると、どちらか側にさりげなく移動してもらって
もう反対側で宴会の準備が始まる。

両方とも空いてない場合はスタッフルーム内で調理の準備を始める。
まさかそこでトン汁の下ごしらえをしているとは、きっと想像もできないだろうと思う。


前日、私が大量に買ってきたハイネケンで乾杯☆。

そしてチーズフォンデュ野田さん誕生日おめでとう! 

『もっと喜びやがれ!』 IMGP2542noguti.jpg

抜き打ちケーキでお祝い。 ケーキがうまそうだ (´▽`*)


お好み焼き&たこ焼きに関しては混ぜて焼くだけなので、順調順調。
つなぎを山芋だけのバージョンとか紅ショウガたっぷりとかのアレンジもなかなか
焼きそばも作って広島風とかも試してみた。 これもまたウメー 


okonomiyaki.jpgtakoyaki.jpg


トン汁の方は電気鍋が想像以上にパワーがあって、
ふたをして煮込むとサトイモや大根もあっというまに柔らかくなり
思った以上に美味しく、きっと私の株があがった事でしょう。

「ありがとー親方!」って声が聞こえてくるよう聞こえてこないゾ。 あれぇ? 


まぁ、私は乾杯したらその後はなんもしないので
プラスマイナス0なのかもしれない。(むしろマイナスかもしれんw

IMGP2549tabesaseru.jpg IMGP2578kakomu.jpg

左<写真だと仲良く見えるが、あっついのを無理やり食わせてる>
右<なんだか3人でコソコソ食ってやがるの図>
そして両方とも後ろでちょっかいを出すことを忘れないチーム脳筋



新しく買ったファミコンのソフトが多かったので、
いつもは食事があらかた済んでから遊びだすのだが、今回はもう途中から
ファミコン大会。

例によって、ファミスタでは本多(仮名)をメンタルな部分から突き崩し私の連勝。
松田はスゲー下手くそだった。 (それでも羊よりは強い)


が、


いつもならチーム30代がファミコンで主導権を握りつつ終了するのだが、
今回は新兵器の「ヨッシーのたまご」とか言うファミコン後期のソフトを
松田が持ち出したため、
若者軍団が元気を取り戻した!

IMGP2572wakamono.jpg ← 若者たち



最近では店内イベントの後にファミコン大会が恒例になりつつあるが
安く楽しく遊べるってのは凄い事だと思う。

それよりもなによりも、この美容室っぽくないノリにみんなよく付き合ってくれるなぁ
とも思う。


来月は忘年会だな。

58:体調を壊した!

3年前だったかなぁ。 

実に25年ぶりにぜんそくがぶり返しました。
元々、秋から冬にかけてのこの時期は得意じゃなく
体調を壊すのは大抵この時期でした。

普通健康な人間でも年に一、二度は風邪をひくなりして
体調を壊すものだと思うのですが、

私は去年の夏ごろ一回食当たりをやってから、しばらーく元気でした。

もちろん、ちょっと疲れや寝不足から調子を崩すことはありましたが
あぁ モウダメってのはほとんどなかった。

これはここ一年の間に普段のトレーニングにプラスして有酸素運動の量が
増えたことによる嬉しい結果なんだと思う。

実際にちょっと体温が高くなったのもり、代謝が良くなったせいか
寒さにも確実に強くなっている私がいたりする。
ますます脳筋に拍車がかかるってもんだ (*´∀`)アハハン♪


が、

そんな私もとうとう先日体調を壊した!
それも深酒をしてそのまま寝冷えだってのだから我ながらナサケナイ 


その日は親友とその彼女と楽しい飲みの席があった

その会の後、ちょっと飲み足りない私はコンビニでお酒を購入しそのまま久々のゲーセンへ

P1010188tatunami.jpg 
<大活躍の立浪>

オンライン対戦で連勝中の私は気分よくどんどん飲んじゃう。
気がつくと閉店時間になっておりお客は私一人w

店員さんにすまんすまんと手の残像が出るくらいo( ゚Д゚)oぶんぶん振りながら
タクシーで帰宅。

そのまま寝て寝冷えたってスンポウだ。


なんともまぁ情けない話なんだけど、ここのところずーっときちんとした休みを取っていなかったので
これを機会に寝てろって事なのかなーって無理やり納得した。

翌日は出勤したものの、その次の日を丸一日休みをとり
起きたのがお昼の12時、その後15時から18時まで昼寝をして
夜は23時には寝た。

流石にそこまで寝る機会はここ数年経験なく、ひさびっさによく寝たわー。


翌日はすっかり体調もよくなって、無事出勤しましたとさ。
睡眠って素晴らしい! ド━9(゚Д゚)━ ン !


おしまい。


飲み会が終わったら大人しく帰って寝ればいいのにって、毎回思う。
深酒はいかんよなーって毎度毎度思うんだけど
ついつい繰り返ししてしまうこの状況はいつになったら学ぶのだろうか。。。

謎は深まるばかりです(深まってない)

57:近所の雷おやじ パート2




うーん 第二弾があるとは考えてもみなかった。。。

前回の話を知らない人はまずこちらから


今回も舞台は同じ東京体育館のスポーツクラブ、そこのお風呂での話。



今回のガキどもは、前回よりももうちょっと学年的には上っぽい感じで
高校3年生くらいに見えた。

いつものようにトレーニングを済まして、
湯船につかりながらホッとしているそんなくつろぎタイムに
またもやガキどものやかましい声が聞こえてきた。


一人づつ区切られているスペースに、ヤツらは5人くらいでせせこましく入って
真水をかけあってはしゃいでる様子。

「つめてー ツメテー 」 とか言ってやがる

ただ騒ぐ声そのものは、そこまでうるさくなかったので
まぁ我慢出来ないほどでもないかーなんて、
                  最初はよゆーかましてました。



が、


その水が湯船に浸かる私にピシピシ当たり始めた・

徐々に怒りがこみ上げる私


その様子に気がついた数人のガキが
「おい やべーよ・・・」みたいな表情をつくりはじめたがもう遅い





『おい! テメーラ!!! ここをどこだと思ってるんだ (゚Д゚#)こらぁ!!』



響き渡る怒声、シンとなる浴場。
小さい声で謝るそこの数人の高校生。

今回は湯船からは出ませんでしたが、その怒りの波動は凄かったと思う。


  おや? その中の一人がふてくされた顔してやがる。


ま、いいか・・・



その後、湯船からあがり脱衣所に行って身体を拭いていると
そのふてくされた奴が私の背中に向かってなんかぶつぶつ言ってやがる。
ハッキリとは聞こえないのだが

((・・・んだょ うるせーな・・ ・・なんなんだよコイツ・・・ ))
                        そんな風に聞こえた。




  -=・=-   


             ぷち #

                             -=・=-   #




『オイ!!なんか言いてぇ事あんのかぁあ? てめぇこの野郎!!!』 
                    (スーパー江戸弁)


振り向きそいつの顔を両手でがっしり挟んで、思いっきり睨めつける私。


P1010132ikari.jpg <イメージ図>


もちろん素っ裸である



そこで何か口答えしたら、頭突きかひざ蹴りをする構えでいた。



私のあまりの剣幕に周りの人間が止めに入って、そいつは周りの仲間達に促され
私に小さな声でワビを入れてその場は収まりましたが、
その本人は絶対に反省などしてないでしょう。

なんなんだろう、このガキどもの変な集団心理は。

みんなはこのおっさん(私の事)に誤ったけど
俺はあやまらねーぜとか思ったのだろうか?
強がる方向が間違ってないか?
今時の高校生はみんなこんな感じなのか??


ツッパルんだったらそんなツッパリかたすんじゃねーよ。 
根性がなさすぎる。


怒られ慣れてないって事なんだろうか?
それとも他人から怒鳴られると、
自分に非があったとしても素直に聞けないのだろうか?




私も黙っていれば良いのだろうけど、これはもう性分。
きっと一生治らないと思う。   (゚Д゚)



【怒られ慣れていないと変なプライドが身に付く】に同調出来る人はクリックだ!↓
                                             
プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる