528:持ってる男

この季節になると、数年前まではさらに盛り上がっていたのですが
ここ数年は、この時期になると物足りなくなる。

やっぱりシーズンが終わっちゃうのはつまらんね。


そう、私の好きなプロ野球がそろそろ終幕に近づいてきてる季節なのだ!


intai13.jpg


自分の贔屓のチームがプレーオフに進めないシーズンは、どうしてもテンションが下がっちまう。

今年はドラゴンズマリーンズ共に、かなり下位なので
いくらメジャーからリトルまで、満遍なく野球と言う競技が好きな私でも、しょぼーんって感じなのは否めない。


でもそうは言っても、毎日見れる試合は観るのが私のライフスタイル。

プレーオフも日本シリーズも、もちろん楽しみに観るつもりですハイ。


今まで何度も書いてますが、選手の引退と言うのは寂しい。
と、同時に引退試合をやってもらえる選手は、ほーんと幸せなんだと心から思う。

と、今日はそんなストーブリーグが近くなった時期に相応しい野球ネタです。

が、

社長ぶろぐを贔屓にしてくれている人達からも
この系の話は、さらっとしか読まないって言う。


なので、巻いて巻いて書きたいと思います(゜゜ゝゝビシ


***


今週の日曜日に、私が贔屓にしている↑の2チームで引退試合があった。

一人は中日ドラゴンズの森野将彦
もう一人は千葉ロッテマリーンズの井口資仁


intai10.jpg  intai9.jpg


両内野手は各チームで、とてもとても愛された選手である。


ドラゴンズの森野は、強かった0年代の落合ドラゴンズを支えた中心選手。
私が一番好きな時代のドラゴンズで、あの立浪さんからレギュラーを奪った凄い選手だ。

私のYahooメールのアドレスが
Morinomasahikohanateyoなくらい、私にとって想いの強い選手の一人。

ちなみに私はスキーをする時に、ウェアの上にユニフォームを着てるんだけどね
実はそのユニフォームがこの森野選手31だったりするのだ。


osame3.jpg
【来年からは岩瀬の13番で、スキーに行こうと思ってる】



引退試合とは言っても、中日ロッテ共にまだ順位が確定したわけではなく
さらに選手達の個人成績もあるから、完全に捨て試合と言うワケにはいかない。


さらにロッテに至っては、現在最下位だけどこの試合は、一つ上の日ハムとの直接対決だからさらに落とせない。

本気で行かなければイケナイの試合に、引退試合が重なった2試合だった。


森野選手は途中出場の代打

残念ながら1ゴロで、凡退に終わってしまうんだけど、ドラゴンズ生え抜き同世代の選手達の暖かい目にグッときた。

また、凡退ではあるんだけど、森野を塁に残してくれた相手の一塁手にありがとうを言いたい。


そしてロッテの井口選手は、勝たねばならぬそんな大事な大事な試合だが
本職の二塁手とは流石にいかなかったけど、指名打者でスタメン。

選手全員が彼の背番号6をつけて試合に臨む


その試合井口は最初の打席で、いきなりヒットを放つ。

そして3対1で負けの展開での終盤
最終打席になるであろう、第4打席


intai4.jpg  intai5.jpg


ナント同点ホームランを打った!!!!



すげーーー


すげーーーーよ井口!!!


場内泣く人もたっくさん


そりゃそうだ、マジでビックリだ!!


intai11.jpg
【テレビの前でさえ感動したかんね】


実はロッテマリーンズの次期監督就任が公式発表がまだされてなかった時に、とあるロッテファンのお客様と


『次の監督に井口がなったら面白いね』



なんて話をしてた。

井口の引退試合の少し手前に、その期待が事実に変わった。


そんな男がここで、ホームラン。


本当に凄いと思う。


そして彼らに失礼にならないストレートを投げ続けてくれた、相手投手の計らいもグッとくる。


そんな2つの引退試合。

両方ともサヨナラ勝ちで、ゲームセットを迎える事になる。


intai7.jpg  intai8.jpg



持ってる男たちは、最後まで持っていくのだと思った。


森野選手
井口選手


お疲れさまでした。
引退、おめでとうございます!


やっぱり野球って面白い☆



intai6.jpg
     【今回は泣かなかったよ!】


んで、全然巻いて書けてないね(笑)

スポンサーサイト

527:大ピンチ!



rogo01.jpg


今さら説明するのもアレですが、私の経営するお店は2フロアに分かれてます。

1つはやや大きめで、もう一つは完全に個室とはいかないけど、プライベートっぽい空間を意識してる。

なんでこんな形にしたかって言うと、元々開業したばかりの店舗の色をあまり崩したくなかったってのがある。


元々開業したばかりの最初の店舗は、裏通り二階の小さな小さなお店。
一人終わったら次、また一人終わったら次のお客様

あくまでもこだわりの手作り
油断できる空間でゆったり施術するお店にしたかった。


なので、それなりの規模の現店舗に引っ越しをする際
ドーンと開放的な店舗にするのに抵抗があったのだった。


店舗って四角い形をしているのが普通だと思うんだけど、そういう大きな1フロアな内装より

ちょっと隠れるスペースが欲しいというか、元々の隠れ家っぽさってのを忘れずに

「あ、実は結構広いんですねー」なんて言われる店舗にしたかった。


そうは言っても、旧店舗の方が良かったなんて言われてしまう事もある現店舗なんですが
この2フロアに分かれてる店舗を、私は気に入ってる。


***


tiamat00.jpg


そんなある日、ご予約のお客様が見えた。
その方は旧店舗から贔屓にしていただいている、少し年配のお客様。

小フロアの方をご希望されるので、いつもの様にそちらへ座ってもらい、オードブルを出す私。

オードブルとは言っても、今日のメニューは和食?の予定なので
お新香と簡単な煮物メインの前菜。

さぁメインを出そう!ってそんな時に
実はなんにも準備をしていなかったことに今さら気が付いた!?


冷蔵庫を空けるも飲み物と卵位しか入ってない


そんなコトってあるのか??



焦る私


『今お持ちしますので、少しだけお待ちください』と言うも
すでに前菜と一緒にご飯を食べ始めてるお客様。


ど、どうしたらいいんだ!!?(; °_°)


なんで準備を全くしていなかったのか?と、思う気持ちも湧くが
それより、今この状況をなんとかせねばならん。


今から何か作るか?



まてまて食材も無いじゃないか!


がらんとした冷蔵庫を見て愕然とする私。


いやいや、今から作るも何もベーコンエッグとかで良いワケない。

そもそもウチって何メインに出してるお店だっけ?

でも今出てるのはお新香とかだから、今日は和食系なのか?


あ、お茶すら出してないじゃないか!



途方に暮れる私、だけどこれ以上待たせられない。


しょうがない
急いでお総菜屋に行って何か買ってこよう。


ダッシュでお店をでて近くのお惣菜屋へ


が、ほとんど何も売ってない。


慌てて向かいのコンビニへ
お刺身とこんにゃくがある、一先ずそれを購入


で、これでどうするんだ?



まずは『食材が遅れてしまっていて、申し訳ございません。』とお詫びをしてからそれからだ。


いやいやいやいや _(゜゜;


そんなイイワケなんて逆に失礼だろう、もしそうであるなら前菜を出す前に言わないと
もう食べ始めてるんだから


  ・・・・・・・ヽ(。_°)・。・・。:。・。・。・。・・::





きっとその古くからの常連さんは、「今日はこれで満足よ」と言ってくれるだろう。

そして次の予約も入れて帰ってくれる。



でもこんなんじゃダメだ!!



もうどうしたら。。。。。


と、ここで目が覚めた



とんでもない悪夢を見てしまった。



いや、マジで恐ろしい夢だった。。。



目が覚めた後も、しばらくドキドキして何が現実か、一瞬分からなくなってた私がいた。


これをとんでもなく悪夢だと思う私は、もしかしたら変わってるのかもしれない。



真面目に働こうと誓うのだった。

526:高校生クイズ


6話にもわたって、髪の毛の話を書きまくっていたので
時系列的には少しずれちゃうんだけど、先日高校生クイズの放送を観た。

この番組ってまだやってたんだね。

かつて高校生の頃、夏休みにこの番組に出るって言ってた同級生いたなぁ。。なんて思い出したよ。


kououseikuki.jpg



雑学に詳しい方なんじゃないか、と勝手に自負している私

昔から比較的クイズ番組が好きな方で、数々のクイズ番組見てきたけど
この高校生クイズの凄さが、今になってやっとわかった。

何を言っているかって言うと

クイズって受験勉強と違って、ひろーく知識が求められるもので
ジャンルによって、得手不得手はあったとしてもクイズ番組で勝ち抜くには
それなりに幅広く、それなりに深い知識を求められるもの。

なので、クイズ王を求める人は範囲の広い勉強をしなければならない。

ただ人間って、普通に生きているだけでも
それなりの知識は徐々に増えていくモノですよね?

例えば私みたいに毎日車通勤している人間なら、春と秋に交通安全週間なるものがあるのはよーく分かってるし

速度違反などの交通違反をしたことがあるのなら、罰金や反則点なんかも気になるから調べたりするだろうし


koutuuihan.jpg
【ネズミ捕りのやってる場所なんかも詳しくなる】


新しく施行された、道交法なんかも自然と頭に入ってくる。

つまり日常生活を積み重ねているだけで、少しずつ知識というのは広くなっていくモノである。

言い方を変えると、

人間歳を重ねていくだけでも
ある程度広い雑学を身に付けることの出来る生き物でもあるのだ。


私も40数年の人生を送っているので、ちょっとずつではあるけど雑学が増え続けている。


実際に自分の10代の時と比べて、今の雑学の知識量は恐らく数倍では利かないのではないかとさえ思う。


そう


そうなのだ



あの番組の凄い所は、参加者全員がまだ【20年も生きていない人間達】だという事なのだ!

社会にも出たことが無く、選挙権もまだない
お酒やタバコもまだ解放されていない人間だもんね、経験したことない事の方が多いはずだ。

にも拘わらずあれだけの幅広い知識を、兼ね備えていることには脱帽ダヨ。


実際に皆さんもやるように、クイズ番組を見ながら
自分も一緒に回答してたりしたんだけどね、最初の内は当然大体の問題にこたえられるんだけど

徐々に難しくなっていく後半戦、準決勝の問題だと私の知識で正解率が50%くらい

こいつら自分の3分の1くらいしか生きてねーのに、「自分を凌ぐくらいの知識量」ってすげーなぁってまだ余裕かましてられたんだけど


決勝の問題に至っては、ほぼ全く分からなかった><
凌ぐくらいなんて過小評価してホントスマン!!

これだけの知識を持つ彼らが、人生経験という肉を付けたら何一つ敵う部分が無くなりそうだわ(笑)イヤ笑ってられん。


koukouseikuizu.jpg
 【優勝したこの子達、爽やかでヨカッタゾ!】


いやぁ、自分が現役の時もあった番組で、その時はなーんも思わなかったけど、数十年経って気が付かされたよ。

あの子達すごいね!

日本はまだまだ良くなると思うわー。


525:続 髪の毛の都市伝説!


先月から全五話に渡って、髪の毛の都市伝説の話を書いた。
想えば今年の8月の社長ぶろぐは、全部この話題だ(笑)↓


  【髪の毛の都市伝説】全5話
←8月が全てこの話題なので八月のリンクを貼っとく!


前回、これが最終回!って〆たので、もうしばらーく、この系の話は書かんで良いかなって思ってはいたんだけど
前々からどーしてもこの話題を解決したいと思っていたのがあるので、今回もさらにさらに続きです(笑)スマンナ


***


日本の昔の男性正装ヘアスタイルといえば


ちょんまげ



chonmage.jpg


これってなんで、これが正装なんだろう?って考えた事あります?


それはソレって思っちゃっている人の方が多いと思うし
私も今まではそうだったんだけど、髪の毛話に触れる事の多い職業なので私は前々から疑問に思っていた。


一応これを書くにあたってwikiで調べてもみた

本来の丁髷は、兜をかぶったときに頭部が蒸れるため、前頭部から頭頂部にかけ頭髪を抜くあるいは剃った(月代(さかやき))残りの頭髪を結ったものをいう。

らしい。

でも絶対にこれは嘘だ!!


そもそも蒸れるからって理由だったら、髪が無い方がよっぽど蒸れるぢゃねぇか!



どう考えたって、あの髪方ヘンだよね?


頭毛の真ん中を剃るわけだしさ。。。
ソコの部分だけまるっと剃るって行為は、絶対にヘンだよ。


なーんでこれが正装なのかなぁって、考えた私でしたが
ある仮説に辿り着いたのだった


もしかしたら、前回までの社長ぶろぐを読んでくれてる人はピンと来たかもしれないね。


そう、それは位の高い人が禿げてたからではないだろうか?

人間の社会は必ずしも年功序列ではないけれど、長く生きて経験を積んでいけば出世もする人も出てくるだろう。


hashiba.jpg
【のちに大出世する男といえば彼、羽柴だろう】


やはり人を統べる様な人間は、それなりに人生のキャリアを積んでいる事だろうと思う。

そうなってくると必然的に、頭毛が減ってきてしまった権力者も少なくないのだと推測できる。

そんな権力者たちが、あのヘアスタイルを正装と決めたのであれば
自分も無理なく正装をキメる事が出来るし、恥ずかしいと感じないで済むのではないか?

むしろ『お前はなぜちょんまげを結わないんだ?』と責める事も出来る。


どうだろう?



これが私の考える説なんだが、実際のところはまーったく分からない(笑)


でも、私のこの仮説ってそれなりに説得力があると思うんだが皆さんはどうだろう?

ちなみに昔の大陸アジアの正装、辮髪も同じような事が言えるんじゃないかなーって思う。


benpatu.jpg


誰か正解ぷりーず

そして賛同者かもーーーんΨ(`∀´)Ψ



***


そうそう、髪が伸び続けないって言う話題の時に、
他の体毛はもうちょっとサイクルが短くって、『生まれてから一度も手入れしたことのない部位の毛は伸び続けないデショ?』ってな話を書いたと思うんだけど

私も気になったので、自分の髭がどれくらいまで伸びるのか試してみた。

二か月経ってこれくらいが限界っぽい。
中にはサンタクロースみたいに、もじゃもじゃって伸びる人も居るとは思うんだけど。

きっと平均的にっぽんじんは、これくらいなんじゃないかなー


20170809_090625.jpg
【周りを整えながら伸ばしたんだけど、2cmくらいかなー】


そうそう、その2

今年の流行語大賞になりそうな勢いの


「このハゲ-----!!!」



konohage.jpg


やっぱり【ハゲって悪口なんだなぁ】って、改めて思った私でしたY(>_<、)Y


今度こそ、おしまい


プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる