FC2ブログ

80:いきなり大掃除!




ティアマットでは年に二回大掃除をやっております。

一回は毎年決まっていて、12月の例のイベントの日がうちの大掃除の日です。

土日に重ならなければ、基本的にその日は予約が少なく
大掃除は終了と共にみんな解散なので、
何かその後に予定も入れやすいと言う
なんとも親心な計らいでもある訳だ!
だったら最初から休みにしてやれ!なんて言葉は聞こえない)


もう一回は大体5~6月位で暇になりそうな日を狙ってやります。

それで今まで9年間やってきたのですが、
最近お客様の数が増えたってのがあって、年に二回じゃ足りなくなってきてる。
店がすぐ汚れるのよね~~


年に3回か4回やりたいな~ なんて今年の初めに思っていました。


だけど、予約を制限してその日を半分営業しない
ってなると、経営者的にはなかなか勇気がいるものでもあるのだ。


最近も不況と言われる景気の中、それなりに忙しくしている
ティアマットでありましたが、
先日の日曜日、ぽっかり夕方の予約が空いている日があった。


正確には予約の人はいたのですが、そいつは私の親友でもあったので
その時間までに大掃除が終わってなかったら
こいつも手伝わせるかー ってなくらいのノリで
急遽大掃除を決行した!



お掃除班長の野田(仮名)がテキパキとやる事リストを作り
それの担当を決めていく。

うちは背の高いヤツが2名いるので高台系の掃除は有利。
そして肉体派が私も含めて二名いるので
重たい系の作業も大体おっけい。

senotakaiyatu.jpg IMGP2214noukin.jpg

↑ ノッポその2         ↑脳筋ズ



そして何より女子どものマメさがとにかく凄い。


oomgu.jpg ←掃除の似合う女


これは私達男子ーズにはない部分よね~といつも感心する。



野田の作ったやることリストを覗くと、
それに伴った役割の仕事を各自がこなしてるようだ。

私は何をやるんだろう?と思ってその表をみるが
私の担当する項目がない!

なるほど。私は自由にやれってことだな。

 よしきた! マカセロ


みんながやらなさそうな仕事を探して、セッセと掃除

ただ黙々と掃除するのも芸がないので、
広い方のフロアにいた松田、大恵、羊(仮名)と


過去にやっちゃった失敗談(美容師編)」や


「これは困ったぞーな体験談」を話しながら賑やかに掃除をする。


ここでの話は当然ながらお客様には言えない事ばかりだ! (゚―゚*)


空調のフィルターを丸ごと取る事に専念していたG田が


ooosuji2009.jpg




「取れたー!!」 



    といきなり大声を出してみんなを驚かす。



聞けば、過去二回の大掃除で取ろうと頑張ったが
結局のところ取れずに断念していたのだそうだ。


なるほど、そりゃー嬉しかろう(笑


 firuta-.jpg
 うおーすげー埃だな!コリャ



丸ごとスッキリ洗って、うん。気分がイイネ!



kireininatta1.jpg kireininatta2.jpg
 【綺麗になったフィルターをもってハイポーズ!】



受付をみると本多(仮名)が得意の几帳面さを出して
綺麗にしてやがる。



ぬおー 燃えてキタ!

raningu.jpg


  (ランニングになる私と本多)



と、ここで飛び込みで私のお客様がご来店。
大掃除をしているとの説明にも関わらず、シャンプーブローを希望される。

まぁちょっと埃っぽけド良いですか?との問いにも
快諾していただけて、大掃除中のシャンプーブローを決行。

まぁ喜んでくれたから、モンダイナシだね!


時間的にワックスまでは辿り着けなかったんだけど
それなりに充実した大掃除ができた。


G田と「昔大掃除は大変だったねぇ」なんて昔話をしながら
賑やかにカツ楽しく大掃除ができるティアマット一家は
まったくもって頼りになる連中ばかりだ。


今日の夕方暇だからと、急に始めた大掃除。
暇と言うのは人を疲れさせます。 やらなきゃいけない大掃除も
人間はなかなかどうして後回しにしがちです。

でも、これを組み合わせると
楽しい時間にもなっちゃう。


今日はそんなお話でした。
スポンサーサイト

79:水野直己という男がいる

oowakudani2.jpg


水野直己という男がいる。

パティシエの世界ではそこそこ知られるようになった人物で
今年の三月まで洋菓子の専門学校の講師を務めていた私の友人。


去年彼はチョコレートの世界大会で優勝し、
これからさらに成長を続けるであろう凄いヤツだ。


元彼女同士がお友達だったという変な縁で始まった私達だったのだが
職人同士という部分と、走り続ける性格の二人だったからなのか
友人の中でもちょっと特別なところに位置する人間だった。


彼の中で私もおそらく特別枠であったのだろうと思う。
先輩職人として、先輩経営者としての部分も含めて。


そんなにしょっちゅう飲みに行ったり、
何時間も電話で話し合ったりはしなかったけど、
彼が頑張っている事はいつも伝わってきていたし
そんな彼に蓮さんすげーよって言わせたくて
頑張っている私もいた。


実は私の同級生にはオリンピック選手(一人は幼稚園から一緒)
が2人いたりとか
後輩がやっぱりオリンピック選手だったりとか、


他の分野でも、なんだかすげー人間がチョコチョコいる。


でもそいつらと今接触がある訳ではなく、
彼らと知り合いだったんだゼ!
って自慢する沢山の人間の一人でしか私はない。



直己君は去年のチョコレートの世界大会。
ワールドチョコレートマスターズに参加する直前に
髪の毛を切りに来て、頑張ってこいと握手をして別れた。

彼から優勝しました!ってメールをもらった時は
自分の事のように嬉しかったのを覚えている。


そんな彼が実家の京都へ凱旋する事となった。
なかなかお互いの時間が取れないなか、私が考えた事は
彼をニュー相棒で実家まで送ろうと言う事だった。

もちろん向こうについたら、
京都の幸をごちそうしてもらう気満々な訳だが(笑


そしたら、ヤツは車を買ったのでそれで帰るとか言いやがる!



なので、私達は中間点というには東京寄りすぎるけど
箱根で一泊して、そこで別れようという話になった。



そんな経緯で私は今回箱根へと行ってきた訳だ。
現地集合現地解散。
そんな自分たちの関係がとっても気に入ってる。


男性って男同士では旅行とか
あまりしない人がほとんどだと思うんだけど、
私と直己君はなんだかそれが出来ちゃう関係で、
数年前も一緒に鬼怒川温泉に行った事がある。


その時は珍しく電車で行く事にして、浅草の松屋で
二時間っていう短い時間なのにも関わらず
大量のビールと駅弁を購入して、着くころには
すでに腹いっぱいの酔っぱらいが完成してたw


彫刻の森を出て先にチェックインした私は、
受付のお姉さんが綺麗だナって思いながら
まず彼の為にウェルカムドリンクプレミアムモルツ
を購入し冷蔵庫へ冷やす(もちろん自分の為でもある)

冷蔵庫を開けるとそこにはウェルカムフルーツが置いてあったので
それは早々と先に食っといた Ψ(`∀´)Ψヤッタゼ!



ビールを一本空けた頃直巳君からメールが入って
こちらに到着するのは7時くらいになるという。


ほいじゃあ先に風呂入るか~と、彼を待たずに入浴。
この辺が実に私っぽい ><テヘ


おー露天風呂いいぢゃな~い。素敵じゃな~い


お風呂のロッカーは13番を選んだ。
もちろんこれは岩瀬である。


火曜水曜とナイターを見に行く予定のあった私は
それに対する準備も怠らない(これが準備かどうかは謎!)


部屋に戻ってしばらくすると、直己君がキタ。


「道中おつかれさま~」という私にヤツは



「蓮さん、スピードオーバーで捕まっちゃいました!」




なにーー!!




つい先日やっていた交通警察24時みたいな番組で
小田原厚木道路の取り締まりをやっていたのを見ていた私は
あそこの区間だけは絶対にアクセルを踏まなかったのだ。



 勝った!





さぁ宴会のはじまりだ!。


和食のコースを食べながら、今までのしてきた仕事や
これからやっていきたい仕事の話や夢の話。

一度企画していた直己君との2007年計画。
これは残念ながら出来なかったけど、
これから一緒にやれるであろう、協力体制の話。


私は自分の立場上、こういう話を心から出来る人は少ない。
とっても彼の存在がありがたいと思う。


食後風呂に入ろうと強引に風呂場に連れてかれ
本日二度目の露天風呂。

そこでもずっとそんな話を続けていた。

もちろん仕事の話ばかりじゃない。
お互いの家族の話も、恋愛の話も。



私達の話がちょっと変わった内容だったのかもしれない。
同じ露天風呂に入っていた男性が
ずっとあがらず、話を聞いてるように思えた。


うん。聞かれてるなーって分かっていたんだけど、
だからと言ってそれを隠すような会話じゃないし
お互いに本気で胸を張って言える意思確認の会話だったから


露天風呂を上がる時に、その男性に

『な! 君もそう思うだろ!!』って声をかけてみた。



そしたら、

「はい、僕もそう思います。」
って返してきた。




ずっ~っと聞いてたんだねぇ


お風呂から上がったら、近くにあるゲームコーナーに行って
太鼓の達人とゾンビを打つゲームをやった。
もちろん酔っ払ってるからうまく行くわけもない。


直己君の車の中につんであった、赤ワインをその後たいらげ


naomiwain.jpg wain2.jpg

       【そーとーうまかった】


どれだけ飲んだんだろうか、後半私は半分寝てた(笑


翌日聞いてみたら、返事がなかなか返ってこなくなって
「そろそろ寝ますか?」って聞いたら2秒で寝たらしいww



次の日はお別れの日。



oowakudani.jpg ← 【景色に混ぜてみた】


大涌谷へ二人で行って
黒たまごを食べて、握手して別れた。



「またな!」




親友ともライバルとも違う

私にとって彼みたいな存在はいない。




shuppatumae.jpg

78:箱根へ行ったぞ




ニュー相棒を購入して、10か月。
走行距離はすでに15000kmオーバー。

この調子だと2年で35000kmとか走っちゃうんだろうか。。

また、変なところが貧乏性な私は下取りの価格が下がっちゃうな~
とかつまらん事を考える(笑


ニュー相棒は私が今まで乗ってきた車の中で、一番性能が高く
かつタフに走ってくれるので凄い気にいってる。


今年一年は秋田を筆頭に
走っていける場所には、ほぼ全てこの相棒と一緒だった。


そして月曜日は箱根に行ってしまった。


今年に入ってもすでに遠出は3回目。
普段からの車通勤とプラスする訳だから、
そりゃー走行距離も増えるよな~。



実は今日箱根に来るのは別の理由があって、
と、まぁそれは後で書くつもりなんだけど、

箱根に行こう、って話は当初先週だった、
でも実際今日箱根にしようと宿を決めたのは出発の2日前。
例によって土壇場勝負の私だ!


今年はお花見と言うお花見をしなかったのもあって
出勤前、皇居の周りの分厚いボリュームの桜も見てたら
遠回りして桜をさがしたくなってしまった。


さー 行くぞ~


宿はもう取ってあるので、チェックインまで適当に
走りながら春の箱根を堪能しようと、12時半くらいに出発!


おー 環八が空いてるなんてめづらしいぢゃーん!
順調に東名に乗る。
おー東名も空いてるなーってな具合で

なんと箱根新道手前に着いたのは13:30ちょっと前!


はえーよ 早すぎるよ!!


チェックインまで、まだまだ時間もあるし


こりゃー いっちょターンパイクでも行ってみるか!

ta-nnpaiku.jpg
<到着の図>


もう少しだけ若かりし頃、私はよくバイクで箱根や奥多摩を
攻めたりしたことがたまにあったりしたのですが、

車で峠というのは初めての経験。


桜を探すと言う当初の目的はもう綺麗さっぱり消えていたのであった。



ニュー相棒は速い。
分かっていた事ではあるのだが、本気で走らせるとかなり早い。

しばらく、頭文字Dになっていた私だったのだが


いきなり自分の目の前にドーンと現れた桜のトンネルに息をのみ
急停車、車を降りて写真をパチリ。

sakura.jpg ←サンルーフからみた桜


箱根は沢山来たことあるけど、ホントに景色がいい。


車を速く走らせる事をやめた私はそのまま芦ノ湖へ。

   ashinoko.jpg

 <到着の図その2>



そしておそらく25年ぶりになるであろう
彫刻の森美術館に行くことにした。


choukoku.jpg


なんでそう思ったのか分からない。

昔好きになった女性と約束しつつも行けなかったピカソを
見たかったってのもちょっとだけあるのだ。


彫刻の森は外国人がいっぱい。
特にピカソを見ている時はフランス人が沢山いたように思える。
そうだよな~ ピカソだもんなー。


pikaso.jpg



と、納得しつつすんごい久々の彫刻の森を一人で見て回る。




あ!ここのスペースで遊んだぞ!! ってそんな場所があった。

   ↓ココ

asonndayatu.jpg

なつかしぃのぉ。
狭そうだけど強引には行ってみようかと思ったら13歳以下は
ダメって書いてあった。 
ま、そりゃそうだな(笑)今のあたしが乗ったらぶっ壊れるわ。



これは写真を撮っちゃいけない場所だったので写真はないのだが
あるブロンズ像がどーしてもそこに書いてある説明文と
違って見えたので、しばらーくその像の前で固まっていた。(5分くらいかなぁ

勇気を持って職員さんに「自分が思うのとどうしても違う」
ってそんな想いを一生懸命聞いてもらったんだけど、
若干迷惑そうな顔されたので、すぐ引き下がった(;つД`)


自分の思いを後世に残せる仕事ができるのであれば、
事細かに自分の気持ちを誰かに託しておこうと思った。

含みを持たせるより自分の気持ちをきちんと残したい私がいる。
私はアーティストにはきっとナレナインダナーって思ったよ。


なんだかんだで二時間半、彫刻の森にいた。

誰かと一緒にこの時間を共有したいとも思った。
と、同時に一人だからこそこれだけの長い時間を
ここに費やせたのだとも思った。


ものすっごい充実した二時間半だった。


時刻は5時ちょっと前。 チェックインには良い時間だ

77:解決するためにはコレだ!

先週は社長ブログをお休みしちゃいました。
楽しみにしていた方々申し訳ございません。


でももう一つの方の美容室を語るコラム はアップしていたので勘弁して下さい。
と、今日はいきなり言い訳から入ってみました Ψ(`∀´)Ψ イエーイ



何気に最近はちょっとハードスケジュール。
ちなみに明日から4/11まで 10日を除いて全部予定が入っています。
(半分は仕事、さらにその半分近くは遊び、残りは野球

もっと言うと今週も日月火水木とフルスケジュールでした。


ただし、私の場合は誰かの命令や辞令でそうさせられている訳ではなく
自分で決めてやっているので
世に言う忙しい人とはちょっと意味が違うわけです。

変な言い方をすれば、自分の意思で予定を沢山入れて
勝手に忙しくしている。

と、そんな風にも言えちゃうわけです。


二月の後半、うちの会社は期末なのでやる事が多かった。
まぁでもそれはどの会社でも普通だよね。


さらにちょっとイレギュラーだったのが
技術者の今井が体調不良の為の休職に伴い
それの引き継ぎ作業や事務手続きなどなどそんなものも
加わっていた時期でした。


次いで、三月になると本業の美容室は繁忙期を迎え
実は過去二番目の売り上げを記録した三月でもありました。

また私の美容業と違う部分の忙しさも加わり、
なんだか毎週毎週飛ぶように過ぎて行きました。




あ、ソウダ!!

3月がなんで忙しかったのか、今急に思い出した!!


私は手帳を付ける習慣がないので、もうすっかり忘れてましたが
3月に私は二回体調を壊してるんだった。
一度はブログにも上げましたが、インフルエンザ
ティアマットファミリーを襲ったあの8人中7人のアレです。

もう一回はその時オフィシャルにしなかったのですが
憩室炎と言う、腸炎にかかりまして
一日は丸々病院へ、その後数日にわたり午前中通院して
抗生物質と点滴の毎日を過ごしました。

ただしこの憩室炎と言うのは、安静していればいい寝てればいい
ってものではないらしく、
休んだのは一日でその後はスーパー社長出勤でお店には出てました。


しっかし、あんなに苦しんだ二つの病気を忘れているなんて
まったくもって私らしいと言うかなんというか、、。。。

喉元過ぎればワスレテイイってヤツですな(←絶対に違う)


と、まぁそんな訳で
事務仕事や人と会う予定がぎゅぎゅーっと詰まっちゃったと言うのも
忙しくなっちゃった理由なのかもしれない。


でも、それでも私は基本的に朝寝坊はしませんし
だからと言って早寝もなかなかできない性分です。(酒飲んでっからなー


まぁ当然睡眠不足になるわなぁ。。。



ちなみに病気の時には当然寝てるのですが
皆さんご経験あると思いますが、病気の時に長―く寝てても
それは体力をつかって病気と闘っているので、決して
十分な睡眠をとっている訳ではないですよね。


色んなストレスや疲れってのが実はかなり貯まってたんだなって思う。
思えば三月に入ってから、ジムにすらほとんど行けてない。

何も予定のなかった休日が一日もない。


ただし誤解のないように言っておくと、最初にも書いたように
これは全部自分がやりたくてやった事で、それ自体は
全然苦しかったわけではないのだ。


___


今日は金曜日スーパー遅番の日、昨日からジムに行くゾと決めてた。

いつも通りに朝は起きれたんだけど、何故か気持ちが前を向かない。



決めた!!


よーっし今日はネルゾ




いつもは和室の布団で寝る私が珍しくベッドで寝た。
するとかる~く夕方前まで寝れた。


うん。なかなか良い睡眠だった。


ぐーっすり寝れたせいか、モヤモヤしていたモノも晴れ
すっきりとした気分で今日は出勤できた。


うん、寝るってかなーり重要ね。 今日はそんなお話でした。
プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる