FC2ブログ

452:心無い連中

常々言ってますが、私は地震が一番キライ


例えば火事や津波などの天災は、まだなんとか動きが取れるけど
地震はおさまるのをただ待つしかない。
むしろ何もしない事が最善策だったりしますよね?

早くおさまってくれと!祈るしかない

そこで感じる自分の無力さが本当にイヤになるのだ。


あの東北の地震からわずか5年でまた起きてしまいました。
一日も早い復興復旧心よりお祈り申し上げます。


***


しっかし、こんな事態なのに心ない連中というのは湧いてくる。

空き巣、強盗、強姦


settoudan.jpg


そんな奴らを心から軽蔑する。


そしてこの事態で大車輪の活躍をしている彼等を、私は讃え応援したい。


jieitai3.jpg


彼らは人前ではご飯を食べない。

それは阪神淡路の地震の時当時、自衛官が「人の目がある」場所で缶詰を食べていたら、
それを「食事が足りてない被災者がいるのにけしからん」と批判する報道があったかららしい。

それから人目につかない場所で、缶詰などを急いで食べる習慣になったそうだ。


12993396_994039947339822_3506042970282830160_n.jpg


今の様な非常事態では、きっとさらに神経を使い
食事に時間を割くことなく復旧作業にあたっていることでしょう。


そんな彼らの活動に対し、こんな事態なのにあまりにも頭のオカシナ連中も湧いてくる。


8a1db687-s.jpg

8bdac338-s.jpg




ほんっと狂ってるんじゃないかと思う



そんな事してる暇あんだったら、
              
         お前らがやれ!!!




私達は彼らの行動活動を当たり前だと思っては決していけない。

非常事態に不眠不休の彼らを軽んじては絶対にいけない。



***


ネットに転がっていたお話


2年前旅行先での駐屯地祭で
例によって変な団体が来て私はやーな気分。
その集団に向かって
一人の女子高生とおぼしき少女が向かっていく。
少女「あんたら地元の人間か?」
団体「私達は全国から集まった市民団体で・・・云々」
少女「で、何しにきたんや?」
団体「憲法違反である自衛隊賛美につながる・・・云々」
少女「私は神戸の人間や。
はるばる電車のって何しにここまで来たかわかるか?」
団体「・・・・?」
少女「地震で埋もれた家族を助けてくれたのは
ここの部隊の人や。
寒い中ご飯作ってくれて、風呂も沸かしてくれて
夜は夜で槍持ってパトロールしてくれたのも
ここの部隊の人や。
私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。
あんたらにわかるか?
消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が。
でもここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・・」
最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は
次第に涙声に変わっていった。
あまりにも印象的だったのではっきり覚えている。
団体は撤退。
彼女が門をくぐった時に守衛さんが彼女に
社交辞令の軽い敬礼ではなく直立不動のまま敬礼していた。
—————
反対運動をする団体は、ただ闇雲に反対するだけでなく、
有効な代替案を提案しようとするなら、また違った存在価値もあるかもしれませんね。
自衛隊の活動については、まだまだ正確に知られてはいないものと思います。
私たちが普段からどれだけ守られているか、もっと広く正確に認識が広まっていってほしいですね。

スポンサーサイト



プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる