FC2ブログ

347:適正睡眠時間

春眠暁をうんぬんうんぬん。
昔からよく聞く言葉ですが、私の最近のソレとは多分違う。

唐突な出だしで恐縮ですが、
なんだか私、最近寝てばっかで困るのだ!(ホントはあんまり困ってないけどw)・:∵(;´∀`A


inushibou2.jpg



最近は時短で働いているってのもあり、早く帰宅出来る日も多い。

んで早く自宅へ帰ってこれると、20時位には眠くなってきて
眠気と戦うも、そのまま寝ちゃうケースも多い。

都心部に住んでいて21時台に寝る大人(さらに美容師でまだ30代)って、ちょっと凄くないですか?


上にも書いたけど、流石にその時間に寝ちゃうと、
なんだか一日が勿体ないような気がしてくるので
頑張って起きていようと、そこから何かをしだす事も少なくはないんだけど

ちょっと考えてみると、【頑張って起きている】事の意味が不明な事に気が付いてくる。

んで、そんな日は22:00位の就寝となる。(昨日とかそう)


もちろん仕事が長引く事もあるから、そうはいかない日ももちろんあるけど
そういう日でも帰宅してから、なるべく一時間後には布団に入って寝るようにしている私がいる。

そして私は毎日8時起床なので、ざっくり10時間近くは寝ている事になるワケだ。


ちなみに遅番だったり、休日であったりすると大体11時位までは寝ているので、そんな時は実に12時間睡眠を取っちゃってる。

1週間のうちに一日か二日、そういう日があるのなら不思議はないんだけど、これがほぼ毎日というのは私の人生で、今が初めての経験だ


【適正睡眠時間】って、人それぞれ調子のイイ時間って違うと思うから、
あくまでこれは私の当社比でしかないんだけど、今の私には実にしっくりきている。

まったくもって困ったもんだアッハッハー(あんまり困ってない:二度目)


いつだったか睡眠は大事だよねーなんて、以前のぶろぐにも書きましたが
寝るって絶対に我慢できないし、医者でもあった森鴎外も

「風邪は寝る以外の治療法はない」とまで言っていた。

さらに最近聞いた話で、

「人って個体差はあるけど活動時間が決まっているんだよ」


つまり長い睡眠は寿命を延ばす効果もあるってこった。
私はこの言葉を鵜呑みにして気に入ってるΨ(`∀´)Ψ


まぁでも実際のところは

今の私は体調的な理由で、身体を動かすのに今までよりも遥かに多いエネルギーを使っているんだと思う。

だからやっぱり疲れちゃうし、身体が休息を求めているんだと思う。

【休み休み生きなさいよ】というシグナルなんじゃないかなーって思ってる。


んなワケで、長時間睡眠を肯定してる私ですハイ。


今日はこんなお話でした。


←寝るのは大事だよってのに同感な人はクリックだ!

スポンサーサイト

346:経過報告その2

nanohana.jpg


3/20昨日は地下鉄サリン事件の日でしたね。

この日は私かなり思い入れのある日でして、というのも19年前のその日は私の手術の日で

手術が終わって、ベッドに戻ると病院がなんだかざわついていて
多分私の入院している病院にも、被害者が搬送されてきてたんでしょうね。
救急車の音も沢山聞こえたのを覚えている。

今では指名手配も全員逮捕されており、あとは早く解明してほしいものです。

さてさて、この事件については言いたい事がありまくるのですが
今日はそんなオウムの話ではなく私の体調の経過報告。


昨日4週間ぶりにレントゲンを撮ってもらって
まだ完全に治ったワケじゃないけど、順調に回復しているようです。

人間の身体と現代医学ってのは本当に凄いもんで
あんなにバキって折れちまっていた私の足ですが、ちゃんと戻って行くんだから素晴らしい。

上のオウムサリン事件からさらに一年前
20年ほど昔に、過去にやはり重傷と呼べる骨折をしているんですが
あの時代とは固定の仕方も、傷を縫う方法も全然違う。

色んな所で時代が変わったなー、ってそんな事を感じた入院生活だった。


たまたま搬送された世田谷区の、とある病院でしたが
ドクターをはじめ、看護師さんやリハビリの先生などに恵まれ

途中から個室に移してもらったのも良く
イヤな想いをすることなく、入院生活をおくれた事に感謝しております。

もちろん怪我なんてしない方がいいし、入院なんてしないで済むならしない方がイイ

でも結果としてこうなっちゃったんだから、クヨクヨしてもしょうがない。
身に出来る者は吸収しちゃおう!ってそんな想いで過ごせたのも良かったんだろうなーって思う。


20年振りに大けがをした私。
なんとなく、ホントなんとなく思った事なんだけど

私は今回このような怪我をしたワケだけど、多分こういうのが無いと死んでるんじゃないかなーって思ったんだ。

勢い余って。。ってね

なんとなくそう言われるとそんな感じするでしょ?

たぶん、そう感じたんだからそうなんだろうなーって今は思ってる。

これはこれで、本当にイイ経験になったとイヤミなしで思います。


でも早くスキーに行きたいし、またトレーニングも再開したい。
野球もやりたいし、空手も復活させたい。

健康の素晴らしさも再確認する、そんな私の今日この頃です。


おしまい

345:夢から覚めたら今日だった。

haka2.jpg


知っている人もおるかと思いますが、私の実家は俗に言う旧家でして

一家が纏めて同じ土地に住んでいる、多くの親戚も周りに住んでいる昔のおうち。((古いだけで由緒は正しくない)

子供の頃はじいさんなどが住む母屋と、私たち家族が住むいわゆるハナレがL字型になった家に住んでいた。


今日3/13の未明、そこが舞台となったイヤな夢を見た。


*** ここから夢のお話 ***


4畳半の部屋で寝ころんでテレビを観ていた私は、何かがズシっと圧し掛かるのを感じる

ソレを押しのけ助けを求めるが、声が出ない(口を開く事はできる)
寝室にいる家族に急ぐが、まるで水の中を歩くように遅々と進まない。

やっと寝室の家族に辿り着くが、怯えるばかりで噛み合わない。

やがて彼らには私が見えていない事を理解する。

事態を理解した私は、絶望に打ちひしがれてベランダから外に出ていこうとするが
そこで母屋の縁側から、光が一筋竹藪の方に走るのを目にするのだった。

(説明が下手でスマン)

***


ここで目が覚めた。(午前3時頃)

まず声が出るのを確認したあと、完璧に目が覚めちゃったので
今見たばかりの気味の悪い夢を思い返してみることに。

たまーにこんな細部まで思い出せる夢を見る事があるけど、ほとんどの場合は後になっても意味が分かる事はない。

今回はどうだ?


あっ!!



今日ってばあさんの命日じゃないか。。。




こんなことをエラソーに公言するのは変な話なんだけど、
私は家族親族の命日なんて、誰ひとりとして自信持って言えないし
家族愛は弱くないと自負してるけど、お盆やお彼岸などに積極的なワケではない。

普段から『偲ぶ気持ちがあればいつだって同じだ』と自分のペースでしかお参りしないそんな男。

さらに霊感などまったくないし、そもそもそういった類の話は信じていない。

実際にこの実家のばあさんの命日を思い出したのは、実に19年ぶりだ。

ただ、夢の中で光ったのは、いつもばあさんが転寝していた縁側だった。(ほぼ一日中台所かそこにしかいない)


平成元年の3/13、朝起きるとばあさんの訃報を聞く事になった。
その日の未明に亡くなったのだと、叔父から聞かされた。


ばあさんが亡くなったのは、3時だったのかを確かめる気はない。

だけど、ここで私が『ばあさんだ!』って感じたんだから、きっとそうなんだと思う。



だから今日行くことにした。




墓誌をあらためてみると、やっぱり今日であってた(凄いと思った)


haka.jpg



『たまには思い出してるから安心してよな』



夢から覚めた今日は、本当に今日だった。


全然孝行できんくて、すまんね。また来ます


753.jpg



ちなみにじいさんとか、他の人の命日も覚えて帰ったつもりなんだけど、すでにサッパリ忘れている私。


また知らせて下さいな。

344:ノスタルジックな気持ちにならなかったけど

一月位前、10数年ぶりに来店のお客様の話を書きましたが

それがあったからってワケじゃあないんですが、
なんとなーく昔住んでいたところの今を見たくなってきましてね

『んじゃちょっと行ってみっかー』


ってな具合にぶらっと車を走らせて来ました。(仕事は?とか聞かないよーに)


今回これを書くにあたって、確か前にもこういうネタを書いたなーって、思って記事を探してみたんだけど

ナント2009年の9月!


あの日から5年経っちゃったんだね、とーさんビックリだヨ><

    社長ぶろぐ:初めての一人暮らし←はコチラ


その記事にも書いた様に、私は練馬(小竹江古田らへん)~王子~高円寺~高井戸と居を移してきたんだけど

始めての一人暮らしの練馬(3年)、
そして開業時に住んでいた王子(5年)


P1000879kai.jpg BAIKU3.jpg
【左が練馬時代、右が王子:当時はほとんどバイクだった】



やはりこの二か所の印象想い出は、かなり強い。

それは酷く貧かった修行時代の大変な毎日を生き
時代に揉まれながらも、前しか向かずひたすら走り

徐々に結果が伴い、少しずつ生活が変化していったのを、自覚出来る日々だったからかもしれない。


***


上の記事のメインでもある、洋風居酒屋のある練馬区の小竹江古田
およそ20年前、業界に入ったばかりの私が住んだ街だ。

本当に大変な毎日を駆け抜けた時期だった。

当時はまだなーんにも無い駅だったので、
病院へ行くにもちょっと吉野家へ行くにも(当時400円もしたから滅多にいけなかったけど。。。)
隣の沿線の江古田駅へバイクを走らせたのを、今でもよーく覚えてる。


そして引越を手伝ってもらった父親と、入った中華料理屋はすでに閉店してた。

あの時父親が、野菜炒めに「味が薄い」とソースをドバドバかけたのを今も忘れない。(それなりの味が付いているのに、さらにソースってかなりビックリしたw)



20141_160618.jpg
【周りに全然お店も無かったからそれなりに通った(ソースはかけない)】


お金が無いからあまり通えなかったけど、お世話になった酒屋も閉店していた。


20140_160704.jpg
【ここを離れる頃になって、やっと注文出来るようになったんだ】


道は変わらないけど、やはり店舗は変わる。
その時代を書いた【二円安い納豆】に出てきた、近所の肉屋も無かった。

寂しい気もするけど、当時からそれなりに年配の人が経営してたから、そんなもんなのかもなー。と思う事にする



そして今度は王子


20141_163221.jpg


こっちはその当時から始まっていた、道路拡張の都市計画で随分と道が変わっていた。


20140_163725.jpg 20131_163843.jpg
【だーいぶ区画整理されたなーって思ったよ】


だけど私が住んでいた公団住宅は相変わらず健在で、


2014_163858.jpg
【およそ5000世帯位が暮らしているらしい】


私と同い年(48年入居開始)くらいのその建物たちは、当時のままので(要するに古いってこったw)

懐かしいというか、なんだかまだそこに自分が住んでいる様な錯覚を覚えたよ(笑


***


この日はサロンワークではなく、一日中事務作業をしてたんだけど
気分が乗らないからってイイワケをして、急に走り出したそんな一日。

ノスタルジックな気分になりたかったハズなのに、なんだか自分の軌跡(奇跡とも言う)を確認するような一日になってしまった。

一番感じたのは、私の生活も変わったなぁってコトで
当時想像出来なかった自分になってるなーって、そんな想いだった。

さらなる高みを、と心新たにしたのだった。



帰り際、王子近くで開業している先輩のお店を覗いて行こうって思って
探したんだけど見つからなかった。。

その先輩は自宅の一階部分をサロンにしてるスタイルだったので、
ティアマットの様に店舗移動させたり、大幅に拡張させている可能性は少ない。


無いって事は。。。。



って悲しくなるも、引き返してもう一度探してみたら
ちゃんと営業していた。(多分駐車車両があった為見落としてた)


20140_171310.jpg


良かった。。。。


先輩、頑張って行きましょう!!d(。ノε`。)

プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる