503:いよいよ今日からですね


いよいよ今日からですね。


20170331_083611.jpg


しっかしここ数年は、キャンプの時期にスキーに行ってる事がほとんどなので
かつてのようにキャンプやオープン戦を追っかけていない私がいる。

そしてやはり贔屓のチームが低迷しているのは、悲しいもので
どこの野球番組を見ても、ほとんど取り上げられない。


まーったくもって悲しい。



1490934618882.jpg
【どのコメンテータも中日の6位はほとんど揺るがない(クソー】


また普段はケーブルテレビのスポーツチャンネルで、チェック出来るのだが
ドラゴンズとカープは一つのチャンネルをシェアしあっていて
(ちなみにジャイアンツやタイガース、ホークスの様に人気のチームは1チームで一つのチャンネルをもってる)

落合監督時代のドラゴンズはそれはそれは強かったのもあって、常にリードして放送してくれた。

だけどここ最近はほとんど話題に出る事もなく、また一昨年からのカープフィーバーで、良い時間帯の放送がカープ寄りになってしまった。

そんな我がドラゴンズの悲しい事情も合い重なって、あまり情報が入ってこないというのもあるのだ。


だけど本来野球好きの私は、それでも贔屓のチーム以外の(メジャーも含めて)情報は集めるようにしているんだけど

やっぱりシーズンが始まるんだから、ひいきのチームを応援したいよね☆

そして勝負は結果が全て
ここ数年の低迷をなかった事には出来ない。

やはり結果を出してのプロスポーツ
今年は少しでも結果を出してほしいものである。 うん


かなりベタで、あんまり願掛けとかしない方なんだけど
今日はお昼にカツ丼を食べたよ。


20170331_133123.jpg
  【下馬評なんかに負けんじゃねぇぞー】


スキーシーズンはそろそろ終盤だけど
こっちはこれから開幕だーー☆Ψ(`∀´)Ψ☆


やっぱり楽しみ~♪




スポンサーサイト

502:こんな日もあるってこった



お一人様スキー2017もそろそろ後半戦。
年間を通して楽しめないのが、このスポーツの悩ましい所だ。

まぁだから、シーズンが始めると多少身体がキツくても日程詰めちゃったりするんだろうなぁって思う。

そんな私も今シーズンは良いスタートが切れたので、一月二月と順調に回数を重ねていった。


amegere8.jpg
【晴れてるとほーんとキモチイイし、景色が素敵☆】


ただ、シーズン序盤多めに日程をあてると
なんとなーく3月以降後半になってくると間隔があいたりする。
逆に前々シーズンみたいに、スタートが遅いと焦って週二回以上の日帰りをやったりする。

んな傾向のある私ですが、今シーズンは前にも書いたことのあるように
前売り券を7枚ほど購入していたので、最低でもその回数は行くんだろうなーって思ってた。

結果として今日までで、10回以上はゲレンデに足を運んでいる私ですが
実はまだ前売りチケットが余ってるwww(≧∇≦)/

なぜかと言うと
KAGURA舞子と比較的良く行くスキー場の前売りを多めに買ったんだけど

いつ行ってもいいんだよなーって思うと、その日にゲレンデコンディションの良さそうな所が他にあったりするとそっちに行っちゃう私。

またこれも前に書いた様に、春休み期間は学生が多いゲレンデが嫌いなので
KAGURA舞子はちょっとなぁ、って思う時も多い。


koboda.jpg
【こんな若者ボーダーなら許せるんだけどねー】



が、


もうシーズン後半だからそうも言ってられない(笑)
最近自分の為の休日には火曜日しか休んでないから、毎週行ってもあと数回><


今現在残っているチケットは
KAGURA1枚、舞子スキーリゾート1枚
そしてVictoriaで散財した時におまけで貰った、【水上高原藤原スキー場】が一枚。

明日のお休みには絶対に上3つのどこかには行こうと、月曜日のお話。

いつもの様に当日の天気をチェーック


が、


ナント全国的に大雨予報
(ノ;;)ノ ナンダトーーーーォ


321tenki.jpg
【全部晴れも珍しいが雨も珍しいよね】


そう、スキーヤー(もちろんスノーボーダーも)にとって雨のコンディションは最悪だ。

いつもだったらそんな予報の日は、ジムへ行くチャンスと脳内変換をして
早起きるのをやめる口実にするんだけど、今回に限ってはチケット消費という変な義務感があるから。諦めない。

KAGURA舞子に直接電話をかけてみたが、予報通り大雨らしい。


うーーん
 ( ̄▽ ̄;)  


じゃあ群馬はどうだ!?
と調べてみると沼田らへんは雪との事。
もしかしたら水上もゲレンデ付近はゆきになってるかもしれない。


おーっし、

『んじゃあいっちょ藤原にかけてみっか!』


そうと決まれば、水上へごー

だがしかーし、雨は強さをましてきやがる


amegere5_201703231511546c4.jpg
    【雨があまりにも凄かったw】


大雨の関越はやはり心配になるけど、水上インターを降り峠越えをしていると徐々に霙に。


amegere6.jpg amegere7.jpg 
           【一昨年の通りとは大違いだ(笑)↑】


ゲレンデに着くと。。。。

霙気味だが、雪になってた!!
Ψ(`∀´)Ψオッシャーーー


amegere4.jpg


ただでさえそこまでメジャーではないゲレンデなうえ、この天候。
だからと言って、ここまでほとんど貸切なゲレンデは珍しい。

そしてナント上級者コース(非圧雪)に至っては、完璧に私一人。
リフト係りの人にちょっと申し訳なくなる。

ホント私一人の為に動かしてくれているので、休憩の際このコースを離れる時にリフト係の人に

『ちょっと休憩するので、このまま下へ下りますね』とわざわざ伝えた。

そうしないと、自分ひとりを待ってもらうことになっちゃうかんね。

そしたらそのタイミングで、このコースとリフトをクローズするとの事。
そりゃあ、完璧にお客一人だったらそれもそうだよなーって変に納得。

ホント少数な客足の上この天候。
おそらくこのコースを滑るのは、私以外にいなさそう。

ここまで空いてると、申し訳ない気持ちが強く働いたのも事実だ。


amegere2.jpg amegere3.jpg
【駐車場だってこの通り。多分20人くらいしかいなかったと思う】


少しだけ休憩を取ることにしたんだけど、みぞれ交じりの大粒の雪がウェアにしみてきていて物凄く重い(8_8)

考えてみたら数十キロのスピードで、大雨の中に突っ込んでる様なんだから当たり前だよね(笑)

リフト中も完璧に曝されてるワケだしさ


ポケットの中の紙幣もかなり湿ってる
このままウェアのポケットに携帯を入れてるのもヤバそうな雰囲気だ。

あと数本だけ滑ったら帰ろうと決めた。

なんだかんだ言って、そこからさらに1時間弱ゲレンデに居たんだけど
下着にまで水がしみてきた感覚を感じたのと、重すぎる雪に足を取られて転倒し、思った以上にビショビショになったのを機会にあがる事にした。

今までも今シーズンも、色んなコンディションの日があったけど
今日みたいな日は、私のスキー人生初めてかもしれない。

それはそれで良い経験になったと満足(チケットもタダだったしね)


こんな日もあるんだなーって、そんな感想(笑)


おしまい


あ、そうそう
それでもいつもよりはかなり早い時間の撤収だったので、ちょっと寄り道をして帰ろうって思ってたんだけど

途中起こったばかりの事故渋滞に巻き込まれ、結局帰宅したのはいつもの時間。


amegere1.jpg
【ホント直後だったみたいで、変な臨場感があった】



ま、

こんな日は、こんな日だってこったね(笑)( ・∇・)


501:あれから6年が経ちました。

今年で6年経ちました。早いものです。

東京在住の私達であっても、徐々に薄れていくのだから
さらに西に住む人たちからしたら、さらに薄れていってしまうのかもしれない。

でも忘れてはいけない、絶対に忘れてはいけないね。

今日の社長ぶろぐは、私個人の意見が強く反映されているので
不快に感じる人も少なくないのだろうと言う事を、自覚して書いているのでご容赦ください。(そして例によっての長文)


***


毎年この時期になると、あの地震の備忘録ってワケじゃないけど
必ず過去に書いた【地震のお話】読み返すようにしている。

あの時瞬間的にいくつもの事を感じ、それを一気に文章にした。
あれだけの短い期間に、あれだけ一気に想いを残したのは初めて
そして6年経った今でも、あの時直観的に思ったことは大きく外れていない。

きっとその時の道理が、素直に感じた通りだったって事でしょう。



東日本大震災は、地震そのもののダメージもさることながら
やはりその後の津波が被害を甚大にした。

ついこの前の熊本の地震も規模としては相当だったと思うけど
津波が無かった分、被害は圧倒的に少なかった。

もちろん津波が無かったから良かったじゃないか。
ってそんな話ではないのは言うまでもない。


また、もし東日本の震災が、3月ではなく
海水浴客の多い8月だったら、またさらに違った被害も増えたのだろうと思うと、その当時も考えた。


そしてなにより最悪だったその後の原発事故。

それまで言われていた【他の何よりもクリーンエネルギー】
って安全神話が、文字通り神話だったことが残念ながら証明されてしまった、非常に残念な事故だ。

今まで徐々に沈静化しつつあった、原発反対の声を大きく覆すことになる。
それは勿論当然の事態である。


私の少年時代の記憶では、全体の8%位と聞いていた日本の原発エネルギー。
それから増え続け、事故前の日本の電力のおよそ30%を占める勢いだったそうだ。

私だってもちろん使わないで済むなら、無い方が良いものだと思ってる。


だが原発事業と言うのは、適当なコストで多くのエネルギーを作り
さらに多くの雇用を生み、産業としての功績は多大である。
これも揺るぎない事実だ

完全撤廃派の意見もあれば、必要論を唱える専門家もいるだろう
そういった議論は専門家たちに任せるとして、

どちらに舵をきるにしても、極論な事にはかわらないは仕方ない事
発言をした責任を恐れずに、煮詰めていくことをしてほしいと思う。


元々イメージが悪かった原発、
あのチェルノブイリ以降、さらに輪をかけてその印象は最悪だった。

それをここまで日常に浸透させて、且つ実用レベルまで持って行った。

少しずつ世間に認知され始め、
原発エネルギーのさらなる可能性を望まれるようになってきた。

それは並大抵の企業努力ではなかったはずだ。

それが一瞬にして消えた。

もうおそらく、にっぽんで原発が肯定的に語られる日は
当分は来ないだろう。


と、私は↑のリンクの中で書いた。


実際に今日に至るまで、ほんの少しの肯定的な意見でさえ
どんなに噛み砕いて語ったところで、一蹴されるのが一般的だった。

原発エネルギーを少しでも肯定しようものなら、それはそれはヒドイ反論をぶつけられても仕方ない流れだった。

それはあの結果を招いたんだから
しごく当然の事だろうと、私も思う。


あれから6年という年月が経ち、
最近になって少しだけ、少しだけ緩和してきたようにも思える。


先日ある震災の特番で、とある専門家が

「原発と言うのはこれまで通りであって良いはずはない、だが自然資源の乏しい日本においては非常に大事なエネルギーである」

「なので、この先はそれを踏まえたうえでの、新しい原子力開発が必要になってくる」


という意見を述べていた。


私はその通りだよなぁ、って素直に同調した。
勿論これは私個人の考えであって、もちろん反対する人も多くいるだろう。

反対するのは簡単、否定することは誰でも出来る。

でも、ただただ反対するのではなく、
反対するなら代替え案がなくてはならんのだと、私は常々考える。

代替え案なき否定は、論ぜれないと思っている。


「これは難しい問題ですよねぇ」
「これからもっと考えなければいけない問題ですよねぇ」

で締めくくるのは、専門家や文字言葉で仕事をする人の言葉ではない。


『これは非常に難しい問題ですね』って棚上げしてしまい

それ以上の議論に踏み込まないコメンテータの意見は必要ないのだ。



少し話が反れちゃうけど
韓国での大統領罷免のデモ運動。

これをやってる人で、どれくらいの人が罷免後の事を考えているのだろうか?

大統領不在で良いワケがないのだが、罷免させてさぁどうする?どうすべきが?
そこまで考えてデモ活動をしていた人が、どれくらいいただろうか?

朴槿恵側の陳述に耳を傾けて、公平に物差しを持ち

「それでもやはり下ろすべきだ!」

って考えながらあのデモ活動をしていた人が、どれくらい存在したのだろうか?


「あいつをひどいヤツだ!」
「あいつは国賊だから、晒されて当然だ!」

権力者を引きずり下ろすことの快感に身を任せてないと断言できるか?

きっと多くの人はそれを叫んで罷免させたことで満足。
代替え案など持ってはいないだろう。

代替え案なき反対ほど、無益なモノはないと私は思う。


話を戻して戻して


ただただ反対するのではなく、同期させることが出来るなら
私はそちらを選べると良いと思う。

コストパフォーマンス的にも、上に書いた様に雇用という意味でも
うまくやれるなら、是非うまく活用させてほしいと思う。


もし本当にダメで、代替えの良い案が実行可能なら
そちらに向かって邁進して欲しいと、心から思う。


のど元過ぎて、なかった事にしては絶対ダメなのだ。
何もしない事を選んでは、絶対にイケナイのだ。



500:記念すべき第500回☆


33ced7cb.jpg



今回は記念すべき第500回!


いつもはナンバリングとか、まーったく気にせずこれを書いてるんですが
前回の499回をアップしたときに、

『あ、そうか次は500回目になるのか』


って、このキリ番は流石に意識した(笑)


んで、内容的に今回(499回のこと)は、なんとなくキリ番に相応しいかなぁ、なんて思ったりもした。


       社長ぶろぐ499:千里の道も一歩もパート3は←をクリックだ!



なので、この文章を次回の500回に取って置こうかなぁ、なんてそんな事を考えたりもしたんだけど
今さら499回を新しい内容に書き換えるのも、時間的にも手間的にも大変なので止めた。

別にキリ番だからどうこうってのは、考えなくてもイイヨネΨ(`∀´)Ψネ


***


話はキリ番から離れて離れて

冬になるとほぼ自分の公休日はスキーになるってのは、以前から言ってる通りで
今シーズンもよぉっぽど事情か何かなければ、毎週お一人様スキーをに行ってる私。


nedoko2.jpg
【なんだかこの写真が凄い気に入ってる:この日、楽しかったからかな】


今週の火曜日は、流石に疲れが貯まってたのもあったのでしょう、
起きたのに起きれなかったので、スキーはお休みにした。

で、そうなると何をしようかなぁってなる。
これは以前にも書いたことがあると思うけど、私はお休みの日にゆっくり休むっていう選択肢を選ぶことが、とてもとても少ない。

んなワケで、「流石に疲れが貯まって、スキーをお休みにした」って言ってるくせに
ジムに行こうかなんて、そんな頭になってしまう相変わらずの脳筋。
まったくもって困ったもんだ。

でもそこはやっぱり休日らしい休日にしようと気持ちを変えて
一先ず寝れるだけ寝てから、目が覚めたら起きて

そのままの態勢で、本なりを読んだり携帯をいじったりとか
【なんとなくだらだら過ごす休日】を取ってやろうじゃねぇか!って決めたのだった。


neodko3.jpg  nedoko.jpg
【↑この時間まで寝てた(笑)】


ここまでベッドから出ない休日って、ほーんとに珍しい。

昼間からちょこっとだけウォッカを飲みながら、積読になってたマンガを読み
昔っから好きで、何度も読み返し内容も把握しきっているファンタジー小説を読む。

頭の要量をあまり使わない読書は、実に楽ちん☆



rodosu.jpg  rodosu5.jpg
【↑の作品がキッカケで、活字にハマっていったとも言える:ありがたい!】


んで、眠くなってきたらそのまま寝る。

なんとも実に素晴らしい休日(*`▽´*)
たまーにこういうお休みの使い方って、本当にイイネ。


スキーって趣味は、シーズンが限られちゃうから
どうしてもシーズン中は詰め込みがちになっちゃうのは、ある意味しょうがないのかもしれない。

ソレだからと言って、身体にムチ打ってやるのはちょっと違うよね。

今シーズンはあと3回行く予定。
なぜなら前売り券があるから、使い切らなきゃならん(笑)


kagura16.jpg
【順調に減っていって、あと3枚ってこってす(笑)】


ので、ここらでいったん休憩ってのでいいのでしょう。


ではではー

499.5:悲しいお別れ


15909412_551987678331352_321873263_o.jpg
    【↑なんとなく私の今の心境。】



ごくごく個人的な事なんですが
一昨日ちょっと悲しいお別れがありまして、ちょっといつもの様に文章が書けなさそうなので

今週の社長ぶろぐは、お休みさせて頂きます。m(__)m
ご贔屓にしていただいている、貴重な貴重な方々、本当に申し訳ありません。


二日経って、だーーいぶ気持ちが復活してきて
人間ってやっぱり忘れる生き物なんだよなぁって、思ったり思わなかったり。

そう言えば、去年最も尊敬していた代々木部長の訃報の際も
あんなに泣きまくって、三日間くらい顔を酷く腫らしていたのに、いつの間にか平気になっている私がいる。


そう言えば、その2

ティアマットの入っているビルのオーナーさんでもある、赤坂で最もお世話になった一人でもある恩人さんの葬儀は、人生で最も泣いた式だった。

経過をあまり知らされていない訃報ってのは、とーっても悲しいものだなぁってその時思った。


そう言えば(その3)、今年に入って恩人さんのお墓参りに行ってないのを思い出したので
今日の帰りにでも時間があれば行ってみようと思ったのでした。

って、短く纏めるつもりだったんだけど、こうなっちゃうのはいつもの私クオリティ(笑)


ではでは

来週は完全復帰しますので、ご容赦おー


プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる