FC2ブログ

305:最高の指導者

私の野球好きは昨日今日始まったモノではありませんが、
今現役の選手で一番好きなのは、ぶっちぎりで岩瀬仁紀投手。


iwase132.jpg


これはもう何度も何度もぶろぐに書いているので、ご存じの人も多いはず。


そして最も尊敬する野球人は

【落合博満元中日監督】です。


ochitaitotanishite.jpg
【コレ、私が好きな写真の上位です】


以前の社長ぶろぐでも書いた事もありましたが、私の中日ファンが確定するきっかけになったのは落合さんだった。

   社長ぶろぐ169:【中日ファンな訳】は←コチラ 


中日ドラゴンズの放送がない東京で、スポーツニュースが始まるまでは起きていられない少年の頃の私

実家の読売新聞のスポーツ欄を毎朝チェックし
どんなに小さくとも落合選手の情報は逃さないようにしてた。
そんな少年の頃がなつかしい。

今ではpcで色んな情報が得られるからね。
まったくすげー時代になったもんだ。



彼の現役時代、そして中日の監督であった8年間の成果は言うまでもなく素晴らしいものだ。

「ウマく行ったら選手のおかげ、失敗したら監督のセイ」


この姿勢はまさに彼の監督としての信念の一つだろう。

私も経営者として大いにに共感できる部分でもある。


***


プロ野球というのはプロスポーツで、勝負事であるのと同時に興行である。
ファンあってはもちろんだけど、スポンサーあってのモノでもある。


落合監督は勝つ事が最大のファンサービスという信念を持っていた。これは間違いない

ただスポンサーやマスコミへの配慮が足りなかった。ってのもあったのかもしれない。

思い返すと放映権の問題や、応援団の締め出しなど
今まででは考えられなかった事態も多くあった。(肉声のみの応援は妙な迫力があって、他球団のファンがビビってけどねw)


色んな事を言われ続けてきた落合さんだけど、歴代最高最強の監督であったことは疑いようが無く、それはこの球団史上初の連覇という結果だけでなく

2004年就任後補強なしのイキナリのセリーグ制覇

そして51年ぶりの日本一

ナンと言っても就任期間8年間全てAクラス
(3位も一回だけ)

まったくもって素晴らしい、文句なしの成績である。


ただ、確かに落合さんは語らなすぎた。

言葉が少ないとかそういう次元じゃない。
恒例の2秒会見をずーっと続けてきたのは凄いとすら思う。

マスコミ各社が選ぶとされる野球殿堂入りも
選手としても監督としても充分すぎる成績を残しているにも関わらず、ここまでなかなか選ばれなかった人も珍しい。

うーん、嫌いっていう人や記者も多かったのもうなずける。
まぁ結局殿堂入りはしたけどね。



落合監督の凄さは、きっとこれからもっともっと語られていくのだと思う。

2011年リーグ優勝を決めたその年に、何故彼が解任なのか?
私もその時の想いを社長ぶろぐに書いたけど、それは憶測にしかすぎず

それをきっと生涯彼の口から語られる事はないだろう。
落合博満とはそういう男だ。私はそう思う。

私は口に出して言う。


『心から尊敬してます!』





ところで江戸人の私は毎日東京の街を車で走っていますが、車はトヨタではなくなってしまったけど、どこを走るのにも青い魂は忘れていない。

車だってこんな感じだ。


cls9.jpg cls10.jpg 


江戸人だけど、常に想いは遠い夜空にこだましているのだ!!



そんな尊敬してやまない落合さんのサインを、縁あって頂く事になった!
しかも彼が育てた最高のストッパー岩瀬投手のユニフォームに。


sain613.jpg


これに「あいよっ」てサインしてくれる心意気が嬉しい!


宝物が一つ増えました。



こいつぁー着れねぇぜ!!


sain6.jpg


←落合さんをすげぇ!って思う人はクリックだ!

スポンサーサイト



プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる