86:髪職人の魂

hasami6.jpg


もしかしたら皆さんが持つ私のイメージは
江戸っ子頑固おやじなのかもしれませんが、

同じ結果になるのであれば、絶対にこれを用いなければならない! 
って言う頑なに強い信念があるわけではなく、
要はきちんと結果を出せればいいぞって思っている。


例えば、ティアマットではドライカットをウリにしていますが
もしこれが効率よく気持ちよく、仕上げられる別の方法があるのであれば
それを全力で学びたいと思うし

また、同じような仕上がりが同じ時間と手間でつくれるのであれば
それはドライカットでなくて、従来のウェットカットで
施術したって構わないと思ってる。
(もちろん今はティアマットドライカットをより極めていこうと思ってます。)



つまりCに行くのにAを通っても
Bを通っても構わないのだと思う私がいる。


コレと信じていたらそれをとことこん突き進む反面
自分の主張よりもそっちが正しいと気がついたら
今までの頑なであったはずの考えもぐにゃりと曲げたりする。


しかし私は髪職人の魂、【ハサミ】には絶対の思いがある。

こだわりのって言うと、ちょっと大げさなのだが
ハサミに関してはかなりの執着がある。
これについて語らせると、ずっと喋っているので注意が必要だ!



例えばマイナスドライバーがあれば大抵のネジはあける事ができる。
ペンチがあれば、大体のナットははずせる。

しかし、その大きさと形がピッタリはまる道具の方が
より正確にネジ山を潰さずに、綺麗かつスムーズに
作業を行う事ができるのだ。


髪を切るハサミもそれ同様に、細い髪を切る用や
くせ毛を切りやすいものから始まり、

えり足のハネている所用や縮毛矯正で傷んでいる所用
などなど、用途を上げて言ったらキリがない。
こだわり始めたらキリがないのだ。


でもそれを揃えたいのだ!!


もちろんこれを揃えたからって、巧い技術者と言う訳ではない
私が勝手にそうしたいだけってお話。


材質や形だけじゃなく、自分の今のニーズにあっているかどうか
って事が一番大事で、その時の自分がどんな切り方をしているか
その時の自分がハサミをどんな握り方をしているか?

それがとても重要で、初めてハサミを購入してから今日まで
どんどん自分の中での好みは変わってきている。



そんな私がお気に入りの業者と出会ったのは、
技術者試験を受ける数か月前の事だった。

今までは先輩技術者Aさんの紹介で購入していた業者があったのだが
どうも、自分にはしっくりこない気がしていて
(何がしっくりきてないのかは分からない
                たぶん私の手がそこの鋏にはでかいのだと思う)



う~ん「これ以上ここのを使うのはなぁっ」て思ってた。


そこで個人的にその人作るスタイルが気に入っていた
B先輩技術者の使っているハサミに注目してみた。

B先輩の手と自分の手の形が似ている事に気がついた私は
B先輩が購入していると言う業者さんを紹介してもらった。



私はその業者さんから購入したハサミを使って
技術者試験に合格し、今に至る。


ハサミ屋さんの小森さん(仮名)は気さくな方で気のきく人
毎回毎回、私の妙な注文にも嫌な顔一つせず
ハサミを選んでくれる。


当時大型店の社員だった私が
開業して小さな小さな店に移って、
とてもマーケットが小さくなってしまったのにも関わらず
必ず月一回は足を運んでくれて、鋏のメンテナンスしてくれたり
新製品を見せてもらったりと随分親切にしてもらった。


もちろん小森さんからしてみると、私はお客様な訳だから
こちらに合わせてくれてるんだと思うけど

開業当時まだまだ味方の少なかった私にはとてもありがたかった。

実際に開業と同時に私から去っていく人は多く
(この話はまた別の機会に書く:書き始めると長い)
今よりもっともっと弱く小さかった私を、
見捨てないで今まで付き合ってくれた、とても感謝している人物でもある。



今ティアマットは前よりも随分と大きくなり、小森さんにも
ちょっとずつ恩返しが出来始めてきている。

やはり、私の事を先物買いしてくれた人には
私から儲けて欲しいと心から思う。



私のこだわりハサミ達はそんな小森さんのおかげで
今日も活躍している。


購入して使ってはみたが、
自分が思ったようには使いこなせないものもあったり
自分が思ったような切れ味じゃなかったり、そんな時もある。


より自分仕様のハサミ達を厳選していった。


徐々に精鋭ハサミ達が揃い、今ではメインの12本が固定していた。

hasami3.jpg hasami4.jpg
            【精鋭の12本達】


そんなのもあって、私自身はしばらーく小森さんから
購入はしてなかったのだが、(お店には毎月来る:他の社員が買ったり
メンテをお願いしたりしてる。)


小森さんから、是非仲野さんに使ってもらいたいハサミがあると言われ
彼の熱意と素敵営業トークに乗せられて
先日、ひっさしぶりに2本購入した。


そのうち一本は、どうしても刃先の形が気になったので
特別に削ってもらい、小森オリジナルのハサミが出来上がった。
(こういう融通が効くのも嬉しい)

久しぶりに小森さんと話した夜はとても楽しく、
ついつい長居をさせてしまった。



新人鋏達はものすげー今の私好みの切れ味で
二本とも最高に気に入っている。
それなりの金額だったけど、納得の買い物だと思う。
(美容師のハサミって高いのよ~ つД`)


こういう事でまたカットが楽しくなってくるのが私のお気楽思考


さーみんなこのハサミに切られに来るんだ!

どーんときやがれ Ψ(`∀´)Ψ ドーントコ-イ! 



   シャキーン☆


hasami7.jpg

スポンサーサイト

85:千里の道も パート2

今うちのアシスタント主任大井(本名)が
技術者に上がるべく最後の仕上げをしております。


具体的にどんなことをやっているかと言うと、
ある程度カットの技術やデザインをつくる上での知識というのは
固まってきているので、今度はそれをモデルさんを相手に
実際の営業と近い条件でスタイルを作る。


これをティアマットではモデルレッスンと呼んでいる。


そのモデルレッスンも最終段階までたどりつき
最後の関門、「技術者テスト」を受けている訳だ。


しかし、ここで彼女はちょっと躓いている。


言われたスタイルを切る、指示されたカラーを染める
パーマを巻くそういった作業は彼女は確実にこなす事はできる。


あと彼女に足りないのは、自分で提案する事。
自分の提案したものを自信持って仕上げること。



技術者になる過程で、彼女のようにここで躓く人は少なくない。
技術と知識が伴っているのに、これがうまくいかず
カウセリングと提案下手の状態で入客し、
結果として満足いくスタイルを提供できず、顧客が増えないまま
悩み美容師そのものを辞めていく人間が多い。


私は接客もソツなくこなせない技術者を絶対に一人前にはしない。
技術がウマいからと言って、
だからイイジャンなんて絶対に思わない。




それは高いお金を払って美容学校を卒業し、長く修業をした成就した
髪職人として一生やっていって欲しいと思うから
あえてここは厳しく審査している。



先日コラムの美容師の器にも書きましたが、

私は言われた技術しかできない美容師を髪職人として認めない。
与えられた素材と条件の中で
完成に近づかせられない美容師を技術者と認めない。


頑張れ大井!ちょー頑張れ!!

 rensnhuu.jpg

【ティアマット初の生え抜き技術者になるのだ!!】





ちょっと話は変わって、先日怪我で戦線を離れている今井(本名)に
彼女の顧客様達に書いていただいた、彼女への応援メッセージを
持って会いに行ってきました。
皆さん御協力ありがとうございました。


今井は眼をウルウルさせて喜んでましたよ!



やはり腰から来る病はそう簡単には完治しないらしく
時間がもうちょっとかかりそうな印象でした。

今はリハビリに励んでいる毎日だそうです。


imaidayo.jpg imaidatte.jpg

   【早く良くなりますよ~に!】



でも、血色は良く元気そうで安心した。


でもちょっと太ったな! Ψ(`∀´)Ψ ネテッカラカ?!



さっさと治してまたバーベキュー行こうぜー!




kinennkouenda.jpg

84:帰りに寄る店

私のブログやお知らせメールなどに、たまに出てくる
スペインバル。


基本的には仕事が終わって、家路につくまでの間に
ほんのちょこっとだけ寄る、私のお気に入り。

最初はお客様の紹介で行ったこのお店は
カウンターだけしかない、かなりこじんまりしたお店だった。


一人で来る私に、必要以上に話しかけてくる事もなく
普段人と話す機会の多い私にとってはありがたい場所だった。


いつも一人の私は、当然の事ながら誰と会話する事もなく
一杯のビールとマスター自慢の生ハムを半皿


いつも決まった金額を払って大体20~30分の短い時間を過ごす。


一応は常連さんと呼ばれるくらいの回数を
一週間のうちに通っていた。



他のお客様に目をやる事はあまりない私ですが
他のお客様は年配のカップルや40代くらいの女性同士など
私の嫌いなガキくさい雰囲気やうるせー客など
皆無に等しい(たまに居たけど)、私にとって随分と楽な場所だった。



ある日そこのお店の若いバーテンさんが髪を切りに来て
うちの今江(仮名)が担当する事になった。


後から会話の内容を彼女が話してくれたのだが・・・


__ 会話ログ __


Kさん「ここの社長さんよくみえるんですよー」


今江 「そうみたいですね~ 気に入っているみたいですね」


Kさん「ここの社長さんは、かなり無口ですよね
     なんとなくのありそうな感じですね」


今江 「 !!? ∑(ω・ )ゝ 」



今江 「うちの社長はどちらかと言えば、明るくて
    オープンな方だと思うんですけど・。。」



なんとまぁ、同じ人であってもここまで印象が違ったのには
ちょっと驚いた(笑


確かに私は一人で来て静かーに飲んではいたけどさー
一人で叫びながら飲むのも変だしねw


それからもいつも一人で仕事帰りにちょっとの時間の
私の楽しみのその空間。
たまに私のごくごく親しい人間を連れて行ったりはしたけど
基本的には私はいつも一杯のビールで帰る


私はそんな小口のお客様。



でも、そのお店も東京カレンダーに出たりとか
人が人を呼んで、どんどん混んじゃってそのうち
独りで来る私さえも入れなくなっちゃう日も出始めた。


私も余所から赤坂へ来て、そこで徐々に根を広げていった人間。
同じように商売をする身としては、自分の贔屓の店が
繁盛するのは嬉しい。


その小さなスペインバルは、店舗をレストランへと拡大させた。
ティアマットがティアマットver2になったように
大きくなったのが嬉しかった。
 

オープニングレセプションにも呼んでもらえて
もちろん快諾し、お店に飾ってもらえるように観葉植物を
プレゼントした。

そういや、そのオープニングレセプションに参加した時
私の後ろにはストールをぐるぐる巻いた人が後ろにいたらしい


ぜーんぜん気がつかなったぜ!!



しかしレストランになってしまうと、
一人ではなかなか行く機会も減り、
一応はカウンターもあるんだが
後ろのテーブルで賑やかにやられていると
今まで通り、一人でちょこっと寄るって雰囲気にはなかなかなれなかった。



もちろんその店の味は大好きなので
たまに仲の良い人を誘って食べに行ったりもした。
でも前みたいなペースでは通えなかった。


そんな私みたいな常連も多かったんだろうと思う。
そこのマスターはレストランの近くにまた
最初のお店のようなバルをオープンさせてくれた。


ナイス計らいだぜ マスター!




そしてまたそこへ週何度か通う私がいる。

そして、今日もその場所で一人お気に入りのメニューと
適度なお酒を楽しみつつ、一人の時間を楽しむ。
もちろん誰かと一緒でも最高に楽しい時間になるだろう。


周りには常連客らしい雰囲気の年配の女性と、数名の団体客。



今日はここで社長ブログを書いてみた。
そう。今日のこのブログはそのバルで書いたもの。


このながーい文章を打つ間も、そっとしてくれる
この空間が私は大好き。



さて、書き終わったら何飲もうかな~ (´▽`*) サングリアプリーz



83:お知らせメール【ティアマットより】

ren4.jpg


どうやら私のブログは、私が担当している人以外の方が
多く読んでくれているらしい。


意外な人から「金曜日を楽しみにしてます」


って嬉しい事をごくたまに言われたりもします。
こりゃーそう言われちゃっちゃー、週一回は必ずあげなイカンナ。


もちろん私の顧客様も読んでくれているとは思いますが、
今ではそれ以外の人の方が多いみたいだ。



実際に私が担当しているお客様に、

「読んだ事ありますか?」って聞くと


「あのメールで来るやつですよね?」って言う人が多い。


あっちはお知らせメールであって
ブログとは全然違うと思うんだが・・・


でも、自分が書いたお知らせメールを後から読んでみると。

なるほど。 こりゃ見方によっちゃ日記にも見えるな(笑



っと、今日はそんなお知らせメールのお話です。



今までティアマットでは私のお客様の数がダントツで多く
ティアマットver2がオープンした時は

私1人:他の技術者3名
自分のお客様と他の技術者のお客様の総数がほぼ一対一だった。


つまり私の指名接客人数は他の3名の合計とほぼ同数だったって事。


もちろん、私は元々赤坂でやってきてますから
当然と言えば当然の数字でもあった訳だけど・・・

当時は全員分を面倒見なければ!と心労も多かったのですが


今では私の接客人数の比率は随分と下がり、
私は随分と楽をさせてもらちゃってます。



元々この【ティアマットより】というお知らせメールは、
私が近しいお客様だけに、季節の挨拶も兼ねて
自分の近況も交えた情報をおくらさせていただいているモノでした。


また、当時はホームページを人任せだったのもあり
全然更新せずに放置しており、(ホントは良くない事)
キャンペーン告知などほぼ出来ない状況だったので、

このお知らせメールはとっても重宝しているとの声も多く聞けました。


ですが、

現在の新店舗ではHPもかなり充実してきており
私の書くお知らせメールよりも、断然多い情報量があり
さらに、ティアマット新聞などこちらの情報を送信するアイテムも
素敵社員達の努力で沢山増えてきました。



実際に、私の顧客様がブログだと勘違いしていたお知らせメールよりも
よりブログらしいブログもコラムあるわけで、
一回この「ティアマットより」のお知らせメールを廃止しようかと思ってたんです。



ですが、先日私のブログを楽しみにしているという方から
「お知らせメールの配信希望」とのメールが入りました。


やっぱりそう言ってもらえると嬉しいですね。


廃止にするのはもうちょっと先にしようかな。って思い直しました。


そんな訳で5月6月7月のキャンペーンを告知すると共に
近々【ティアマットより其の三十七】を配信させていただきます。


みなさま、もうちょっとお付き合いくださいませませ。


ちなみに、これを読んでいる人の中で
お知らせメールも配信希望という人がおりましたら、
こちらまでメールをください。


ren@tiamat.co.jp


そして、今まで配信されていたけどもうイラナイぜ!
って人も良ければメールくださいな。


余談:

ちなみに私のブログを読んでくれている人の中から
たまに言われるのが、

「なんだか怒りの文章多いよね」


おんやー?

いっつも怒ってはいないと思うんだけどなー。

近所の雷おやじ近所の雷おやじパート2
のインパクトが強すぎるのだろうか、、w



実は最近、近所の雷おやじpart3っぽい出来事があった事は黙っておこう :)



ちょっと前の話、焼肉屋で隣のおやじのタバコがムカついたんで、

「こっちに煙流さないでくれますか?」と

静かに、でも反論をさせないような口調で言った事も書かないでおこう。。



そして極めつけは、この前の土曜日飲み行った帰りの事。

イヤこれはホントにしゃれにならんので書かないでおこう。



 後でブログを読み返してみようかな・・・

82:久々に時節ネタなど:GW

dscn0318_2.jpg


世の中のGWと言う期間に
に今までほとんど休んだ事のない私なのですが
今回は珍しく4.5.6日と三連休をとりました。
まぁ元々火曜日休みなので、実質は2日休んだだけなんだけどね。



それでもお正月以来の連休と言う事で、さぁどこに行こう?



しかーし、高速道路1000円とかいうヤツのおかげで道路は
とんでもない事になっているモヨウ。


連休に入りたての日に渋滞66kmっていうニュースを聞いて
すっかり元気を失われている私がいた。



みんな同じこと考えて、同じようにするから混雑するんでしょうに。
なぜ出かけないって事を考えないだ!
そしてみんなが出かけないなら、私が出かけるのだ!!



まぁ休める日が決まっているからしょうがないのだとは思うけどさー。



さて、4日月曜日は旧店舗の下にあった
レストラン(イタリアン)で働いていた人が、
「今度ここで働くから来てよー!」
って言っていたお店へ食べに行く事にした。


とは言ってもその人自身は、もうとっくに辞めてしまっていて
行っても会えないんだが、ティアマットに来るお客様からも
評判もよいと聞いていたので一回行ってみたかったのだ。


昼間っから、ビールカンパリサングリアと
お酒も忘れず補給し、お魚メインのそのお店のお味を堪能。
美味しかったぞー! 



私が良く泊まるビジネスからも近かったので
今度は夜来ようと誓った。



その日はその後、家を見たり買い物をしたりとか・・

そうそう(脱線大王)、

私は最近焼肉よりもしゃぶしゃぶ派になりつつあるのですが、
外で遠慮なくしゃぶしゃぶを食べると、結構な金額になります。
あまりそういうのは気にしない方ではあるんだけど、

一回家の鍋で(しゃぶしゃぶ用ではない)ちょっと良い肉を買って
やってみようと思い立った。


うん。 すげー気に入った Ψ(`∀´)Ψ リーズナブルネ



そんな4日のしゃぶしゃぶな夜、ニュースを見ていたら

「Uターンラッシュが各地で始まっています」



へ? もう!? ┐(゚~゚)┌ ハヤクネーカ?



きっとこうなんだと思うんだ。

1、今年は例の1000円のヤツがあるから、みんなUターンラッシュは
物凄い事になるだろうと予測。

2、そして、今年の5,6日はどうやら天気もあまり良くないようだ。

3、よし!じゃあ皆より少し早めに帰って残りの一日(6日)は
  家でゆっくりしようじゃないか。




そう。み~んなおんなじ事考えたんだ。


そりゃあ 混むよなぁあ。。



私は5,6日で鴨川の親族に会いに行く予定を立てていたんだが、
このニュースを見た時に密かに思う。



勝った! d(`∀´){全然密かにじゃない}




思ったとおり5日の高速は首都高もアクアラインもガラガラ。

いえ~い!  (´∇`)



途中の海ほたるでは満車との看板がでてた。



が、



そんなもん最初から寄るつもりなどない。

スルー! スルーなんだぜ!!


img_677625_25021413_0.jpeg サヨナラ海ほたる

今度空いてる時来るね~ ( ´∀`)/~~



海ほたるは上りも下りも一緒の場所だからなのか
上りの方は駐車場のかなーり手前から渋滞していた。
距離を測ってみたら何と3km以上は、海ほたる駐車場待ちができてた!



この先には何マウンテンがあるのだろうと思ったのだった。


そういえば(脱線はもう仕様なので気にするな!)、
ディズニーランドの新しいアトラクション【モンスターズインク】
時間待ちをよゆーで超えていたらしい。
そんなのよゆーで普通は待てないと思うのだが、待つんだからスゴイ。
(でも私も乗りたいので、近々行きたいなー。平日ね!)



鴨川もあいにくの雨でしたが、向こうでの一泊は十分楽しめて
翌日の岐路もどこも渋滞には巻き込まれず、
快適に帰ってこれました。

ナイスゴールデンウィーク! ありがとーありがとー!



。そこで思う。


しかしなぜ休日を
1000円にしたんでしょうか?


私達商売人をはじめとして、観光地やホテル、さらに飛行機などの交通機関は
平日の昼間にどれだけお客様を呼べるかを
常に考えて戦略を練るものです。

もちろん高速道路の収益だって絶対にそう。

なのに、休日の混雑にさらに輪をかけどうするんだろう?


閑散としがちな平日に高速道路1000円などの飴を与え
混雑を分散させてあげる方が、よっぽど経済効果が高いのでないのか?


もし仮に平日1000円にしたとしたら
普段土日休みの人も、平日だと高速安いし宿取りやすいし
いっちょ遠出でもするかー?ってなりやすいだろうし、

休日に混雑を一点集中させるよりも、分散させる方が結果として
ホテルや観光地などははるかに回転するだろうし、利用客からしてみても
そちらの方がありがたいと思うのではないだろうか?


と、私はずーっと考えていましたが
私がどう考えたところで、どうにもならないのでもう考えない!


おしまい。




追伸:鴨川に預けていた我が家のボーダーコリーのラウール号。


お正月の時はこんな感じ

oshougatuinu.jpg





   数カ月ぶりに再会してみたらライオンになっていた ヽ(´Д`;)ノアゥア…


raion.jpg

81:講習をやってきました。が、これはまた別のお話

inokashira2.jpg



先日美容学校の講師をしてきました。
その様子はこちらへ。 自分的にも良く出来た講習だったと思う。



http://lenstly.blog.shinobi.jp/
【うまく飛べなかった人はこちら】 



その日、私は講習とは別に会っておかなければイケない人がいた。


本来なら自分から会いに行くべきではない人。
私は本来ならその人に詫びに来てもらわなればイケない立場でもある。



時間が経てば解決する関係もある。


しかし時間が空けば空くほど、
そのタイミングが取りにくくなってしまう事も多い。

時間が経てば経つほど、
そこには禍々しい思いさえも湧いてしまう事もある。



元々は好意を持った人。
私は会いに行く事を決めた。



もしこれが3年前であれば、会った瞬間に胸倉をつかんであろう私も
その日は握手をして顔を見て話が出来た。

元気そうで良かった。


相手は唐突すぎる私の登場に驚きつつも
そのタイミングが向こうから来た事に安堵したようにも見えた。



許す許さないは最初から決めている。



後はそこに心からの誠意があればいいのだと思う。




人を嫌いになるには勇気がいる。



一度遠くに離れてしまった心はなかなか戻らない。



私は出来ることなら誰も嫌いにならないでいたい。




葉桜も終わり、本格的に緑が息づく。
悲しく辛い思いは散る桜の花びらに残そう。

遥か遠くに蒔かれていたモノが、いつの間にか育ち力を貸してくれる。
離れるべくモノから離れ、刻むべき者を刻もう。



もう一度だけ、時期を遅れの山桜を見たら。

全てをリセットしよう。








      yamasakura.jpg





リセットしたら。 



また歩くよ。
プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる