FC2ブログ

523:髪の毛の都市伝説ぱーと4


さらにさらーに前回の続き!!


前回髪は伸び続けない、って話を書いて
最後に爪と髪は成分は似てるって話を書いた。

そう言えば爪で例えると分かりやすい例になるんだけど、
んで、こういう言い方をすると誤解されちゃうかもなんですが、「髪って死んだ細胞」なんです。

死んでるって言うと、ホントおかしな表現なんだけど
だからこそ、切っても痛くないし血も出ない

生えた先の毛が細胞分裂もするわけではなく、内側から伸び続けるのみ。
なので再生もしない。

爪も同様に、一度爪を損傷すると
そこの箇所が伸びて、切ってしまうまで自動的に再生はしませんよね?

そう、これは髪も一緒なのだ。



kamiimeji.jpg
【今回は画像がほとんどないので、一先ず貼っとく】


髪も一度損傷してしまうと、いっくらトリートメントを施したからと言って
生まれ変わるってことは絶対にないのだ。

一昔前のコンディショナーのCMで、剥がれたキューティクルがシューっと復活するみたいな映像を流していたけど、あれは間違いなく誇大広告でしょう。(笑)

(キューティクル系の画像を貼ろうと思ったんだけど、人によっては気持ち悪く思うかもしれないから貼らない)



実際には内部補償を施し、疑似キューティクルの様なモノを張って、手触りを改善していくようなカタチが一般的なのだ。


きっとこれも案外誤解されてる事なんじゃないかなー、って思うよ。


あ、そうそう爪と髪って話で思い出したんだけど

ちなみに爪と髪はほとんど同じような成分で構成されてるってのは、言った通りなんだけど

爪はサイクルと言うのはなく、伸ばしている期間は伸び続ける習性をもつ。

爪が生え変わった!


なんて話は聞いたことないと思うけど

これは爪と言う部位も頭髪と違って、ロット数の少ない部位なのと
一枚の単位で構成されていることと
そして何より爪と言う部位が一瞬でも無くなる、というのが人類にとって致命的な事態を引き起こすからなのだと思う。(モノが掴めなくなる)

もしかしたらかつては、爪も生え変わる人類がいたのかもしれないが、それは淘汰されて今には至ってはいないと言う事なのでしょう。


私の知人では爪を伸ばし続けている人は思い浮かばないけど、
髪の毛を伸ばしたいっていう女性には、職業柄多く出会う機会が多い。

でもやはり今まで書いてきたように、長くてもせいぜい腰のあたりまでなのが普通なんだけど

昔の職場にきたフリーのお客様で、三つ編みをしているのにも関わらずふくらはぎ位の長さのある女性が来店したことがある。

私が担当することになったんだけど、まぁ何が大変ってシャンプーが大変で、確か1時間くらいかかった気がする。

シャンプーボウルに髪があふれるくらいになっちゃって、洗い終わったら今度溶かすのがまぁ大変で大変で。

切るのも、そのままカット椅子に座ってもらっちゃうと床についちゃうので
立った状態で切らせてもらった記憶がある。

いやぁ。あれは大変だったなぁ(笑)(笑)


ちなみにその後のドライヤーも、超大変だったww


doraiya_2017082510504182b.jpg
   【この画像じゃ全く伝わらんね(笑】


まだまだ続くよ!

多分次が最終回☆

スポンサーサイト



プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる