FC2ブログ

114:社会科見学?

昨日美容室を語るコラムの方をアップしたので
宜しければそちらもどーぞー (´▽`*)


今週は前回の岐阜への旅と前述のコラムと
書きに書きまくったので、
今週の社長ブログはちょっと軽めにします。


決してサボっている訳じゃないんだからね!



otetudai3.jpg



ティアマットは元々は完全予約&隠れ家美容室だったので
カップルやご夫婦、子連れで来るお客様や
お友達同士で来るお客様は多かった。


元々のスタイルから少し規模は大きくなったけど
基本的にはこのコンセプトは今でも同じ。

内装を二つの空間に分けているのもあり、
今でもペアで来るお客様は多いのです。



この写真にいる男の子は、9年前ティアマットが開業したばかりの頃
まだお母さんのお腹にいて、生まれてからしばらくして
お母さんと一緒にティアマットに通うようになりました。

そう、この子はティアマットと同い年になる訳だ。

最初は泣くしかなかったこの子も、すっかり大きくなったもんだ。


今ではお母さんの横に座って、
終わるまで大人しく本を読んだりして、
ティアマットの時間を過ごすのですが
この日はちょっと飽きたみたい(゚Д゚) カラーヤッテタカラナ


ので、お店を手伝ってもらう事にしました!


タオルを畳んだり、シャンプーの詰め替えをやったりする
簡単な仕事だったのですが、
彼からしてみると、日常とはちょっとかけ離れた作業で
楽しかったみたい。


社会科見学してるみたいなその姿を見た私達は



『可愛いーーー! ≧∇≦)b 』




naokigumi2.jpg
【彼の名前は直樹君、ティアマットの直樹と合わせて直樹組結成】



子供の真剣な表情って可愛いね!


今日はそんなお話でした 。


ではでは


 ←ティアマット社会科見学希望の人もクリックだ!
スポンサーサイト

113:その5 【岐阜から帰路の旅】

    その4の続き!


taishoumura.jpg



大正村から自宅まで330km

車の中のBGMは全て消して走った。


実は今回の旅には裏テーマがあった


それは『落ち着いて考える事。』



ノリノリで出発して、ウカレまくっていたから
裏テーマの事はすっかり忘れていたけど、
最後の最後でやっと『考える』テーマを思い出す。



急にノリで決めた旅だったけど、私にとっては
『考えを纏める旅』でもあった。



今期3月に入ってからの事を順々に思い浮かべる。


今年に入ってから特に、自分の意思と他人の意志の相違を感じ
それでも自分が納得いく結論を選んできた。
自分の選んだもので正しかったと、一応は自信を持てる。

人との出会い別れも自分の置かれている環境も
表面的にはあまり変化はないが、
今、大きくうねっているのを感じる。


良い意味にも悪い意味にも。




そして、我がティアマット一家も今年に入って少し変わってきた。

こちらも表面的にはあまり変化がないようだが
今また何か動こうとしているのを肌で感じる私がいる。
それを私は良い状態でうねらせるよう舵をとらなければならない。



走りながら、ティアマット一家の連中を一人づつ思い浮かべ
彼らのモノマネを車の中で一人行う。
(興味を持った人は、今度会った時に申し出てくれ!)

たぶん似てる!ハズ



nogizaka.jpg enkai.jpg



私は本当にイイ奴らに囲まれていると思う。



今、自分の置かれている状況。こうなるであろう近い将来。
私に向けられる視線。そして期待。
自分がどこを向くのか、誰に会いたいのか。

個人としても社長としても、私はどうあるべきか?



結論は最初から出てる。結局それを再確認した。 

あとはそこへ向かうだけ。




とてもいい旅だった。


さんきゅーだぜ岐阜県!




おしまい (ふぅ~長かったゼ (´∇`) 付き合ってくれてありがとう!



追伸:一人旅なのに、よくこれだけボリュームのある文章かけるよねー?
 なんて言われたりするけど、それはきっと一人だからこそ
 アンテナが外へ向きまくっているため、
色んな事に 気がついたりするんだろうと思うな。




omiyagetowatashi.jpg
      
       『帰宅後の様子: 自覚はしてるので、何も言うな!』


 ←でも、ちょっとでも楽しそうだと思った人はクリックだ!

112:その4 【最高だぜ東海地方!】

  その3の続き!


doragonzushop2.jpg



ナゴヤドームはオフシーズンってのもあり
人は全然いませんでしたが、私は一人勝手に大興奮!


ドラゴンズショップで二万円越えの散財。
今回の旅で一番お金を使っていることに一人でウケる ><



tennai.jpg kaikonndaotoko.jpg
【至福の瞬間でした・・・・そして好きなだけ買い込んでガッツポーズな私】


これは経費にできるかなぁ。多分無理だろうなぁ
まぁでも一応領収書を貰っておいて
今度会計事務所の人が来たら聞いてみよ~っと(図々しさは折り紙つきサ!



ありがとーナゴヤドーム、今度はシーズン中に来るね~♪。



ふと、車の中をみると普段から常備されているドラゴンズグッズ。
そして私の車はトヨタのクラウン。
いつもは電波の悪い状況の東海ラジオが鮮明に聞こえる。


練馬ナンバーな事を除けば、私はどっちかと言うと
名古屋に居るのが限りなく自然に見える訳だ。



nagoyanootoko.jpg
    ≪名古屋な男=でも江戸っ子



東海地方にティアマットを進出させる計画を密かに練り始める。
もし実現したら、ナゴヤドームの年間チケットを
絶対に購入してやろうと思うと、顔が自然とニヤける。

結局ソレが為かよ!
って言う声が聞こえてきそうな気もするが無視だ!



ワッハッハ!



最高だぜ!東海地方!!



ナゴヤドームを背に今度は一般道で大正村へ、

夕方16時、日本大正村へ到着!


が、ここで合ってるのか??って言うくらい
駐車場には車が全然ない! つか私だけ?σ(゜∀゜?


taishoumurachuushajou.jpg shagamu.jpg
『一瞬ここが正規の駐車場かどうか悩んだ。
          料金払う場所はあるんだが、受け取る人がいない(笑





資料館などの営業時間を調べると、17時って書いてある。


やべーぞ! こんなに閑散としてたら
ヘタすると資料館なんかも、早く閉められかねない!


taishouroji.jpg ←こんな路地を抜けて行く。

 村役場なんかにも寄ってみた↓
                    taishoumachiyakuba.jpg
         


一番奥にある大正ロマン館へ着いた。

romannkan2.jpg
  【結構立派な建物でロマンがいっぱいな感じだ!】



お金を払おうとすると
受付のミセスが、「今から見るの?」って聞いてくる。


どうやら見どころが4か所に分かれているらしく
残り30分ではまず回れないと言う。

そのうちお薦め二か所に絞り回る事に。
二か所目も17時閉館、「今から男性が一人行くのでヨロシク」
みたいな電話も入れておいてくれた。 感謝!


そして少し入館料金までオマケしてもらっちゃって
こんな所でも、岐阜人の暖かさにふれた。


大正村資料館に着いたのはホントぎりぎりの時間だったが
私ひとりの為に、閉館させずに見学させてもらえた。

駆け足で見る事にはなっちゃったけど、
これまた随分と楽しめた。 特に昔の新聞記事が保存されているのに
興味を示せた。

他にも算数とかの教科書もあった→mukashinokyoukasho.jpg

mukashinoshinbun.jpg  shouwanews.jpg
【沢山保管されているので、ついつい読みふけってしまう】




せめてもう一時間があったらなー

ってのは、私の急に湧いたドラゴンズ魂のセイなので
何も言うまい。 うん


飛騨高山と違い、便の悪さ+訪れた時間
そして連休明けと言う条件下。

大正村をもりもり探索する私とすれ違った観光客は
おそらく一人しかいなかった。


うかれ横丁と書かれた通りも全然うかれてなく
むしろそれを見てうかれていたのは、私だけだろう。

ukareyokocho2u.jpg daremoinai.jpg




この大正村も連休中は、賑やかだったんだろうなぁと思いを馳せる。


ここ大正村は多少混んでいるくらいな方が
飛騨高山の古い街並みみたく、居るだけで楽しい場所に
なるんだろうなぁ。そんな事を思いながら帰路に就く。




後は事故をしないように、帰るだけだ。



その5最終回へ続く!


 ←帰るまでが遠足だと思った人もクリックだ!

111:その3【すべてが予想以上!】

  
   その2の続き!


takayama.jpg


なかなか良い目覚めの翌日、天気は今日も快晴!
日頃の行いが全てをキメルネ! Ψ(`∀´)Ψ


あ、そうだ!
朝食があるんだったな。

これまた自分の予想を超える朝食に満足。
食後もう一回お風呂に入り、チェックアウト。

choushoku.jpg   ohuro.jpg
「一人の宿泊客も結構いたなぁ。朝食は普通に美味しかったゾ。」



今回泊まった宿は確かに建物自体は多少古く、
アメニティも少ないし(浴衣とタオルと歯ブラシっきゃなかった)
そりゃー三ツ星ホテルって訳にはいかないけど、

4200円と言う金額を考えれば上等すぎるほど上等で、
良い意味で期待を裏切られまくられた。


さらに従業員さん達の感じもよく、朝食も美味しかったし
夜食のおにぎりも嬉しかった。

こんな宿もあるんだなーって思ったよ。



観光マップを手に取り飛騨高山の【古い町並み】へしゅっぱーつ!


連休明けの平日のはずなんだが、結構な人出。
連休中はさぞ大変な混雑だったんだろうなぁと勝利を確信。ヤッタゼ!



宮川朝市とやらでお土産などを物色しつつ、町を探索。


miyagawaasasaichi.jpg huruimachinami2.jpg


古い町並みはやっぱり古い町並みで、こりゃイイのぉ。


そんな中、まるで昭和50年代の様なおもちゃ屋を発見!


       ↓【この蜂の巣みたいなのは一体なんなんだろう?】
P1030006.jpg omochaya.jpg
【古い街並みはさらに古い時代設定なので若干違和感あり】↑



妹が小学一年生の時の誕生日に買ってもらっていた
ボードゲームを発見してびっくり!


これには消費税はつくのだろうか・・・?



 ABOgame.jpg pakuri.jpg
「妹は覚えているかな?きっと覚えてると思う。」


ちなみに、「絶対にボンバーマンのパクリだな!」っていう
ゲームも売っていて、買いそびれたことを後悔してる。。



一人旅を続けていると、セルフタイマーの使い方や
他人に写真を撮ってもらうスキルがぐんぐん上達する!


例によって、観光を楽しむご婦人に一枚シャッターをお願いした。
そしたら思いっきり指が入っていて、


      obachannnoyubi.jpg

すげーウケたwwww ∑(・∀・) ヨソウドオリ !!



高山昭和館なるものに興味を惹かれる。
この後行く予定の日本大正村への前哨として面白そうだ。
マッチのポスターにくぎづけなりつつ入館!

shouwakaikan.jpg
         ↑「分かるかなーここにタノキントリオが写ってるんだよなー」


自分が知っている昭和より若干古い設定だったものの
その空間を十分に堪能。



特に昭和の歩みをざっくり纏めたミニシアターは
本当に楽しめた。
ウッカリ数十分を費やしてしまった!


shouwakaikan2.jpg dennkipa-ma.jpg
                  電気パーマの動画は初めて見たよ!』


さて、日本大正村へ向かうべく東海北陸自動車道を
今度は南へ向かってひたすら走る。


時間は12:00 
目的地まで結構距離があるので、車中一人遊びを始めたりしてた。


 shanainite.jpg 180km.jpg 
【自分撮りで色んな表情を撮ってみてる:傍から見るとバカそのもの】


お昼をどの辺で食べようかと考えながら走る。


ナビで残りの距離と到着予定時間を確認していると
名古屋の文字が目に入る。



名古屋・・・中日の里・・・ナゴヤドーム

      ・
      ・
      ・
      ・


( ゚∀゚)キメタ!


予定変更、ナゴヤドームへごーだゼ!(昼食の事は忘れてる)



若かりし頃、中日戦を観に名古屋球場へはよくバイクで来た。
あの頃はお金も無かったし、ひたすら下道を走ったのが懐かしい。

就職してからはなかなか名古屋まで野球を観に来る機会がなく
実はナゴヤドームは初。




イカン!ドキドキしてきたゾ!!




  その4へ続く!



おまけの一枚

kyoushitu2.jpg

昭和会館で懐かしい教室を見つけた!
当然バケツを持って立たされている絵を撮ろうと思ったんだが、
ブリキのバケツが見つからないので、
年齢を考えて教師になってみた。



 ←自分の子供のころを思い出した人もクリックだ!

110:その2【岐阜へ一人旅】

aibou.jpg


前回の続き! 


松本インターで一回中央道を降りて、今度は一般道。
長野県を横断して岐阜へ向かう。


あ、そうそう高速料金1000円だったよ。
初めて得した気になった! ありがとー中央道。


上高地まで60kmと言う看板が見えてくる。


 !!!!!




ヌオー!上高地ちょー行ってみてーー ヽ(`Д´)ノ



いやいや、ちょっとまて
ここで寄り道したら、白川郷につくのは何時になるんだ?


でも、元々目的地なんて決まっているようで
誰と約束している訳じゃないじゃないか。
気持の向くままでイイハズ。



・・・ そう、私は雲。 雲は無形 ・・・



思案してもなかなか結論が出ない。

とりあえず、長野だしリンゴを買うことにした。

ウメーぞこのリンゴ! 流石長野だコノヤロー!!シャリ♪


rinogo.jpg
       もちろんお土産に一袋買った ☆ミ



結局上高地は断念することになるんだけど、
今度ここをメインに来ようと、前向きに考える事で消化。


その後順調に白川郷へ向かう私でしたが、
白川郷よりも飛騨高山は手前にあるのがちょっと気にかかり
ここで先にチェックインをする事も考えだす。


ちなみに宿は飛騨高山に取った。
4200円の安さにビックリの宿だ。
ま、まぁ値段も値段な宿なので全然期待はしてない。


宿は一番最後でイイカー!



白川郷に無事到着。



『こ、これが合掌造りかーー すげーーー!!』

連なる姿はナカナカ見事だゾ。 期待以上の建物に感激!



 kanndake.jpg shirakawagou.jpg 



白川郷の端から端まで歩く歩く。


入館料を払って見学できる建物の中で休憩していたら、
ご婦人団体の一人が私に声をかけてきた。

「あら、一人で来てるの?あなたいい男ねぇ。」

  ??σ(゜∀゜??

こ、ここは 【出会い系合掌造りってヤツか!】ンナワケナイ!



何故かそのご婦人達に混ざって、お茶をご一緒することに。
これも何かの縁だなぁ。楽しい時間をありがとう!

ただ、いくら年上好きな私でも、ちょっと年上すぎたかな(>Д<)


          
でも、もしこれが性別が逆で
オジサンの団体が、一人旅行している女性に声かけたとすると

それはナシな感じに思えるのは何故だろう・・・



wadake.jpg  イイ男って言うけど
           正体はこんななのにね!→
 1273304036_226.jpg
                 絶対に騙されてると思う人挙手 ( ・。・)ノ



宿のある飛騨高山に着いたころには、すっかり真っ暗だった。


そして予約していた宿は思ったよりも全然綺麗だ!
部屋はさぞとんでもないのかと、ちょっと期待したが
これも全然普通だ。 



そして部屋へ案内してくれた方が

「朝ご飯は何時くらいにされますか?」

なにぃ朝ごはん付きだったのかー!勝手に素泊まりだと思ってたゼ



ここは飛騨、やっぱり飛騨ぎゅーを食べるしかない!
フロントで薦められたお店へイン


しゃぶしゃぶにスゲー期待してたんだけど
しゃぶしゃぶは二人前からじゃなきゃダメ!とかいいやがる。


ちくしょー こんな所に一人旅の弱点があったか!


せっかくなので値段の一番高いサーロインにした。
食事とお酒はケチらな~い (・ε・)



nigorizake.jpg hidagyu.jpg
            『すげー美味しかったゼ!』





宿に戻り温泉に入って、美味しいご飯とお酒に
満足しつつコロコロと畳に転がっていると、ドアをノックされた。



「お夜食です。」

なんと、おにぎりと漬物のサービス!


頼んでもいないのに、なんて心遣い。
もしかして一人のお客様への配慮なのか?

こりゃー見習わねばならんな!ヽ(´―`)ノ


taorekomuwatashi.jpg korogaruwatashi.jpg
【転がる私:畳の感触が好きなのさー(決して酔って倒れている訳ではない)




夕飯とお風呂が済んじゃうと、一人の夜は長い。



たまたま見ていた、モード学園の学長のインタビューにヤラレタ!


「くそー先を越されまくってるな!」と賛同しながらも唸る私
「悔しい!もうちょっと早く生まれたかったヨ」そんな事も考えた。


こういうのを見ると、自分の中にたぎるものが溢れてきてしまい
人と話をしたくなってくる困った性分の私。


だが、そこは一人旅。

二つ目の弱点を発見しつつ、もう一回お風呂に入り寝る事にした。



おやすみなさ~い。



その3へ続く!




 ← 一人旅がしたくなった人もクリックだ!

109:その1【思い立ったんだからしょうがない!】

gasshouzukuri.jpg


つい数日前の話


夏休み明けの社員、G田と日本の観光地の話をしていた。


G田(石川出身)が言うには、
岐阜の白川郷ってのがなかなか素敵らしい。

「ほぅほぅ」とうなずく私。

飛騨高山も良かったですよ。と、さらにナイス情報をげっと。


私の心の中の何かが動きだす・・・それは【出かけたいぞマインド】



そしてすぐに自分のスケジュールを確認。

『よし!これならイケル!!』



おっしゃー岐阜へごーだぜ! ヽ( ´ ▽ ` )ノ いぇ~ぃ



先日のブログで「どっか遠出したいぞー!」
って言う心の叫びが、思わず声に出てしまった私ですが

そうと決めると私は行動が早い。


心はもう東海地方なんだゼ!!



その日の夜、早速PCで検索開始!

薦められた白川郷と飛騨高山は絶対に行こう。
おや、大正村ってのがあるぞ?江戸村みたいなものなのか?

huruimatinami.jpg taishoumurairiguti.jpg

         【飛騨高山と日本大正村】


あ、そうだ確かガルカ(ネットの住民)が岐阜市内に住んでると言ってたな。
時間が許せば会えたらいいな~。と思い早速連絡をとる

が、流石に明日いきなり会いましょうってのは
向こうのスケジュール的に難しかったらしく、今回は断念。


まーそりゃそうだ! 次の機会にしましょ~



ちなみにこの段階では、何が何処にあるのかなんて
まったく分かっていない。(一括りに岐阜って言っても広い)


だがこれはすでに出発の前の夜の話。

これくらい今回の旅は【どんとこい計画】な訳だ
去年の秋田のヤツよりもイキナリかもしれん。(単に無計画とも言う


ま、宿は現地でてきとー探せばいいし
万が一宿が見つかんなくとも、一人だし寝るのは別に車の中でもイイし

お風呂は困らないでしょう。日帰り温泉の類は山ほどあるだろうしね。
と、宿探しにはそんなに気合いが入っていない。



一応、良さそうな宿をいくつかチェックはしておいた。
連休最終日だし、宿はギリギリでも平気でしょ~ アハハン



翌日

天気は快晴!
私の為に晴れてくれたような天気だ!

ナイスだぜ神様!!(私=無宗教、敢えて言うなら道楽教)


実は車に乗るまで名古屋と白川郷で悩んでいたのだが
地図で白川郷と飛騨の場所を確認したら、猛烈に行きたくなった!



おっしゃー待ってろよ岐阜!ヘ(゚∀゚ヘ) 



目的地をナビにポンポンと入力すると、
実は白川郷と大正村が結構遠い事に気がつく。


おや?・・まぁいいか


ナビの推奨を無視して、道路は一先ず中央道を選んだ。
中央道なら途中から名古屋周りにも長野経由にも変更可能な訳だ。


この辺はヌカリの無い私。 勝手に自画自賛!Ψ(`∀´)Ψ


が、走行中はナビで色々検索できない事に気が付き焦る。
しかも高速道路で運転していると
サービスエリア以外に車を止めて検索することなどできぬ。

ちょーっとコマッタゾー |ι´Д`|っ 


一応ナビの設定は白川郷>>飛騨高山>>日本大正村になってる。


    navi.jpg
【白川郷って愛知よりも、石川のが全然近いのね~】


まぁいっか これで行こう。



一応色々考えるには考えた(運転しながら)

・今日はとても天気がいい、だから屋外の施設がいいな。
・今日は休日だ、もしかしたら高速1000円のアレかもしれない。
・だったら一番遠くから行くのが正解かも。
・でも暗くなっちゃうと、観光は出来んかもだよなぁ。などなど・・・


何を今日観て、何を明日にするのかを悩みながら運転をする。



ぐんぐん距離を稼ぐニュー相棒。

景色がどんどん後ろに流れる。


nagarerukeshiki.jpg suwako.jpg




今日はとても天気がイイ。

空が綺麗だ。変わっていく雲の形が素敵だ。


今日は最高のドライブ日和だな。凄い気分も良い。



miti.jpg


若干紅葉も始まっているもよう。




良い旅になりそうな予感だ。 ワーイ


その2へ続く!

108・5:おわび

denwa.jpg


今日中にアップしたいぶろぐがあったのですが、
今週は他にもやる事が色々あって、間に合いませんでした。

社長ブログを楽しみにここへ来ている方々、申し訳ございませんでした。


明日か明後日にはアップできると思いますので、楽しみにしておいてくださいネ!

108:親友と呼べる人

misenosoto.jpg



親友と呼べる友達って何人くらいいます?


私にも有難いことに、親友と呼べる人間が数名ほどいます。

その内の2人は親友でもあるし、生きるジャンルは違うけど
ライバルとも言える2人である。


決して足を引っ張ったり、おとしめたりせず。
その二人に負けないような人生を生き抜くことが
私の生涯を懸けた勝負の場だとも思っています。

そして、晩年と呼べる日が来たらお互いの人生を褒めあいたい。


それくらいその二人の事は尊敬している。


ちなみにその二人と私を含めた3人は全員左利きだったりする。
こりゃーまたレアな縁だなーって思ったり。

まぁ、、利き手のお話はまた遠くないうちに第二弾を書こうと思ってる。

ライバルと呼べる親友が、今月アパレルのジャンルで独立開業する。



本当は2007年計画と名して、一緒に商売する計画もあったのですが
私も美容室経営で手一杯で、それは実現しなかった。

けど、やっぱり彼の開業は私も嬉しい。



先日のお休みの日に、オープンまであと僅かを迫った彼のお店へ
差し入れを持ちがてら、何か手伝えるものはないかと
お邪魔することにした。


結果としてお邪魔でしかなかった私ですが、
彼のお店は大丈夫そうな雰囲気を感じた。


一応、一応はだけど私は彼よりも10年先に開業している
経営者でもある。



私の目から見て、「む、これはこうしないとちょっと勿体ないぞ」

とか、

「あれをこうしないと、宣伝効果が全然違ってくるぞ!」

などなど、変更可能そうな入れ知恵も忘れない。



そして、10年前ティアマット独立開業をする時の自分と重ねる。



tennai1.jpg tiamat1.jpg
    【親友の店】           【旧ティアマット】



今より10年若い私が、その時周りからどう見えていたのかなぁ
って思うとちょっと恥ずかしくなる。



tennai2.jpg tiamat2.jpg
           【受付がなんとなく似てる】


きっと危なっかしく見えたんだろうなーって今更ながら思う。



 wakakarishikoro.jpg ←最も危なっかしい男






  でも必死だった、そして楽しかった。





私が独立開業した時は、残念ながら経営運営の
知恵を貸してくれる人は少なかった。
自分で得ていくしか方法がなかった。

もしアドバイスをくれる人がいたとしても、若かりし頃の私ですから
素直に聞いたかどうだか分からない。
だけど先人の知恵はいくらでも欲しかった。

私が10年かけて歩いてきた道程を彼はそれよりも
遥かに短い時間で歩く抜くことでしょう。


その日は固く握手を交わし、激を飛ばし別れた。



「まずは自由が丘で一番になるよ。」




私は彼の言葉を信じる。
私も遠くない将来、赤坂にティアマットありと、
必ず言わせしめしてみせる。



そうなったら、
  また違う形の2007年計画を練ろうゼ!

                               なぁ兄弟!!



tokkunn.jpg


ちょー応援するぞ! 頑張れ!!

107:性分だからしょうがない。

dokomademotudukumiti.jpg


天気が良いと、家で燻っているのが嫌いな私。


さらに何故か昔から土砂降りの雨を見てると
その中へ出かけたくなる変な癖を持つ私。


そして気分が靄つくときは、すぐ行動へ出る私。(黙って待てないタイプとも言う)



今日は台風一過。



ぐおーー すげー遠出したくなってきたーー!!




なんなんだろう?この衝動は。



また一人で秋田とか行っちゃうかも。。。( ̄▽ ̄)




目的地ぷりーず! (ぷりーずなのか??)




kubotajounite.jpg
 

           【また行きたいな久保田城】

106:信頼と絆

1219_komi2_b.jpg


つい先日、、立浪選手の引退セレモニーの話を書いたばかりなのに
またまた野球の話で恐縮です。


まずは日本ハムリーグ優勝おめでとう!、
いち野球ファンとして拍手を送ります。

そして今日は私、ロッテの小宮山投手とバレンタイン監督の引退に
「おめでとう」を言いたい。



「自分はボビーに育てられ、ボビーに拾われた」



引退試合後、我が子達が自分の引退セレモニーの為に持ってきた花束を
そのまま恩師に渡させる事が出来る人がどれくらいいるだろうか?

またそんな恩師に出会える人間がどれくらいいるだろうか?

そして誰もが認める人間に、
そこまで言わしめる人間にどれくらいの人がなれるだろうか?


ロッテからメジャーへ、そしてまたロッテでバレンタイン監督と一緒に
現役を退く事になった小宮山投手とバレンタイン監督との間に
本当の意味での信頼が交わされてるから言えるであろう、
小宮山投手のとても素敵な言葉です。


抱き合う二人を見て、不覚にもまた泣いてしまった。



私にも尊敬する恩師がいます。




明日からも頑張るぞー!

105:頑張る背中

P1000726.jpg


たまに私がカットをして、そのままシャンプーをすると

「あ、蓮さんもシャンプーするんですね!」


って言われたりする。



確かに今ではあまりシャンプーや
マッサージに入客する事は少ない。

開業して10年目、今では社員の数も順調に増え、
彼らの手の空いている時に、私がガンガンやってしまうと、
それはそれでちょっと問題という、
まったくもってありがたい話があるからだ。

だからと言って、そういう仕事はアシスタントの仕事だなんて
決して思っていないし、
全ての技術をきちんとこなせるから、一人前の技術者だと心から思ってる。

そもそも、シャンプーやマッサージが嫌いだったら
大型店を辞めて小さな小さなお店を独立開業などしない。



その昔アシスタント時代には、こんな私も
沢山のシャンプー指名や、
マッサージ指名を頂いていた時があります。
(一応、社内シャンプーコンテストで社内最高得点を取ったりした!)
                     ↑
                    数少ない自慢な名誉

評判はそこそこ良かったと思うけど、
その道のプロとは違う私達ですから
【相性ってのは大きいのかなー】なんて思ったりもしてました。



これは最近気がついた事なんだけど
マッサージをするでもなく、肩や背中をちょっと触らせてもらった時

ごくたまに、軽くその人のその人のコンディションや、メンタルの一部を
瞬間的に感じれる事がある。
(ちなみにそれを感じられる人は大体の場合、私と相性が良い)


「あぁ、この人ちょっと今色々と大変そうだなぁ」


とか


体力的にはキツそうだけど、充実してそうだなぁ

などなどその様子は様々。


そんな中、頑張っているなぁって感じる背中がある。


頑張っている背中って言うのを一言にくくるのはとても難しいんだけど、
一言で言うと、【自分の置かれている状況にくじけていない背中。】

ぶぅぶぅ言いながらも、その状況から逃げていない。
っていうそんな人も含まれる。

ようは後ろを向いていないって事が大事。



そんながんばっている背中に出会うと、
相手が男性なら肩を寄せ、背中を叩きたくなるし
女性であれば肩を押して抱きしめたくなる。(好きな人限定)


頑張っている背中の人も、頑張るだけでは疲れちゃうから
目線が近くにあるなら押してあげたいと思う。


【がんばれ~&私もがんばるよ~】の念を込めてね。



私はそういう頑張っている背中を見ると
自分にもカツが入り、言い方を変えると癒される。


そういう頑張っている背中って
本当の意味でのカッコイイだと私は思う。




今日はそんなお話でした。

104:立浪さんに魅せられた!





立浪和義選手。22年間の現役を終え引退



私が中日ドラゴンズを応援するようになったのは
いつからだっただろう?
少なくとも25年以上は中日ファンをやっている。


牛島さんをはじめ、落合さんや、最近では岩瀬投手など
好きになった沢山の選手の中で
一番ながーくドラゴンズに君臨してくれていたのが
立浪さんだった。


彼の残してきた成績や彼の偉大さは
ここで書き出すと、スーパーな長編になるので割愛するけど

tautunaminoseiseki.jpg ←<偉大なる記録>



私がホントに凄いなぁって思うのは


私は右投げ左打ちの彼が、元々は左利きだと言う事。



私も少年野球をやっていた頃に、
右投げに矯正されたけど、今では左投げに戻っちゃってる。


自分の利き手でない手で投げることが出来る人が
どれくらいいるだろうか?

まったく出来ないのが普通だと私は思う。

さらにプロ野球選手の中でも一流と呼ばれるほどの
守備力をつけることがどれほど困難な事だか想像できない。


彼の凄さは【やってのける力】なんだなぁって私は思う。



運動神経の髄ばかりが集まったプロ野球と言う舞台は
結果を出せなければアッと言う間に球団にもファンにも捨てられる、
ただでさえ厳しい世界。


そして年間沢山の引退選手が居る中で、

こうやって引退試合にスタメンとして参加をし
さらにその試合で見事なまでの結果を出して、
こんなにも素晴らしい引退セレモニーをやらせてもらえた選手は
どれくらい居るのだろうか?


昨夜その舞台に立ち、みんなに惜しみない拍手を
もらう立浪さんの姿を見て、私は号泣してしまった。


ありがとう立浪選手。



そして素晴らしい野球人生に
        おめでとうございます!






おまけ

【立浪選手を応援するあまり、正装して激を送る私の図】


tatunamininaru.jpg
プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる