FC2ブログ

160:夏の終わりはまだなのか?

d0130714_2095752.jpg



なにやら 今年の気候はおかしな事になっていると思いません?
 
 梅雨にまったく雨が降らないなぁなんて思っていたら
 いつのまにか梅雨はあけていて 夏はすげー暑くって
 「今日の最高気温は35度です。」 って天気予報を聞いても 
 『そっか 昨日よりちょっと涼しくなりそうだね』 とか
 なんだか良く分からない事を口走っている自分がいたり。。。



この文章を覚えている人がいたら凄い!

これは私が顧客向けに書いている【ティアマットより】という
お知らせメールの出だしの部分。


私が人生で一番暑かったと記憶している夏は2004年の7月
上のメールを書いた年です。



忘れもしない、その年のその時期はあまりにも暑く
「新橋で42度です!」なんてのをニュースで聞いて


『なんだと!?インフルエンザぢゃねーか!
 なるほどこの異常な暑さは、東京がインフルエンザなんだ!』


なんて意味の分かるような、全然分からないようなことを
毎日喚いていたのよーく覚えている。



私達のような商売の繁忙期は3,7,12月と言われてて、
客数売上ともに高くなることが多い


そして商売人の中で、逆の意味でよく使われるのがニッパチ

ニッパチって言葉知ってます?簡単に説明すると

商売人がよく口にする言葉で、
小売業は二月八月は景気が悪いと言う事。

寒さ暑さのピークであるから売上が落ちるというのが定説だそうだ。
(散財する翌月なので財布のひもが固くなるという説もある)


そんな定説がある中、2004年の7月の売上は過去最低の水準だった。
開業4年目の繁忙期にも関わらず、そんな数字だった私は泣いた。

そして猛省すると共に、原因を考えた時
赤坂という、オフィス街にも関わらず
昼休みに人がぜんぜん表にでてない事に気がついた訳だ。
実際に街全体の景気が悪かったというのは、のちに教えてもらった。


ちなみにその年の8月は、涼しくなるのも早く
それが原因でもあったのか、
8月の売上は7月のそれを遥かに凌駕したのだった。

私の商売の歴史のなかで、8月の売上が7月を圧倒したのは
これが初めてで、これ以降訪れたことはない。


電車通勤しない私は、あまり考えなかったけど
その時ばかりは「強烈な暑さの中、出掛けるのがイヤ」
と、云う人間の当然ながらの心理に気が付いたそんな年だった。

夏大好き太陽大歓迎の私が、
初めてこの強烈な暑さを疎ましいと感じた夏だったのだ。



2004年の梅雨などすっ飛ばした7月のトンデモナイ暑さと
今年の残暑の強烈さは似てる。


ですが、今日の風は秋の足音を聞かせてくれる。
まだまだ日差しは強いけど、確実に風が変わってきた(気がする)

ひと雨ごとに気温の下がる秋がそろそろやってくる気が
ようやくしてきた。(歓迎はしてない)



長く強烈だった残暑は、人の足を鈍くさせたのか
8月の後半、赤坂の景気はイマイチだったそうだ。
ティアマットも例年よりは数字が伸びなかった。


でも終わらない夏はありませんからね。



夏もいよいよ後半。

あつーい夏が来ると、その年の冬はとっても寒いらしい




早く涼しくなれ!という気持ちもないではないですが
涼しくなったらなったで、寂しくなるので
もうちょっとだけ惜しんでみましょー

って、今日はそんなお話でした。


おしまい


 ←今年の夏の暑さには参ったぜ!っていう人はクリックだ!!

スポンサーサイト



プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる