550:昭和の終わる日


明日社長ぶろぐアップの予定なのですが、美容学校の卒業式に出席する関係でお休みを頂いております。

ので本日3/8㈭にアップ!


美容学校とは少なからず縁の深い私ですが、
縁深い先生方やクラスからの新卒を雇う。というのに少し遠ざかっておりまして
美容学校の卒業式の参加をここ数年してこなかった。

んなワケで
ちょっと楽しみなんだよなー、って思う私。

美容学校の卒業式と言えば、過去に書いたことあるよなーって想うも
その文章を書いたのは、社長ぶろぐの始まる前。

んじゃ【お知らせメール】かなぁって思って探したんだけど、ないっぽい。


昔のpcとかを引っ張り出して、調べたらあった!!(メモリとかじゃないのが凄い)


***(ここから2007年3月のおはなし)***


monsepia.jpg


長かった昭和が終る時 昭和を長く生きた人達は何を思ったのでしょうか?

あたりまえの年号でしたので、


「何年生まれ?」
って問いに対して 


「55年です」って答えれば 、
それは1955年でなく昭和55年を指しているのは当然でした。

私は昭和生まれです。
おそらく今私が付き合っている人達の殆どが昭和生まれなはずです。

感のいい人はピンときたかも
そう平成生まれも今年から社会人!(2007年当時)

今はまだ19歳ですから、間違う事はないと思いますが、 彼等が40くらいになる時に 先ほどと同じ問いをしたとします。 


『何年生まれですか?』


「2年生まれです」



もしその人が年相応に見えない人でしたら
平成2年なのか2002年なのか分からなくなりそうですよね。

う~ん奥が深い(←多分使い方を間違えてる)


「平成生まれって聞くとちょっとびびるよね」

こんな話をしたり聞いたりすることが良くありますが、

でも、よく考えてみると私だって昭和では後半の生まれになるわけだし 実際には人生の半分以上は平成を生きている事になりますよね。

私の人生の主要な部分はほっとんど平成と言っても間違いないです


つまり、つまりですよ

私も平成生まれなんだって言っても良い訳です!!Ψ(`∇´)Ψ  



   ( あぁぁ 痛い 痛いです!物は投げないでください Σ('∀`;)」)


***


さてさてなんで急にこんな話をしたかと言うトデスネ
つい先日美容学校の卒業式に、 雇用する美容院の社長として参加してきたんです。

今日はその日のお話。


美容学校の卒業式って言っても 基本的には一般の大学や専門学校の卒業式とやる事は同じです。

ただ普通の卒業式と違うのは、やっぱりファッション業界ですから みなさん流石に派手ですよね。 頭も格好も

お互いの頭をやりっこしたのか、変なピンの打ち方をしている へたくそな(私から見て)アップをやってたりとか

必要以上に頭をおっきくして、収拾がつかなくなっている子がいたりとか

また、同級生は同じ物を目指すライバル同士でもあるわけです
自分のがすげーぞ!って牽制する気持ちも伝わってきます。

これから新社会人として働く彼等から見たら、 雇用側の社長ってすんごい上の人に見えるんだろうなーって ぼんやり考えていて。


今年の卒業生のほとんどが昭和61~2年生まれになります。


あー だーいぶ歳違うんだよなー。そんな事も思いながら
そこで感じたんですよね、

「あーもうすぐ昭和が終るなー」
って



卒業式ってイベントはなかなか照れくさいモノでもあって
生徒のなかにはひやかしてみてる子や

「あーダリぃ 早くおわんねーかな」とかぼやいてる子がいて

でもそんな子達が、自分の名前を呼ばれるちょっと前になると ものすごい身構えてるんですよね。

緊張してんだよねw。
声が裏返ったらどうしようとか、きっとそんな事考えてるんだと思う。

たった一言


『ハイ!』



っていうだけなのに、なにをそんなに緊張してるんだ!


さっきまでの斜な態度は何処にいったw!
イツの時代も変わらないなーと、クスクス笑ってる私がいたりとかして。


一般の生徒の卒業式における仕事って

『ハイっ』 
 って一言、これだけですもんね


そりゃ緊張もするのかなぁ。 (´▽`*)

私の時はどーだったけかな。。。 やっぱりちょっとつっぱってたっけかな

  金髪でワンレンだった自分の姿を思い出してみたりとか ちょっとくすぐったかった。 |彡サッ


P1000175kai.jpg
【若かりし頃のロン毛:江口洋介の影響を受けてる】



***


時代は現代に戻って

明日卒業する生徒たちの多くが、1997年の平成9年生まれ
もはや昭和とかのレベルではなく、20世紀後半とも言える世代。

ティアマットを開業したのが2000年の平成12年だから、
そのうち開業した年生まれの社員とか雇うことになるんだろうね(笑)


つか、平成が来年の4月で終わるって話だから
来年の卒業生は、平成最後って事になるってことよね。


なんかそれもまた凄いなー


今日はこんなお話でした

549:別れの季節


3月ですね。
急に春になったなぁ、って感じるのは私だけではないはず。

実際3/1は20度あったらしいですよ。
まぁこの気温は例外でしょうけど(笑)


***


ティアマットは2月〆の会社なので、3月は新年度となりますが
一般的には今月が年度末のところが多い。


去年度って言えばいいのかな、去年の4月から今月にかけて「さよなら」をする人が本当に多いなあ、ってそんな風に最近想う。

去年はティアマットを卒業していった社員が多かった。

ただ確かに多かったんだけど、それは今までもあった事だし、社員の退職はある程度しかたないって思ってる。

お客様も、少しずつ入れ替わって行くモノだから、その辺はある程度割り切ってはいるんだけど

今回さよならをしたお客様は、本当に長くお付き合いをしてきた方たちで
そんなお客様との縁が切れてしまうのは、とても寂しいと思う。


20120330_171620.jpg


開業当時から、長く長くご贔屓にしていただいてた方々に
「さようなら」を言うのは、出来ればしたくないなぁって思います。

ただ色んな理由があるわけで、それを喜んでお別れすることも多くある。


一人は結婚してアメリカへ
一人は転職をし、新天地沖縄へ

もちろん今生の分かれなってしまうワケではないし、お二方とも栄転なわけで
『おめでとう!』って握手をして再会を誓い見送れる

そして何かのタイミングで赤坂へ来るときには、きっと寄ってくれるだろう。


けど、本当の意味でのお別れになっちゃった人も

一人は90歳をきっかけに、施設へ
一人は年末に壽命を全うされた。


施設へ行かれた方は、私から会いに行けば会えるとは思うし、何度か行きたいとは思ってる。

けど、そう何度も何度も行くことはないだろう。
そしてもうひと方は、私がそちらへ行く日まで会えない。


本当にさみしい


***


momosakura.jpg


私は付属育ちだからなのか、春が別れの季節って
実はあんまり考えたことがない。

そして美容院という商売上、季節関係なく常に入れ替わりがあるので、べつに春だからとかあまり気にしたこともない。

だけど、今年は強くそれを感じる。

もしかしたら今回お別れする人達が、ほぼ月イチでお会いしていた人達だから、余計に感じるのかもしれないな。


もちろん春は分かれの季節だけど、出会いの季節とも言う。

いい出会いあるかなー


そう言えば
いつだったか妹が言ってた。

「お兄ちゃん、出会いって才能なんだよ」



これまで多くの人に恵まれてきた私
そういう意味では、出会いの才能あるのかもだね。

548:ちょっとだけ気になった


toukior.jpg


観てますよっ、冬季オリンピック☆



スキーが趣味な私ですから、そりゃ気になっちゃいます。

そうは言っても、ここまで興味を持つようになったのは
実は前回のソチの時からなんですけどね(笑)


  社長ぶろぐ341:始まってみたら面白い!


実はまだ今日は火曜日で、毎週金曜日アップ予定の日ではないんだけど

今回の話題が昨日2/19㈪の事で、気持ちノっているうちに書いちゃいたいので、急遽前倒してアップしちゃいます!

まぁでもそこまで、タイムリーに読まないとな話題でもないので
前倒しにしちゃっても問題ないよね☆


***


確かに今回も冬季オリンピックは楽しんでいるんだけど

私はスケート競技、というか
フィギュアスケートに全く興味がないので、報道に多くの時間を割かれてしまうのがあまり面白くない。


suropu.jpg  suroup2.png
【この辺をもっと取り上げてくれるといいのにな】


フィギュアの報道になると、チャンネルを代えちゃうんだよね。
別に嫌いってワケではないんだけどね。

日本では人気がある競技なのだから、報道が多くなるのは当然ダヨネ。


んで、こーんなに政治色の強い国際大会ってあんまり記憶ないんだけど
もう北朝鮮の応援団の報道はいらないよ。


orinpi2.jpg
【北に好き勝手にやられてるよね。世界中が思ってるわ】


南朝鮮の人は興味あるのかもしれないけど、私達にっぽん人はどーでもイイって想っている人多いと思うよ。


ちなみに私はスキーヤーらしく、滑降とか回転競技を観たい。
また異次元的超超人的なスロープスタイルに、興味がある。

ので、北朝鮮の応援団の報道をするんだったら
各国の主力選手紹介とかして欲しいなぁ。


hirusha.jpg
   【ヒルシャーはやっぱりカッコイイ☆】


***


なんだかんだ言って、そんな冬季オリンピックを楽しんでいる私ですが
昨日、なーんとなくラージヒル団体を観てて、ちょっと気が付いた事がある。


この競技って、スキーではあるけど
冬期オリンピックの競技である必要あるのかな?

氷の斜面を滑降して、ジャンプしているんではないよね?



20180219_230641.jpg  20180219_230309.jpg
【この溝みたいなところは凍ってるワケではないんだよね?】


着地は確かに雪の上なんだとは思うけど、どうなんでしょう?

でもどうなんだろう、接地面の摩擦を考えると必要なのかな


20180219_230231.jpg  20180219_230243.jpg


もちろん冬期オリンピックに相応しくない!なんて言ってるわけじゃないよ。

冬期オリンピックの種目として、にわかスキーヤーの私も楽しみにしてるし期待してるしね。


ただ、ちょっとだけ気になったんだよね。


誰か詳しい人、助言ぷりーず!



547:新しい年号


ちょっと個人的な理由で、今シーズンはまだ1月までは封印してましたが
2月に入ったので、めでたく開幕!!

2018年シーズンも、お一人様スキーは健在です☆キラーン


27750878_1670754429671622_3769975004664165969_n.jpg
     【今年は雪が豊作で嬉しい】


やっぱりシーズン一回目は、下手になっている感が否めず
毎年「こんなはずでは・・・」って思ったりするのものです。

でもそこは私、変な根性を発揮して果敢に苦手な非整地へ挑む日々が続いております。

相変わらずどこへ向かっているのかは不明です。ハイ


27858415_1670942319652833_4810888352791340660_n.jpg
【非整地のコツがいまだに分からない。。。。】



さてさて、今日は社長ぶろぐではそんな【不人気な話題のスキーネタ】を書こうと思ったのですが

今朝のYahoo!ニュースで、新しい年号の話がちょろっと出てたので話題変更!
(書くつもりだった話題が、コロっと変わる事ってヨクアルヨネ)


***


新しい年号は、来年以降の発表らしいですね。
それは別に構わないんだけど、年号って誰がどう決めるんでしょうね?


私は昭和生まれだから、年号が変わる時って
昭和から平成に代わる時しか知らないんだけど

当時中学生だった私の周りにも、色んな噂があった。

なんとなく覚えているのが明治と昭和を合わせた【明和】

とか

【明成】なんてもの聞いた気がする。

他にも色々あったなぁって思うけど、結局すべて噂の域をでないものだったね。
あ、でも明成ってのは【成】だけは合ってたから、かすってたってことなのかもね。


次はどんな年号なんだろうね、これって宝くじが発表されるまで楽しめるのと近いような気もするね(大ハズレな気もするががが)


***


obuchisan.jpg


明治、大正、昭和、平成


今ネットなどでの噂で↑の4つ、M、T、S、H以外の頭文字になるのでは、なんてのを聞いたりする。

なるほどなー


そしてどの年号も、安定や平和をイメージすることができる年号で、にっぽんって国の良さを感じる。


本来そういう意味で付けたのかは分からないけど

「明るい(国を)治める」
「平和に成る」


これらからイメージされるのは、にっぽんという国の泰明さや落ち着いた雰囲気だと私は思う。

なので、きっと次の年号もそういう意味合いからつけられると予測する。


そんなところから、私は新年号に【安】が入るのではと睨んでる。


でも、少しここで私は考えたい。

もちろん平和や安定安心というのは、にっぽん人として誇りたい部分だし、これからもそうあってもらいたい。

だけど、そういう年号が続いているのも事実なので、
もっとアクティブで大胆なのはどうだろう?

ここでこんな年号を提案したい。


それは



【豪傑】



どうだ!!
 


豪傑元年とか、カッコイイジャナイカ


イメージキャラは↓もちろん彼

gouki_201802161530281ec.jpg
【ちょっとこのフィギュアカッコ良すぎる:ほしい、、、】



わたし的にひじょーに気に入った案だったんだけど
色んな人に話してみたところ、ちょっと荒々しすぎると言われたりして

「もうちょっと、幸福になれるようなのはどうですか?」


なんてごもっともな案を頂いたので


わたし的新年号よそく本命


【吉兆】




どうでしょう「吉兆元年」



一般公募とかしないかなー


546:節目の日その2


先週節分がありましたね。

確か去年の誕生日付近の社長ぶろぐで、一年の運勢の節目は
一般的には節分で変わるっていうけど、自分的にはやっぱり誕生日なのかなー

なんて話題を書いたと思う。


 社長ぶろぐ516:節目の日に


その想いは基本的に変わってはいないんだけど、やっぱり一年の節目って大晦日とお正月って感じはするよね。

「よいお年を~」って必ず言うしね
「無事年を越せそうでよかったわー」とも言うもんね。

これって、一年っていうスパンで考えるから出る言葉だよね。

んで、ちょっとそんな運勢みたいなのを少し今日は回顧してみたい。



ココ毎年の恒例の初詣行脚の際
産土神社とご先祖様のお墓参りに、行ってきた。


shinmei.jpg
    【私の産土神社、牟礼新明神社】


で、神社に行くと厄年の年号が書いてある紙とか貼ってあるよね。


yakudoshi.jpg
        【↑こんなやつ】


私は俗にいう本厄年を、一応は抜けてるんだけど
その付近の年度を振り返ると、それはそれは大変な星回りだったなあって思わずにはいられない。

何があったの?ってのは
書き出すと辛くなってくるし、一応は乗り越えたから今があるってことでもあるので

ここには書き出さないけど、ほーんと辛かったなぁってのを思い出す。


前厄の時は環境がガラッて最初は大変だったなぁ
本厄の時はこれが為に一年を通して苦しめられたわぁ
後厄の時は××に苦しめられて、一瞬先が見えなくなってマジきつかった

などなど
私にしか分からない話で恐縮です><


ただ↑の全部に言えることなんだけどね

その年の厄、っていうのかな
一年を通して苦しめられることになる案件って

開始のタイミングは年明け早々ではなく
それこそ【節分を過ぎたくらいから始まって】

【夏くらいにピークを迎え】
徐々に乗り越えていき収束しはじめる。

【秋を過ぎて年末を迎えるころ】には、
一定の着地地点を見つけて治まる。(←あえてこの字)


それを考えると、いったいどこが節目なんだ?
って思わずにはいられないんだけど、

注意をしなければいけないのは
【節分明けから初夏くらいの時期】なのかなーなんて思ったり思わなかったり。


まぁそんなこと言っても、今までティアマットで起きた一番の大ピンチは
6月の終わりに発生したから、一概には言えんのでしょうけどね。


今日はこんなお話でした。


節分を超えてから、まだ挨拶に行っていないので
初詣の時に返し忘れた、交通安全のお守りを返しに行きがてら行かないとなー
プロフィール

仲野 蓮

Author:仲野 蓮
千代田線赤坂駅徒歩0分の美容室ティアマットTiamat)の社長であり、トップスタイリストでもある蓮(ハスではない、レンと読む)は、「ちょっとした」文でさえとっても長いのが特徴です。プロフィールはこちら

コラム:ティアマット社長 蓮が美容業界を語る こちらもよろしくお願いします。


最近ブログランキングなるものを始めました。
ちょこっと共感できるゼ!って思えたらクリックしてやってくださいな


こいつをクリックだ!

最近話題のフェイスブックをはじめてみました。
もし私と繋がってもいいよーって、ありがたい人は
コチラから申請お願いします。
もしくは【仲野蓮】で検索してくださいな。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる