FC2ブログ

193:地震のお話7つ目【義援金の意味】

私達美容業を営む人間は、大体美容組合という組織に加入しており
ティアマットも、開業してから港区の美容組合に加入して、
毎月会費や保険料を納めてます。


昨日、毎月集金に来る港区の組合代表の先生が見えた。



いつものように、会費その他を納めていると
いつもとは違った内容の紙を差し出された。


7.jpg



その紙にざっと目を通すと

そこには1000円以上の義援金の協力と、
東京都美容組合の名前の入った義援金箱の設置を促す内容だった。



さらに、この協力は「強制ではありませんが」 

と、アンダーバーまでして強調して書いてある。




組合代表の方が言う


「先生(私の事)のところは2000円お願いします」



はぁ???



私『これって義務じゃないんですよね?』


「いえ義務でお願いします」


なにこれ??



そしてその組合が用意した、義援金箱を置いてくれとのこと。


その集金にくる港区組合代表の方を私は、先輩美容師としても尊敬しており
普段は絶対にそんな言い方はしないのですが、おもわず


『○○先生、義援金を義務と言ってはいけませんよ。
                それは絶対におかしい』




一瞬で怒りがこみ上げてきて、これ以上その場にいると
もっともっと糾弾しちゃいそうだったから
1000円だけ義援金として寄付し、その場は他の社員に任せて、
私はスタッフルームへ引っ込んだ。




ちなみにティアマットでは、有限会社ティアマットとして
義援金活動をしてます。


義援金活動、私はそれに関しての協力を惜しむつもりはない。


でも、こういうのは強制されてやるものでは絶対にないと私は思う。




これは私みたいなイチ美容室経営者が言う事ではないのだが、


実は私達の業界に、前回の事業仕分で【仕分け】が入った。

組合はそれに対して、毎月送られてくる会報で
釈明と撤回の署名を行った。



私を含む先人美容師達は、当然皆分かっていた事なのだが
私達の業界もハッキリ言って無駄が多い。

まったくいらない内容の講義や制度もある。


ただ、大きな人数が蠢くソコには
多くのお金も動く事も、大人の事情がある事も理解してるつもり。


私はそういう部分について、あまり文句は言わない。


けど、私はその署名をしなかった。




今回の義援金。

そういうアキレス腱も抱えている東京都美容同業組合が
東京美容同業組合として、いくらいくら義援金を寄付しました。
と、そういう足跡を残したいのではと
ちょっとイジワルな私は思ってしまうのだ。


でなければ、半強制的にお金を徴収するなんて
行為はしないと思うんだ。



私の性格的には、こういう場合は必ずその上役や
広報へ問い合わせる(苦情を言う事もある)


今回の件では私はそれをしなかった。

それはその徴収に来た人は元々尊敬に値する人物だったから。



だけど、今回の組合の行動には、
あまりにもあまりにも腹が立って腹が立って、ぶろぐにしてしまった。


今日は愚痴ブログになってしまいました。スンマセン。




地震と津波だけでも大変なのにさらに原発、
個人でできる事は少ない。

どこに身を置くかを見極めていきたい。



←私の怒りが分かってくれる人はクリックだ!


スポンサーサイト



プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる