FC2ブログ

68:オレオレ俺だよ!




「ねぇ 田村さんに電話した?」


ある日の昼間、会社にかかってきた家族からの電話。
全てはここから始まった。


私 「へ?田村さんに電話?? 誰それ???」


聞くところによると、先週二回ほど私が実家に電話をして、
「田村さんから電話があったら連絡してくれ。」って言ったらしい。


私はすぐにピーンときた。( ゚∀゚)ピーン☆



一回目の電話は

「僕蓮だけど、田村さんって人から電話があったら連絡くれるかな?」
という内容だったそうだ


そして2回目の電話でも
「蓮だけど田村さんから電話あった?」

無いと言う母の返事に対して
「おかしいなぁ、もし電話あったら教えてね」という内容だったらしい。


この二回目の電話の後、私は連絡をもらった訳だが

恐らく3度目の電話はその田村さんから来る手はずだったのだと思う。

その田村さんは鉄道警察だか、
弁護士だか会社の上司だかは知らないが
きっとこんな事を言ってくるのだと思う。


田村「実はですね、お宅の蓮さんが痴漢をしまして。。。」
 
  や

田村「お宅の蓮さんが会社のお金の使い込みをしまして。。。」

の後に


田村「連絡先がご実家になっていたので、
    こちらにかけさせていただきましたが、 本人とお話をしたいので、
     連絡があったら伝えていただけないでしょうか?」


んで、


偽蓮からの電話で、
    
 「どうしようかあさん。・゚・(ノД`)ヽ」」


さらに電話番号変えたからこれからはこっちで、
なんて展開になるでしょう。


oreore2 ←偽蓮



こんな展開をその家族からの電話をもらった瞬間に思いつく。
スゲーどこにでもありそうなオレオレ詐欺だ。



その電話をもらった私は、すぐ母親に電話を代わってもらい、
これは間違いなくオレオレ詐欺だよって伝える。


が、


母親は
「だってあんたが電話くれたでしょ? 自分で名乗ったじゃない!」

と聞く耳を持たない。


私「だからぁ、
  それは誰かが私の名前を語っただけだって。わからないの?」


そもそもあたしは自分の事を僕とは名乗らない!




振り込み詐欺の被害者達の多くは、
実際に銀行で振り込みをする際に

行員から、
「それは本当に息子さんですか? 振り込め詐欺じゃないですか?」

なんて確認をとるシーンが多々あるそうです。


しかし、被害者の多くは
「大丈夫です。今これを振り込まないと息子がタイヘンなんです!」
と聞く耳をもたない傾向がみられるそうです。


これは一回それを息子と信じてしまうと、
例え声が違うや言葉づかいがいつもと違うという
本来ならマイナスに働く状況証拠であっても

自分の頭の中で、
これは今境地に立たされているから普段と変わってしまっているんだ
と言う、自分の都合の良い方向に良い方向に
(本当は悪い方向に行っている)

自分の納得いく方向へ方向へ(信じようと自分を納得させてる)
と考えてしまう。

結果として、あれは本当に息子のピンチだ!
となってしまい振り込んでしまう。


うちの母親はまさにその状態になりかけていた。


まだ、お金を振り込んでくれ!とか最近よく聞くワザと外出させて
その隙に空き巣に入る、とかそうなる前の段階だったけど、
本物の私が、前の電話は私じゃないって何度も言っても


「だってあんた自分で蓮ですって名乗ったのよ!」 と言って聞かない。
若干パニック気味にあんた自分で名乗ったのよと繰り返す。


まさに典型的な銀行で行員に
         止められても振り込んじゃうタイプに私は見えた。



自分が息子を間違えるはずがない!。
または自分の直感の間違いを認めたくないという
                     気持ちもあるのだとは思う。


今どきその家の家族構成がどうなっているかなんて、
バレていない訳ないでしょうに。

と、私は思うが母親はそうじゃなかったみたいだ。


そこでこのまま母親と話していても、
なんだか私に怒り出しかねないので(これを八当たりや逆ギレと言う)
横にいるはずの妹に電話を代わってもらい、
これはコウコウこういう手口のおれおれ詐欺に違いないと説明をして

妹をワンクッションにして母親に伝えてもらった。



その後、
偽蓮から何度か電話があったみたいだけど実家の父親が
「お前、蓮って言っているけどあまりにも声が違いすぎじゃないか?」

と、言ったのをきっかけにもうかかってこなくなったそうだ。


もしこのまま騙されていたフリをし続けていたら
どういう展開になっていったかが
ちょっと気になったりもするけれども
結果的になんの被害も出さずに済んでよかった。 


今となっては笑い話の出来事だけど
結構危なかったと私は思う。


前々からうちの実家の父母は、あまりその辺に警戒心がなく
根っこの部分ではしっかりしているんだと思うけど、
安易に受け答えしちゃう癖があると思っていた。


いつも私が実家に電話かけると

 プルルルルル

父 「ハイ 仲野です。」

私 「もしもし」

父 「おー蓮か お父さんだ どうした?」


まさに、いっちばん最初の典型的オレオレ詐欺の手口に引っ掛かる
パターン通りの受け答え。


この電話のでかたはヤヴァイよと何度も注意していたんだけどダメだw



今では私が実家に電話をする時は必ず
○○の孫だけど」や「××の従兄だけど」と名乗っている。



また、ちょっとでも両親の方で怪しいと思ったら

「次の子双子だって?大丈夫なの?」←んな訳ない



「あんた松木(母親の旧姓)のおじいちゃん会いたがってるよ」
 <松木のじーさんは亡くなっている> ←ココがポイント


などなど


実際には絶対にありえない質問で、
かつ簡単に『yes』と受け流せるような質問を
してもらうようにお願いした。

安易に答えたらそれは完璧に偽物って事になるもんね。


これもそのうち新しいバージョンに変えようと思っているけど
こういう小さな防衛策ってあるといいと思う。


まぁ 私がいっくら言っても
コロっとうちの両親は忘れてたりしそうで困るんだがねww



スポンサーサイト

67:痛い目に合うという事




今年は2009年ですよね。


私自身すっかり忘れてた事なのですが、
実は1999年の1月13日に、人生二度目の交通事故にあいました。
ちなみに二回ともオートバイ。そしてあれから丸十年。
無違反とはいかなかったけれども、
無事に無事故で今日まで来ることができました。


悪運が強いのかどーなのか、今まであった二度の交通事故共に
貰っちゃった事故(被害者)にも関わらず、命に別条はなく
特に二度目の時は、小さな骨折を4か所もするものの
手術をするまでもなく、2週間で退院し3週目にはお店に立ってました。


でも最初の事故は、私にとって人生初の挫折であり
もうホントにショックで、無灯火で路地から飛び出してきた
相手に対してエラク腹もたちましたが

そのおかげで出会えた人脈も今に繋がっており
結局のところ、結果的にはあそこで一回立ち止まれてよかったと
今になっては思えたりするわけです。


また、二回目の時は前を走っているトラックから
材木(枕木みたいなもの)を落とされて
直撃ではないもののそれに乗り上げて転倒。

東京のど真ん中、国道20号線四谷での出来事でした。

MAKURAGI.jpeg ←こんなのが落ちてきた



こんな大都会でそんなもん落とされるなんて、
想像できるかバカヤロウってその時思いましたが、
相手の保険会社から、「避けられたのでは?」と何度も言われ
あったまに来たのを覚えてる。


さらに、救急車で運び込まれた先の病院で、
ストレッチャーからベットへ移動するとき

痛くって痛くってなかなか動けないそんな私に
心無い看護婦が「早く移動してください」って言われ
カチンと来た私は、
「看護婦さん骨折はしたことありますか?」って聞いた。

そしたら「いえ、私はありません」と飄々と答えやがった。

てめぇの骨も折ってやろうか!コノヤロー」(超江戸弁)
とは言えず、心の中で怒鳴っといた。 くそー。。。


当時まだ赤坂に来たばっかりで、さぁ働くぞ!
って意気込んでいた矢先の出来事だったので
いきなりずっこけたのは悲しかった。


でも私って意外とこういうのが多くって、
「さぁやるぞ!」って気合いをいれる時に限って
いきなりずっこけるのがパターンなのは、後になって発覚する。


高校生の時に他のみんなよりも、早くオートバイの免許を取って
バイトに勤しんで、バイクを購入。
それから今までずーっとバイクや車には乗り続けている訳なんだけど
この二回目の事故からは毎年初詣の際、
必ず今年も一年健康でいられますようにって
お願いする私がいる。


もちろん交通事故だけに気をつければいい訳じゃないが
失ってみて初めて分かる健康のありがたさを、学ばせてもらった。


堅実な方だと自分では思っているんだけど
(周りからどう見えるかは知らぬ)

事故だけじゃなくその他、自分のやってきた過去において
「そりゃーそれだけで済んでよかったじゃないか!」って
そんなエピソードも数えきれないくらいある訳で
軽率な事もよゆーでやってしまうという、困った癖をもっている私は
こうやってたまに鉄鎚が下るんだと思う。



取り返しのつかないほどどうしようもないモノでない程度の
痛い目を見てそこで気が付き成長していくタイプなんだと自覚しつつある。



もっとも本当に堅実な人は
25で会社を作って独立などしないと思うんだがな。

まぁこの話はまた今度。


おしまい。


BAIKU3.jpg

【ちなみにこの日バイクに誓って、禁煙をはじめた】

66:大洗のじぃさん

ojiisan1.jpg


先日話題に出した『日本を歩こう万歩計』(勝手にネーミング)
順調に進み今現在茨城県大洗町を越えひたちか市を縦断中。


さてさて、この大洗
実は私の母の実家があったりするんです。

よく私のブログに出てくるじーさんは父方のじーさんで、
先祖代々東京の生粋江戸っ子じーさん。

ちなみに私の父親は全くそれを感じさせない、いわゆるナンパなタイプ。
まぁ父親の話は置いといて、
男は短命の一家の中で何故か一人だけ長生きな長老。


こちら大洗のじぃさんは徳蔵という名を持ち
うちの母方のじぃさんにあたる人で
私が小学校5年か6年の頃に他界しました。
じぃさんは大工の棟梁で親方。昔堅気の職人さんでした。

茨城出身の徳蔵じぃさんは、東京で開業をしまして
うちの母親は茨城で生まれたものの育ちはこちらで
後に父親と結婚し、本格的に東京に根を下ろすことになります。


徳蔵じぃさんは引退後、自らの故郷茨城県大洗町
(当時は大洗村だったと思う)

に自ら設計し新たに自宅をを建て凱旋したので
私にしてみたら、いきなり茨城に縁が出来てしまったのです。
大洗なんて今まで聞いた事もない土地が、世に言うイナカになった訳です。

遠くないうちにこの大洗の話を書きたいと思ってますが
今日は大洗での話題ではなく、徳蔵じぃさんがまだ東京にいた時の話。



私の記憶する限りの徳蔵じぃさんは、ホントに職人らしい職人で
仕事の妥協は絶対にせず、弟子にも自分にも厳しい人に見えました。
また、じぃさんの作業場は少年の私にとって物凄く魅力的に見え、
そこでちょろちょろ遊んでいる私は、よく叱られたのを覚えています。

特に、じぃさんの鉋がけは見事なモノで
シャーってしぶきのように削れる木材に目を奪われたものです。

じぃさんの目を盗んで、
私もマネして鉋をやった事が何度もあったのですが
バレナイと思ってやったのも、光の早さでバレて
エラく怒られたりしました。 でも懲りないのも私は何度もやるw

今なら分かるんですよね、傷つけた木材は直すのにも
エライ手間かかるでしょうし、何より子供がおもちゃにするには
危なすぎる道具だもんなぁ。


そんな職人のじぃさんでしたが、職場を離れると
そりゃーもう丘に上がった漁師みたいに、とんでもない道楽者でした。
まずは大酒のみ(絶対にこの血を私はひいてるw)
さらにバクチ好き(こっちは似てない)


じぃさんはよくバイクで飲みに行ってたようで、
当然運転して帰っては来れずに
帰りはお弟子さん達に脇を抱えられ、
捕えられた宇宙人の様に帰ってくることは日常茶飯事。


雨が降ると休みなので、私をダシに使って競馬場やパチンコへ
出かけるのもよくあった。

私も私で、じぃさんの緑のギャランに乗せてもらえるのが嬉しくて
府中競馬場で買ってくれるゆで卵が何故かとても美味しく思えて、
じぃさんと出かけるのはとても楽しかった。

ojiisann4.jpg
もちろん遊びにも連れて行ってくれた。



またうちの地域ではタテマエって言ってたんだけど、
家を建てる途中、骨組みの上に棟梁(じぃさん)と家主が立ち
おひねりやお餅お菓子をばらまくという儀式があって、

そのタテマエをどこそこでやるからね。って私に教えてくれて
私は自分の友達(手下とも言う)をひきつれて
そのばらまきのオコボレにありつくのも、凄い楽しみでした。
(これによって私の株もあがる訳だ。「蓮君すげぇ!!」ってね)


大正生まれのじぃさんは背が高く、
少年の私にはさらにでかく頼もしく見えたものです。


何年か前、
大洗のじぃさん宅の荷物整理の際出てきたじぃさんの着物を
私の母親が「あんた着てみる?」と言うので
そでを通してみたら、驚いた事にサイズがピッタリだった。


ojiisann3.jpg

でっかく見えたじぃさん。
そこまででっかかった訳じゃないんだなぁ。。。

ただ大正生まれで171cmは確かに巨人だったと思うけどね




最近私は日本酒の熱燗を飲むようになった。
あの匂い嫌いだったのに不思議だ。

おつまみにはじぃさんがよくやっていたように、鰹節を削り
醤油をたらして食べる。

じいさんの鉋がけの様に、鰹節を削る。




徳蔵じぃさんがホントはどんな人だったかは、私は知らない。

酒臭いたばこ臭いじぃさんが酔っ払って絡んでくるのは嫌いだった。
でも職人となり親方となった私と今だったら、どんな話をするのだろうか。



そんな事を最近考える。






65:丸一年と丸十年

あけましておめでとうございます。

今年も無事に新年を迎えることができましたが、昨年末のティアマットは
インフルエンザが猛威を奮い、
スタッフがバタバタ倒れてちょっと大変でした。


私は予防接種のカイもあってか、かからずなんとか凌げましたが
全員が揃わないまま、納会を迎える事になってしまいました。 
つД`)・チョットザンネン…


それでも納会は新兵器の焼き肉プレートが大活躍をして

niku.jpg ←アホみたいなステーキ
を丸ごと焼いたりして、相変わらず賑やかにすごしました。


ファミコン大会はいつものようにやったのですが、
前回できなかったファミリトレーナーでひと盛り上がり。
みんな普段からの運動不足&酒で真っ赤になりながらやってましたw

korona.jpg

  ┐(´∇`)┌オメーラ,ウンドウシトケヨ 



今回一番メインだったのが、《予算1000円以内プレゼント交換。》

思い思いに購入したプレゼントを、お互いに中身の分からないようにして、
交換をしたわけです。

ちなみに私はディスカウントショップで買ったレインマンのDVD
誰が引いても良いような物をチョイスしていた。


チョコを1000円分買ったやつもいたし、なかなかみんなの個性が出て
楽しいプレゼント交換になりました。

中には、明星(今ではmyoujって書くらしい)を入れてたバカモノがいましたが

myoujo.jpg


これはもう予想の範疇なので、
当たった本多(仮名)の運の悪さを
笑うしかない。B┐(´∀`)



また、12月の雑費が2000円ほど余ったので
『社長杯2000円争奪じゃんけん大会』を行い、
羊と野田(仮名)の決勝の末、めでたく野田が賞金をゲット

nisenen.jpg 野田さんおめでとー d(´▽`*)


野田はきっと年末のコンサート(ジョニーズ系)の交通費に使ったのだと予想。
(間違いなく当たっているハズ)



そんな感じで2008年のティアマットは〆たのでした。



一年って早いなぁって思う。 

こんな事を年明けに考えるのも変な話なんだけれどもw

一日一日がそんなに飛ぶように過ぎているなんて思った事はないのですが、
ひと月単位になると、拍子抜けしちゃうくらいピューって飛でっちゃう。


毎月毎月、立場的に支払いの日にちを気にして生きている私。
どれそれの支払いが終わると次はこれこれだ
とか、少しでも先延ばしにしたい事をいっつも考えているので
余計にひと月が早く感じられるのかも知れない


ぜぇったいに続かないと思ってはじめたこの社長ブログも
なんだかんだと丸一年経ってしまった。
とりあえずなんとかなっているみたいですハイ

一応週一で金曜日までにはアップしたいなーって思ってはいるのですが
これに関しては守れたり守れなかったり。。 


うーんこれが当面今年の目標かしらねぇ。


私としては、いっちばん最初に書いたのと同じ
自分を切り売りしている感覚で、こんな私の日常や思考をつらつらと
書き連ねてくだけ良いのかなーってなんて考えつつ

自分のパソコンに向かって
自分の思うことのみを綴っているので、これがどんな人に
どれくらいの人数の人に見られているかなんて考えたりしてません。

所詮、零細企業の一美容室の経営者のブログですからね。

なーんて油断していると、

「読んでますよー面白いですね」 とか、
「どれそれってブログに書いていたよね」 とか


思わぬところで言われたりしてびっくりしちゃいます。
自分の書いたものを評価してくれるとやっぱり嬉しい。

継続は力なんだなーなんて改めて思ってみたりとかします。


そして、継続と言えば
私が赤坂で仕事するようになって、去年の12/8で丸十年を迎えました。

知っている人もいると思いますが、
私は先輩のお店を、自分の開業までの二年間という約束で
手伝ったのが赤坂の街で仕事するようになったのが
赤坂と出会ったキッカケでした。


約束の期限が来た時に、
縁あって私も赤坂で開業することとなった訳ですが
当初は広尾で開業する手筈になっていたのを懐かしく思います。


今となってはこの赤坂が私の第二の故郷。
きっとよーっぽどの事がない限り、ここで会社を運営させていくこととなるでしょう。


たった十年ですが、私にとっては大きすぎる十年。
嬉しかったことと、悔しかったことを天秤にかけると

圧倒的に悔しかったことの方が間違いなく多いのですが
それを上回る楽しさがあるから、
今の私がティアマットが存在しているんだと思います。

tore-na-.jpg


自分が思うようなさいこーのお店にしたい。
言い訳して努力をしない技術者、経営者になりたくない。
そんな思いをいつも意識しながら歩いてきました。

もちろん、まだまだ私は到達してません。
ここで終わりなんてそんなの寂しすぎます。


この大不況と言われるこのご時世で
ティアマットで育ち、
実力を付けた社員達が力を貸してくれるようになった事を
私は心から誇りに思います。

そして変わらず贔屓にしていただけるお客様にありがとうと言いたい。




本年もティアマット&社長ブログをよろしくお願いします。 ペコリ



←ティアマットファンな人はクリックだ!


プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる