FC2ブログ

596:思い出補正


前回
の続き!!


肉の佐藤のちょっと東急側に
学生の頃足しげく通ったお店があったのを思い出した。


知る人ぞ知るお店【JOYTIME】


joytaime1298963430_photo.jpg


当時はまだバブル期で、軽食をしたいなーって思ってもそれなりの値段を取られてしまうことの多かった時代に
かなりの低価格で洋食を食べれる、私達学生にとっては、とてもとてもありがたい存在だった。

ちなみに私はここで、生まれて初めてナポリタンとミートソース以外のスパゲッティに出会い、特にカルボナーラには、ほーんと驚かされた。

その思い出補正があるんだと思う。
いまだに好きなパスタランキングで、私の中で常に上位にある。

ちなみに昨日の夕飯に食べた(笑)


joytime2.jpg
【今見るとそこまで安くないかもだけど、当時は画期的だったんだよ】


そんなジョイタイムは、バーミヤンになっててちょっと残念。

少し気になったので、ネットで調べたらもうどこの店舗もないらしく、
私世代のブロガーが懐かしでアップしているのを、けっこう見かけた。


***


そして肉の佐藤を越えて吉祥寺駅方面へ歩くと、ちょっときつめにお茶の香りがしてくる

ここのお茶さんも、昔からあったなぁ
なんて匂いで思い出すってのも、なんだか変な感じね(笑)


ochayasan.jpg


たしかこのお茶屋さんの隣に、おでんの具みたいなモノを扱うお総菜屋さんがあって
少年時代にこの商店街に来ると、必ずそこで一品二品を買って帰るのが我が家の習慣だった。

もうないんだろうなー、って通ったけどやっぱりなかったわ


そうそう
ハーモニカ横丁ってのが、肉の佐藤の後ろ辺りにあるんだけど


141148.jpg


そこを通り抜けると、初めての野球帽の時にもお世話になった、伊勢丹方面へ抜けるショートカットになって非常に便利だ。

だけど当時、バブル前の吉祥寺には日雇い系の人も多く
その人達が昼間っから飲んでたりするので、「ガラが悪いから通っちゃダメ!」

ってキツく言われてた。
そうは言っても、やはりショートカットはしたいので通ったら
やっぱり小学校低学年の自分には、そこの大人たちは怖く思えた。


141204.jpg
【当時の私には怖い人ばかりに見えた】


ある程度の年齢になっても、なんとなーく避ける私がいた。

こういうのも思い出補正なんだろうねー


ここが今凄いお洒落になって、人気スポットだって情報はあったので寄ってみたら。


すげーーお洒落だ!!



141221.jpg  141251.jpg


これは人気出るの分かるなぁ。。
通りのイメージは昔ながらの道なのにもかかわらず、これだけお洒落なお店が入ってたら、そりゃカッコイイわー


***


今度はサンロード方面へ足を伸ばしてみる。
角のマクドナルドは相変わらず健在。


makkukiti.jpg


まぁこの場所のマクドナルドは、とてもドル箱なんだろうなぁって、ここは通るたんびにおもう。

そう言えば、隣の小学校の二学年上の先輩で
すごい憧れていた人が、高校生になった時にここでアルバイトをしていたなぁ。

その人を見たくて、わざわざ買いに来た事もあった。
ちなみに私が勝手に憧れてただけだから、相手は一ミリも私の事なんか知らないw

もし知ってたとしても、中学二年の私になんか
まるで興味のない事だろう(‘▽’) カナシー


ちょっとまだぜーんぜん収まらないので、


今回も次回へ続く!!


スポンサーサイト



595:よく知ってるはずの商店街も


kitieki.jpg


先週、ひっさしぶりに吉祥寺に行ったんだーってな話を書きましたが
今日はその続編と言うか、そんな感じのお話です。

でも吉祥寺の事を掘り下げたりはしないと思うので、なーんの参考やガイドなんかにはならんからご注意くださいΨ(`∀´)Ψ


***


何度かここでも書いたことありますが、吉祥寺は私の地元。

ただ私は賑やかな武蔵野側ではなく、井の頭公園を越えてさらにさらに世田谷杉並方面に30分位歩く、どこの駅からも遠い東京三鷹市の田舎者。

実際に学生の頃使っていた駅は吉祥寺ではあるんだけど
吉祥寺駅から歩くとなると、おそらく大人の足で40分はかかると思う。

井の頭公園も皆さんイメージするは、池の周りかもだけど


inokashirakou.jpg
【この池でボートに乗ると、弁天様が嫉妬して別れると言われてるんだよ】


実は井の頭公園って、もっともっと広くって、玉川上水を越えてさらに歩く私の実家は
本当に吉祥寺が地元って言っていいのか憚られるような場所でもある(笑)

そんな立地なので、私の実家の周りの人間達は大体一人一台(自動車かオートバイ)っていう感覚の人が多い。

ちなみに私が二輪乗りだったって話は書いたことあると思うけど、実にうちの家族は一番下の妹を除いて
父母はもちろん、私と年の近い妹をはじめ
おじいちゃんやおばあちゃんまで、全員二輪乗りだった。


turingu_20170609152101436.jpg
【私にとってオートバイがあるのは、普通のコトだった】


そんな環境なので、私も基本的にはドアドアで移動するから、
駅を通るってことはあっても、駅の施設や駅そのものを利用するってことは、19歳で実家を離れてからほぼ皆無だった。

つまり私の吉祥寺駅の記憶は25年くらい前、ということになるのだ。


あ、たまに吉祥寺の○○に用事があって、ってのはあったけど
それも直接そこへピンポイントで行くことになるから、街がどうこうってのは全然更新されずにいたのだった。


そんな私が先週普段だったら赤坂にある銀行支店で済ませる用事を、思いついたその日が丁度お休みだったので

わざわざ赤坂まで行くのもアレだなー、っておもい吉祥寺の支店に行くことにしたのだった。

普段だったら↑にも書いた様に、ピンポイントそこの施設に行ってすぐ帰っちゃう私なんだけど

季節外れのポカポカ天気が、私を実に20数年ぶりの吉祥寺へいざなったのだった。


***


学生の頃よく通ったチェリーナード、ダイヤ街、サンロード。
お店は変われど道は変わらない。

良く知っているはずの商店街の街並み
でもお店はぜーーーんぜん違う。

肉の佐藤がある。
これは自分が物心ついた時からあるので、勿論知っている。
ここが今大人気だってのも、聞いてはいた。

聞いてはいたけど、この行列には恐れ入った!!


nikunosatou.jpg
      【↑分かりにくいんだけど、すげーー並んでる】


ハッキリ言うぞ。
確かに美味しいけど、そこまで美味しくないぞ!!

並び過ぎだぁぁぁぁ



レンガ街の外観はそのままだったけど
ろくでなしブルースでよく登場していた【6MARU8】は、もうないようだ。


rokumaru.jpg  141023.jpg
【実は先に漫画の方から知り得た、珍しいパターン】


実際のところは知らないけど、当時の経営者が40歳だったとしても
もう引退していてもおかしくないんだろうなぁ。


サラッと書くつもりが、思ったよりボリューム出てきた!

続きは次回!! 


594:百から一ひいて


一日勘違いしてた!!
今日土曜日じゃないかーー てっきり金曜日かと。。。

んなワケで、今週の社長ぶろぐ、一日遅れになりました><スンマセン


***


今週の月曜日、気温がものすっごく高かった日
たまたま休みと重なって、さらにちょっと吉祥寺に行く用事があった。


そうそう(脱線魔界村)
吉祥寺って私の地元ではあるんだけど、私が良く吉祥寺を利用していたのは18歳くらいまでで

その辺から、まったく電車を利用しない生活が始まり
そうなると、基本的に実家へ行くときも駅を経由することが無くなる為、
ほぼまったく、吉祥寺駅を使うことがなくなったのだった。


kitieki.jpg
【なんというか、とても清潔感のある駅になったもんだ】


いやー、ヒッサシぶりに吉祥寺駅周辺をあるきましたが、かわったなーーー
道は一緒なんだけど、街の雰囲気というか店舗というか

やー、ホント随分変わったってのは聞いてはいたけど、想像以上だった。

って、この話書き出すと今日の本編に辿り着けそうにないので
この話はちょっと別の機会に書くことにする!(写メも撮ったし)


話を戻して戻して

その日天気も良く、節分を越えたってのもあったので
せっかく実家方面に行くんだったら、産土神社の牟礼新明神社も行くかーってノリでお参りに行くことに。


shi.jpg
【ほーんと、私にとってのパワースポットだわー】


平日の昼下がり、元々ひっそりとしているんだけど、ポカポカ陽気で気持ちが良い。

そう言えば年初以来だなぁなんて思いながら、お参りを済ます。

石で出来たベンチに座って、ちょこっとだけ深呼吸をしたときに
ほらなんていうのかな、その年の厄年だったりの年号が書いてあるよね。


yakudoshinokami.jpg
          【こんなやつ】


今までその厄年、ってのしか目に入っていなかったんだけど
還暦とか米寿とか、そんな方たちの年号もあるんだね。

そっかー、なんて思って眺めてたんだけど
これは私が知らなかっただけで、色々あるんですね。


還暦(60歳)と米寿(88歳)ってのはもちろん知っていたし、他にもあるってのは分かってはいたんだけど

他の長寿のお祝いについて具体的に知らなくって、古希や傘寿はまーったく知識としてなかった。


kanrekinado.jpg


***


翌日
そんな話をとある今年米寿を迎える年配のお客様にしたところ

『蓮ちゃん、なんでそう書くか知ってる?』と言われ、その理由を教わる事に
皆さんの中では知ってる方も多いかもだけど、私はその理由というか、その意味合いにちょっと感動した!


kanrekiaka_20190209134849528.png


【還暦の歴ひとまわりで六十】ってくらいは、私も分かってはいたんだけど

米寿>>八十八で米(縦で並べてみてくれ!)
傘寿(旧字の傘はsun仐と書く)>>八十(上と同様!)
                             


いやぁ、この発想は凄い!!



そして九十九歳の【白寿】


百から一をひいて、ってのには感動した!!



昔の人は頭良かったって、というか柔軟な思考を持っていた
って事なんだろうなぁ。。


***


obonnnno.jpg


その昔、父方のおじいちゃんが生きていたころ。
少年時代の私は、お盆にはなんで茄子とキュウリなの??


『来たよー( ´ ▽` )ノ 』
kyuuritonasu.jpg
              『(´o`)マタネー』


って聞いたことがあって、その時じいさんは

「そんなんおめぇ、馬でぇ駆けてきて、牛でゆっくりけぇるんだよ」って教えてくれた。


『じゃあホオズキはなんで?』と聞く私に

「そりゃあ時季だからだぁ」
と答えてくれた。


のちにホオズキの正しい意味を知って、これは後に笑い話になるんだけど
こういう知識って、人から人へ伝わるのが正しいのだと思う。


なんだか、とても気分が良い


hoozuki_20190209133042f68.jpg chouchin2_201902091330414f4.jpg
【今年のお盆には、ホオズキ持って迎え行こうかしら(笑)】


593:五十二週


今日から二月ですね。早い早い
ここへ来て、ナント二人目のインフルエンザが発生!

なんともこの短期間に、一気に増えましたなぁ。。。
インフルエンザは他の体調不良やケガと違い、

『様子見て大丈夫そうだったら出勤してねー』って言えない。

期日が過ぎるまで待機してもらわないといけないのが、何とも大変だ!


***


ishiyakiimo.jpg
 【最近見なくなったなぁ。って思ってたらいた!】


さてさて、実に一月は、気が付いたら終わっている感じでした。

ちなみに、2019年は7日㈪から始まった企業も多く
ティアマットのある赤坂という街は、オフィス街でもあるので、その傾向は強く見られた気がする。


今年の一月に強く感じたのは
まず7日からっていう感覚があったのもあり、一週間経つとすでに月半ば

ちなみにティアマットでは、給料支給日が15日で
シャンプーやスタイリング剤の様な材料費の支払いが20日

なので、今月の給料の支払いが15日㈪であり
ついで、材料代の支払い日である20日が日曜日にあたるため、18日の金曜日に支払いを完了させなければならない。

んなワケで


その週、なんかお金がないゾーーー!! 

ってな事が起きたのだった


まぁそりゃそうだ
比較的大きな支払いが二つも同じ週にあって、おまけにお正月休みがあったんだから、入ってくるものも少ないんだもんね。

一瞬焦ったよ(笑)


ただ翌週の週末の入金で、何となく帳尻があって来て
あ、そうかって変になっとくしたのだった。

1月は確かに閑散期で、日数も少ないから
売上自体は低いのは分かってたんだけど、そこまで絶望的に悪いワケではないので、どこかで帳尻はあってくるよね。

ティアマットを18年も経営しているのに、いまだにこんな部分で焦るダメな経営者な私でしたΨ(`∀´)Ψ


よく一月は行く
二月は逃げる
三月は去る。
 っていう


その通りだなーって、毎年毎年想う

そして12月はお師匠さんも走るくらいの速度で過ぎていく。


hashiruoshou.jpg
    【秀逸な画像だなコレ!】


これはおそらくにっぽん人であれば、だれでも感じている事なんじゃないかなー

なので、一年は実は8か月なんじゃないかと、そんな風に考えるのは、きっと私だけじゃないだろう。

8か月って考えると、大事に使わんといかんよね時間。


一月もあっちゅーまでした。
でも、一年間って52週あるって聞いた。

ってことは、まだ52分の4しか消化していないことになる。


なんだ、一年ってまだまだあるじゃないか!!

と、↑に書いた8か月しかないってのと、まったく矛盾している事を言っている私(笑)


どっちに重きを置いて考えるかは、その年が良さそうなら48週もある!!

んで、ちょっと運勢ワルそうだったら
今年は一年は8か月!!

こんな考え方はいかがでしょーー?


プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる