FC2ブログ

241:素敵タイム

      コラムアップしました!
      美容業界を語るコラム36:【お客様目線】はコチラ←をクリック!    
  


***

 
私は夜電話するのが苦手だ。

と、いうか避けてる。


理由はズバリ酔っ払ってるからだ!!Ψ(`∀´)Ψヒャッハー

もうそれで何度失敗したことか・・・


1年間で364日はお酒を飲む私は、
夜アルコールが入っている確率が当然ながらかなり高い。


電話をかけたその時点では、まだシラフに近い状態だけど
当然飲みながら話しているわけで、
だんだん話が盛り上がってくると、その飲むペースもどんどん速くなる。


結果=酔っ払いの迷惑ヤロウとなる。


でも夜お酒を飲んでいたりすると、なんとなーく
誰かと電話したくなる人は挙手だ!! D(゚∀゚*)イエーイ



ふふふ、こういう人がたくさーん居るのを私は知ってるぞ。



と、数々の反省から夜の電話がめっきり減った私もですが

仕事が終わり、帰宅してから夕飯を食べたり
お風呂に入ったりなどの日常の用事をを済ました後
皆それぞれ就寝までの時間を楽しんでいるんだと思います。


頑張って仕事をしている人達にとって、
その「ふー」っとひと段落ついてから就寝までの時間が、
一日の一番【素敵タイム】なんじゃないかなぁと私は思うのだ。


もちろん遠隔の誰かと電話でお話をするのだって
とっても有意義な時間の過ごし方であるのは間違いない。
                (まぁ私はそれで失敗もするんですがね!)


一度興味があったので、みんなどんな過ごし方をしているかを
お客様達に聞いた事があったのですが、ホンッと人それぞれで興味深かった。


さてさて、

私はといえば、大好きなお酒共と自作おつまみ(ローカロリータンパク質系)を携え、取り貯めたDVDを見ている事が多い。

あんまり積極的に見ようと思わなかったけど、
タイトルはなんとなーく気になっていた映画を見てたりするのが楽しい。


昨日は【リアル鬼ごっこ】ってのを2日にかけてみてた。

riaruonigokko.jpg
【↑この娘が薬師丸ひろ子にしか見えない私は、きっとおっさんなんだろうと思う。】


ちなみになんで二日に分けるかというと、
だんだん酔っ払ってきちゃうのが、そもそも土台としてあるので、
2時間とか見てると、最後の方を忘れちゃったりするんですよねー。アッハッハ


この感じも分かる人は挙手だ!! σ(゚∀゚*)



と、まぁ最近ではこんな感じの素敵タイムを過ごしている私ですが

【101回目のプロポーズ】を20年ぶりに観た!
昔のドラマも今の視点から見ると、全然違って見えるから面白い!


ちょっと前は【教師びんびん物語】を見てたんだけど

リアルタイムの頃は丁度小学生から中学生になる頃で
当時の子役達目線とまさに被り、とても面白かったのを記憶してる。


んで、今はどうかっていうと
教師役の俊ちゃん(27歳設定)ではもちろんなく
もう父兄目線、もしくは校長目線な自分がなんとも凄いw

彼らが達向かう様々な困難や問題ある舞台設定も
大人の事情もあるしなー、なんて思っちゃうから面白い!


んで、【101回目のプロポーズ】なんですが
あの有名な場面


「僕は死にましぇん!」のあのシーン



bokuhashinimashen.jpg


なんて言うんだろう、もちろん感動の名シーンなんですが
あの場面が全13話中、7話だったのがとっても意外な感じがして驚いた。

たぶんこれを聞いて、「あ、そうなんだったっけ?」と
思う人はいるんじゃないかなーって思う。


過去のドラマだけど、ネタバレになっちゃうのはアレですが
最終回のクライマックスに持ってきたあのシーンよりも
断然インパクトがあったので、記憶に残ってるんだろうなーって思う。
                                      nut1.jpg


【教師びんびん物語】も、【およびでないやつ】も
この101回目のプロポーズも、記憶に残る作品って
今見ても面白いドラマだなーって思う。

binbin.jpg d0249.jpg
【他にも想い出の有名ドラマはあるけど、こんなのが記憶に残りますね。】



ちなみに101回目のプロポーズの感想といえば、

浅野温子は何をやっても許される話なんだなーって思ったのと
時折南ちゃんにしか見えなくなる罠が潜んでいたと言う事w


あと、20年経っても武田鉄也はまだ年上だったって事かな。




今日はなに観っかなーΨ(`∀´)Ψ



yaku101.jpg



←【素敵タイム】の過ごし方に共感出来る人はクリックだ!

スポンサーサイト

240:恐るべし帰巣本能!

ee8931ba.jpg


飲みに行くからと思って赤坂にホテル取っていたんだけど、
目が覚めたら自宅だった??

どうやらタクシーで帰ったっぽい。

なにやってんだ、私は。。。


これが昨日の朝の話。
またつまらん武勇伝を一つ増やす事になっちまった。


すげー飲んで酔っ払ったから起きてしまった事だと思うけど
翌日は二日酔いなど全くなく、普通に仕事をこなし
深酒の翌日に多くの場合経験する、翌日午後からの気持ち悪さなども
今回はなくちょっぴり安心(笑

ひっさしぶりにやっちまったなーって想いと
今回は誰かに迷惑をかけたとか言う話ではなく
お財布も携帯も無事で、ホテル代と片道のタクシー代で被害が済んだ訳だし
まぁ良かったのかな。。。って両方の想いがあります。


元々お酒には強い方ではありますが
だからと言って酔わない訳ではないので、気をつけなきゃなー
ってまたまた×700、痛感次第でありますハイ。



【酒女ギャンブル】
、男の人が失敗する3大要素のうち
間違いなく私は【酒】に該当。


思い返すと一歩間違えれば!っていう経験は山ほどあって
私が今こうして。ふつーにやっていられるのって
実はかなりの幸運に恵まれてきた事を私は痛感する事があります。

人に話せる内容から、ちょっと話せないモノまで多岐に渡っちゃう。


一つだけ、話せるレベルの失敗談で
【目が覚めたら砂場で埋まっていた】ってのがあって
しかもその砂場は自宅から50m位の距離。

朝方寒かったから目が覚めたんだと思うんだけど
誰かに発見されてなくて良かったよ。ホント


もし私の様に悲しくも笑える人が居たら、今度話し合いましょw
きっとお互いの幸運を讃えあう事になる事間違いなし!



吸えもしないクセに貰いタバコなんかしちゃって
二日経ってもまだ気持ち悪いし、なーにやってんだろう。


あー しっかし、またやっちまったなぁ。。。。



←私の後悔の波動が伝わった人はクリックだ!


239.5:【13日の月曜日!】

choko.jpg



久しぶりにバレンタインにチョコレートを貰いました。

嬉しかったので、ウィスキーを買ってきて楽しんでます。


なかなかイイモノデスねー

ハッピーバレンタイン!!

239:ソーシャルネットの怖さ

chouchou3.jpg


フェイスブックをはじめ、ソーシャルネットの
自動お友達検索機能で、嬉しい再会があったり
あんまり思い出したくない名前や顔が出てきちゃう時ってありますよね。

また上司や知り合い程度の人間と
FBでも繋がるのって、ちょっとなーって思いながらも
続けている人も少なくないんだろうなって、私は想像してる。

これはこういったソーシャルネットの宿命だろう。


ちなみにティアマットの社員達は、
私以外がみんなマイフェス(FBの友達同士を勝手にそう呼んでいる)
普段どういうやりとりをしているかは分からないけど
まぁ普通にマイフェス同士として繋がっているらしい。



そんな生活と密着しつつあるソーシャルネットで
今週、ティアマットにこんな事件があった。


実はうちの元社員で、
ティアマット一家にかなり迷惑な辞め方をした社員がいた。

その時はあんまりオフィシャルにはしなかったけど、
普通のイチ社会人の会社の辞め方としては最悪だった。

その元社員にも、その人なりの言い分があるのだとは思うけど
少なくともティアマット一家側から、それを肯定していた人間はいなかった。


そんな【問題アリの元社員】から現ティアマットの社員Aに
フェイスブックのお友達申請があったのだ。

その現社員Aは、自分に来た友達申請を
あまり深く考えずにサクッと承認してしまった。
まぁこれ自体はよくありそうなケースだが

それを別の社員が気がついちゃったからヒト騒動。


しかもその元社員は人を選び、一番自分の事を恨んで無さそうな
ある意味アンパイな人間にのみマイフェス申請を行っていた。

つまりティアマットの、まぁ私を除いて全員に申請してるならともかく
自分が迷惑をかけちゃったなーって人間には送ってなかったのだ。
このセコさが問題の第一点。


まぁそのセコさは置いといて

どういうつもりでそんな事をしたのだろか?

私が考えるにおそらくこうだ。


きっと元社員は勇退していった他の社員達の様に、
あの退職時のドタバタを無かったことにしたかったのだろう。

「私も止むない理由があって退職したのだ。」と

そんな風に思い、今さらではあるがティアマットのスタッフ達とは
円満に繋がっていることにしたかったのだろう。
その手段としてのFBだった。


でも勇退した他の社員達と同じだなんて、誰も思うワケもなく、
誰も「送迎会をやろう」と言いださなかったような
退社の仕方をした人間を円満退社したとは言わない。


たぶん負い目はあるんだよね。

だから、きっと怒っている人もいるであろうから
まず、一番受け入れてくれそうな人間から申請したワケだ。



そもそも申請を受けた現社員Aと今回問題の元社員○○が
他の社員以上に親しかったと言えば、そうではない。

さらに申請を受けた現社員Aを検索出来るなら
他のティアマット一家の連中を検索出来ないわけがない。

つかFB内で彼らが繋がっているんだから、気が付かない訳ない。



もちろんこのウッカリ申請を受けちゃった現社員A以外は
当然この出来事をフザケンナって思った。

そんな事件があったのだ。




私といえば、元々FB内でティアマット一家の連中とは
繋がらない様にしていたので、この出来事を最初は知らなかった。


今回の件は別の社員Bが私に

「元社員○○がAさんに友達申請したみたいなんですよ」

と、少し苛立ちながら言ってきてくれたから私も知る事となった。


私はそのBさんがムカつく気持ちがすげーよく分かるし。
これがとんでもなく非常識な事だとも思った。

辞めるにあたって最も迷惑を受けたCはもっともっと腹立てたと思う。



なので、私はこの出来事を会社の問題として表面化させる事にした。

こんなツマラン事でつまらん不協和音を出したくなかったから。


つまり

もし進言をしてくれたBさんをはじめ、他の皆が
【問題アリの元社員○○】と現社員Aが繋がったのを確認しつつも
静観してたらどうなっていたか?


「あれ?
あの○○さんと現社員Aさんが友達になってる
                                  
                                 ・・・なんで??」


絶対に皆そう思うだろう。


そんな【元社員○○】とマイフェスになった現社員A。
その現社員Aとマイフェス同士のティアマットのスタッフ。


現社員Aのウォールに元社員○○の書き込みがあったり、やりとりが見えたり

【もしかして友達かも○○:共通の友達A】

に、もしその問題の元社員が出てきたら、皆はどう思うだろう?


職場の人間達からみてそんな【問題アリな人間】からの申請を
サクっと受けちゃった現社員Aにも、当然問題はある。

今回問題提起せずほっといたら
他のティアマットスタッフの腹立ちの矛先は、
いずれ現社員Aにも向かったかもしれない。

うちの連中は、そんな風に考える人間ばかりじゃないかもしれないけど
間違いなくプラスに働く要素じゃない。



友達申請があった人間、なかった人間。
繋がっている人間全員が閲覧できるのが、このウォール。

もちろんこれは別に会社のオフィシャルな場ではないので
個人がオッケーと判断すれば、それは規制など掛けられない。

けど、他の社員との交流の場でもある以上
そこは絶対に気をつけなければイケないポイントだと私は思う。


折角うまく関係の出来ている現ティアマット一家に
こんな事ツマラン事で波紋を与えてどうすんだ!

もう会社を辞めた人間と、ただのソーシャルネットで
そんなの馬鹿らしいじゃないか!


こんな風に感じたので、私は事件として
今回のこの件を扱ったのだった。


もしかしたら現社員Aは、元社員○○の身勝手な退職騒動も、
個人的には気になってなかったのかもしれない。

さらに個人的にはこれからも、
繋がっててもいいかなって思っているのかもしれない。

それは個人的な繋がりであれば、それはそれで構わない。
ただ、その場には他の社員達もいるんだってことを失念しちゃいけない。

これがソーシャルネットの怖さなんだと思う。


オフィシャルなウォールを設けて、そこで色々なやりとりをするのは
このFBの大きな魅力だ。けどティアマットにはまだそれはない。

だから私(社長)は個人的な活動の場でもある、ミクシーやFBでは
社員と繋がらない様にしているってのもあるのだ。




ティアマットでは今まで少なからずの社員を雇用し
少しずつ入れ替わり今に至ります。

比較的みんな一回入社すると長く続き、大体において
円満に退社していくことが多い。
そんな社員達の事は今でも普通に話題にあがったり
いまだ交流があり、イベントなんかには顔を出す元スタッフもいる。


でも中にはもう二度と縁が復活しないような
なんだかなーって辞め方をした人間もいる。
去り方って大事ですよね、それ次第では今までの全てを壊しかねない。

これは会社だけでないよね。

よい付き合いをしていたはずなのに
悪い意味で切れた人間って、みんな少なからずいる事と思う。



今回の事件は、ほんのちょっとの事
なーんて事のない、よくある話だ。

それだけみれば大したことないけど、もしかしたら
こういう事で人間関係が傾く原因にもなりかねないと
私はちょっと思ったのだった。



おしまい


←立つ鳥あとを濁さずって思った人はクリックだ!



238:鬼を語ろうじゃないか。

今日は節分ですね。

前々からよく話題にはしていて
いつか書こう書こうと思っていた鬼の話題を今日は少しだけ。


鬼って魔物ですよね。異世界の生物とも言う

ただ最近では鬼っていう言葉を【凄い】とか
【強烈、強大である】などの形容詞形容動詞としても使われてる。

鬼強いとか鬼凄いとか鬼盛り、などなどよく耳にするし


   onimori.jpg
   【鬼盛りらーめん:ムナヤケしそうだぜ】



断トツ何かに特化したした人間に尊敬を畏怖の念を込めて


『あいつって鬼だよね!』なんて言ったりする


これは強大な力を持つ鬼の存在の様に凄い
っていう意味の冠がついての言葉なんだと思う。



私は子供の頃、祖母から鬼は恐ろしいものだと
ずーっと教えられてきた。


悪さをした時や嘘をついた時

「そんなことしてっと、鬼に食われちまうぞ!

そういう記憶のある人も少なくないと思うんだ。



鬼、それは地獄の番人で強大な力を持ち
そこへ堕ちた人間を永遠に苦しめる存在。

oni.jpg


もしくは、異世界の住人でもある彼らはこちらの平和な世界を
常に狙い、人を喰らう恐ろしい魔物


どちらにしても、私達人間はまともに勝負しても到底敵わない。

鬼ってそういう存在だった。



はず


が、


最近はどーも鬼のイメージが変わってきている気がする。



まず鬼の中で一番有名なのってやっぱり
【ももたろう】に討伐される鬼だと思うんだ。

momotarou2.jpg


この物語については色んな人が突っ込んでいると思うが私も少しだけ。


ももたろうは刀を携えているので、武器を使用して戦える。

んじゃあそのお供の仲間達はどう戦ったかって言えば
犬は噛みつき、猿は引っかき、キジは突いたと言う。


まてまてまて

そんなんで鬼が退参するかーーーー!!


鬼だぞ、あの地獄の番人の鬼だぞ!

村の人間達が対処に困るくらい強烈な恐ろしさの鬼。
その鬼達が済んでいるはずの鬼が島。

そんなに簡単に攻略出来んだろーー!!

と、私も一先ず突っ込んどく。



まず船で向かったら、簡単に陸から投擲で転覆させられちゃうだろうし
そもそもきび団子程度の報酬で、命をかけて
鬼と戦おうという戦士が集うワケもない。

しかもきび団子は前払いだ!大丈夫か経理は?


つかキジは日本の法律では補獲しちゃいけないんじゃなかったっけ?

まぁお供だからいいのかな??


おっと、また話が反れまくっちゃったので戻して戻して。


『鬼が弱過ぎだろー!!』って私は言いたいのだ。


ただ、ももたろうはおとぎ話ですからね、
そこは大目にみても良い

が、おとぎ話の鬼って総じて弱く書かれている気がするよ。



でも、もしかしたら【ももたろう】は、新撰組みたいな
鬼を討伐するエージェント集団の名称だったのかもしれないし
犬猿もシェパードとマウンテンゴリラ100頭ずつだったのかもしれない。

もしくはエージェント達のリーダーの名が

【MOMOTAROU】 


あ、なんかちょっとカッコいいぞ!


あぁ、また反れて来たww


      ejento.png
  【コードネームMOMOTAROU:イメージ図】




えーっと、そうそう鬼が弱過ぎるって話ですハイ。



今日節分なんで、節分にちなんで言うなら
鬼ってどう考えても豆じゃ退治出来んでしょ?

仮に鬼が豆がだ―いっ嫌いだったとしても
あれをぶつけられて物理的にダメージを受けるとは
どーしても思えないんだ。

硫酸が塗してあるとか、、
あ、でもそれじゃ投げる方も素手じゃ無理か。

もし豆を散弾銃とかで発射してるんなら分かるけどね。


いっくらなんでも地獄の番人の鬼を豆でやっつけるのは
どー考えても無理があるなーって思っちゃう。


なので節分に豆をまく習慣は、それはそれで文化だと思うので
今年の豆まきには、そんな強大な力を持つ鬼に
憎しみを込めて、思いっきり力一杯豆をぶつけてやりましょう!


鬼はー外!!

ビシバシビシバシぃぃ!


きっとこれくらいやっても鬼はよゆーなはず。
だってかつては地獄の番人として恐れられてたんだからね!



まったく最近の鬼はだらしがないぞ!


昔の荒々しく強く恐ろしかった力を
取り戻して欲しいものである。


momotarou3.jpg
【退散する鬼】

鬼はこんな扱いをされるもんじゃなく



こうじゃなきゃイカン!!


    ↓
    ↓
    ↓

img_1608010_52337198_0.jpg


今日はこんなお話でした。


←あ、なるほどね鬼ってこうだったなって思った人はクリックだ!



プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる