FC2ブログ

666:普通に手に入るって凄い


いつも寝床には水の2リットルペットが置いてあって、夜中トイレに起きたりする時に補給することが多い。

んで目が覚めたら、また補給して。
大体2、3日で一本空けるペース

今までずーっとその生活を続けてきたんだけど、最近はコレ


tansnanansui.jpg


夜中に多少残っているアルコールな感覚をスッキリしてくれるありがたいヤツ。

ついでに朝の眼ざめもイイ感じだ。

でもいつから炭酸水ってこんな安価で買えるようになったんだっけ??
今自宅でも作れますなんていうキットを見たりもする


tannsannsuimeka.jpeg
      【人気の三機種らしい】


私は詳しくないんだけど、炭酸水って簡単に作れるの??
なんだか理科チック科学チックな作業があって、完成するものであって

自然界には普通には存在しないものの様なイメージがあるんだけど、どうなんだろう??


tannsansniu.jpg
【なんか製作が難しそうなイメージがある。】


それと似たようなモノで
現代の日常には普通に存在するんだけど、実はこれって手間かかるモノのハズなんだけどなあって思うのが





koorii.jpeg


製氷も現代の科学力では、そう難しい技術では、もはやないのかもしれない

現代のにっぽんで売っているどんなに性能が低い冷蔵庫であっても、氷が作れないってのは聞いたことが無い。


だけど氷が普通に手に入るって、凄い事なんじゃないかと思うんだ。

あれって当たり前だけど水が0度以下にならないと発生しない現象なワケで、それを人工的に発生させて生み出す。


バックトゥーザフューチャー3で、1895年に生きるドグ(クリストファーロイド)が、たいそうな機械を使って氷一個を製氷するシーンがある。


seihyouki.jpg
【なにがどうなってるのか分からないけど、化学って凄いw】


詳しい事は分からないけど、1985年の科学力を持つドクが1895年に製氷機を作ろうと思うとあれになってしまうって事だよね。

それが現代ではコレだもの↓


riezouko.jpeg



そしてそれを保管する場所だって、0度以上の状態にしてしまったら溶けてしまうワケだし。
常に手間とコストをかけ続けなければならない。

でも現代では南国であっても普通に氷が手に入る。
これって凄い事だと思うんだよなー

ちょっと話が反れるんだけど。
私の実家は古いおうちで、母屋の方の冷蔵庫は氷を入れるタイプの冷蔵庫が残っていた。(たぶん電気とのハイブリットのやつ)


kooriwoirerureko.jpg
【こんなに古いのじゃなかったと思うけど、どうだったんだろう?】


なので、たまーに氷り屋さんが来てくれてたのが、うすーい記憶にあったりする。(多分うちだったと思うんだけど、どうだったのか)

なんかバカでかいノコギリみたいので、ガリガリ斬って
でっかいヤットコみたいので掴んで渡す。

一貫目二貫目、確かそんな単位で呼んでいたような気がする。


kooriyasan.jpg
【リアカーで来てるのを見た記憶があるんだよなぁ】


まぁこれも調べればわかる事なんだろうけど、なんかそういうのは記憶の奥で感じてればいいと思ってるので、調べたりはしないのだ。


話を戻して戻し、、いやもう一個

自分が好きな映画の一つで、飛行機が墜落してしまって無人島に流れ着いて
そこから脱出するっていう、内容だけで言ったらベタな内容のストーリーなんだけど

その数年にも及ぶ無人島生活の凄まじさとリアルさ
また好きな俳優の一人トムハンスクが主演ってのものあって、お気に入り映画の上位


kyasutoawei.jpeg
【これを書くに至って、もう一回見直した(笑)】


主人公がその島を脱出して暫く後のエピソードで
飛行機で、「お飲み物いかがされますか?」との問いに

「氷をくれ」って言うのよ

その時彼は「氷が嬉しい」としか言わないんだけど


26221_0.jpg


この「氷をくれと言えば普通に出てくる生活の凄さを感じてるんだろうな」と、私はその想いにシンクロした。


あれ?何でこんな話になったんだっけ(笑)(笑)


そうそう、炭酸水が最近お気に入りなのよね。
んで晩酌にはウォッカを飲んでいるワケで。そこには氷が入ってるわけで。

ちなみに我が家の自動製氷機は壊れてしまっていて、そうは言ってもトレーに水を入れれば氷は出来るんだけど

お酒や水を注文するときに一緒に氷も頼んじゃってる。
お金払って氷買うのもーって思わなくないけど、それだって一袋100円台だもん。


katirowai.jpg


自然界で普通には手に入らないものが、こんな安価でしかも手間をかけずに手に入れられるのってホントすげーなぁって思うってお話。


ちなみに自分が飲んでる炭酸水は55円


ホントすげーーー

スポンサーサイト



プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる