FC2ブログ

540:自分でがんばる


さらにさらに前回続き!!


Tiamat_063.jpg


今年のティアマットは、今までにないくらい人が多く入れ替わる一年となった。
こんなに人が多く入れ替わったのは、あの地震の時以来だから6年ぶりのこと。

もちろん自分勝手に辞めてった社員は一人もいないので、それはそれで準備も出来てたし、大迷惑を被ることもなかった。

ので、2017年という年は、これはこれでこういう時期だったのだと、普通に受け止めている。

ただ逆に去年から遡ること3年間は、ほとんど誰も入れ替わることない時期で、
その状況からの今年のこの展開は、それなりに大変で気苦労も多い一年になった。


うちの業界って、人の入れ替わりの多い業種。
そんな業界の中で、うちの連中はそれなりに皆長く勤めてくれる者が多いので、助かっている。

でも、やっぱり人がまったく入れ替わらないというのは、色んな停滞や軋みも生んだりして

慣れというのは人を楽な方へ促し、本来なら我慢の効く場面でももめごとが起こす。

そこを注意したり、指導するのは誰だって嫌な役目だから、時間が解決するだろうとそのままにしたりする。

ここに私の3年間の反省があるなーって思ったりした。


***


今、いっそいでこの文章を仕上げてますが、もうちょっとすると最後のお客様がお帰りになられて、毎年恒例の納会で納め。

この日のこの瞬間だけは、いろいろな重さから解放される。



本当にプシューーーって、この日のこの時間だけは本当に楽になるそんな時間。


0022.jpg


それを毎年感じているから、骨折入院の年越しの年は本当に辛かった。
そして二年分の年を越した翌年の納会では、こらえきれず泣き出した私がいた。


その年の最後の営業日、そして納会
この日は私にとって特別で、無条件で解放される日

のハズだったんだけど、実は去年のこの日、私の中で燻る火種があった。

それを無理矢理押し込めて、いつもの最終日の様に過ごしたんだけど
結局それらは押し込めても消えるわけではなく、結局今年一年かけて全て整理することになった。


今年はそれがない
これからも無しであってもらいたい。


これはしょうがない事なのかもしれないけど

従業員での悩みの少ないときは、売上で悩む。
売上で悩まないときは、従業員の事で悩む。
もちろん両方で悩む時だって、ありまくるから困る。

今まで、その辺りの悩みが一切なかったときはあったのか?
って聞かれれば

軽かったときはあれども、絶対になかったと断言できる。


でもそれが会社を経営していくって、ことなのでしょう。


***


今年のティアマットは、ひっさしぶりに大きな変化のあった年で
後半は一皮むける、そんな年になったと思う。


開業して17年、多くのトラブルにもみまわれ
初めましてがあって、お疲れ様も沢山ありました。

実はひとり悩む日も少なくなかった。


received487549918108462.jpeg
     【ひとり悩む男】


でもどんなにキツくとも、自分はまだここを去るわけにはいかない。

自分でがんばるってのは信念として、強く今まで以上に思うべきだと本当に感じた一年だった。


私にとっての今年は、火曜日営業や技術者としての時間枠の増加

ぽこっと空いたそんなポジションを任されることになった今年は、きっとそんな隙間を埋めていく一年になったのかなーって思える。


2017年の12/30の今日
2017年の1/1には思ってもみなかった所に立っている自分がいる。


結果として、私の望むような形になったと言えるし
これから先の調整に必要な部分もよーく分かった。

はっきり言って、『すべておっけい!』なんてそんな状態じゃ到底ないけど
色んな重荷から解き放たれた一年となった。

今のティアマット一家は、とても新鮮で楽な状態。
ので、このいい空気感でさらなる上昇を誓いたい。


きっと来年のティアマットは、この調整がしばらく続き
さらに大きく一歩を踏み出す準備が出来る、そんな年となるだろう。



2017年、ティアマットならび社長ぶろぐをありがとうございました。


来年も御贔屓にっ!!



nagara.jpg
 【年越しそばって、とってもいい文化よね】


ティアマット親方社長 仲野蓮


スポンサーサイト

539:私の売上抜きで達成してほしい


前回の続き!!


200014.jpg
       【大掃除なひとこま】


お客様ってのは、集客しなければ徐々に目減りするもの
私はありがたいことに、ながーーーくお付き合いさせて頂いている顧客様が多いのは事実ですが

引越しやそれこそ不幸があったりとかして、少しずつ少しずつ減ってはきていた。
実際にピークの時から比べると3分の2くらいになったのかな


去年度、創業以来最高の売上と総接客人数を達成したティアマットにおいて

自分:他技術者が 


1:3くらいの比率になった。



これは自分がかつての数字より下がった、というのもあるが
他の皆が伸びてくれたっていう、嬉しい結果でもある。


だけど、調子のいい時はほっといても良いのかもしれないが
この業界だけでなく、商売ってのは好調不調の時期は必ず来る。

その時に【堅い売上】と言うのが、私の個人指名売上になってくるのだ。


やはり同じ場所で、これだけの期間と人数をこなしてきたという私のキャリアから裏付けされる売上は、他の技術者に比べるとバラつきがとても少ない。

つまり私の売上って言う部分は、毎月ある程度の保険になっているとも言える。

そして言い換えると、かつての比率でない今は
自分が頑張ってどうこう出来る部分が、どうしても限られてきてしまっているとも言えるのだった。


***


shingi.jpg
  【こういう風景が見れるとホント安心する】


会社全体の売上不調時に、自分の頑張りで踏ん張れないってのは辛い。

でも「自分が自分が」って言えない立場ってのも同時にあって、ほーんとここ何年も悩んできた。


たまたま去年産休育休に入った社員がいて、4月に退職した技術者がいてティアマットの今年度は切り手が二人減った。

なので、この時期に私ももっとサロンに立とうじゃないか!って決意をしたのだった。


もちろん他の技術者を優先しての入客なので、
新人技術者の様に新規フリー客をガンガンこなすわけではないけど、これまでがほぼ0だったので、とても新鮮☆

数か月が経過して、新しい指名客もどんどん増えてきた。

今までと比べて、技術者の時間帯が増えて外の仕事は減ったけど、楽しいなぁって思う私もいる。

やっぱり自分も美容技術者なんだなぁって、最近はとても自覚しているのだった。


そしてこれもティアマットが今の規模になってから、ずーっと言い続けている事なんだけど

店舗の目標売上を、


【私の売上抜きで達成してほしい】


でも今日まで17年やっても、それは叶わない。

ので、もうそれを望み続けるのは一回止めて
一先ず自分が頑張ってあげられる【保険】の部分を増やせるのであれば、この機会に増やしちまおう!

そんな風に、考え方をシフトしたのだった。


***



10月からまた一人切り手が増え
そして今徐々に入客の機会を増やして、まさに技術者に上がろうとするjrスタイリストが二人スタンバっている。


0011.jpg  200017.jpg
【川名さんと安田さんには、女性技術者としてとても期待しております】


つまり今のティアマットは、10月からせーので3人の切り手が新技術者としてスタートすることになったのだった。

今はまだjrスタイリストの二人は、私たち指導員が監督しつつの入客だけど、徐々に力をつけているのをヒシヒシと感じてる私がいる。

きっと、本人たちもそれは自覚していることだろう。
まったくもって楽しみな、存在である。


彼らが昇格したら、また後ろへ下がるつもりなので、私の技術者メインのサロンワークは期間限定なのかもしれないけど、

せっかくの機会なので、もうちょっと増えたサロンワークの時間を楽しめたらいいなーって思ってる。


次回のアップは最終営業日
12/30土曜日にアップしますので、よろしくお願いします。


今年最後の社長ぶろぐへ続く!!


538:美容師としてサロンに立とう


P1050888.jpg


以前も書いたことがあるけど、社長ぶろぐを書く時って

月曜日くらいから、なんとなーくこんな話題を書こうかなぁって思いつつ
金曜日に向けて、時間のある時に一気に書き上げることが多い。

だけど、内容を考えているうちにタイプしているうちに
どんどん入れたい内容が増えてきてしまって、最近では数話にわたってしまうというパターンがよくある。で、これはもう諦めてる(笑)

また数話に分けて書いているうちに、途中でホットな話題が出てくるときもあって
それが時系列的に、分けて書いているものの後ろになってしまうのが、もどかしかったりもする。

ちなみにコレも、すでに諦めてる┐(´∀`)┌


これが【今年の社長ぶろぐ的反省】かなー、なんて思ってみたり。思わなかったり


そろそろ、今年最後のぶろぐを考えようかなぁって思ってるんだけど
書こうと思っている話題がまーた、かなりの長文になっちゃいそうなので、

今年最後の社長ぶろぐに繋がるような文章を、先行して今回から始めちゃおうと、そんな作戦で決めた!


ので始めるよっ☆



***


少し前の社長ぶろぐで、今年は【少し大きめの転機】があるって書いた。

いよいよそれも終盤に差し掛かり、そろそろ着地点が見えてきた。
あともう少しだけ進められたら、完了しそうな感じだ。

あとは結果の出るように、工夫して頑張って行きたい。


今年度に入ってから、私が決意したこと
と言うか、私の中でも決め事があって

それは、もうちょっと【美容師としてサロンに立とう】ってこと。


私は17年前にティアマットを立ち上げてから、自分が積極的に自分の顧客以外のお客様に入客することをしてこなかった。

それは開業した時、すでにそれなり数の顧客を私が持っていたってのもあるけど
他の技術者に、いち早く顧客を掴んでもらいたいって言う気持ちも強かった。

そして何より、『自分と言う社長でもある技術者がずーっと一番前でいるのは、美容室という会社を経営していく上でイカン』と考えているってのがあったのだ。

このオーナースタイリストの技術者としての在り方に関しては、色んな考え方のマネージャーが居ると思う。

常に自分がサロンで一番の技術者でありたいっていう、サロンオーナーもいるだろうしその考え方を否定るするワケではない。


かつての小さかったティアマットの頃は、【売上の大部分が私の上げる個人指名売り上げであり】、自分の休みや不調が店舗としての売上に即直結していた。

少し時間が進んで、ティアマットが今の店舗に移った当初は、
私以外に切り手が3人居たんだけど

その売上の対比は

私:他3人の技術者がほぼ1:1だった



徐々にその対比はずれていくことになっていくんだけど、やはり自分のウエィトが大きいってのは長い間変わらず

そこの部分についても、もっともっと自分の比率を下げたいっていう想いは常にあった。

↑にも書いた様に、私がずっと一番っていうのを望んでいないし


常に『私の事を早く追い出すつもりで、皆自分の指名売上を増やしてほしい』と伝えてきた。


もちろんそれは今でも変わっていない部分なんだけど、それだけに規模が大きくなってきている今の店舗において

【自分の頑張りで数字を引っ張っては行き辛い】っていう悩みは、常につきまとっていた。


つまり自分以外の技術者に優先的に新規フリーをまわしていると、
これだけ切り手の多いティアマットにおいては、フリー客が自分に回ってくる場面はほぼない。

基本的には誰かが対応できる状況下では、自分がフリー客に入客する場面はほぼ来ないのだ。


私も自分がでしゃばって、フリー客を回せって言ってこなかったし
それが当たり前になっていたので、仮に手が空いていてやる気があっても、社員が自分に声かける事のないのが普通になっており

『みんなが忙しいようなら自分にも声かけてね。』とは、ずっと言ってるけど
実際にフリー客をお願いしますって、言われたことはほどんどない。

これがかれこれ10数年続いているのが、今までの私の入客状況だった。


文字ばっかりで恐縮です!(そして長文)


次回へ続く!!

537:初めまして、めがねくん


前回の続き!


目の調子が悪いってのが、いよいよ深刻になってきたのを自覚。

色んな目薬を試したんだけど、その場凌ぎでしかない。
そんな症状を、古くからの知り合いで眼鏡な経営者話したところ


「蓮さん、眼科に行ったら?」



と、あまりにももっともな意見をもらう。

『でもさ、それで結果を突き付けられるのって嫌だなぁ。。。』


と返す、とても人間らしい私


「それって、疾患出てくるのが嫌だから健康診断しない人と一緒ですよ」

「経営者として、それはイカンですよ」


と、あまりにももっともで当然な意見を頂き
まったくもって切り返す言葉を持たない私は

勇気を出して、生まれて初めて自分の意志で眼科へ行く決意を固めた。


ただ、前述のように今までは目には自信があったので、眼科という選択肢がなかなか選べなかった私。

皮膚科とか歯科医には、しょっちゅう行くからまったく抵抗ないんだけど(月イチ)

自分がほとんどかからない科には、どうしても足が遠のくのは私だけではないはず。


こういう部分は、ほーんと人間らしい人間だと誇る反面
ほぼ毎日車通勤で、移動のほぼ全てが車な私なので

運転中に文字が見えづらかったり、すぐ疲れ目のように目がシパシパするのは、ほんとマズイと自覚(下手すりゃ命にかかわるかんね)


kagura9.jpg
【見えづらい時、多分こんな顔になってると思う】



いよいよどうしようもなくなって来ている私がいることも事実なので、お休みの日にインフルエンザの予防接種とセットで、眼科へ行ったのだった。


*** 


ほとんど眼科にかかったことがないので、うまく説明する自信もないので
思いつく症状を箇条書きにして、ドクターに手渡す。

「もしかしたら視力が落ちたのかもしれませんね」とドクター


結果

右0.6 左0.8



どわわーーん。(ノ><)ノ

だーいぶ落ちてる事実を突きつけられる。

が、ここからが素人の私にはわからない部分なんだけど
両目では1.5との結果。(なんで両目だとこんなに違うんだ?)


そうなんです。

私も自分でも目の調子がとても悪い、
とか焦点が合いづらいなぁ。っていう自覚はあったんだけど

目が悪くなったという認識は、実はほどんどなく
pc作業をしてても苦にならないし
小さい字でも結構普通に見えるので、今まで通りの感覚で本も読める。

ただ遠くのものは、大きくてもにじんで見える



kanichui.jpg
【ホント大きな看板なんかも、遠いとにじむんだよね】


皆が言う近視や老眼とは違うなぁってのは、ずっと思っていたのだった。

実際に近視眼鏡や老眼鏡をかけても、裸眼の方が調子いい私もいたしね。


でも、目が悪いっていう症状って
実はもう一つあるよね。


【ザ・乱視】



やっぱり今まで通りにはいかんとので
生まれて初めて自分の為に度入りの眼鏡を作りました。


はじめまして。メガネくん


20171205_124633_20171208120054b83.jpg
【もちろんフレームはドラゴンズブルーだ!】


これってほーんと最初は慣れんね。

視界が良くなってるんでしょうけど、見えるようになったんでしょうけど


すっごい外したくなる!!



眼鏡な先輩達に聞いても、皆最初はソウダヨと
お揃いの回答なので、きっとそうなのでしょう。


でも、ほーーんと慣れん!
( ゚,_ゝ`)タスケテー


ホントにそのうち慣れるのでしょうか?
謎はまだ始まったばかりである。


ちなみに今まで、運転中にはほぼ100%サングラスをする習慣があったんだけど(雨でも)

眼鏡をした状態で、なんとかならんもんかと色々思案中

まぁ度入りのサングラスを作れって、話なんでしょうけど
度の入ったスポーツタイプってのが、特注になってしまうのが悩ましいところ。

今のサングラスが気に入ってるから、どーにかならんかなぁ。。。


20171127_140010_201712051750387d4.jpg  20171127_133743_201712051750358a0.jpg
【サングラスをしながら、眼鏡もかけるのを色々試してる】


この新しい眼鏡生活

きっとそのうち、この場面では眼鏡をして
これこれの時は裸眼、もしくはサングラス


なんてパターンが出来てくるんだろうね。
でもその日はいつ来るのだろうか。。。。



はやく来てほしいものです。はい


536:目が悪くなった?


6072.jpg


今日から12月ですね。

んで、今年は暦の関係上、今年の最終営業日(12/30)に
2017年最後の社長ぶろぐをアップする事になりそう。

今年中に書いときたいことが、いくつかあるんだけど
全てにおいて、長文になっちゃいそうで、きっと何回かに分けてアップしていくことになると思う。

今年に入ってからの社長ぶろぐって、こういうパターンがすっげぇ多いなぁって自覚はしてたんだけど

いつだったか書いたことがあったと思うけど、
一回のぶろぐは1200文字を目安に完結させようとはしてる、
が、毎回綺麗に収まるわけはずもなく

平均すっと、1500文字くらいなのかなー、なんて分析している。


もー、書き出すとすーぐ横にそれたり
あ、この話も書き足したいとか、すーぐ思っちゃうのでなかなか話が進まない。

なので、これはもう諦めてる(笑)


ついこの前、貴重な社長ぶろぐファンからも指摘されて、
やっぱり気が付く人は気が付いてるんだなーって、改めて思った次第でございます。はい

でもね、この社長ぶろぐは私のやりたいように、自分のペースでやるって決めてるので、それでいいのだと思う。

だからこそ、これだけの文字数を毎週
基本的にはサボらずに書けてるのだ!と言い聞かせてる。


そう言えば(脱線将軍)
以前お客様とこの社長ぶろぐの話題になった時にね(確か夏前くらい)

『今までサロンではよく話題にした話を、ぶろぐに残しておきたいんだよねー』


なんて話をしていて、
それがあったから今年は、自分の【二輪時代】の話とか、

それこそ美容院という舞台では凄い話題に上がるけど、そういえばこれってどこにも残してないなぁ、
っていうのが気にはなっていたので【髪の毛の都市伝説】をテーマに書いたりしたんだよね。


chisanaaibou1.jpg  doraiya_2017082510504182b.jpg


でも普段口頭で伝えていることを、改めて文章にすると
ああいうボリュームになっちゃうんだと思う。

なので、きっと今回もそういうことなのでしょう。うん

って、まだ全然本題に入ってない(のにすでに700文字ww)


***


今まで目には自信があって、今まで目で困ったことはなかった。

と、言っても

あっしの目がカックイイって言っているわけではなく、視力の話。


549691_341014442645634_1004661951_n.jpg
    【眼には自信のあったおとこ】

   
その昔、受験勉強の時頭痛がひどく、内科にかかったら
もしかしたら目からくる頭痛かもしれないと診断され、生まれて初めての眼科にかかったのだった。


その時遠視の気があると、診断された私の視力は

右2.0 左2.2


という、ちょっと驚異的な数字だった( ´∀`)

当時のドクターに、「君はきっと老眼が早いと思うよ。」
と言われたのを、今でもよーく覚えている。


でも、まだ少年時代の私には、老眼が早いと言われてもピンとくるわけもなく

『へぇー、そうなんだー』

ってくらいの感覚だった。


そんな時代から数十年

今年に入ってから、非常に目の調子が悪い。



色んな人に喋っていた事なんだけど、
なんだか急に視界が悪くなったのを感じていた。

ただ、本を読む時や、小さい字を見るのはまったく苦にならないし
俗にいう手元の大きい字を、離さないと見えないみたいな、【ザ・老眼】ってワケではなく。

テレビの字幕とか、道路の渋滞〇〇キロみたいな

電子文字っていうんですかね?それらがにじんで見えるのを自覚し始めた。


juutai.jpg
【毎日運転するからね、見え方とか違ってくるとすぐ気が付く】


最初は疲れ目とかなのかなー、なんて思ったりもしてて
でもよーく寝た日の翌朝でも、すぐ疲れ目のようなボワっとするような症状はなくならず。

もしかして白内障かも?
もしかして眼圧が高いのか?

などなど、徐々に心配になってきた。

原因も分からないから、自己流に調べたり聞いたりして、なんとかいい方向へ持っていきたかった。


***


ほーらね、やっぱり終わる気配ないじゃない。
(もちろん私の文章力のせいだよっ、自覚してるさ)

次回
へ続くよっ!!


お付き合いタノンマス m(__)m

プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる