177:三段跳び

2010年最後の社長ぶろぐになります。
今年一年間お付き合いいただき、感謝感謝です。


毎週毎週欠かさず見てくれてる人も
たま~にご覧になる方も。


『ぶろぐ読んでますよ~』


と、言う暖かい言葉があるからこそ
続いているんだと思います。


心からありがとう!!




毎度毎度、この長―い文章に(今日は一際長いから注意だ!)
付き合うのは大変だと思います。
また、話もあっちこっちに飛んじゃうし
結局独り言で終わっちゃってたりするし。


でもまぁ


それが私の社長ぶろぐスタイルなんだからしょうがない
来年もまたお付き合いくださいますよう
心よりお願い申し上げますます m(__)mます



今年も色々ありましたが
ティアマットのぷちリフォーム があったり
中日ドラゴンズの優勝 があったり

大好きな夏 が長すぎて、少し戸惑ったり
でも猛暑残暑酷暑なんて言われても
そこからたった90日位経過すればすっかり
気温一ケタになるんだから、にっぽんって国は素敵だ。


毎年この時期になると、
一年間を振り返るような番組だったり記事を沢山目にする。
それを見るたんびに、

『あ、これって今年だったんだぁー』

って、忘れるのが早いにっぽん人に生まれた事を
楽しんじゃったりする私がいる。



一年を振り返る意味でも
後で社長ぶろぐを久しぶりに読み返してみようかな。。(正月のテレビはつまらんからな!)



前々から考えていた事でもあるんですが
今年改めて言葉に纏める事が出来たのがコレ

自分の能力を大きく超えるモノは手にしない方がイイってこと
無理して手に入れると、手放す事も多いってこと。


これは以前にも書いた事がありますが、

きちんと才能を持っており、さらにちゃんと努力する人は
比較的若い時代に誰かしらに見初められ、世に出てくる。


逆を言うとその道での成功を望んでいる人が
その道でなかなか芽がでないのは
残念ながらその才能が無い可能性が高いか、
その時期では無い事が多い。

もちろん大器晩成って可能性も無い訳ではないけど
全員がそうなるとは決して言えない。


また才能も努力も無いクセに、妙なコネや偶然で一気に名前が
売れちゃった人なんかは、もともとがハリボテだから

その膨らませた名声に伴う中身を早急に作れないと、
ほとんどの場合、上がった速度と同じベクトルで落ちていく。
これはなにも芸能の世界に限った話じゃ無い。

2代目3代目でどんどん業績を悪くする会社が後を断たないのは
こういう背景もあるのだと思う。


話題になった、急に売れたモノや人が
あっという間に忘れられていく、さびれていく
これってまさに日本的特徴なんだなぁ、とつくづく思う。


もちろん、見合う能力やキャパシティ以上のモノを
手にしてそれで大成功していく人も中には居ると思うけど

それは、そこに自分の身の丈以上の協力者がいたからであって、
そこからその先その場所を維持したければ
その本人自身が急成長を遂げないと長くは続かない。


やっぱり人間って、幸運にばかり恵まれないと思うんだ。
急に何もかもうまくいく状況になんて
絶対にならないと思うんだ。


自分の能力や存在を
必要以上に卑下する必要なんてまったくないけど


あれ?なんだか急にうまく回りはじめちゃったぞ?
って感じたら、うまくいっている時こそ
それを当たり前に思わず、さらに精進するべきだと思うんだ。



落っこちる時は10段飛ばしで落ちるけど
上るのは一歩一歩。人によっての一歩の幅の差はあれども
10段飛ばしの大躍進って無いと思う。


もし10段飛ばしが出来ちゃったら
飛ばした9段分を振り返る事と、着地した足元を
よーく見とかないと、絶対にどこかで転ぶ。


もちろんこれは私の考えであって、そうじゃないパターンだって
存在することは間違いない。


2段3段飛ばしを繰り返して、どんどん行けちゃう人も
絶対にいるんだと思う。

ただそんな人は本当にちょっとしかいないから
スーパーエリートになれてるんだと思う。
皆が出来ない事が出来るから非凡って言うんだと思う。


これはあくまでも超一般人である私の考え。


金なしコネなしのスーパー庶民の私ですから、
私の道にそんなに多くの援助など望めなかったし、
これからだって無いと思う。

やっぱり地道に行くしか私はないんだなぁって、そう思う。



有限会社ティアマットはありがたい事に
この大不況と言われるご時世でも103%成長を遂げております。

有能な仲間達がここにいることを私は誇りに思う。


でも皆最初から実力があった訳じゃない
スタート時はむしろ、レベルは低い方だったかもしれない。


世襲でもない私には、地位の高い人間からの助力や援助は無かったけど
切磋琢磨で徐々に実力を付けてきた、人間達が力を貸してくれてる。


ティアマット一家(もちろん私も含む)
今だって全員が半人前の未熟者。
誰ひとり完成系の人間なんていないけど
確実に去年よりは、大きくなっている。


10段飛ばしなんて出来ないし、5段上ったら
また5段段下がっちゃうときもあるような私達だから

たまに4段ほど大きく前進できた時でも油断せずに
半分くらい戻ってみようかと思う
今戻った2段分を次の一歩分と計算し直して
次の一歩に備えた方が、より遠くへ飛べるのかもしれない。


そう3段跳びのように飛べたら最高だと思う。



来年もティアマット一家をよろしくお願いします。



れーっつジャンプだ!!
(年越しの時は宇宙にいるぜ!)



←宇宙の意味が分かった人はクリックだ!!来年もヨロシクッ!!




P1000507.jpg



スポンサーサイト

176:バツマスの恐怖

「え?クリスマスって忙しくなるんじゃないの?」

と、相変わらずよくいわれます。

『では、今までにクリスマスイブに美容院って行きましたか?』


この辺のクダリは去年のブログにも書いたので
割愛しますが、私達の業界のクリスマスイブってのは
基本的に暇になります。(もちろん例外もあります・)

      【社長ぶろぐ123:年末恒例バツマスの陣→こちらを参照!】 


chikin-kurisumasu-1.jpg




12月の後半、年の瀬なのにも関わらず
ぽっかりと暇になるのは毎年の事。

やっぱりこの日は特別な日なのでしょう。

だから、クリスマスの事はバツマスと呼ぼう!(もしくはダメマス)


と、そんな現実があったのでここ最近は
クリスマスイブの日に合わせて大掃除をやってきました。


今年のクリスマスイブの24日は金曜日


金曜日はティアマットで土日に続くお客様の多い日。
技術者も全員出勤しているのもあって忙しい。

特に午後、夕方からは土日の昼間に匹敵するほどの
混雑に見舞われる事も少なくない。


そこで私は悩んだ結果
例年の【クリスマスイブ大掃除作戦】を今年は撤回して
24金曜日は通常営業日とした。
大掃除&忘年会は、別の平日に決行したのだった。



有限会社ティアマットは、
ありがたい事に前年度103%成長している、
ちょっぴりだけ優良企業(のハズ)


そして2010年12月の売上、総接客人数共に
現在のところ、月間レコードを更新しそうな勢いだ。

そう、ティアマットは今のところうまく回っている。



私の経営判断は正しかった。


はず



が、



結果=大失敗




あんれぇぇぇ????(つ□`。Q)



今年は金曜日だから結構混雑するんじゃないか?
って誰もが思っていたのだが、
そんな中、アシスタントの野口がぽそり


「週末の金曜日だからこそ、
みんな出かけちゃったのかもしれませんねー」



あ、、、、

         なるほど・・・




今日は年賀状他、
今月入稿を諦めかけていた事務作業が進みまくったぜ




勉強になったわぁぁー





来年のクリスマスイブは土曜日。



 『こいつぁちっと、考えねぇとならねぇなぁ・・』
                 (苦し紛れの東京弁)




クリスマスイブに美容院へ行った事のない人はクリックだ!!↓

                              


                      

175:三種類しかない!

                コラム小売商店は大ピンチ?をアップしました! 


ちょっと前に脳の中を漢字で表わす
脳内メーカーってのがちょっと流行ったよね。

いまさらだけどやってみた。


C3E7CCEEA1A1CFA1.gif




まぁこれは当たっているか当ってないかはともかくとして
面白いなぁって改めて思った。

んな訳で、うちのスタッフ名前を色々入れてみたら
これって漢字とひらがなとでは結果が違ってくるのよね。


ティアマットのアシスタント鈴木 亜沙美(すずきあさみ)
これをひらがなで入れてみてくれ、思わず吹いたww

                        こいつ↓
                    shinkuro.jpg



画数とかでランダムにしてるのかなー
って考えたので、色々試してみた。


例えば

① 仲野 司一
② 仲野 仙一


これは画数は一緒、字の並び方も3番目以外は一緒
でも結果が違う。

って事は画数ってのは当てはまらない。
さらにこれを【野仲 仙一】に変えたとすると
② と一緒にはならない。

つまり使っている漢字の種類でも無いってことだ。



どんな仕組みなんだろうねーって
ティアマット一家で話していたんだが、結論として

面白いんだからイイジャンヽ(´∀`*)ノ

って事になった。


まぁ確かに簡単にネタが分かってしまうようであれば
あんなに流行ったりフォロアーが出たりしないよネ。



そういえば私の感情、というか嗜好というか
性癖というかなんというか、言葉に例えるのが難しいんだけど


私には【好き】と【興味ない】と【大嫌い】の三つしかない



たぶん大好き!や嫌いと普通の線引きって
人それぞれで難しいんだと思うけど
私は基本的にその3つなんじゃないかなーって思ったりする。

これについてちょっと深く考えても観たんだけど
大枠でやっぱり3種類で結論っぽい。


割合でいうと

好き   40%
興味ない 50%
大嫌い   5%


たぶんこんな感じ。残りの5%はその他のレアケース

基本的に私はどんなことでも【好き】から入る事の方が多い。
自分で言うのもアレなんだけど、【嫌いゾーン】に人なりモノなりが
入る事って少ない。


ただ、一たび【嫌いゾーン】に入ると
ホントにもうとことん嫌いになる。


この性格は自分で自覚してるから、少し気に入らないモノがあると
嫌いにならいよーに嫌いにならないよーに意識するんだけど
一度その琴線を超えると、バッサリ切り捨ててしまう。


そうなると、もう自分とは関係のないところで存在して下さい。
ってそんな具合だ。


そういうのもあって、好きの数は多い方がいい って
いっつも意識してるのかなーって思う。



少し話が反れちゃうんだけど
私の肩のこり方は普通じゃないらしい。
ティアマット癒し部隊の皆が口を揃えてそう言う。

この前、スタッフにヘッドスパをやってもらってた時
癒やし部部長の大井がこう言った。


「蓮さんの肩は、【こっている】か【凄くこっている】なんですよ」


なるほど面白い事を言う。(たぶん悪口)
二種類というのが面白いね。


好きと大好きしか基本的にない人もいるだろうし
興味ないと嫌いしかない人もきっといるんだと思う。


バランスが良いのが一番だけど
こういうのもきっと個性なんだろうね。




←なるほどーって思った人はクリックだ

174:季節外れの野球ネタ


『今年、中日は残念でしたねぇ』

と、言う声を今年は沢山頂きました。

さんきゅーだぜ皆!でも内容に満足してるから平気さ!



oda.jpg




今年は、というか毎年私の経営するティアマットでは
社を挙げてドラゴンズを応援してます(ハズ)


赤坂の街に開業して11年目、流石にこれだけアピールしていれば
ドラゴンズ贔屓の美容室というのは浸透してきてるようだ。


うちの社員も、色んなところで
「ティアマットの社長さん、本当に中日好きみたいですね」
なんて、言われてるらしい。

そして、社員達も冒頭の言葉をもらう事があったようだ。



今年の日本シリーズは、放映権などの話題もありましたが
野球好きとしては、これほど熱かったシリーズはなかなか無い。
私的にも今までのシリーズの中で一番面白かった。

それだけ、均衡していたし
その分だけ面白かった。


色んなところの応援掲示板などを覗いてみると
中日ロッテ、お互いの健闘を讃えているモノが多く
随分とファン同士が仲良くなったようだ。

私の周りの人間達もお互いにそんな事をいい合っていた。
こういうのって、とっても良い傾向だと心から思う。



ただ日本シリーズというのは、私にとってお祭りで
もちろん勝ってもらいたいってのは大いにあるんですが
どちらかと言うと、1年を通したペナントレースに気持ちがのる。


そして私はどうしても、
現行のクライマックスシリーズ制度が疑問でならない。


ロッテとの日本シリーズは本当に面白かったけど
やっぱり今年は、あの激戦パリーグを
ギリギリで勝ち抜いたソフトバンクをもっと讃えてあげたいと
私は思うんだ。


『ロッテ強かったね、中日おしかったね。』


これはもちろん、結果としてそうであるけど
この会話のテーブルにさえ出てこない
ソフトバンクが気の毒でならない。


確か今年から、クライマックスシリーズの優勝チームが
そのリーグの優勝という形をとっていたのを改めて
144試合のペナントレース優勝チームを
リーグ優勝チームとするようになったと聞いている。


でもやっぱり完全にソフトバンクのリーグ優勝って
どっか行っちゃってないか?

やっぱりこれってオカシイと思うんだよなぁ。



日本シリーズを日本一のチーム決めの決戦とするなら
それはやっぱりリーグ優勝チーム同士だと思うんだ。
ペナントレース優勝チーム同士の対決が正しいと思うんだ。


もちろん野球好きとして、観れる試合が多いのは歓迎だし
球団としての経済効果だって多大だろう
クライマックスシリーズという名のシリーズもあって良いと思う。


ただそれは、日本シリーズの出場権を争うモノではなく

プレミアリーグやブンデスリンガルと、ワールドカップは別のように
サッカーJリーグとナビスコ杯や天皇杯のような
別タイトルにすれば良いのに、と思う。


例えばクライマックスシリーズはセ、パ両リーグ上位3チームずつが
2試合ずつ総当たりリーグ戦にするとか
6チームごちゃ混ぜトーナメントにするとか
四国アイランドリーグの上位も混ぜちゃうとか。

まったく別モノのシリーズにすれば良いのにと思う私がいる。


そうなれば、試合数も増え

球団関係者も野球ファンも両方満足!!

と、なるのではないだろうか?



でもまぁ、こうなると選手は大変ですね。




また来年以降もこのスタイルでやるのだろうか??



←クライマックスシリーズに疑問だぜって人はクリックだ!

173:流行語大賞に思う事

ichou.jpg



『A組の○○君達って小泉劇場って感じだよね!』
『□□さん、昨日ブッチホンしまくってたよ!』

私が知っている限りでは
日常会話でこんな事は言わない。言わないよね?



前々から思っていた事なんだけど
この時期に発表される【流行語大賞】
流行語って言葉の意味間違ってないか??


この流行語大賞って、マスメディアに沢山登場した言葉を
言うのだと理解はしているけど
流行語って【流行っている言葉】であって出来ごとではないと思うんだ。



【食べるラー油】

うん確かに今年ちょー話題になったし、とっても流行った。
私も社長ぶろぐに書いたくらいだ(ちなみに食べてはいない)
                     社長ぶろぐ145:それはアリなのか? 
でもこれってモノじゃないか?
言葉ではないと思うんだが、まぁ流行ったって事でいいのかもしれない。


【脱小沢】
これは時節ネタのタイトルじゃないのか?
絶対に流行語ではないと思うんだが・・・

絶対に言葉として、会話では出てこないと思うんだ。
冒頭の台詞みたいな会話する人なんていないよね?
ただ報道番組においては、それなりに耳にしたから
これもアリなんだろうか?


【マニフェスト】や【政権交代】とか
毎年政治ネタがいくつか登場するけど
どうしても流行語っていう言葉からの乖離を感じる私がいるのだ。


実際に【流行語の使い方】なんていうレシピサイトとかあるけど
脱小沢に関しては使い方ってのは一個も載ってない

そう、使い方があるのが流行語だと思うんだ。



そして今年のとどめは【持っているのは仲間】
これはもう説明などいらないよね。
まったくもって流行語の定義から外れ過ぎだろww。



一応、私は美容室の経営者である。
おそらく他の職業の人より多くの人と会話すると思うんだ。

自分が知らないだけで、実は日常会話でよくあったのかなぁ。
どうなんだろう?意見をぷりーずだ! щ(゚Д゚щ)クレヨナ



まぁ私が思う事というか、きっとにっぽん人の多くが思っているのが

『流行ってないよね?』って事でしょう


どうもこのイベント自体、
全体的に大人の事情が見え隠れする気がするのは
私だけなのだろうか・・・?



今年で言えば「~なう」や「女子会」なんかは
本当によく聞いたし、実際に使った。

「あいつもってるよね」とか
普通に会話の中に登場した。


過去色んな流行語大賞があったけど

『そんなの関係ねぇ』や『おっはー』
『ざんねん!~~斬り』など

小学生なんかも散々使っていた言葉こそ、
まさに流行語だと思うのだがどうだろう?



そして毎回毎度


「それ流行ってた?」


ってツッこまれるその事自体が想定内なんだろうか?



謎は深まるばかりです(深まってない)



流行語大賞に色々と思う事のある人はクリックだ!↓
                        



プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる