FC2ブログ

79:水野直己という男がいる

oowakudani2.jpg


水野直己という男がいる。

パティシエの世界ではそこそこ知られるようになった人物で
今年の三月まで洋菓子の専門学校の講師を務めていた私の友人。


去年彼はチョコレートの世界大会で優勝し、
これからさらに成長を続けるであろう凄いヤツだ。


元彼女同士がお友達だったという変な縁で始まった私達だったのだが
職人同士という部分と、走り続ける性格の二人だったからなのか
友人の中でもちょっと特別なところに位置する人間だった。


彼の中で私もおそらく特別枠であったのだろうと思う。
先輩職人として、先輩経営者としての部分も含めて。


そんなにしょっちゅう飲みに行ったり、
何時間も電話で話し合ったりはしなかったけど、
彼が頑張っている事はいつも伝わってきていたし
そんな彼に蓮さんすげーよって言わせたくて
頑張っている私もいた。


実は私の同級生にはオリンピック選手(一人は幼稚園から一緒)
が2人いたりとか
後輩がやっぱりオリンピック選手だったりとか、


他の分野でも、なんだかすげー人間がチョコチョコいる。


でもそいつらと今接触がある訳ではなく、
彼らと知り合いだったんだゼ!
って自慢する沢山の人間の一人でしか私はない。



直己君は去年のチョコレートの世界大会。
ワールドチョコレートマスターズに参加する直前に
髪の毛を切りに来て、頑張ってこいと握手をして別れた。

彼から優勝しました!ってメールをもらった時は
自分の事のように嬉しかったのを覚えている。


そんな彼が実家の京都へ凱旋する事となった。
なかなかお互いの時間が取れないなか、私が考えた事は
彼をニュー相棒で実家まで送ろうと言う事だった。

もちろん向こうについたら、
京都の幸をごちそうしてもらう気満々な訳だが(笑


そしたら、ヤツは車を買ったのでそれで帰るとか言いやがる!



なので、私達は中間点というには東京寄りすぎるけど
箱根で一泊して、そこで別れようという話になった。



そんな経緯で私は今回箱根へと行ってきた訳だ。
現地集合現地解散。
そんな自分たちの関係がとっても気に入ってる。


男性って男同士では旅行とか
あまりしない人がほとんどだと思うんだけど、
私と直己君はなんだかそれが出来ちゃう関係で、
数年前も一緒に鬼怒川温泉に行った事がある。


その時は珍しく電車で行く事にして、浅草の松屋で
二時間っていう短い時間なのにも関わらず
大量のビールと駅弁を購入して、着くころには
すでに腹いっぱいの酔っぱらいが完成してたw


彫刻の森を出て先にチェックインした私は、
受付のお姉さんが綺麗だナって思いながら
まず彼の為にウェルカムドリンクプレミアムモルツ
を購入し冷蔵庫へ冷やす(もちろん自分の為でもある)

冷蔵庫を開けるとそこにはウェルカムフルーツが置いてあったので
それは早々と先に食っといた Ψ(`∀´)Ψヤッタゼ!



ビールを一本空けた頃直巳君からメールが入って
こちらに到着するのは7時くらいになるという。


ほいじゃあ先に風呂入るか~と、彼を待たずに入浴。
この辺が実に私っぽい ><テヘ


おー露天風呂いいぢゃな~い。素敵じゃな~い


お風呂のロッカーは13番を選んだ。
もちろんこれは岩瀬である。


火曜水曜とナイターを見に行く予定のあった私は
それに対する準備も怠らない(これが準備かどうかは謎!)


部屋に戻ってしばらくすると、直己君がキタ。


「道中おつかれさま~」という私にヤツは



「蓮さん、スピードオーバーで捕まっちゃいました!」




なにーー!!




つい先日やっていた交通警察24時みたいな番組で
小田原厚木道路の取り締まりをやっていたのを見ていた私は
あそこの区間だけは絶対にアクセルを踏まなかったのだ。



 勝った!





さぁ宴会のはじまりだ!。


和食のコースを食べながら、今までのしてきた仕事や
これからやっていきたい仕事の話や夢の話。

一度企画していた直己君との2007年計画。
これは残念ながら出来なかったけど、
これから一緒にやれるであろう、協力体制の話。


私は自分の立場上、こういう話を心から出来る人は少ない。
とっても彼の存在がありがたいと思う。


食後風呂に入ろうと強引に風呂場に連れてかれ
本日二度目の露天風呂。

そこでもずっとそんな話を続けていた。

もちろん仕事の話ばかりじゃない。
お互いの家族の話も、恋愛の話も。



私達の話がちょっと変わった内容だったのかもしれない。
同じ露天風呂に入っていた男性が
ずっとあがらず、話を聞いてるように思えた。


うん。聞かれてるなーって分かっていたんだけど、
だからと言ってそれを隠すような会話じゃないし
お互いに本気で胸を張って言える意思確認の会話だったから


露天風呂を上がる時に、その男性に

『な! 君もそう思うだろ!!』って声をかけてみた。



そしたら、

「はい、僕もそう思います。」
って返してきた。




ずっ~っと聞いてたんだねぇ


お風呂から上がったら、近くにあるゲームコーナーに行って
太鼓の達人とゾンビを打つゲームをやった。
もちろん酔っ払ってるからうまく行くわけもない。


直己君の車の中につんであった、赤ワインをその後たいらげ


naomiwain.jpg wain2.jpg

       【そーとーうまかった】


どれだけ飲んだんだろうか、後半私は半分寝てた(笑


翌日聞いてみたら、返事がなかなか返ってこなくなって
「そろそろ寝ますか?」って聞いたら2秒で寝たらしいww



次の日はお別れの日。



oowakudani.jpg ← 【景色に混ぜてみた】


大涌谷へ二人で行って
黒たまごを食べて、握手して別れた。



「またな!」




親友ともライバルとも違う

私にとって彼みたいな存在はいない。




shuppatumae.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる