FC2ブログ

625:やらない空気感

前回の続き!!

夏のスクーリングが始まり、心配していた新一年生達といえば、
ほとんど脱落者もなく、極めて順調に通ってくれて良かった。


んで、あんまりこれは言うと悪口になっちゃうかもなんだけど
在校生たちの一学期、『このままでいいのか?』って思うところも実はあった

それは一学期の間授業を見ていて感じていた事で

やらない空気。


もしくは

やらないでもイイ空気


ってのを、色んなシーンで感じることがあった。


***


yaritrakunai.jpeg


【やらない空気】ってのは読んで字のごとくで、やらなければいけない時間のはずなのに、皆がやらないからやらなーいってそんな空気感で

今年の四月から、週6コマの授業を受け持ってたんだけど
特に在校生の授業にその傾向が強く
なかなか授業に入らない、入っても集中するまでに時間がかかる。


ハッキリ言って、美容の国家試験の内容は退屈だ。
手も汚れるし、準備に時間もかかるし同様に片づけるにも時間がかかる

ハッキリ言ってちょーめんどうくさい
その日は美容科の授業には出ては来てるけど、やりたくないなーってその気持ちはよーく分かる。

それが全員から発動されて、全員がそんな空気に同期しているようなイメージ

なーんとなく授業に入らなくてもいい空気
そんなのが教室全体に蔓延して、全員が作業にかからない。

こんなんで、イイのか??

そんな風にほぼ毎時間思っていた。


kokkashikenn.jpg
【だってやるのはコレだかんね:面倒なのもワカル】


4月から授業を見るようになって、ずーっと気になってたんだけど、
在校生達の授業に関しては、今までの授業のやり方もあるのだろうから、
新任の私がイキナリ口出しするのも、面白くなかろうかと思って黙ってた部分。

だけど、これはこの先なんとかせんとなぁって、ずーっと思ってて

そしてこの【やらない空気感】を新一年生に蔓延させちゃイカン。
その一念も一学期の間持ち続けてきたことも事実だ。


ところが夏のスクーリング間に、そんな在校生達のレベルがグングンあがってきて
その勢いは目に見えるくらいに分かるほど、

自分がスクーリングに帯同するたんびにうまくなっていった。
その姿はとても頼もしく見えた。


***


私はきっと今までの教員の中で、一番多く夏のスクーリングに帯同した講師だと思う。

なんでそれが出来たのかと言えば
それは、その成長を見るのが楽しくて頼もしくて、足を運んだってのもあるのだと思う


でも、一学期に↑のような空気感だった彼女たちが、なんでそうなったんだろう?


それは一言で言えば、彼女たちの一学期の逆


やる空気



これなんだろうと思う。


13933.jpg
【頼もしいヤツラ:気分にムラがあるが(笑)】



夏のスクーリングには、他の学校の生徒や一般の生徒さんもいて
普段とは違ったメンバーと一緒に共同授業をすることになる。

それは当然ながらダラダラとやるわけにはいかないし、
普段みたいに自分達だけのペースでやるわけにもいかない【やらなければいけない空気】の中での授業だったのだとおもう。


一学期は、本当に【やらなくてもいい空気】だった彼女たちだけど、スクーリング明けて二学期は本当に随分変わった。

この空気感を大事にいきたいなーって思う私がいます。


さー、二学期始まった
一学期心配していた在校生は、やる空気感を継続できるように

新一年生は、ってもう【新】じゃないよね
ここから中だるみしがちな二学期だから、さらに飽きさせないような工夫をせんとなー


ちなみに、私は高校一年生二学期の通信簿に、気持ちが外へ向いているって書かれたのを覚えてます。

思い出すと確かにそんな空気感だったなー私(笑)


なんつったって、15歳のころこんな顔してたかんねwwΨ(`∀´)Ψ


img016kai.jpg


おしまい

スポンサーサイト



プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる