327:違いの分からない男だから


gihyoujimondai.jpg


食材偽装問題が後を絶たない。
皆さん仰るように、きっと氷山の一角だろう

私はこれが本当に許せない。

「悪意はなく認識不足だと?」



おい、お前ら何言ってんだ?




確かに黙っていれば分からない事もある。
それをヨシとする時だってあるよ。

私だって商人、必ずしも正直ばかりじゃ商売にならんことは良く分かっている。
でもコレはサービス業として、やってはいけない事だと私は心から思う。


まして高級店と名乗って、それなりの金額で商売するのなら
虚偽の表記は絶対にダメだ、これは最低限のマナーじゃないのか?

吉野家やマクドナルドの様なファストフードだって、何故自分のところがこの金額でこの商品を提供できるのかを、きちんと謳っているじゃないか。

でもたまにこちらファストフードの方は、疑いがかけられる事がある。
それは安く提供出来すぎる事に、疑問を持つ人もいるからだろう。
その疑いたくなる気持ちは分からないでもない。

逆に高級食材を扱う店舗が疑われる事は少ない。
何故かと言えば、やっぱりそれなりの金額を扱われる事に信頼があるからだ。

信頼にお金を出そうと考えている人が多いからだ。
大金を出すからには、疑いたくないって思う人が多いからだ。




私達第三次産業において
金額以上のサービスとか、最上級のパフォーマンスとか謳ってもハッキリ言って不透明な事って多い。

そしてお客様は分かっていない事も多い。


だからこそ手を抜かないのが、私達の義務だと私は思っている。
『騙そうと思えば騙せちゃうから、騙さない』と自分達に課す。

それが【安売りしないお店の定価の意義】であると私は断言したい。



分からないなら分からない方がイイ。
それで美味しく食べられているならそれでイイ。

私は商人でもあるから、そういう理論も否定できない。


フレッシュジュースじゃなくても、納得できる味
車エビでなくとも、値段に見合う調理方法

冷凍食品って言われると、なんだか手を抜いている様に見えちゃうけど、
冷凍技術だって現代にっぽんの技術は世界有数だ。一昔前の様な体では絶対にない。

これらを使いこなすのだって、やっぱり一流の成せる業だろう。

でもどうだ?


実際に誤表記を見破れない(まぁ普通は見破れないけど)お客様
ベストを尽くしていない、自分の調理


それを有難がって、高い金額を払うお客様を尊敬できるか?



私は『この人全然分かってないなぁ』なんて考えたくもないし
私はお客様に対してそういう感情を持ちたくないから、絶対にこういう行為をしない。

(もちろん喜んでもらうための、嘘の方便はあるよ)


***


私も今ではそれなりのお店へ食事へ行く機会も増えた。

『おーコレは日本一のナニナニだ、最高に美味い!』
『これってどこそこ産のナニソレを使ってるだけあるよなー』

って、そんな偉そうな事もよく言っている。


でも二流で育った超庶民の私だもん、私は多分【違いの分からない男】だ。

おそらく私は本当の味など、分かっちゃいない。
嘘の方便も通じまくっちゃっている、そんなメデタイお客だ

でもそこのお店の雰囲気が好きで、厳選された食材で
お客様を喜ばせたいって思っている職人が提供してくれるから、常連として足繁く通うんだよ。


多分私は分かってない。

騙そうと思えばいくらでも騙せるお客だ。
だから裏切らないでほしいんだ。


『騙されちゃうから、騙さないでくれ!』



これがサービス業におけるお客様の声だよ。


ここに早く気が付くべきだ!!



←同感な人はクリックだ!

スポンサーサイト

326:ソーシャルネットの怖さ ぱーと2

    ソーシャルネットの怖さパート1はコチラ←をクリック

***

私はスケジュール帳というのを持たない。

というか、持ってはいるんだけど持ち歩かない。
さらに書き込まないうえに、見るのを忘れるというやっかいなアビリティがある。


sukewokakuninsuruhuri.jpg
【スケジュールを確認するフリの図】


その為基本的に自分のスケジュールは、カレンダーにメモ書き程度に書いてあるか、自分の頭の中に管理しており、仕事関係であれば秘書役に一任していたりする。

そんなワケで手元に手帳の類を持っている事が少ないのだ。
(メモを取れない、まぁ取っても見ないんだががww)


yoyakuhyou.jpg
【予約表にその日の予定が書いてある場合もある】



会社に居る状態であれば、全然困らないけど
色んなタイミングで【閃きの瞬間】ってのはやってくる。


hirameki3.jpg


私はアイディアが閃くと、それがどの場所どの時間であっても
その内容をその都度必ず、自分の仕事用のPCにメールで送る習慣がある。(忘れちゃうからね)


jibunmemo.jpg jibunmemo2.jpg
【こんな感じ】


自分にだけ分かるような、走り書きをサブジェクト欄に書き込む事もあれば
思いついた事を箇条書きに、ダダダーって打ちこむ事もある。

んで、後日会社でPCを開いて、アイディアフォルダへ移行しそこから熟考を始めるのだ。

こうやって数々の閃きを形にしてきたからこそ、ティアマットが繁栄してきた今日がある。

tiamat3.jpg omikuji.jpg
【これらのモノも全て閃きを煮詰めて形になるのだ】


ちなみに逆もあって、外の仕事をする時や事務所兼ホテルで集中作業をする時に
会社の仕事用PCから自分の携帯電話のメールへ、これからのタイムテーブルや取引先へ依頼する内容などを送ったりする事も多い。


jibunnmemo3.jpg


つまり私のメールは、自分同士でやり取りしている事も多かったりする。
メールをこういう使い方している人って、きっと他にもいるよね。


***


ちょっと話は変わって
最近では人との連絡手段に、メールだけでなくLINEやSNSって手段も増えてきた。

一応それなりに使いこなせてますが、基本的にアナログ人間私は
これだけ手段が増えてくると、便利は便利なんだけどたまに混乱する。


つい先日のお話

フェイスブックで、友達の友達に(こちらは友達登録をしていない)メッセージを送ろうと思って、その当人を探す際

友達の友達リストから(友達友達を連発で分かりにくいなww)当人を探して
別テキストで下書きしたモノを、コピペした送信したところ
クリックミスで、まったくの他人だったっていう事件があった。

(送ったハズなのに一日経っても返事が無いなーって、送ったメッセージを再確認してみたら全然知らない人だったので、流石の私も強烈に焦った)



fbpeji.jpg
【ちなみにコレは私のページ】



多分、送りたい人とミスった相手のアイコンが隣合わせだったんだろうね。

イイワケはしてみても送信先の相手をよく見ないで送っちゃったことがミスで、完璧に私の失態。
相手の人には後でお詫びのメッセを送って謝っときました。



ちなみに↑に書いたような自分メモを、Reメールミスで誤って別の人に送っちゃったっていう事件も過去に二回位あるんだけど、

それはReメールミスだから、当然自分の知り合いだったので
貰った相手はビックリしただろうけど、すぐにフォローが利いたので助かった。


今回の様に直接知らない相手への誤送信ってホントに焦る。
(一応友達の友達だから、その友達の方には事情を説明しといた)

もちろん悪気はまーーーったくないんだけど、これは私的な気持ちであって相手はどう取るかは分からない。

もしかしたら最近のSNSでありがちな、変な勧誘とかナンパ目的って思われちゃったかもしれない。


いやーー、ホンット気をつけなければイカンなーって強烈に思ったよ。


今日はこんな反省のお話でした。


←SNSは注意が必要だって思った人はクリックだ!

325:やらない事のイイワケ


choukoku21.jpg



大人になるという事

大人(おとな、adult: アダルト)とは、子供に対して、成人した人を意味する。さらには、精神構造が熟成していて目先の感情よりも理性的な判断を優先する人、もしくは自立的に行動し自身の行動に責任の持てる人の事を指す場合もある。
または理性を優先するという点から、妥協や周囲への迎合、事なかれ主義などを、「大人の考え」「大人の都合」「大人の事情」などと揶揄して言う場合がある。"wikiより抜粋


だそうだ

私も以前どこかで書いた気がするんだが

【大人になるという事】

・それはどこが問題か?問題提起を解決しようとする姿勢を持つ事である。
・また 世の中の理屈、物事の分別が理解できるようになる事である
・そしてそれを見ないふりにする事が出来るようになる事でもある。

大人になるって事は、色んな事情を汲み一人前な行動が出来るようになるってコトが大義なんだと私は思う。


でも、もう一つこういう側面もある。


それは【新しい事を始めにくくなる】って事


もう一つ別の角度からこれを言いかえると


【新しいチャレンジに何か断るイイワケを考える】


全国から「分かるぞソレ!」って声が聞こえてきそうだw


なんなんでしょうね。コレって

私はおそらく人と比べて好奇心の強い方だと思うし
対人関係で物怖じしない方だと自負してるし
多分度胸のいい方だと思う。


でも、最近は何か新しい事を始める事に腰が重い自分を自覚している。
何かに誘われると、まず【やらない事のイイワケ】を最初に考えてちゃうんだ。

んで、そこから

【やらない理由の大きさ】を掘り下げて考えて
そこが【やることが損ではない】っていう場所に行きついてから、オッケーを出す自分がいたりする。


昔はそんな事なかったのになぁって思う事が多々ある。
もっと気軽に『あいよっ☆』って出向いていたと思うんだよなぁ。。


***


去年、せっかく身体を鍛えているんだから、もうちょっとコレを生かしてみようと発起し、

ブランクはあるけど、もう一度空手か立ち技系の格闘技が妥当かなーって思い、色々と道場やジムを調べて
めぼしいページはブラウザのタブに、ずーーっと上がってるんだけど、未だ見学にすらいってない私がいる。(近くは通っているのにw)


また、2008年に音楽活動を休止したけど、それでも音楽の好きな私は
チャンスがあればまた再開したいなーって常々思ってた。

そんな先日、友達の素敵女子から合唱楽団へのお誘いを受けたんだけど
毎週の決まった曜日のレッスンに参加出来るかどうかが悩ましい。
こちらも未だ見学に行けてない。

まずは一回見学に行けばいいのにね。
あれこれ考えるのはその後にしたってイイのにね。



今の状況がソコソコ巧く回っているから、このままでイイと思っているのか?
それとも新しい事を始める事で生じる、様々な面倒を嫌がっているのか?

はたまたその両方か

経験上新しい挑戦には、新しい出会いがあり新しい体験がある。
その面白さや大変さは大小様々だけど、やらないよりは始めた方が絶対に経験になる。

【失敗だって財産】
そんなことは分かっているよね。


でもそこに生じるかもしれない、【何かしらの面倒くささ】
新しい事を始めるブレーキになっているのを私は認めちゃう。

色んな経験をして大人になった私は、自分が新しく身を置く世界で起こるかもしれない【面倒なコト】をきっと恐れているのだと思う。


変に大人になった為に、逃しているチャンスや出会いって、少なくないんだろうな~ってそんな風に考える時がある。



それとは逆に、結論を急がないのが功を奏するってパターンも多い。

コレはもうちょっと形になったら、キチンと報告するつもりだけど
今、以前頓挫しちゃった、とある依頼を別の会社から申し込まれてます。

元々私のやりたかったジャンルの事なので、
本来なら渡りに船で、即答しても良かったんだけど、
煮詰めているうちにどーも引っかかる事が多々出てきて

色々調べたり相談したり、自分の持っているバックグラウンドと比較しつつ調整思案中。

この件に関しては一回保留して良かったと思っていて
進めるにしても違う方法を取るにしても、今回掘り下げて考えてみて
結果的に良い方向に行きそうで、本当にいい経験になったなぁと確信している。


***


理屈でなく直感が必要な時もある。
恋愛論にも書いたけど、無理に会わせても合わなくなる。

これは仕事にも趣味にも言えるんじゃないかなーってそんな風に思う。


でもやっぱり【最初から初めない】って覗く事を放棄しちゃうのはまずいよね。

大人になると「今忙しいしー」とか「新しい人間関係こえーしー」
とか【やらない事のイイワケ】をついつい先に考えちゃうけど

まずはちょこっとだけでも覗いてみよーぜ!!(自分に言い聞かせてるw)



今日はこんなお話でした




大人になった子供の私は、遊びにはいつでも本気なんだけどね(笑)Ψ(`∀´)Ψ

buranko.jpg
【ブランコだって本気だ!】



   ↑やる前にイイワケ、悲しいけど分かる人はクリックだ!

324:最強の布陣

今日は本来なら別の話題を書こうと思ってたんだけど、
やっぱり中日ファンなら、この話題に触れないわけにはイカナイ。
二週連続野球の話題でスンマセン><


tanishigekantoku.jpg
【朝練に励む安田に無理矢理持ってもらった】



谷繁選手兼監督登場!


さらに森繁ヘッドコーチ就任!!


そして落合ゼネラルマネージャー確定だとーー!!!!



嬉しすぎる!!嬉しすぎるぞぉーー!!!




実はドラゴンズ仲間の中でも、あまりにも酷い今年のドラゴンズの話題よりも
来期の布陣がどうなるかってのが、けっこう話題の中心な事も多かった。


立浪監督説や井上監督説などなど、色々話題に出てたけど
私的には中日ファンになるキッカケにもなった、牛島さん推しだった。(次点で田尾さん)


chuunitikantokukouho.jpg
【期待はもちろんダントツ落合さんよ】


んで、ちょっとふざけながら話のネタ的に

『谷繁プレイングマネージャーもありだよねー』

なんて言ってたら、ホントになっちゃってすげービックリ!



そして元々落合さんを【最高の指導者】と尊敬してやまない私。

ですが、あの例のお家騒動が事実だとしたら
流石に再登板はないかなーって思っていたのですが、まさかの形で復活!

そしてお家騒動中心人物の、「一人ビールかけ」の球団社長は更迭(ソリャソウダ)

hitoribi-rukake.jpg



ドラゴンズ史上最強の捕手:谷繁元信
歴代最強のヘッドコーチ :森繁和
プロ野球界最高の指導者 :落合博満


これは、来期以降最強の布陣が揃ったと私は断言する。


ochitaitotanishite.jpg



長期政権で是非お願いしますm(__)m




323:引退試合


皆さんご存じの様に、自他共に認める野球好きの私。

確かに一番好きなのは中日ドラゴンズだけど、基本的には野球が好きで、
ドラゴンズの試合以外にも、やっていればずーっと野球のチャンネルを追っかけてる。


yorokobuotoko.jpg レンストリー

プロ野球がやってない時間だったり曜日だったりすれば、メジャーやリトルリーグを観てたりもする。基本的にテレビはスポーツと報道番組しか見ない。

ちなみに近くの小学校や中学校で、リトルや野球部の部活動がやっていたりすると、ビール(コロナ)を片手に父兄でもないのに眺めてたりすもする。


ritoru2.jpg ritoru.jpg


あたしゃ一年間で一体、どれくらい野球を観てるのかを考えるとちょっとウケるw


そんな私の野球好きは今に始まったモノじゃないけど、ドラゴンズだけでなく各チームに好きな選手沢山いて

もちろん中日ファンでもあるから、贔屓の選手がドラゴンズに多いのは当たり前なんだけど、昔からどのチームにも特に贔屓の選手がいるワケだ

ずーっとその選手を観ていたいんだけど、スポーツ選手には必ず引退する日が来てしまう。


    立浪さんの引退試合
    小宮山さんの引退試合  



ただ、脱落者の方が遥かに多い世界で、自分の引き際を自分で決められるというのは、本当に素晴らしい事なんだと思う。

今年も惜しまれつつ引退する選手が何人もいる。
そんな彼らを観ているといつも思う。


『今日の日を無事迎えられておめでとう』




昨日一人の選手の引退試合があった。
私が現役の左バッターで一番好きな選手


前田智徳


maedacard.jpg maedasan.jpg




私の一番尊敬する監督である落合さんも、

   社長ぶろぐ305:【最高の指導者】は←コチラ



「前田の打撃フォームはシンプルで無駄がない。
これから野球を始める子供達がぜひ参考にすべきフォーム」と絶賛していて

中日ドラゴンズの監督時代にも、中日主催の野球教室でそう語ったと聞いたことがある。


さらに落合さんは

現役時代「天才は俺じゃない。前田だよ」と語り[要出典]、2005年の秋季練習では福留孝介・森野将彦ら左打者に対して前田の打撃を引き合いにし「真似していいのは前田だけだ。前田だけを見習え」と語っている。

また、前田自身も落合に深い尊敬の念を抱いている。実際に福留も「理想のバッティングは前田さん」と公言しており[要出典]、この秋季練習では前田の打撃フォームを参考にしてフォーム改造を試みた。また熊本工業高校の後輩である荒木雅博も前田を尊敬しており、同年のオールスターゲームに出場した際にはずっと付き添い、打撃論や野球哲学についてアドバイスを受けた。

また前田から最も多くの安打を喫した山本昌は以前、浜松球場での試合で外角低めの難しいコースを本塁打された事があり「あのコースを引っ張ってホームランにされた事は今まで無かった。その時に天才だなと思いましたね」と振り返っている[要出典]。Wikiより抜粋



私の愛するドラゴンズの選手達をはじめ、誰もが天才と認める前田さん。
でも怪我と戦い続けた野球人生、苦しい事の方が多かっただろう。


前田さんの引退試合。
私も自宅から観戦させてもらいました。

8回裏に彼が登場すると、広島中日両ファンから割れんばかりの拍手が起こった。

ピッチャーの小熊は、決してキッチリ失礼にならないストレートを投げ込み、結果は投ゴロだった。

そして9回にはライトの守備につく


maedaintai4.jpg


なるべくライト方向へボールを飛ばそうとするバッターの平田。
それを汲んでか、外角へストレートを投げる投手の久本。
そして試合後のセレモニー

maedaintai2.jpg maedaintai5.jpg


全ては前田さんの為の試合。
私は号泣だった。


***


口に出すのは簡単だけど、プロの世界はどの世界でも甘くない。
自分が望むような引き際を迎えられる人なんてほとんどいない。

そんな厳しい世界で、自分の為の引退試合を行ってもらえるなんて、
継続した成績を収めチームに貢献し、愛された選手だけに許される事だ。

才能があって努力をして環境に恵まれたホンの一握り人だけが、
『引退おめでとう!』って言ってもえらえるのだ。

これは私達職人にも言える事でもある。


『前田さん、引退おめでとう』


私もこういう美容師人生をおくりたいと思った。


maedaintai3.jpg


←引退試合の偉大さに同感な人はクリックだ!


プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる