185:取材協力とファイスブックはじめてみました!

今日はお知らせを二つほど

まずは、今話題のフェイスブックをはじめてみました。

もしやっている人で、
私と繋がってもイイゾーってありがたい人がおりましたら
こちらから友達申請をしてもらえると、嬉しくてグルグル回っちゃうかもしれませぬ

 http://www.facebook.com/profile.php?id=100002112436494
 アドレスも張っておきますね 


まだまだぜーんぜん使い勝手が分からず、
このままだと放置してしまいそうな勢いなのは内緒です。><

こんなメカ音痴な私を救ってくれ!!щ(゚Д´щ)タノムゼ!


__


そして、今週末の26日の土曜日、TBSで放映される
【王様のブランチ】でちょこっとだけティアマットが登場します。(予定)

うちの社員管理責任者のG田が、たぶんちょこっとだけ出ると思う。
ので、なんとなーく覚えていた人は観てやってくださいな。


buranchi.jpg
【取材撮影の図:鏡にうつりこんで叱られた私がいた事は内緒ダ!】



ティアマットは赤坂の表通り、
駅より徒歩0分という立地に恵まれているためか
こういう取材協力というのが、ちょこちょこある。

以前もいくつかの番組に、ほんの少しだけ登場して
たまーに、コッソリ出演した番組を見た人から
「○○に出てましたね!」って言ってもらえるとニヤっとする。


だけど、こういった取材協力を求められての出演ってのは
向こうの(番組製作会社)予定が9割なので
時間的にタイトである事が多く、さらにそのタイムテーブルも曖昧である。
もっと言っちゃうと、お願いされてこちらも了解していても
その企画自体が無くなってしまう事もけぇっこうある。


さらにさらに、それなりに長い収録をしてもらって
期待して番組を見てみると、ほんの数秒ってのも少なくない。

もう慣れましたが、初めての時は若干ショックだったのを覚えてる。



まぁ実際の処、製作の人間達のタイムスケジュールってのは
私達の想像以上にタイトで、○○がダメなら××
△△を予定していたけど、**の方が絵的に面白いゾ!

などなどその瞬間瞬間で決断をしているのだろうからしょうがない。

また、スポンサーでもないイチ取材協力である会社に、
そこまでの配慮なんてしてられない現状もよーく分かる



昔ほどテレビの存在って絶対的じゃなくなってきてはいますが
名もない会社をタダで登場させてあげるんだから、ありがたいでしょ?
って姿勢になってるのも否定できないだろう。


実際の処、今回の頂いたお話も今まで受けたお話も
ティアマットには、多少の拘束時間はあれども
まーったくデメリットはないので、社員達の良い体験にもなるので
快諾させていただいてます。

なんて事はない、スペシャルサンクスな訳だ。

そう、お互いスペシャルサンクスって事なんです。



そんな訳で26日土曜日の【王様のブランチ】
なんとなく楽しみにしておいてくださいな!



←フェイスブックに興味のある人はクリックだ!
スポンサーサイト

184:ゆきだるまな気分

今年は雪降らないなーなんて思っていたら、急に寒くなってきました。


あまり雪と縁のない江戸人の私は、雪が降るとなんとなく嬉しい。

私の自宅は人通りの少ない道路なので、少し降り続けると
踏み荒らされていない割と綺麗な雪が積もるのだ。


そうなるともうアレだ。 ゆきだるまだ


雪が降ると無条件にゆきだるまを作るのは江戸人の特徴かもしれぬ。


赤坂よりこんにちは。寒がりの冬好きティアマット親方社長蓮です。
ゆきだるまな東京人の方なんて、あまり居ないよ!
なんて言う言葉は聞こえませぬ。


と、先日顧客向けのお知らせメールで書いていた私。
書いた矢先に東京もとうとう雪が積もった!


雪の日の当日、夕方以降かなりじゃんじゃん降ってきてたので、
ティアマットでは夕方からお客様のほとんどがキャンセル。
まったくもって、キャンセルしたくなる気持ちはすんげぇ理解できる。
あーこの際だから経理でもすっかーと、pcに向かう私。


アシスタントの野口の
「ヤバイです。雪がじゃかじゃか降ってきました!」
という田舎モノの嬉しそうな声を聞いて、変えることに決めた!


そしてノーマルタイヤな私はどんどん不安になってくるのだ。(オマケにFR)

ひっさしぶりの東京の雪は予想外の積もり方をしそうな勢いだった。


明日は公休日、【ゆきだるまな条件】はバッチリ!

が、あんまり積もると不安になってくるのが江戸人のさだめ。
そして本気で大雪になると、すっかり諦めがついてくるのも
きっと江戸人だからなのだろう。(反論は認めぬ)


夜の12時ごろ
すっかり熱燗な私でしたが、雪の積もり具合を外に出てチェーック!
こりゃーかなりの積雪ダゼ。

持って出てきた徳利がすぐさめやがる。


一人雪合戦に熱狂。(翌日左腕が痛くなるのは仕様である)

外に居る間ずーっと雪が降り続いていたので、
ゆきだるまは明日でいいかなーって、思ったので
その日はワインを抱いたまま就寝。 


翌日ハリキッて起きたのだが(11時ごろ)
なんとなく【ゆきだるまな気分】は落ち着いちゃっていて
結局ちーさいのを作ってやめた。


yukidaruma20112.jpg




去年作ったのとは大違いだ。

 
           ちなみに去年のはこれ↓
                      yukidaruma2010.jpg




ん~大人のゆきだるまってのは
夜作らないと気持ちが乗らないのかも知れぬ
              (私だけなのかもしれないが。。)


つか、ある程度勢いよく作らないと
寒さやバカバカしさに耐えられないのかもしれないなー。



また雪降らんかなー 




↑ ゆきだるまな衝動に駆られる気持ちが分からなくもない人はクリックだ!


183:じゅんきユニ☆

西の方の知人より今日届きました。




伊藤準規くんのサイン入りユニフォーム!!





ちょー嬉しい~~~♪♪ 





(*′∇`*)φ.。.:*・.。.*・゜☆.。★,。・:*:♪・゚'☆



                ☆.。.♪:*・.。.*・゜☆.。★,。・:*:♪・゚'




あとは彼の活躍を祈るばかりである。 
頑張れ伊藤準規! 未来のエースだ!!

itou.jpg




一緒に伊藤君の活躍に期待してくれる人はクリックだ↓

                             
                          itoutouchida.jpg

182:再会って素晴らしい!

翌日に、とある撮影を控えた前日の夜。

その日私は恵方巻を南南東に向かって食べていた。

どうやらそういうモノらしい。(生まれて初めて食べたわ)


ehoumakiwotaberu.jpg



そんな時、私の電話が鳴った。

誰かと思えば、それはそれは久しぶりの人からのコール。
あわてて電話にでる私。すると、


「蓮くんお久しぶりー、
明日の○○の撮影のカメラマンって私なのよー」


突然の報告にちょーびっくりの私

そうなんです。その電話の主と私はティアマットの開業前
短い期間ではありましたが、一緒に仕事をしたことのある人だったのだ。



11年前の2000年2月、ティアマット開業前の話。

私は大型店を退職し、期間限定で先輩のお店を手伝っておりました。



そのころは嘘みたいな美容師ブーム。
カリスマ美容師などと、世間では騒ぎたてたれたりしてた。
すぐ忘れ去られる、いつもの様なブームだったと思う。


まぁでもそれがあったからこそ、
当時の低すぎた美容師という立場が少しだけ向上し
私の開業は比較的スムーズだったのかもしれない。
        (まぁおかげで多くの【勘違い美容師】も生んだけどね!


ま、それはともかく(書き出すと凄ぇ長文になりそうなので、次の機会に書く!)
当時の私は自分の開業に向けて、
おぼつかない準備をしていたのだった。



元々は私が開業を機に、先輩の店舗を離れるだけの予定だったのだけど
偶然その先輩の店舗移転と時期が重なってしまい
2000年の2月は、先輩も私も新店舗出店に向けて、
お互いの準備を同時期に進める事になってしまった。

出店と閉店のタイミングが重なっちゃったのもあって
当時のその店舗の中は、人もモノも思惑も
色んな意味でごちゃごちゃだった。(どちらかと言うと悪い意味)

思い返すと、そりゃーもうホントにトンデモナイ有様だった。



その時に短い時間だけど一緒に働いたのが
うえの会話に出てくるカメラマンさん。(当時は広報担当)

その人は先輩の新店舗へ協力する予定の人間でしたが
私も随分と親しくしてもらったのだった。


あの開業前のひどく慌ただしく、何もかもが不透明な時間を
一緒に過ごした戦友でもあるのだ。


その時は確かに大変だったけど、
あーいう経験って滅多に出来ないモノなんじゃないかなぁ
と、今はそう思える。



だからこそ、今回の電話は驚いたし、
再会がとーっても嬉しかった。


撮影当日は時間が少なく、あまりお話は出来なかったけど

『これからまた一緒に出来る事は御一緒しましょう!』
って、そんな会話が出来た。


やっぱり、商売を長く続けていると良い事あるなーっ
会社って継続させておくもんだなーって心から思ったよ。



先輩美容師の店舗は、ティアマットよりふた月程遅れて
2000年の真夏にオープンした。


残念ながらその店舗は、その後数カ月で閉店する事になる。

先輩の店舗へ協力していた大部分人と私との縁はその時切れた。


今回再会した人もその一人。



それはお店が潰れるという、とてもとてもネガティブな状況

私は直接関係ない立場ではあったけど、色んな人に様々な話を聞かされた。
これは本人達の意思とは関係なく、しかたない事だと思う。


11年経てば置かれている状況やモノの見方も変わる。
それは当たり前。



見渡せば、11年前には想像もできなかった人間達に私は囲まれている。


これから私はもっともっと、新しく出会う事でしょう(モノも人も)
そう考えると楽しみでしょうがない。


けど、今回の様な再会もやっぱり嬉しい。

偶然以外に再会を試みるって、ちょっぴり勇気はいるけれど


再会というのは、新しい出会いとは違った喜びがある。



相手も遡る事が出来ない時間を、
           同じように経過させてきた訳ですからね。




今日はそんなお話でした。



←再会したい人が居る人はクリックだ!


プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる