FC2ブログ

478:治ったよって言うレベルの差


shirokara2.jpg



前回の続き!!


なんだけど、イキナリ少しだけ脱線
そして今回は文字ばかりで、読みにくかったらスマン!


***


これはホーーントに昔っから思っていることで
普通骨折などの怪我をした際、ほとんどの人が整形外科へ行くと思うんだけど

骨折や靱帯断裂の様な重傷であれば、その病院でしばらくお世話になる。

でも「治ったよ」っていうレベルの差って凄い感じる。

また痛いから痛むから病院に行ったのにも関わらず
レントゲン等で異常が見られないと、「別にどこも悪くない。」なんて言われたりする。

何言ってるか分かりますかね?

つまりドクターの言う「要治療」や「治った」と、一般患者の思うそれは、乖離してることも多い。ってこと


私達一般人、特に運動する人間からするとそれって治ってるの?って言いたくなる瞬間がある。


医学的には医者的には折れた骨もくっついて、日常生活を送れるようになったら【治った】
と、言うのかもしれないけど

そうは言われても、まだ全然痛いし
普通に歩けるなんて言えない。ましてや以前の様に運動なんて出来っこない。

この状態で【治ったって言われても。。。】
って、そんな風に思ったことある人は沢山いるだろう。


10年ほど前の事だが、前回話したように元々持っている膝の爆弾が爆発し
その日は歩行困難になり、急遽救急病院に行くことになったんだが
そこにいた若い医師は、その時撮ったレントゲン写真をしげしげと眺め


「この膝の手術10年前のモノですよね。いやぁ、骨もくっ付いてるし特に問題ないんだけどなぁ。。

でも凄い辛そうですよね、でも治ってるんですよね」


って松葉つえ無しでは歩けない私を見てそう言い放った。


そして「特に出来る事はないので」って私は帰されたのだった。



その時、その医師の膝を砕いてやろうと思ったのは言うまでもない。
                 (こっちが怪我しててヨカッタナ!!(-_-x)


翌日、社員の一人が膝を囲むようにモーラステープ(処方箋の湿布)を巻いてサポーターをするとイイですよ。って簡単な処置をしてくれた。

そのおかげですげーーーー楽になったのだった


どっちが医者なんだよ!!って心から思ったよ。



と、こんなバカ医者は稀だとは思うけど
医者的な治っているって言うのと、痛む患者との乖離の例として思い出したので語らせてもらった。


***


話を本編に戻して戻して

去年の社長ぶろぐに書いたので覚えてる人もいるかもですが
去年の夏頃からとある整骨院に、しばらーくお世話になっており

↑に書いた春の怪我の時も、骨筋肉関節の事だと思いお世話になりにいったのですが

どうにもココでは改善が見込めなさそうなので、新しく紹介された今のクリニックに通う事になりました。


そこで感じたのが、同じ整骨院(接骨院)でも
随分と施術に差があるなぁ。って事で

同じライセンスで、似たような看板をかけているんだけど
ホントすーーーいぶんとやる事と治療方法が違うなあって感じた。

その時の自分がどっちと合うかって事が、ものすごーーく大事なんだなぁって心から感じたのでした。


クリニックを色々梯子するのもどうかとは思うけど、
改善が見込めないのなら疑問に感じたのなら、停滞が見て取れるなら
同業他社も見てみた方がいいかもなー、なんて思いました。


ちなみに今お世話になっているクリニックは、私の担当してる人も野球経験者で
【私の様な運動人が考える完治】をよく理解してくれているので、ホント助かる。

んなワケで、今のところ順調に回復しているようです。良かったわー。


***


と、なかなか前向きになれない日々が続いております私ですが、サングラスを損傷した時に相談したある信頼できる人に

「あと一回あるかもね。でもそれで終わるかな」

って言われたので、きっとこれが最後だと信じてるので大丈夫。ψ(‘―’*)



急には前向きになれずとも、余計な事を考えないようにはなってきたーΨ(`∀´)Ψ


おしまい

スポンサーサイト



プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる