524:髪の毛の都市伝説ぱーと5


さらにさらに前回の続き!


流石に、5回連続でこの話題だと
いくら美容師の経営者が書いているぶろぐとはいえ、ちょっと書きすぎだと思うので、今回でなるべく納めたい(笑)

ここまで、皆さん誤解されてるんだよなー
って美容師目線で思う髪の毛の事を書いてきたつもりだったんだけど

ちょっと読み返したら、イキナリ白髪になるっていう話と
髪の毛は伸ばし続けたからって、永遠に伸び続ける事はないっていう二点しか書いてないねΨ(`∀´)Ψ


もっともっと色々あるんだけど、この調子で書いてると
数カ月単位になっちゃいそうだから、そろそろやめにしておこう。


meteru.jpg
【ロングヘアーの美女って言ったら彼女ダヨネ】



都市伝説らしい話で
たまーに、【髪の毛が伸びる人はスケベだ】って言うのも聞く

これも当然ながらそんなワケはないんですが、でも一応この話にはそれなりの理由があるっぽい。

というのも、昔の人って
「髪の毛は寝ていると伸びない」って思っていたらしいのだ。

つまり
お前達、ずっと起きてそんなコトばかりしてて寝てねーから髪も伸びんだぞ!

ってそんな背景があったらしい。

そう考えると、ただの無知から来る誤解ではあるんだけど
なるほどそう言う風に考えるのも分かるなーって思ったりもする。


まぁでも
確かに髪の毛って体の部位でも不思議な部分よね。

身長とかはある時期に成長は止まるのに、髪は伸び続けるワケだし。
指とか切り落とししてしまったら、それっきりだけど髪はまた生えてくるし

実際には永遠に伸びるわけではないのだけれど、体重とかと違って自分の意志で増減はしないワケだしさ。


髪の毛って今でこそ解明されている事もたっくさんあるけど、まだまだ謎な部分も多いと聞く。

円形脱毛という疾患も、その代表格で

ちなみに円形脱毛って、前々回書いた次の髪の毛が準備されてから生え変わるっていうサイクルのエラーが原因でなる。

つまり、次の髪の毛が準備されない状態で抜けてしまう箇所が纏まってしまうから、そこの部分だけが禿げてしまう状態が起こる。ってワケなんだけど

ここまではキチンと分かってるらしいのだが、なぜそうなるのかは分かってないそうだ。

原因はストレスって一括りにされる事も多いけど、どんなストレスがそこに影響を与えてるかは解明されていない。

また円形脱毛と言うのは、時間の経過で治る事がほとんどなんだけど
新しく生えた髪の毛が、チリチリのくせ毛になったり白髪になったりすることも多い。

これなんかは、まったく原因解明されてないと聞く。
ほーんと髪の毛って不思議だなぁって思うよ。

ちなみに髪の毛以外の体毛で、円形脱毛って私は聞いたことないけどあるのかな?


あ、そうそう
頭毛ってつむじを中心に手を大きく広げたくらいの部分は、男性ホルモンを大きく受ける部位らしいんだけど


doraiya2.jpg


そこ以外の襟足やモミアゲらへんの頭毛以下、体毛も含めて女性ホルモンの影響を大きく受けるそうだ。

なるほど、だからハゲって基本的にてっぺんハゲなんだな。
考えてみれば禿の代表格波平さんも、周りには毛あるもんね。


そう言えば
前立腺がんの投薬を続けていた患者さんの、頭毛が増えたという報告が続き
その薬の成分を調べ、エビデンスを取ったら発毛の効果があることが分かり
現在日本で、一番有名であろう発毛薬が発明されたと聞く。

その薬は当然ながら男性にしか効果が見られないのだが、相当な効果があるらしい。

もちろん禿のサラブレッドの私にとっては朗報で、いよいよになってきたら頼ろうと思っておる次第。


最後の最後で、やっと都市伝説じゃない話題も出せたね(笑)


ではでは

5話に渡ってしまいましたが、今回はこんなお話でした。
スポンサーサイト

523:髪の毛の都市伝説ぱーと4


さらにさらーに前回の続き!!


前回髪は伸び続けない、って話を書いて
最後に爪と髪は成分は似てるって話を書いた。

そう言えば爪で例えると分かりやすい例になるんだけど、
んで、こういう言い方をすると誤解されちゃうかもなんですが、「髪って死んだ細胞」なんです。

死んでるって言うと、ホントおかしな表現なんだけど
だからこそ、切っても痛くないし血も出ない

生えた先の毛が細胞分裂もするわけではなく、内側から伸び続けるのみ。
なので再生もしない。

爪も同様に、一度爪を損傷すると
そこの箇所が伸びて、切ってしまうまで自動的に再生はしませんよね?

そう、これは髪も一緒なのだ。



kamiimeji.jpg
【今回は画像がほとんどないので、一先ず貼っとく】


髪も一度損傷してしまうと、いっくらトリートメントを施したからと言って
生まれ変わるってことは絶対にないのだ。

一昔前のコンディショナーのCMで、剥がれたキューティクルがシューっと復活するみたいな映像を流していたけど、あれは間違いなく誇大広告でしょう。(笑)

(キューティクル系の画像を貼ろうと思ったんだけど、人によっては気持ち悪く思うかもしれないから貼らない)



実際には内部補償を施し、疑似キューティクルの様なモノを張って、手触りを改善していくようなカタチが一般的なのだ。


きっとこれも案外誤解されてる事なんじゃないかなー、って思うよ。


あ、そうそう爪と髪って話で思い出したんだけど

ちなみに爪と髪はほとんど同じような成分で構成されてるってのは、言った通りなんだけど

爪はサイクルと言うのはなく、伸ばしている期間は伸び続ける習性をもつ。

爪が生え変わった!


なんて話は聞いたことないと思うけど

これは爪と言う部位も頭髪と違って、ロット数の少ない部位なのと
一枚の単位で構成されていることと
そして何より爪と言う部位が一瞬でも無くなる、というのが人類にとって致命的な事態を引き起こすからなのだと思う。(モノが掴めなくなる)

もしかしたらかつては、爪も生え変わる人類がいたのかもしれないが、それは淘汰されて今には至ってはいないと言う事なのでしょう。


私の知人では爪を伸ばし続けている人は思い浮かばないけど、
髪の毛を伸ばしたいっていう女性には、職業柄多く出会う機会が多い。

でもやはり今まで書いてきたように、長くてもせいぜい腰のあたりまでなのが普通なんだけど

昔の職場にきたフリーのお客様で、三つ編みをしているのにも関わらずふくらはぎ位の長さのある女性が来店したことがある。

私が担当することになったんだけど、まぁ何が大変ってシャンプーが大変で、確か1時間くらいかかった気がする。

シャンプーボウルに髪があふれるくらいになっちゃって、洗い終わったら今度溶かすのがまぁ大変で大変で。

切るのも、そのままカット椅子に座ってもらっちゃうと床についちゃうので
立った状態で切らせてもらった記憶がある。

いやぁ。あれは大変だったなぁ(笑)(笑)


ちなみにその後のドライヤーも、超大変だったww


doraiya_2017082510504182b.jpg
   【この画像じゃ全く伝わらんね(笑】


まだまだ続くよ!

多分次が最終回☆

522:髪の毛の都市伝説ぱーと3


さらにさらに前回の続き!!


平安絵巻つながりで、これもまた良く言われるのが
昔の人って(この場合の昔の人は概ねこの時代を指す)凄い髪が長かったんだよね?


emaki2.jpg


確かに絵巻で見ると、床に引きずる位の長さの女性がおおく見られる。
つか、ほぼ全ての女性がそうだね(笑)

実は髪の毛って、ほとんどの人がそこまでの長さにはならない。

もしかしたら、髪の毛って切らないとどこまでも伸びるって思っている人もいるかもしれないけど

他の部位の体毛と同様に、ある一定の長さまでしか伸びないのだ。


正確に言うと伸びない、というよりは
一定の期間が来ると抜けて生え変わるのが、体毛の特徴で

例えば髪の毛であれば、大体5年から7年くらいの期間伸び続けて、そこで成長が止まる。

そして次の新しい髪の毛が準備されると、抜けて同じ毛根に新しい髪の毛が生えてくるのだ

これは頭髪だけに限らず、生え変わるサイクルは違えど、全ての体毛にもいえる事なのだ!



ちょっと思い返して欲しいんだけど、眉毛とかまつ毛って手入れしない人も居ると思う。

でもだからと言って、まったく手入れをしなかったからっていって
みょーーーーんって、床まで伸びてる人って見たことないデショ?


tomiiti.jpg
【きっとほとんどの人が、彼を思い浮かべたことだろう(笑)】


生まれてから一度も鋏を入れたことが無い体毛って、体中にあると思うんだけど
その毛が永遠に伸び続けたりなんか、してないでしょう?


そうなんです。
それがまさに答えで

つまり毛と言うのは、伸ばし続けているからと言って
永遠に伸びるわけではなく、一定の長さまで伸びるとそれ以上にはならず生え変わるので、

伸びる速度×伸びる期間(生え変わるサイクル)以上の長さにはならない。


平均すると一年間に伸びる頭毛の長さは大体15㎝くらい
なのでほとんどの人は、15cm×5年~7年の長さまでしか髪が伸びないのだ。

伸びても100cmくらいなので、女性であれば首の付け根から100cmだとすると
一般的な身長の女性であれば、お尻が隠れるくらいの長さが限界と言うことになる。


amurochan.jpeg

【↑たぶんこれくらいが、綺麗に伸ばせる限界なんじゃないかなぁ】


なので床に引きずる位の長さになるどころか、立っている状態では床に着くことすらないのが現実で

もし当時の日本女性の平均身長が120cmくらいだったのであれば、床に着くほどのロングヘアーってのは実存すると思うけど、
そんな話は聞いたこともないので、おそらくそれはないのでしょう。

まぁでも、もしかしたら付け毛が普及していた可能性もあるけどね。(聞いたことは無い)


ただ、たまーーーにその伸びる年数と、サイクルが異常に長い人がいる。
でも滅多にいないからこその記録であって、ギネスなんだと思うな。


nagaihito.jpg


なので、髪の毛は切らないからって伸び続けない!


パート3はこんなお話でした。



ちょっと髪の毛の長さのギネスが気になったので調べてみた。
現在は中国の女性で、5.6メートルらしい。

実に平均的日本人の約7倍の長さだ!すげーーー(゜▽゜;)



まーったく話が納まらないので、次回へ続く!!

521:髪の毛の都市伝説ぱーと2


前回の続き!!



恐怖のあまりに白髪になる事は、絶対にない!
って話を書きましたが、それ以外の都市伝説。Ψ(`∀´)Ψ


前回の冒頭にも書いたけど、昔の日本人の髪の毛が直毛ストレートだったって部分に、今回は触れたい。

またちなみにここで言う昔の日本人ってのは、主に平安絵巻に出てくる日本女性の事を指すケースがほどんどである。


emaki.jpg
   【前回同様、この時代の話ね】


***


まず、そもそも人間の髪の毛って、くせ毛が優勢遺伝であるってことが前提としてある。

そして直毛というのも、ある意味真っ直ぐなクセとも言えるのだ。

なんとなくアジアンビューティみたいなのを、アジア人代表みたく思う人も少なくないかもしれないけど

私達のような仕事をしていると、確かにくせ毛が優勢遺伝ってのはおおいに頷けるのだ。


ほとんどの人が、くせ毛遺伝子を持って生まれているという前提の世界で

トリートメントどころか、シャンプーすらない時代で
ドライヤーやストレートアイロンなどあるわけもなく、そんな状況で綺麗なストレートヘアを保てるワケがない。

皆がイメージする様な、黒髪ツヤツヤストレートで生活していられるワケがないのだ!


suto.jpg


ハッキリ言って、あの長さを括らずに綺麗な状態で下におろすのであれば、よーっぽど恵まれた髪質の人しか不可能である。

くせ毛遺伝子が優性なのだから、その恵まれた髪質の人ってのは絶対数が少ないはずで
そんな人ばかりが、集まっているワケが無いのだ。


ただ、実際には恵まれた髪質で、とても容姿の美しい人が居たってのはあるのだと思う。


sutohe.jpg
【私は直観的に彼女が思い浮かんだ】


また、ああいう絵巻みたいなものは、単純に芸術という意味もあるけど

うちの女性たちは、こんなにも美しいのだという誇示の側面も絶対にあったはずだから

『うちの女性陣は、皆髪も容姿も美しい女性ばかりナンダゼ!』


と、そういう意味合いもあったのだろう。


ちなみに私は、そう言った当時を描写する絵巻などにかかれる女性のお着物


juni_20170811210044a20.jpg


これだって
『ウチの女性たちは、こんなにも綺麗な着物をめしてるんだぜ!』

っていう見栄の側面もあったのだと思う。

こんなにも美しい女性達に、これだけ綺麗なお着物を用意出来るんだぜってね。


また、その十二単(じゅうにひとえ)というのにも思うことがあって


junihi.jpg


本当に一二枚を重ねた着かたも実在したのだと思うけど
その姿で実生活をするのは、不可能だと思うし
それこそアイロンなどの器具がない時代に、綺麗な状態のまま着物を維持するのは難しいと思う。

なので儀礼用に着用することはあっても、もしかしたら上の数枚は本当に着てて
あとは襟と袖だけだったんじゃなかろうか?と思ったりもする。

ま、これは完全に私の推測でしかないけどね(笑)


まだまだ収まりそうにないので、続きは次回!

520:髪の毛の都市伝説


美容師を長くやっていると、当然髪の話題を多く出す機会があるんだけど
その中で意外と髪の毛の話って、『皆さん案外誤解されてるんだなぁ』
って思わされる瞬間がよくある。

どんなことかって言うと

例えばお客様との会話でこんな話が出たりする。

「最近ストレスが多くって、急に白髪が増えちゃったのよー」

とか

「昔の人って髪真っ直ぐで超長かったんだよね」

などなど


もしかしたら今これを読んでいる方にも、「え?それって違うの??」
って思う人もいるかもしれませんね。


emaki3.jpg
【昔の日本人女性というと、概ねこの時代を指す事が多い】



そうなんです。

普段仕事中にはよく話題に出すんですが、
実は髪の毛の話って、何気に都市伝説な事を案外信じてたりする人が多いんだよなーってのを、今日は社長ぶろぐに書きたいと思います。


まずこのストレスで髪の毛が白髪になるって話、本当によく聞くと思う。
実際に仕事中にも、ほーんとによく話題になる。

これって100%間違っているワケではないのですが、ここのポイントは急に白髪になったという部分。

髪の毛って外的な要因が無いと、カラーが変わるって事はまずありえない。
(染めるはもちろんだけど、プールや海なんかも外的要因だね)


ただある事をキッカケに、それ以降生えてくる色素細胞に影響を及ぼす事って無い話ではなく

つまり、ストレスを受けたからって、急に髪が真っ白になるってのはあり得ないんだけど
その何かしらのストレスを受け続けているために、その時期から生えてくる髪の毛に白髪が増えるって事はあるのだ。

あとこれと似た白髪のケースで
『恐怖のあまりに髪が一晩で白くなった』ってのも思いっきり都市伝説で
(おそらくこっちの話が、急に白髪の元になってるのだと思う)

これも↑とのおんなじ理由で、あまりにもの恐怖を受けた為にその日から生えてくる髪の毛が全て白髪になるってのは、理屈ではありうるけど

一晩のうちに全ての髪の毛が真っ白に、ってのは絶対にない。


maritowanetoo0800045013596736166.jpg
【これって日本人的には、超有名なシーンよね】


恐怖のあまりに、夜中髪の毛のブリーチを繰り返した!って
そんな危篤な事があれば話は別だけどね。

きっとこれは、↑の画像の【ベル薔薇のマリーアントワネット】の最後のシーンから影響をされてるんだと思うな。
あと、あしたのジョーも最後の試合のあと真っ白になってたってのもあるかもしれない。


どっちが先か、どっちが後でその話の影響を受けたってのは分からないけどね

いずれにしても、
恐怖のあまりに髪の毛が一瞬で真っ白になるってのは、絶対にないってお話。


jo.jpg



あ、ちなみに
昔テレビの特番で、ベル薔薇本場フランスの人は
この「マリーアントワネットの一晩で白髪の話を、どう思いますか?」

ってインタビューをした番組があったんだけど

皆さん「なにそれ?」って感じだったらしい。
まぁ日本のアニメだかんね。知らなくて当然か(笑)


そう言えば、私の好きなファンタジー小説作家の作品でも
同じ様な描写があったなぁって今思いだした。

それもきっと↑の話をどこかで聞いたかして、作中にトレースしたんじゃないかなぁって思う。

ま、ファンタジーだしそれはいいのかな( ・∇・)


mavaru.jpg  arusuran.jpg
【大好きな作家さんと、イラストが世界一好きな天野さんといコラボが凄い】


この話、ちょっと長くなりそうなので

いや、すごーーく長くなりそう(笑)


続きは次回!!


プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる