FC2ブログ

658:不公平にならないように


一応、緊急事態宣言が段階的にではありますが解除されてきた今日

だけど、甲子園の開催が無くなってしまいましたね。

野球好きの私としては、とてもとても残念でならないのですが、これはしょうがないんだろうなぁ、って思います。


koushieni.jpg


先週も書きましたが、国体が無くなった時点で
おそらく全ての学生スポーツは今年やるわけにはいかないんだろうなぁ、って思っていた。

それはやっぱり

【不公平になるから】

なんだと思う。


先週も書いた通り、密になるであるだとか
道中が、とか宿泊先が、とか

そこはもちろん大きな問題だろう
だけど、我々にっぽん人はやるとなったのだったら、手を抜かずに全力でやる国民だと私は思ってる。

そしてそれを成功に導く力もある国民だ


少し先週とかぶりますが
国体における競技、ハッキリいって密にならない競技もあるし
少し工夫すれば、出来ちゃう競技も多いと思う。

だけど逆に柔道の様なコンタクトスポーツは、どう頑張っても人と接触しないわけにはいかない

指導だらけの試合になってしまうもんね。


shidouu.gif


なので、すべてをやらない、という形にしたのだと私は理解している。


甲子園は、数ある高校生スポーツのなかで歴史も含め、特別な事は国民全員思ってるだろうし
それに伴ったいろーーーんな絡みががあるハズだ。


今年春夏共に開催しなかったという事実は、一言では言い尽くせないくらいの影響をもたらすだろう。

出来れば、どんな形であっても【甲子園】はやらせてあげたかった
そして関係者すべての人はやりたかったのだと思う。

私も観たかった。


きっと高校サッカーもやらないという選択になるんじゃないかな、って私は思ってる。

そこにはきっと「第二派」や「秋冬に向けて」っていう言葉が出るのだと思う。
それに納得できない人も少なからず出てくると思うけど、これはこう思もおう

「不公平にならない為に」



hukouhei.jpg


自分はにっぽん人に生まれて良かったなぁ、って思う理由の一つに
公平さを重んじると言う部分がある。

もしかしたら、この先冬に向けての大会は
せっかく終息してきているんだから、やったっていいんじゃないか?っていう声も出てくるだろう。

だけど、自分がその代でもし大会等が無くなってしまった立場だったら
そこはみんな平等にしてほしいと、たぶん思う


今回のコロナは、世界中に変な言い方だけど平等にダメージを与えた。

今日本では少し終息の気配を見せてきてはいるけど、この先の学生スポーツ大会などの開催は見合わせるで、私は良いのだと思う。



学生スポーツ一年間の中止
これは私達大人の考える一年間の中止とは意味が大きく違う。

特にそこに向けて努力してきた人の意味を、無くしてしまうっていう事はとても罪深い事だ。

そして未来永劫、そこの時間を埋める事は出来ないのだから。


プロ野球はそろそろ開幕の目途が立ったという。
それは私の様なプロスポーツファンからしたら喜ばしい事だ。

でもその下にある学生たちの失われてしまった一年間を、どうか忘れないでほしい
なんとかこれまでの努力の意味を成すモノを、代わりに上げてあげて欲しい。


これをセツにせつに願います

スポンサーサイト



プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる