FC2ブログ

567:暑いってニュースになるんですね。。


暑いってニュースになるんですね。。

確かにイキナリ真冬に夏日!!
とか
1月に25度!!(実際にあったかどうかはしらぬ)

もしくは季節外れの台風や、交通機関に影響を及ぼすくらいの大雪などなど

突発的な天候に関するニュースがトップにくるのは、珍しくないと思う。

だけど、それはあくまでもイレギュラーであるから、トップニュースとして取り上げるのであって

こう毎日毎日【暑い!!】がどの報道番組でも
トップニュースに来るのは、本当に珍しいのだと思います。


そんな中での西日本豪雨の自衛隊の復旧作業や、ボランティア活動の報道を見ているととても辛い。


ohurogunkan.jpg
【海上自衛隊軍艦のお風呂を解放したらしいですね:素晴らしい!!】


暑さでの二次災害なんて、考えたことなかった。
私の人生で、夏の大災害というのを経験してこなかったからなんだと思う。


***


私の記憶する最も古い事故や事件で、強烈に覚えているのが1985年の日航機墜落。

あれは忘れもしない8月12日で、真夏のことでした。

ただあの時は墜落そのもののインパクトは凄すぎて、強烈に覚えておりますが
インターネットやSNSどころか、携帯電話も一般的でなかった時代。

その後の残暑激しい中の遺体の回収作業や、それを判別しに来る遺族。
それはそれは凄惨極めたと、後の私は知ることになります。

ただ当時少年だった私に、オンタイムの情報や映像は入ってこなかったから、当時の私はその後の事まで考えなかったのだと思う。


また2011年の3月11日、東日本大震災
その時、無礼を承知で私はこんなことを当時口にしてました。

『真夏でなくてよかった』

これはもし長期休暇の最中だったりしたら、帰省も多い時期でしょうし
その地域の人以外の人達も,、そこへ出向いていた可能性が高かっただろう。

またもし真夏であったら、海水浴をしていた人は浜にいた人はともかく
沖に出てた人は、引き潮で戻れず全滅していたのではないか?

これは私自身が少年時代、母親の実家のある茨城県大洗村に、毎年海水浴にいくのが楽しみだった背景もあったからである。

そんな風に思っての言葉でした。


***


真夏におこった非常に大きな自然災害。
まだ7月の頭だったから、帰省する人とかはまだ少なかったかもしれませんが

そこからの復旧作業。
さらに毎日【暑いがトップニュース】になるような酷暑。

本当に本当に大変だと思います

お天気の森さんが、【劫暑】って言葉を使ってましたが、
これは永劫続くような暑さ、という意味らしい。

私はこれが当てはまる気がします。


自然災害は、まず生き延びれたことを喜ぶべきですが。
人はそこからまた暮らしていかなければいけない。

そこで今までの日常が乱れまくった惨状を、目の当たりにしたときに
果てしない絶望と、途方もない脱力感を感じるのだと思います。

でも、そこから生きていかなければいけない。


私には僅かな義援金と祈ることしか出来ません

無力さを痛感しますが、親身に考え続けようと思います。


スポンサーサイト
プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる