FC2ブログ

626:やらない空気感を生む人


先週までの続きの様なお話


やらない空気

先週先々週の、私が兼務している学校の授業の話から
このやる空気、やらない空気感の話になってるんですが


これって、技術勉強やトレーニングだけの話じゃないよね。
スポーツのチームや部活、会社の中にだってある話だよね。


よく聞く話かもしれないけど、退職が決まった社員が
退職日が近づくにつれて、あからさまにやる気がなくなり、他の社員に白い目で見られる。とかありがちな話だと思う。


sabiryguti.jpg
【仕事風にネットサーフィンする人のイメージ】


どーせ辞めるんだから、どー思われたってイージャンって
本人は自分勝手にそうしてるかもしれないけど

その分その仕事をまかなっている人からすれば、鬱陶しいだけだし
先輩なら兎も角、同期や距離の近い人間からしたら腹立たしいだけだ

あの人が(やる気ない人)それすらもやらないんだから、自分がその分までやる必要ないじゃん。
なんであの人あんなにサボってるのに、自分だけ働くなんてバカバカしい

この考え方が正しいワケではないけど、その気持ちも良く分かるよね。


また、たった一人の社員が色んな理由を作っては、早退や遅刻を繰り返すとする

たった一人の人間が、うまーく言い訳をしながら(バレてる)嫌な仕事から逃げたり、あなたの為だよ(逃げ口上)と言って押し付けたりする。

その人は上手くやってるつもりかもだけど、真面目にやっている人間はそのサボりがすぐ目に付く。

本当に新人が分からずにやっているのなら、しょうがないかとも思えるが
ある程度キャリアを積んだ社員がそれをやっていれば、仕事から逃げているとしか思えない。

んで、その人が強く咎められることもなく普通にやっているのを見たら、そりゃー面白くない人も出てくるよね。

本人はバレてないと勘違いしているサボりが
たった一人のそんな身勝手が


【やらない空気感】を生むのだ


soutaishitekitaootoko.jpg
【早退してきて言い訳する男のイメージ】


もちろん、今は例として【たった一人】という言い方をしたけど
これが複数人のケースだって大いにあると思う。

そっちの方がよりタチが悪いよね。

これって、きっと会社に収まらず、どこにでもアルアルなんだろうなあ。
これって、未然に防げればいいけど、それを紡ぐのはとても難しいのだろうと思う。


そういう因子が見えた時に、逆に少し責任のある立場や
それに携わるポジションを与えると、今まではサボっていたけど頑張ってくれるという法則もある。

でも、本当にダメな因子はそのポジションからも逃げたり
任されると明からさまにイヤな顔をしたりもするもんだ。

そうなってくると、任せようとした方は面子も潰れるし、腹も立つ

出来る事であれば、その因子を切り離すのが一番なんじゃないかなぁ、って漠然と思う私がいるが、これに関しては結論はでてない。

ただ一つだけいえる事は

やる空気感は、待っててもやってこない
いつだってやらない空気感になりかねる

ってこと


ちょっと長くなりそうなので、続きは次回!!
スポンサーサイト



プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる