FC2ブログ

242:費用対待遇と言えばいいのだろうか?

  コラムアップしました!
      美容業界を語るコラム36:【お客様目線】はコチラ←をクリック!    
  


***


私は江戸人なのですが、割と都内ホテルを利用します。
わが社では事務所が無いってのもあり、仕事に集中したい時は
ホテルを取ってそこで煮詰めるって事もある。

ホテル業って究極のサービス業だと思いますし、
同じサービス業の経営者として、勉強になる部分もとっても多い。

私もいつかはやってみたい事業の一つ。


と、いつもの様に前置きがなっちまったけど
まぁホテルに泊まるのが好きってこった。



去年プロ野球プレーオフの時に利用したとある宿が
コンシェルジュ階専用デスクとラウンジが、非常に気に入ったので

最近では前から好きな大浴場がある宿、
もしくはそういったラウンジが使えるホテルに
泊れる時は泊りたいなー、っていう新しい趣味が出来た私なのでした。


          社長ぶろぐ225:僕の遠足後編 は←コチラをクリックだ!


もちろん当然そんなにしょっちゅう行ける身分じゃない、
と言う事は先に言っとく!

誤解のないよーにナ!!



さてさて
フェイスブックでは少し呟きましたが、前々から気になっていた
某ディズニーランド周辺のホテルに泊る事に。

上に書いたように、専用デスクとラウンジに味を占めた私は
今回もそう言うコンシェルジュルームを取ってみたのだった。

うっひょー楽しみだゼー!Ψ(`∀´)Ψヒャッハー



当日現地に到着。

普通のホテル同様ベルが荷物を預かってくれる。
ここで私は地下駐車場に行き、駐車してからフロントへ戻ってくるのだが
その最初のエレベータで、「3階はフロントだよプルート!」

って世界で一番有名なネズミの声にテンションが上がるw



フロント到着。


おや?


期待していた雰囲気とは違って
なんだかザワザワしていて、雑多な雰囲気が気になるゾ?

そこかしこで子供達が走り回ったりしてる。

チェックアウトのお客様と被ったのか?
なんだかすげー混んでる。。。


ここは夢の国ですからね。
子供達が沢山いるのは、まぁそうだろうなー。うん・・・・・


「でもなぁ」
って言うその時の私の気持ち分かってくれるかしら?



気を取り直してチェックインしようと思うが長蛇の列に怯む。

「おかしいなぁ」、少しだけ金額の張る予約をした私です。
専用階とデスクでサササーって済ませると思ってたのにな。



ホテルの人にチェックインの方法を聞いてみると
○○時にならないとチェックイン出来ないらしい。
んで、その長蛇の列に並んでくれと言う。


んんん~、

そこで私は一応ずーずーしく言ってみた。


『すんません一応コンシェルジュルームでお願いしてるんですけど。。』


するとハッとしたその人は、名前を聞かれメモ紙でチェックしてくれ
別のデスクと専用ラウンジに案内してくれた。


よかった。。 と、少し安堵しつつ
『これくらいの特別扱いはあってイイですよね』
と思わず口に出してしまったのだった・。(それ位心配だった)


でもね、

私はたまたまこういう性格なので、図々しく声を掛けましたが
きっと一般的な人は言えないじゃないかなーって思う。
おかしいなぁって思いながらも長蛇の列にならんで、
順番が来て初めてそこで案内されるのが普通だと思う。

こういうストレスをさせないのが、少し高額の料金の意義じゃないのだろうか?
私はそう思う。須らくの良いサービスには遠いと思う。



時間は過ぎ、ディナーを食べた後
濃いお酒が飲みたい私は再びラウンジへ

時間は22時、私は一人なのでてきとーに窓際の席へ。

奥の方から、子供の声が聞こえてくる。
すげーなまだ起きてるんだ。と思うがまぁいい。



*** 暫くの時間が経過 ***


『6人なんですが大丈夫ですか?』そんな声が後ろから聞こえてくる

なるほど団体客か、それもあるだろうなー

すると、ホテル側の人間が

「すみません、ただ今テーブル席が満席でして、カウンターでも宜しいでしょうか?」



なにぃ!? 

6人をカウンターに座らせるってアリなのか???

その6人はそのままカウンター席に。


私は申し訳ないけど、これはおかしい!って思ったよ。

6人のカウンター席もありえないけど
もしそこのカウンターに私が一人、もしくは特別な人と一緒にいたら
6人の団体客が横に来られるのって絶対にイヤだよ。
両方にとって良い選択肢じゃない。

ちなみにそれなりに混雑しているそのラウンジは
圧倒的に従業員の人数が足りてない。


私はといえば、もうそれなりに酔っ払っているのと
SNSやらメールやらの返信をしていたので、あまり気にはならなかったけど
私もブランデーのロックにありつくまで、けぇっこうな時間がかかった。


待ち時間の多いお客と、そこを忙しく動く従業員。
お客と従業員の流れる時間が合致してないのだ。

ここがとても違和感なのだ!分かってもらえるだろうか?




確かにその専用ラウンジは清潔で、従業員教育も行き届いており
居心地の良い雰囲気である。

でもそれを生かせてはいない。
もし従業員が足りてないなら、それこそお客様をもっと縮小してもいいじゃないかなって思った。


私が今まで経験した専用ラウンジは、もうちょっと余裕があったし
時間がゆっくり流れるのを楽しめたよ。



それなりの金額を払っている、ここに居る人達は
ワンランク上のサービスが欲しいからそうしてるハズ。


スンマセン
こういう事をあんまり言うと、気分が悪い人もいるかもですが
少なくとも私は特別待遇をお金で買えるなら買いたい!
って思うからここに居る。

そんなに横柄な態度を取りたいって思ってはいないけど
それなりのストレスレスを私は要求したいよ。


ただこのホテルが酷かった!フザケンナ!!
って怒ってる訳じゃあないんだ。ここは念を押して言っておきたい。


お部屋もとても良かったし
アメニティやリネンも凄く勝手が良かった。
それこそ一流ホテルのソレだと思うよ。

ただその費用対効果というか、費用対待遇ってのが
私が払った金額と遠い!って思っちゃったのだった。


きっと、あの専用ラウンジには私よりも
もっともーっと高い金額を払っている人も居たはず。
(さらに上位の専用ラウンジは無かったはずだから)

であれば、もうちょっと良くてもイイハズって私は思っちゃうのだ。



夢の国です。ここは

でも金額だけは現実的。 イヤむしろ高い。

ディナーもそんなに美味しかった訳じゃない(もちろん決して不味くない)


んんん~、なかなか文章で伝えるのが難しいかもだけど

自分が払った金額の価値って人それぞれだけど
それと同格以上だと思えて初めて【良かった】って感じるんじゃないかな。


結構前にも料理屋の話でも似たような事を書きましたが
金額が高くても気にならない時もある。


高いなら高いなりに。
低いなら低いなりに。



今日はこんなお話でした。



←言わんとしている事が分かってくれる人はクリックだ!


P1050527koushien.jpg
【↑割と良く行くお気に入り温泉の一つですハイ】

スポンサーサイト
プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる