154:立ち上がれ【にわかファン】!

20060708_1944_450.jpg




自国が敗退してしまうと、興味の無くなってしまう人も
多いかとは思いますが、それはその人それぞれの楽しみ方。


やっぱりワールドカップは楽しかったですねぇ。


しかし、こんなに日本ってサッカー人気あったっけか?
ってくらいの後半の熱狂ぶりは凄かったw
そしてその熱はどこへ行った?まだひと月も経ってナインダぜ?


いえいえイインデス。

結果としてこれだけ盛り上がってくれればおっけいなんです。


始まる前はどっちかって言えば
冷えてましたよね?


「絶対に勝てるわけがない。」
「岡田監督のやり方じゃ、全然通用しないよ」
「あんまり興味ないよね。」

実際にそんな言葉が飛び交っていたのは事実。

ハッキリ言って水を差すような事を言っていたヤツらが多かった。
だからこそ、応援しよーぜーってそんなブログを書いたりした。

    応戦する姿勢その3
 

下馬評ではにっぽんの入っている予選E組は
3強1弱みたない扱いをされてたよね。
私はそれが悔しくてしかたがなかった!


が、予選一試合目のカメルーン戦で多くの人の予想を覆して
にっぽんは見事勝利した。

これで世の中の目が変わったのだった。


中には、あんなのマグレダヨって
相変わらず否定する事が、冷静な分析と勘違いしている
ツマンネー輩はまだ多く居たが、勝負は結果がすべて。


実際に視聴率をみれば、深夜の時間帯にもかかわらずのあの数字。
いかに心の中では期待していた人間が多かったって事の証拠だろう。


だったら素直に応援しやがれ!(*`Д´)ノテメーコノヤロー


次ぐオランダ戦では、素晴らしい善戦を繰り広げた事もあって
3戦目のデンマークとの戦いは、早朝の時間帯にもかかわらず
物凄い注目度で、そしてその試合の完璧な勝利によって
日本はかつてない程、ヒートアップしたように私は思える。



にっぽんのサッカーファンには大きく分けて二種類。

一つはJリーグが好きで、サッカー全般に興味がある人
もう一つはJリーグには全然興味ないけど、ワールドサッカーはよく観る人

どちらが偉くって、優れてるかななんて
比べるのもナンセンスだけど、たまにワールドサッカーを観る方が
高尚だって勘違いしてるヤツがいるけど
そんな程度の低い奴はほっときましょう。


そして、元々その競技が好きな人よりも
断然一気に盛り上がるのが【にわかファン】。
そして、盛り上がったベクトルと同じベクトルで冷めていくのも
【にわかファン】の特徴と言えるだろう。


だけど、こういう国を挙げた祭典ってのは、
いかに【にわかファン】が盛り上げるか、が重要なんだと思う。


にわかファンの熱の入り方が、物凄い影響を与えると思う。

それくらい【にわかファン】が大事なんだと思う。



そしてにわかファンの筆頭がマスコミである。





最初はすげーニヒってた、そんなヤツらが急にしたり顔で
強烈なにっぽんのサッカーサポーターになる。


その『手のひら返し』はちょっと面白くないが
勝負の世界だから勝つことによって、
扱いが変わるのというのは、それはおっけい。



WBCもオリンピックにも、まったく同じ事が言える。
今まで陸上とか水泳なんかに、全く興味なかった人間が
その一時だけは、いっちょ前にウンチクを語ったりする。


それはそれで大いにけっこう
熱しやすく冷めやすいにっぽん人の私達だからこそ
こういう祭典では、全国民にわかファンになって
にっぽんの勝利を期待して、心から応援しようじゃねーか!


そしてもう一度ワールドカップとオリピックを日本に呼ぼうじゃないか!
私は少なくとも、生きているうちに経験したいぞ。



なぁ兄弟、みんなそう思うだろ!?




立ち上がれにわかファン!!

盛り上げよーぜニッポン人総にわかファンよ!



 ←我こそはにわかファンだ!って人はクリックだ!
スポンサーサイト
プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる