FC2ブログ

227:幸せになろうぜ! パート4

さらに前回の続きの様なぶろぐです。

      社長ぶろぐ225:幸せになろうぜ! パート2 ←はコチラ 
       社長ぶろぐ226:幸せになろうぜ! パート3 ←はコチラ


touguu.jpg


【兄】として参加した式の翌日。

こちらも開業当時からずーっと通ってきてくれてる
実の妹の同級生。と、その彼氏(もう籍は入ってる)


親族じゃない式で、兄妹一緒に呼ばれる式ってのも
めずらしーねーなんて言いながら
12:30位に原宿駅でなんとなく待ち合わせようって話になった。


***  


井の頭線高井戸までゆっくり歩いて15分
高井戸から渋谷まで鈍行で20分くらい。原宿は渋谷の隣。

例によって電車に乗りなれない私は
自信が無いので、余裕を持ちまくって11時ごろ自宅を出発。
(それだってドキドキだ)


が、予想に反して順調に渋谷へ到着


妹に一応メールを入れる。


私>>妹

『今から山手線乗るます。竹下口だっけ?』

妹>>私

「あたしは原宿着きました。竹下口ダヨ」


私>>妹

あぶねーあぶねー反対に乗るところだったゼ
              山手線はじつに3年ぶりくらいだ』

と、反対側のホームに渡り山手線に乗りこむ私。



私>>妹

『恵比寿に着いたwww』


間違えに気がついて反対に乗ったはずなのに
何故か逆走している私!? おろ??

おかしねー東京生まれ東京育ちの江戸っ子なのにね!

カワイイネ!Ψ(`∀´)Ψ ヒャッハー
  

妹には先に行ってもらったよww


*** 


やっぱりずっこける私でしたがなんとか原宿へ到着

人が多いぞーーー

     takeshitadoori.jpg



あちこちから聞こえてくる方言をモノともせず現地へ到着



すると妹が、「お兄ちゃんこっちこっち」と無事合流。

会場へ入ると、おや?新郎新婦の名前が無い??


どうやら隣の会場へ来たらしい(爆


まったく兄妹合わせても全然文殊にならん!!


まぁ、だから早く出てるんだがな。



外国に住む私の上の妹と一緒にお呼ばれした今回の結婚式は
今まで出席した結婚式の中で上位になるくらい
趣向の凝らしてあった式だったと思う。


ukonwonomuonnnatati.jpg
   【ウコンを飲む女達:準備おっけいの図】



なんていうのかなぁ、
全く知らない人同士と同じテーブルになっても
全然苦にならないようにバランスを取ってあるというか

色々盛りだくさんで、飽きさせないというか
もし私がだーれも知らない中でお呼ばれしても
きっと楽しかったと思うし
みんなが均等に楽しめる式だったと思う。


随分と細部まで考えて作ったんだろうなーって思ったよ。


bu-ke.jpg shannpannnaokoto.jpg



新郎新婦、そしてプランナー

良く頑張った!!




でも一つだけ残念だったのが、
『最後に新郎を胴上げしたい』とこっそり申し出たのだが
シャンデリアに当たると危ないからって断られた><

高い天井の式場なのにね。
そんなに飛ばすわけないぢゃんね。

まぁ万が一の事故を考えた上でのアレだと思うけどね。

次の式の時はゲリラ的に決行する事を決意したのだった。


  sekigutikun.jpg



今年誘われた結婚式だけでも9件。

誘われていないけど、結婚するヨっていう報告は
ざっと数えると上の6件の他に5件ある。(抜けている組もあるかもしれぬ)

さらにおめでたも、すぐ思い出せるだけで9人と
こっちもすげー勢いだ。

前々回にも書いたけど、今年は本当にすげー多い。
ちなみに前回の新婦も現在妊娠中で
今週さらにもう一組おめでたの報告を受けた。

こうなってくると、私の周りはどう考えても
第3次ベビーブームが発動しているとしか思えぬ。



結婚出産が幸せの条件では必ずしもないと思うけど
これも幸せの形の一つである事は間違いはない。


だから私は、今年形になった縁に言いたい




『幸せになろうぜ!』







追伸:妹は帰りの山手線で逆に乗ったらしい。

まったくどうしようもないヤツだ。


mejirogumi.jpg sekigutisatoko.jpg


スポンサーサイト

227:幸せになろうぜ! パート3

 前回のぶろぐの続きっぽいお話

     社長ぶろぐ225:【幸せになろうぜ パート2】  ←こちらをクリックだ!



人の縁って凄いなーって思った先週末の
結婚式二連ちゃん。


takakonotiti2.jpg


まず最初の方の式は、ティアマット開業直後から
ずーっと通ってくれている女子の結婚式。

自称【私の妹】の彼女は、なぜだか分からないけど
随分と慕ってくれて、卒業式のセットメイクを頼まれたり
要所要所で相談に乗るようになったりして
いつのまにか兄さんと呼ばれるようになっていた。


さらにこの子のお姉さんも、ティアマットへ通ってくれていて
こちらともいつの間にか随分と親しくなり、
何故か二人とも私の事を「にーさん」と呼び
私としては妹が二人増えたような感覚だった。


でもまさか本当に兄として、
彼女の結婚式に参加する事になるとは思わなんだ。

にーさんビックリしたよ。


けど結婚式の招待はとっっても嬉しかったよ。  サンキュー


が、

親族席に座ると言ってもお互いに面識のないご両親
『大丈夫なのか!?』って思うのは当然のコトだよね。


すると、姉妹とも「絶対に大丈夫!」と言う



どうやら彼女達は実家に帰ると、よく私の話題を出していたらしく

彼女達両親も、会ったことないのに
私の輪郭をかなり正確に捉えているらしい。

そしてその輪郭は概ね間違っていなかったっぽい(笑


そういういきさつもあり
今回の式に親族席に私を兄として座らせることに
全く抵抗がなかったそうだ。(むしろ歓迎してくれてた)

ご両親の心意気がとてもありがたい。


とは言っても、実際に初対面がイキナリ結婚式ってワケにもいかないので
式数週間前に初めてご両親とお会いしたのですが
なるほど、前情報をお互いに貰いまくっていたので
普通に違和感なく話が出来た。と思う


ちなみにお母さんはちょっとだけ緊張してたけど
お父さんはまーったくそんな事は無かったようだ。(ずーっと喋ってるし)

そこで式の当日にお父さんお母さんのセットメイクもやります!
とあらためて約束。


「蓮さんだったら大丈夫」

なるほど二人の言っている事がよーっく理解できたゾ(笑


  sekiji.jpg



式の前日11/11(金)いつもの社長ぶろぐをアップしてすぐ
赤坂の東急キャピタルへイン!。


なんだか随分と良い部屋を頂いちゃって恐縮。

こりゃー明日良い仕事しなきゃと気合いも入る!


iiheya.jpg bathroom.jpg
   【一人で泊るには広すぎる感じだ、とりあえず風呂は二回入っといた】


今月二度目の出来のいいホテルに満足だ(´ω`)ノ


hiejinjawo.jpg beddeoyogu.jpg
【日枝神社が見下ろせるの凄いなーって思ったよ】




夜、彼女たちの親戚達が集まり会食すると言うので
私が赤坂でいつも使っている和食屋をリザーブ。

ちなみに私も同席(もちろん兄としてw)



初対面の親族さん達は、
この人(私の事)は誰だろー?って思いながらも
私は違う側の親族だと思われていたらしい。

普通に混ざれる空気、それがまた凄いと思う。
みんなあったけー人達だった。

おまけに九州弁も大炸裂だったぜ >< トットット



宴もたけなわ、和食屋を出たら今度は新婦の父親への部屋へ集まり
そのまま宴会続行。すでに酒を買いこんであるんだからすごい!

この人達はいつ寝るんだろうと思いつつ
私は23時ごろ退参。


その宴会は夜中まで続いたそうだ(笑)
誰一人として二日酔いの気配なし、起床も早いし元気すぎる。
なんとなくうちの親族と被ってくる。

そうか!うちの親族は外から見るとこうみえるのか!!

と、変なところを納得した夜でもあった。



翌朝は頼まれていたセットメイクを数名こなし会場へ。

親族紹介の席に何故かいる私。もちろん写真にも混ざったゾw


「兄の蓮です」とお父さんから相手方へ親族紹介された時
若干ニヤッとしたのは内緒だ。



披露宴、ここの料理は大ヒット!
進行も良く楽しい式だった。ヽ(´∀`*)ノ


私のテーブルは新婦のお父さんお母さんそしてお姉さん
きっと他の来賓達は、『新婦って3人兄妹だったんだー』
ってふつーに思ってるんだろうなーって思うと
またニヤっとしてくる(笑



ちなみにちゃんと新婦兄として、招待されている彼女の友達や
会社の同僚にワインをつぎに行ったんだぜ。

事情を知る人間はすげーウケてたけどな。


gotoukyoudai.jpg


こうやって楽しい時間は過ぎていったのだった。




少しうちの母方の「松井家の一族」とも似ている新婦一家

向こうはどう思ったか分からないけど
私は本当に親族の結婚式に出席している様な気持になった。

なんだか親しい親戚が増えたような感覚がとても心地よかった。



帰り際、新婦親族に握手を求められ
「君と会えてよかった」と言われたのもとても嬉しかった。


また会いたいなー



takako.jpg

 『妹の花嫁姿、可愛かったぞ!にーさん感激だ!!』



←あったかい親族がなによりって感じてくれた人はクリックだ!

226:幸せになろうぜ!パート2

kl72k355.jpg



以前お知らせメール【ティアマットより】にもちょこっと書きましたが
私の周りで今年はとーっても結婚式が多い。

そして出産もかなりの確率で増えている。
(ちなみに私の周りでは一人っ子は珍しく、どの辺が少子化なのかが分からない)


なんだか震災の影響で絆うんぬんだから
っていうもっともらしい理由をいう人もいるけど
少なくとも私の周りで起こっているここ最近のめでたい話達は
震災などまーったく関係のないように思える。

たまたま偶然、この2011年に集中したように私は感じる。


ちなみに今朝、今月お呼ばれ予定の式の主役が
式直前最後のカットに来たんだけど、

『震災は関係したのか?』 と、聞いたところ、

やはり返答は「たまたまこの時期になっただけ」だそうだ。

やっぱりそうだよなー。 



まぁその理由はさておき
今年誘われた結婚式だけでも6件

誘われていないけど、結婚するヨっていう報告は
ざっと数えると上の6件の他に5件ある。(抜けている組もあるかもしれぬ)

さらにおめでたも、すぐ思い出せるだけで9人
こっちもすげー勢いだ。



私くらいの年齢になってくると
ある程度友人関係の結婚式っていうのはひと段落してきて
少なくなってくる。(二回目のヤツも出てきてるけどね)


そうなってくると、1年間のうちに
一件もそういう話も聞かない年も出てくるし
実際に去年は呼ばれた結婚式は、親友の一件だけだった(と、思う)

    社長ぶろぐ165:幸せになろうぜ! ←はコチラ


おめでたの話も聞かないだけかもしれないけど
年のうちにそうだなぁ5件聞けば多い方だ。



私は職業的に、世の中のほとんどの人より多くの人と触れているし
会話も多い方だとは思うから、その数は多くなって当然だと思う。


けど今年は本当に本当に多かったなーってのが
私の正直な感想だったりするのだ。

ご祝儀や渡航費だけで結構な金額になってしまうのを
若干心配している私がいるのは内緒だゼ!



そして今月、11月は実にそのうち3件の結婚式が集中しており
そのうち1件は鴨川の親族になるので前日泊。
(初めて鴨川館に泊るのでちょっと楽しみでもある!)



さらにお呼ばれしている一件は、
早朝のセットメイクを数名頼まれているので
こちらも前日泊。荷物が多いので大変だぞー

でもこちらのホテルは赤坂なの移動は楽ちん。


が、この日の披露宴の翌日もまた別の式へ出席なので
二次会も誘われてはいるけど、どーしょよっかなーって悩むところだ

って、流石に何気に体力的に心配だったりする。(たぶん平気だけどね)



今まで色んな披露宴にお呼ばれして出席してきましたが
2日連続というのはそうそうない。

さらに自分が出席する式で、その前日入りして、
翌朝のセットメイクを頼まれたのは初めてだ!(海外を除く)

ついでに言うとその前日入りする披露宴の主役家族と
前日なのに夜の宴会を予定している。


わはは、なんともハードな三日間になりそうだ(笑



と、実はこれは今日これから、今からの話

この社長ぶろぐを書き終えたら行ってきまーす♪



なんだかんだ言って、めでたい席は
楽しみさー ヾ(´―`* )ノ タノシミダー


←めでたいのはやっぱりいいものだって思う人はクリックだ!

225:僕の遠足 後編

前回の続き!!
 


20数年ぶりに人生二回目の新幹線で名古屋へ目指す事になった私。


前回のぶろぐの内容通り、やっぱり不安もあって
新幹線のチケットが届いた後も、何度も変更を考えたりもしてた。

合理的に考えたらどっちのが得なのかが分からないから
一応少しだけ計算してみた。


まぁつまり、すっげぇ不安なんだよね!!




***ここから勝手な計算なので飛ばしてもおっけいっす***

私の自宅高井戸から名古屋まで、片道大体360km
高速の料金は割引なしでおよそ8000円強

往復で交通費をざっと計算すると、
途中一回給油をするとして24000円くらい。プラス労力

時間が大体4時間半くらい。往復9時間

やはり自家用車での移動の一番のメリットは
出発、帰宅時間を自分で調整出来るところ。これが一番大きい。

そして、目的地についても自分の気分で移動が容易。
ここが私が自家用車で出かけたがる一番の理由。

今回はそれが少ないので新幹線を選ぶ事になったワケだ。



一方新幹線を使う場合。
チケットは片道一万円強で東京駅から名古屋まではおよそ100分
公共機関の移動に慣れていない私は、出発まで2時間は余裕を持った。

つまり現地、名古屋駅まで220分で実に4時間弱。
これだけみると圧倒的に新幹線はお得に思えるのだが
東京駅までタクシーで行くと高井戸の自宅からは片道7000円くらい。
これが往復となると俄然高くつく。

『コラそんなに長い距離をタクシーなんか乗るんじゃない!』

とお叱りを受けそうなので、もちょっと考えをシフト。


中央線荻窪までタクシーで出て東京駅へ向かうルートと
赤坂まで車で行って、そこからタクシーで東京駅へのルート。
これだと片道2000円ちょっとの料金になる。

荷物を減らす事の下手な私は、赤坂からのルートを選んだ。

こうする事で、金額も自家用車の場合とほぼイーブンになり
純粋に比べる事が出来るわけだ!(なんて賢い!!)



********** 本編へ戻る ***********



当日の道中



早速3個ほどの忘れものに気付く。が、しかし戻れない(当然)


んがー!!これだから困るんだヨ!(もちろん逆切れである)


まぁしょうがない



東京駅に到着。(およそ出発一時間前)

駅そのものに全然慣れない私には全てが新鮮に見える。


一先ずてんむす弁当とカツサンドを購入。サンキュー

遠距離の電車にお供と言えばあれだろう!
が、パックのお茶は売ってない。


pakkunoocha.jpg ←コレ



あれを窓際にあるちっちゃなテーブルに置くもんだと
ずーっと思いこんでいた私は、随分と時代遅れみたいだ。



『電車が動くまでは、このお弁当は食べないゾ!』


と、変なところにこだわりを持ってみた。

きっとこの気持ちを分かってくれる人も居るはず!!


haibo-rutotiketto.jpg
 【もちろんすでに飲んでる】



出発時間は12:00、名古屋には11:35くらいに到着予定。

チェックインは14:00、

試合は18:00から、でも17:30には球場に居たい。
さらに色々と買い物(グッズ)もしたいから
16:30には現地に着きたい。

するってーと、16:00頃に名古屋駅を出れば良い。


ふっふっふ
   すべては計算どーり。  

      もっとも私が計算した訳じゃないががが・・




宿泊したホテルは、前評判通りとても素晴らしく気に入った。


pull.jpg mariotto.jpg


部屋ももちろん、プールやフィットネスが使えるのも
運動バカの私にはとても助かったし、夜景も素晴らしかったが
いっちばん私が気に言ったのはラウンジで


私の気まぐれな時間の大部分をカバーしてもらう事が出来る仕様で
お酒もライトミールもフルーツも、無料というのが嬉しかった。

今回はナゴヤドーム以外に観光予定のない私は
実に殆どの時間をそこで過ごさせてもらった。


チェックインからの二時間と、翌日の出発までの二時間。
これが無かったら、私はきっと新幹線で来た事を後悔しただろう。
(ギリギリまで飲んでたしね)


raunji.jpg raunji2.jpg



色々なサービスを受けられたこのホテルは決して安くはない
けど自分が受けたサービスを金額にするなら、むしろ安いと思った。
次も名古屋へ来る時は利用させてもらおうと思ってる。



旅慣れている方だと思ってはいたけど
今回は今までとはまったく勝手の違う小旅行。

色んな人のサポートを受けて無事に帰ってこれました。

ドラゴンズも勝ったし、無事ナゴヤドーム勝率100%の私の
連勝記録を伸ばすこととなり、とてもとても楽しかった。


ただ、ちょーーっとドームまでが遠いのがなぁあああ
それだけが悩むところ。なんかイイ方法ないかなぁあ


___


今回のこの小旅行、私の印象をぶっちゃけて話すと

公共機関を多く使う旅は、お金をかければかけただけ
我慢をしないでいられるような気がした。

上限はかなり高くなるけど、差別化を図った旅行が出来る気がした。


私はこっちのやり方は、ホントに本当にビギナーで
まったくもって効率悪く動いていたと思う。

でも分からない事は素直に聞けばみんな親切に教えてくれるし
慣れない事に色々緊張もしたけど
少なくとも凄いストレスは感じなかった。



それに比べると、自家用車で出かける旅は
自分勝手に移動できるという自由度が高い代わりに

当然そこに運転をするという労力が加わる事もあり、
宿以外に贅沢をするのが難しい。
贅沢の上限には限界があるかなーっていう印象を改めて感じた。


どちらがイイってのはもちろん言えないし正解は無いと思う。

私も次にどちらを選択するかはまだ未定だけど



新幹線で出かける旅が楽しくって良かった。



今日はこんなお話でした。



←なんとなく私の気持ちが分かる人はクリックだ!


224:ぼくの遠足

スーツケースに全て詰め込んで~♪

上記のフレーズに含まれる感情とは違って(分かる人だけ反応してくれw)
上機嫌で滅多に使わないトランクで渡航準備をする私。


なんとなーく自分の習慣を変えてみよっかなー
って思う時ってありますよね?

その頻度は人それぞれだとは思いますが
私はこう見えて案外自分のレールを外す事って少ない。(マイペースともいう)

いつだったか社長ぶろぐにも書いた事があるけど
ほとんどが【好き】か【興味ない】で構成されている、私の頭の中において
【排除】と【突っ込む】はあまり出てこないからじゃないかなぁって
漠然と思ってます。

     社長ぶろぐ175:三種類しかない!←はコチラ 



まぁそれはともかく、ちょっぴり髪形も変えた事だし
たまには、違うコトしてみよっかなーって珍しくそう思ったのだ。


        shinkamigata.jpg
      【まぁあんまり変わってないんだけどね】



今日はそんなおはなし




セリーグの優勝が決まってホッと一息。


douage2011.jpg


落合監督好きの私は、もしかしたら来年以降は
暫く名古屋へ観戦には行かないかもしれないので(あっさり行くかもだが)
クライマックスシリーズのチケットをダメ元で
カード会社のデスクを通して応募してみたら、


『第一希望11/2のS席がなんと当選!』


こりゃあイッチョ行くか―ってそんな二年連続歓喜の秋になった。




ここ3カ月で実に三回目の名古屋。
今回はナゴヤドーム以外に寄る予定は無い。


そこで、前々からちょっと気になっていた
名古屋駅直結のホテルに泊まってみようかなー
っていうナイスな作戦を立てた(私←ホテル好き)


祝日前(11/3は文化の日)の為、
若干ハラハラしましたが無事予約はおっけい。

あとは出発を待つのみとなった。



ご存知の人も多いかと思いますが
私は旅行のみならず、通勤からプライベートまで
普段の生活における全てが車で移動します。

おそらくその確率は一年で355日


今回の名古屋も当然車で行こうと考えていた。


でも今回の名古屋の道中をちょっと考えてみた。

・今回泊るのは名古屋駅直結のホテル。(名古屋駅とドームはちょっと遠い)
・しかもコンシェルジュフロアを取った為、宿が楽しそうだ
・ナゴヤドーム以外の予定はない。
・つまり自家用車で行くメリットがいつもより少ない。


『うーん、たまには良い機会だし新幹線で行ってみようかなぁ。』


おっしゃー!んじゃ、ひっさしぶりに新幹線乗っかー☆

移動中にビールが飲める、寝てても運んでくれる。
なんだか今から楽しみだぞーー。


待ってろよ名古屋ステーションん!!
 Ψ(`∀´)Ψhahaha


hikari.jpg



が、だけど同時にずげー不安でもあるんだ。


こう言ってはなんだが、新幹線に乗るのは人生二度目。

最後は中学の修学旅行だからもう20年はよゆーで経ってる。
      (イヤ20年どころじゃないな。。。)


というか、そもそも普段まったく電車に乗らないから
乗り方乗り換えはおろか、キップの買い方も良く知らん。

実の事を言えば自動改札もあまり経験がないのだ。
(みんなが自動改札でやってるタッチがよく分からん)


「またまたそんなワケないでしょー」って言われちゃいそうなんですが

17歳でオートバイに乗るようになってからは
ほんっっっとに電車に乗らなくなってしまっていて。


これは私の住む家が実家も含め、私の住んできた住居が
常に駅から遠いっていう理由もあるのだと思う。(乗りモノを中心に生活している)
なんだか東京育ちのくせに田舎モノだなーって思ったりもする。


  bikesepi.jpg
 【一時は本当にバイクオンリーで、台風でも多少の雪でも乗ってた】


なので、新幹線に乗っての旅はちょっぴり楽しみだけど
無事にたどり着けるイメージが湧かぬ


ぜーんぜん自信がないぞーーー!!



まぁでも去年の親友の結婚式の時のように、時間をたっぷり余裕見て
電車に臨むつもりだからきっと大丈夫!


ちなみにその結婚式には二回も乗り換えを間違えたのにも関わらず
30分以上前に到着した!!ahaha 
だからだいじょうーぶなハズ



ぼくの遠足:秋のクライマックス
~~ひとりで新幹線に乗るぞ!編~~




んなワケで行ってきまーす ヾ(c_,゚ )ノ゙



後編へ続く!!
 

←旅の無事を祈ってくれる人はクリックだ!

プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる