FC2ブログ

189:地震のお話3つめ【まだ余裕のある怒り】

gennpatu.jpg kishakaiken.jpg


今日の社長ぶろぐも前回前々回の続きのようなモノです。


前回の社長ぶろぐは、私が思っていたよりも
かなり反響がありまして、色んな方からメッセージを頂きました。

その内容は様々でしたが、皆さんも感心の高い話題だったようです。
全て真摯に受け止めております。ありがとう!


   前回の 社長ぶろぐ188:【東京の食料事情】はこちら←をクリック
     
   前々回の社長ぶろぐ187:【地震が一番キライ!】はこちら←をクリック



__


最初の混乱が収まり、少し全体が見えてきた今

私は今現在の風潮が【悪モノ探し】をしているように感じる時がある。



もちろん政府に批判が行くのは、当たり前だとして
今一番やり玉に挙げられているのは、東京電力と福島の原発

まぁそりゃそうだ


特に福島の原発に関しては、周りに与える被害もインパクトも甚大だ。
また放射能という、にっぽん人なら誰でも恐れる目には見えない恐怖


そんじょそこらの説明じゃ、頭じゃ納得しても
気持ちが付いていかない。

被害圏内にいる人達の気持ちを思うと腰が浮いてくる。
(飛びだしたくなると言意味)


そして、
私は原子力発電所のスタッフ及び研究者が気の毒でならない。



元々イメージが悪かった原発、
あのチェルノブイリ以降、さらに輪をかけてその印象は最悪だった。


それをここまで日常に浸透させて、且つ実用レベルまで持って行った。

少しずつ世間に認知され始め、
原発エネルギーのさらなる可能性を望まれるようになってきた。


それは並大抵の企業努力ではなかったはずだ。


それが一瞬にして消えた。


もうおそらく、にっぽんで原発が肯定的に語られる日は
当分は来ないだろう。



爆発の一番の理由は、これ間違いなく未曽有の大震災。
少なくとも老朽化や人災ばかりが直接的な理由じゃなかった。

確かに他にも色々原因があったとは思うが、
それは結果として出た事で、最善の安全対策はしてたと私は信じたい。


これだけの被害が出てしまった事を、ナシには到底出来ないが
これまでの研究と企業努力が一瞬で失われてしまった、という
職員や研究者達の気持ちも、少しだけ慮って挙げてほしいと思う。


もちろんだからと言って、その場しのぎに見えちゃうような
隠蔽するような会見をすれば、そりゃー怒られて当たりまえ。
そういうのはナシにしてもらいたい。

__


そして東京電力の記者会見にイライラしている人の気持ちも
すげーよく分かる。 分かるんだけど

まだ、普通の生活レベルから考えての不便さだと、
今現在電気が通っているからこその、
イライラだって事を忘れないでほしい。



もしこれが壊滅的に電力の供給が止まってしまって
回復の目途が立たないような状況だったらどう?

順番に電気を通すような
つまり輪番停電の逆で輪番通電みたいな事を提起して
それを記者会見で発表したら、その時皆はどう感じるんだろう?


そう考えると、まだ余裕のある【怒り】に私は思える。


停電も「停電はしません」って発表してから「やっぱりやります」

より

「停電しますよ」って発表して「しないで済みました」
って言う方が遥かに国民の怒りの度合いは低いはずだ。



普通の、今までと同じ生活レベルを求めるが故の
怒りであると言う事を、われわれ首都圏都心部の人間は
理解しないといけないと、私は考える。



色んな意見があると思うが、前回のぶろぐ同様
まだ【余裕のある怒り】、【余裕のある混乱】に私はみえる。


←私の言っている事も理解できる人はクリックだ!


スポンサーサイト
プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる