FC2ブログ

574:医療従事者は同じ感覚じゃイケナイ


ホントはこの話先週書くつもりだったんだけど、
先週は、またまたとんでもない自然災害が起きちゃって、それについて思う事を書きたかったので、

ちょっと話題が遅れちゃって恐縮です。

んで、この自然災害も含めて、ここのところ大きな話題ばかりなので、なかなか語られる事もないまま、どんどん薄くなっちゃってる感が否めないので

ここは私が書かねば!!という使命感があるので、遅れてしまっている話題なんだけど出したいと思います。


***


yamanee_201809141118287a3.jpg utidaa_2018091411182606b.jpg tukaharaa_20180914111825549.jpg


毎度毎度、スポーツ協会の話は
出るたんびに、「あーもう出ちゃったらおしまいだなぁ」って思う事がほとんど。

今のところ問題になっているのが、日大タックル問題を筆頭に
アマチュアボクシング連盟、居合道連盟、そして今回問題になっている体操。

と言うのも、この○○協会とか○○連盟みたいな
基本的に大本が一つしかない、団体はほとんどこういう構図が当て嵌まっちゃって

既得権益も、盛り沢山だから
この問題みたいに、問題が起きて外から指摘されて、メディアにさらされて、ココからようやっとメスが入るチャンスを得るのだと思う。

ハッキリ言って、ココだけじゃないぞ。
私は言うべき立場にないから、発言しないけど、もっともーーーっと出てくるよ。

何か問題が発生したり、抑え込みができなくなったらね。

と、この件についても書きたい事は山ほどあるんだけど、今回は別のおはなし。


***


私が今回あげたいのは↓の、8/28岐阜県の病院でおきたこの事件


nechuu.jpg


 28日、岐阜県警が岐阜県岐阜市一番町の「Y&M藤掛第一病院」で、80代の入院患者4人が26日から27日にかけて相次いで死亡したと発表。夜になり警察が殺人容疑で同病院を捜査した。

 警察によると、死亡した4人は病院の3、4階に入院していた。当時エアコンが故障中だったが、病院はとくに対策をせず放置し、患者が死亡。病院関係者の通報で、事態が発覚した。なお通報者は「20日からエアコンが故障していた」と話していたという。

 4人の死因は熱中症と見られているが、死亡診断書の死因は心不全となっていたことから、警察は「幅広い観点で捜査するため」として、殺人容疑で捜査を行う方針だ。

*8/30livedoornewsから引用


これに対して、病院側は病院側に今回の件に責任はまったくないと回答

そして当病院院長は下記の様な発言をした


senouuki.jpg


 28日には院長が記者の取材に応じ、4人の死亡について「元病が非常に恐ろしい病気なもんで(エアコン故障は関係ない)」「(亡くなった人は)非常に恐ろしい病気なので、COPDとかね、気管支ぜんそくとかたばこを飲んでたの。若いときに。やっぱりたばこは酷いね」と発言する。

 そして、エアコンの効いた部屋に移動させなかったことについては、「患者さんの中にも暑い部屋が良いという人もいるので、その人らには残ってもらっている」と説明。「病院としてはなにか問題があったとは考えていない」と言い切る。

 その態度は、患者を死なせてしまったことに罪の意識を感じている様子が見受けられず、「患者が若いときにたばこを吸ったから死んだのだ」と言わんばかり。受け答えがテレビで放送されると、ネットユーザーから「罪の意識がない」「人の命を軽く見ている」「自己保身だ」などと猛批判が上がることになった。



***


そりゃそうだ、あの会見を見て無責任すぎると思わない人が、いったいどれくらいいるのだろうか??


前にも書いた事があるけど、医療機関って
お金を払う方が「ありがとうございます」
って言う、ほーんと独特の世界。


もちろん医師も含めて、医療機関で従事する人達も労働者なワケだから、一般の会社員と同じ様に休暇もあっていいと思うし

一般の常識の範囲内での、労働をこなしてればイイのだと私も思う。


ただ一般の労働者と大きく違うのは、その扱う商品が(あえてそう言わせてもらう)人のダメージだと言う事。


皆回復したくて、元に戻りたくてそこへお金を払い、それがあって医療機関に従事する人間達は報酬を得ているということ。


皆さん普段から、かかりつけのクリニックがあると思うんだけど
例えばゴールデンウィークの直前とかに、「休みに入っちゃうから大目に薬出しときますね。」

って言われたことあると思う。

これって普通に、『はい、分かりました』ってなっちゃうところなんだけど
ちょっと考えてみると変だよね

だって、であるなら
普段からだって大目に出したっていいじゃんね。

お休みなのはそちらの都合なワケで、病気にはゴールデンウィークってないじゃんね。
かかる時はかかるし、辛い時は辛くなる。


***


o0557037210379937918.jpg


以前年末怪我で入院した時、年内最後のオペ日の直前だったため、
その年内に、私は手術を受ける事が出来た。

私より数日遅れて搬送されてきた、やはり同じ足の骨折の入院患者さんがいて

その患者さんに、看護婦さんが入院手術リハビリの説明をする際に


看護婦さん 「年内のオペ日が終わってしまって、来年の最初のオペとなります」

患者さん 『分かりました。で、日程はいつになりますか?』

看護婦さん 「年始最初のオペ日は1/8」になります」

患者さん 『え??そんなに先になるんですか??』

看護婦さん 「病院がお正月休みなんですよー」


私はこれを聞いた時に、お正月休みなのは分かる。
でも、怪我や病気にお正月休みはないだろう!?って強く思った。


確かに即座に命に関わるモノではないから、緊急性は低いんだろうけど、なるべく早い回復を望む気持ちを汲めないのだろうか??


これを疑問に思った私は退院後
知り合いの医師に、この話をしてみた。


「そう言えばそうですよね。考えた事なかった」



私はこの知り合いの医師を責めるつもりもないし、医療従事者のそういう感覚を責めるつもりない。

ただ、先にも書いた様に
貴方達が扱う商品は、【ダメージを負った人である】って事を自覚してもらいたい。


今回の事件だって
エアコンが壊れたから、修理を依頼して待ってた。

確かに、これが一般の会社だったら、「エアコン壊れちゃってさー、修理頼んでもなかなか来ないんだよね」

で、済んでもいいのかもしれない

だけど、


医療従事者はおんなじ感覚じゃ絶対にイケナイ!!



私はこれを強く言っときたい

スポンサーサイト
プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる